閉じる


正法とはそもそも何であるか

 正法とは人を覚りに至らしめる偉大な力を持った文章のことである。人は、この正法によって仏となる。

 正法は、意味の通じる文章であって呪文ではない。しかしながら、人は正法の意味を理解することによって覚るのではない。人は正法を縁として覚るが、正法を理解したゆえに覚ったのではないと知るからである。つまり、正法は理解できなくても覚ることができる。覚り以前においては、ただ正法を知っていれば充分である。覚った後で、正法の意義を知ることになるからである。

 修行者が正法を知らなくても阿羅漢果を達成することはできる。しかし、正法を知らない者が仏になることはあり得ない。正法にしたがい、正法により、正法の真の理解を生じつつあるとき、まさしく正法を理解する機縁を生じ、因縁があって、正法の記述が真実であると知った人が、この正法によって仏となる。

 正法は、修行者が真実を知ろうとすることと密接に関係している。修行者が真実を知ろうとするゆえに正法の理解を生じる。正法を書いた仏たちも修行者が真実を知ろうとすることを前提としてこの正法を書き記している。もし経典に正法の記述がなければ、仏教が仏教として伝わることはなかったかも知れない。

 正法は(法身の)諸仏たちが書かせたものではない。正法は、この世に出現した仏たち(如来)が書き記したものである。仏たちは、苦悩する人々が覚り、自分と等しく異なるところがないようになって欲しいと願ってこの正法を書き記した。この正法を完全に理解した仏が後の世に出現したときに、まさしく仏になったのだと知らしめるためにも仏たちはこの正法を書き記したのである。

 正法は修行者を仏にならしめる威力がある。その反面、正法によって地獄に堕ちる者も現れる。心が邪であるならば、正法はその者をすみやかに、まっすぐに地獄へと突き落とすからである。それゆえに、仏たちは注意深く正法を経典の中に書き留めている。心構え正しき修行者だけがこの正法によって仏になることを知っていたからである。

 正法は、法(ダルマ)の本質をずばり明らかにしている。余りにもはっきりと書き下されているので、心が邪な者には恐ろしい副作用が現れる。それゆえに、みだりに正法を開示してはならない。開示すべき人に、開示すべき時に、開示するに相応しいやり方で開示しなければならない。


正法の手引き

 正法は、完結した文章である。したがって、正法を解説することには特別な意味はない。笑い話を解説するようなものである。それでも、正法の意味が分からないという修行者のために敢えてその手引きを記したいと思う。

 すべての正法は、ただ一つのことを主張している。 それは、

  『真実にやさしい人は必ずあなたの身近に現れる それを自ら発見せよ』

と言うことである。具体的には、

  『諸仏世尊はただ一大事因縁のみによって世に出現したまう(法華経)』

である。あるいは、このことを一種逆説的に説くものもある。

  『衆生を完成するのに随って、その仏国土が浄らかになる(維摩経)』

 また、釈尊のように覚りの過程をそのまま表現したものもある。

  『諸々の尊敬さるべき人が、安らぎを得る理法を信じ、精励し、聡明であって、”教え”を聞こうと熱望するならば、ついに智慧を得る。(スッタニパータ)』

 いずれにせよ、真実のやさしさとは何かを知ることで人は覚ると言っているのである。