twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格3,000円(税込)
カテゴリー ビジネス・教育・社会 ビジネス , IT関連 作者 thinkcurve
価格 3,000円(税込)
タグ International CESCESスマートTVスマートテレビスマートデバイス次世代テレビ次世代TVサムスンLGIPTVタブレット
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

0 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 42ページ (Web閲覧)
43ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
2011年1月6日~9日までの4日間、米ネバダ州ラスベガスで家庭向け電子機器・サービスの国際見本市「2011 International CES」の報告書。
2011 International CESで話題になったのは、タブレット/スレート端末、スマートTV(Connected TV/Net-Connected TV)のほか、裸眼立体視3D TV、パッシブ型3D TV、3D撮影機器、Android搭載家電、スマートフォン、ネット接続TV、OTT-V(Over the Top Video)サービスと端末、TV向けアプリケーションストア、TV Widget、ソーシャルメディアとの連動デバイス&サービスなど。
 特に、スマートフォン、タブレット端末/メディアイブレット市場だけでなく、テレビがコンピューターになることで、テレビ向けのアプリケーション市場が生まれることになり、コンテンツおよびビジネス分野のアプリケーションが一つの焦点となった。
 最もクローズアップされたのは、タブレット/スレート端末とスマートTVであり、タブレット/スレート端末は軽く100を軽く超えており、数え切れないものの、製造請負関係を含めると数百ぐらいになると見られる。数量的には台湾・中国企業の製品が大半を占めた。

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧