閉じる


目次

── 目次 ──

 【2013.12.30版】

1章 覚りの真相
    覚りとは何か 1936文字 
    覚りの解釈 1740文字 
    覚りの前後に起こること 2193文字 
    覚りの階梯 932文字 
    懺悔 850文字 
    帰依 985文字 
    覚りの機縁 663文字 

2章 覚りの修行
    修行とは何か 2,173文字 
    修行に役立つもの 610文字 
    修行に役立たないもの  642文字 
    覚ったあとの修行など存在しない  748文字 
    誤った修行は地獄行きになるのか? 1,124文字 

3章 法
    正法とはそもそも何か 966文字 
    正法の手引き 421文字 
 
4章 四聖諦
    四聖諦とは 490文字 
    苦諦 594文字 
    集諦 312文字 
    滅諦 315文字 
    道諦 460文字 

5章 聖求
    聖求とは 887文字 
    聖求なき者はどうなる 808文字 
    聖求は喚起できるか? 592文字 

6章 戒律
    具足戒 819文字 
    修行者が持つべき戒律 123文字 
 
7章 観
    観の実践 634文字 
    公案を援用した方法 374文字 
    観(=止観)の完成 307文字 
    観とはならないもの 595文字 
 
8章 遍歴
    遍歴の実際 876文字 
    それは遍歴とは言わない 353文字 

9章 法界
    法界と諸仏 1,523文字 
    諸天・諸神 772文字 
    悪魔とその軍勢  862文字 

10章 魔境
    魔境とは 795文字 
    チャクラおよびナーダ音 692文字 

11章 地獄
    地獄 1,198文字 
 


涼風通信のパスワード

ホームページ『覚りの境地』(http://www.geocities.jp/srkw_buddha)


 「涼風通信」の最新パスワードは下記の通りです。

   → 無料化にともない非掲載。

***

【更新履歴】

 2011年12月18日  第一版完成。
 2011年12月19日  四聖諦について章を追加。 第一版として継続。
 2011年12月22日  一部ルビに対応。
 2011年12月26日  遍歴について拡充した。
 2012年01月05日  集諦について拡充した。
 2012年01月07日  遍歴の実際および修行とは何かについて拡充した。
 2012年02月01日  2章に一節を追加した。 「誤った修行は地獄行きになるのか?」
 2012年02月10日  1章に一節を追加した。 「帰依」
 2012年02月22日  全体的に、細かい点について拡充した。
 2012年12月29日  11章を追加した。 「地獄」
 2013年01月23日  9章-1節「法界と諸仏」に引用を追加した。

はじめに

 一般に、仏教は難解であると見られているようである。しかしながら、仏教そのものは本来分かりやすい平易な教えである。実際に難しいのは仏道を歩むことである。釈尊以来およそ2500年が経過しているが、覚りの境地に至った人は極めて少ないという事実がそれを何よりも物語っている。これは仏道が険しい道であるということではなく、仏道を最後まで歩む人が少ないことを示している。ある者は途中で道を踏み外し、ある者は袋小路に迷い込み、ある者は落とし穴に落ち、ある者は道草を食って、ほとんどの修行者が生きている間に目的地まで到達しないのである。

 本書は、この仏道を歩むことについて修行者が心得ておくべきことがらについてその心髄を記したものである。もちろん、すでに功徳を積んだ育ちのよい人(=生まれながらの菩薩)は本書を読まなくても周到に覚りに達するであろう。まっすぐに道を歩める人は、道の途中に道標などなくても目的地たるニルヴァーナに到着するからである。しかしながら、そうでない修行者もあるだろう。本書は、そのような修行者に向けて書いた。

 本書は、仏道の心髄を簡潔に述べることを旨としており、敢えて平易な表現は採っていない。そのため、初学の修行者にとって内容は極めて難解なものとなっているかも知れない。また、仏道の心髄をずばり指し示すことを旨として書いており、敢えて冗長な表現は採っていない。本書を読み物として楽しんで読もうとする人にとっては物足りなく感じるかも知れないが、心髄のみを簡潔に書くことによってむしろそれぞれの真意が鮮明になると考えた。

 静けさを目指し、究極の安らぎたるニルヴァーナに至り住することを願う人は、本書に挑戦して欲しい。浅学の者は読みこなすのに苦労するであろうが、修行者にとってそれは必ずや空しからざる努力となるものと確信するからである。

 ただし、邪な心で本書を読めばニルヴァーナに達するどころか地獄行きとなるであろう。正しい道の案内であっても、心得違いをする者にとっては役に立たないどころか身を滅ぼす悪魔の説と化してしまうからである。この点に留意してじっくりと読まれることを願う。

« 前の章