閉じる


はじめに

初代iPadを初めて手にしたときの興奮は忘れられません。

教室で使っていくうちに,その可能性をますます感じさせてくれました。

しかし,ぼくには2つの不満がありました。

・特定のアプリしかテレビに出力できない

・iPhoneのように写真が撮れない

これらはiPad2で見事に改善されました。


また,iOSの進化により,次の2つができるようになりました。

・AirPlayー無線でのテレビ接続

・AirPrintー無線での印刷

ケーブルの束縛から解き放たれたiPadは,教室での新しい活用の仕方を提供してくれました。


本書は,前著「iPadとiPhoneで教師の仕事をつくる」の続編としてブログの記事をまとめたものに加筆修正をしたものです。

iPhoneでの実践もありますが、iPad2でも代替できるものとして載せてあります。

ぼくと同じように教室でiPad2を使って新しい実践を試みている方々の一助になれば幸いです。


1
最終更新日 : 2012-01-04 13:05:56

モバイルWi-Fiルーター

iPadを教室でインターネットにつなぐには3つの方法があります。
(1)校内LANにつなぐ
iPadを学校備品として購入すれば、無線Wi-Fiルーターなどを通じて校内LANにつなげます。
しかし、私物のiPadについては、ほとんどの学校では校内LANに接続することはできないはずです。

(2)Wi-Fi+3Gモデルを使う
iPadには、Wi-FiモデルとWi-Fi+3Gモデルの2種類があります。
Wi-FiモデルはWi-Fiのルーターやアクセスポイントがあるところでしかインターネットにつなげません。
Wi-Fi+3Gモデルは携帯電話と同じようにSIMカードが入っており、Wi-Fi以外にソフトバンクの通信回線でも接続することができます。
携帯電話と同じように、教室でもインターネットに接続できます。
ただし、電話と同じように毎月の使用料が発生します。
速度もWi-Fiに比べると遅くなります。

(3)モバイルWi-Fiルーターを使う
ぼくがおすすめするのはモバイルWi-Fiルーターです。
ネット接続だけでなく、後述するAppleTVやプリンタとの接続の仲介もします。
また、3Gよりもネットが高速で接続できます。
iTunesStoreからアプリや音楽コンテンツのダウンロードも教室にいながらできます。
利用には毎月の通信料と端末本体の代金が必要です。
ぼくはWi-Fi+3Gモデルを使っていましたが、モバイルWi-Fiルーターを購入して3Gの解約をし、ただのWi-FiモデルになったiPad2を使っています。


2
最終更新日 : 2011-12-25 14:56:11

AppleTV



教室のTVにAppleTVをつなぎ、Wi-FiでiPadと連携すれば、無線で教室のどこからでもTVの画面にiPadの画面を映し出すことができます。
定価は8800円ですが、家電店やAmazonではもう少し安く販売されています。

AppleTVの設定
設定>一般>Wi-Fiネットワークを選択します。

近くにあるWi-Fi機器を感知して表示します。

使用する機器を選択し、機器のパスワードを入力します。

パスワードが正しければ認証されます。

スクリーンセーバは「なし」にしておかないと、授業中突然スライドショーが始まってしまいますので注意してください。

iPadの設定
iPadの画面を4本指で上にスワイプするかホームボタンを二度押しすると、画面全体が上がって、下に起動中のアプリのアイコンが現れます。

同じWi-Fiネットワーク内にAppleTVがあると、一番左の音量ボタンのところにAirPlayボタンが現れます。
これをタップしてミラーリングをオンにします。

iPadの画面が同じようにテレビに現れます。
AirPlay中は、iPadの画面の上が青くなります。

これでケーブルなしで教室のどこからでもテレビにiPadの画面を送ることができます。


3
最終更新日 : 2011-12-26 15:52:18

AirPrint対応プリンタ




iPadからのデータをWi-Fiでプリンタに送り、無線で印刷することができます。
これをAirPrintと言います。
これまではパソコンにデータを落としてから印刷していましたが、教室にAirPrint対応プリンタを置くことによって、iPadから直接印刷することができるようになりました。

ぼくが教室で使っているのはHP社のPhotosmart B110aというプリンタです。
5000円位で購入しました。
キヤノンやエプソンなどでも続々とAirPrint対応プリンタが出ています。

設定はAppleTVと同様に、使用しているルーターを選択してパスワードを入力するだけです。ドライバのインストールなどは要りません。

写真アプリやKeynoteなどのアプリから直接印刷できますが、プリンタ各社から出ている印刷専用のアプリもあります。
HP社のアプリはこれです。

カメラロールやアルバムから印刷したい写真を選びます。

用紙のサイズを決め、写真の傾きや大きさなどを指で調節して印刷します。

スキャナ機能もついていて、プリンタの上に載せて読み取った画像を受信することもできます。

教室で写した写真を数回タップするだけでプリントアウトできるのは、なかなか快適です。


4
最終更新日 : 2011-12-26 16:10:51

アダプタ・ケーブル類

Wi-Fiがない環境でiPadと他の機器をつなぐものを紹介します。
デジタルAVアダプタ


AVアダプタは、テレビやプロジェクタなどのHDMIに対応している機器とiPadを設定いらずですぐにつなぐことのできる機器です。
他の教室のテレビにもiPadをすぐにつなぐことができます。
接続には市販のHDMIケーブルも別途必要です。

コンポジットAVケーブル



HDMIに対応していないテレビなどに接続するときに使います。
3本のケーブルをつなぎます。差し込むのがちょっときついです。
画質は上記のアダプタ+HDMIケーブルに比べると落ちます。

VGAアダプタ



HDMIに対応していないプロジェクタなどに接続するときに使います。
ただし、映像だけで音は送ることができません。


5
最終更新日 : 2011-12-26 11:29:17


読者登録

canpycanpyさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について