目次
2011年12月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
2012年1月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
2012年2月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
2012年3月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
2012年4月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
2012年5月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
2012年6月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
2012年7月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
2012年8月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
2012年9月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
2012年10月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
2012年11月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
2012年12月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

96 / 195ページ

試し読みできます
20120407近況

 おやつにさくらもちをたべる。
あんこを作るときの茹で汁で染めたのだろうか、綺麗な色に染ま
ったもち米の中に甘さひかえめのあんこが入っており、あっさり
といていて美味しい一品だった。

 甘いものが好きであるということは、減量中には大変なハンデ
だと思う。何しろ普段ずっと食べていた好きなものを、出来る限
り食べないようにしなければならないのは、ものすごいストレス
だと思う。
 そこで一日のうちで取り入れた養分を消費できるように、甘い
ものは朝食に食べるように気をつけているのだけれど、今日は負
けた。自分に負けた。

 昼食を食べた後、テーブルの上に出された桜餅を見て、居ても
立ってもいられなくなり、つい食べてしまった。今年生まれた甥
っ子の、初節句の更に前祝いに作ったそうだけれど、なんだかこ
じつけのような気がする。
 作られた理由はなんであれ、食べてしまった自分が少し残念。
まぁでも食べてしまったものは仕方が無い、また明日しっかりと
体を動かせばいいと思うことにする。

 桜餅といっても普通の家庭に桜の葉っぱの塩漬けが有るはずも
なく、また和菓子屋の知り合いがいるわけでもないので、飾りの
葉っぱは庭木の椿の葉っぱが使われていた。深い緑色が淡い赤色
と相まって、更に美味しさを引き立てる。
 そういえば昔から私の家では、あんこ入りのよもぎ餅、一般定
期に言えば草餅でいいのだろうか、にも椿の葉っぱをあしらいに
引いてあった。普通の田舎の家なんだけれど、自分たちで食べる
ものにも飾りを施す所が、なかなかにお洒落さんだったんだなと
思う。

 それにしても減量をしようと思った途端、なぜか家に食べ物が
寄ってくるようになっている気がする。今日はこの様に桜餅をも
らって帰ったし、昨日は春限定のよもぎパンと桜パンどちらもあ
んこ入りのものを頂いてしまった。
朝食に食べるようにするにしても、しばらくは無くならないくら
いの食料が集まってきている。食べるに困らないというのは非常
に有難いことだけれども、何故このタイミングなのだろうかと不
思議に思う。
 不思議に思って思い出したのが、マーフィーの法則。
シリーズ全部を買って読んでいないから既に書かれているかも知
れないし、多分誰かが思いついているだろうとは思うけれど、と
てもマーフィー的だと思う。

 でも多分本当は、あまり物を自由に食べることができない状況
なので、普段も同じようにもらったりしている量なのに、多く感
じているだけなのだろうと思う。
 毎日少しずつ食べるようにして、ストレスが溜まらないように
気を付けたいと思います。

ーーーーー


96
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120408近況

 夕食に焼きそばを食べる。
食べて安心のソース焼きそばで、よく食べるのに懐かしく感じる
一品だった。

 今日の焼きそばには豚肉ではなく魚肉ソーセージが使われてい
た。安く売っている時にまとめて買っておいたもので、少しずつ
料理に使われている。
 普段食べるなら豚肉は大変美味しいのだけれど、減量中にはそ
の美味しさの元である脂肪分がかなり邪魔になるので、魚肉ソー
セージに変わっていたところはありがたかった。

 なんだか愚痴っぽくなってしまうのだけれど、焼きそばには辛
子マヨネーズを付けて食べるのが好きなので、正直食べていて物
足りなかった。更に言うなら、辛子マヨネーズをつけた焼きそば
をおかずにして御飯を食べるのが好きなので、この点も物足りな
かった。
 美味しい物を食べているのに、ずっと物足りない感じを持ち続
けなければならないのは、減量中の辛い所。本当はそんなに減量
する必要なんて無いのかも知れないけれども、風邪引いて痩せた
ので、せっかくだからもう少し痩せておきたい。
 減量はつまらないとわかっているから、今回のようになにがし
かのきっかけがない限り始める踏ん切りがつかないのは、私が情
けないだけだろうか。

 それにしてもソースとマヨネーズの組み合わせは強い、お好み
焼きにしてもたこ焼きにしても、好みはわかれるだろうけれども、
マヨネーズをつけるとおかず力が高まると思う。
マヨネーズが好きな人はそれだけで御飯を食べることが出来るく
らいなのだから、おかず力が高まるのも当然だと思う。
 炭水化物に炭水化物を合わせて食べるのはおかしいという人も
多いようだけれども、人が美味しくご飯を食べる事を楽しんでい
るのだから、いいんじゃないかと思う。たしかに摂取カロリーの
点から見れば取り過ぎかも知れないが、それだけカロリーを摂取
したいと体が求めているということは、その人がとても活動的に
生活しているということなのではないかなと思う。
 以上は炭水化物ばかりとってしまいがちな私の言い訳ですが、
好きなものを好きなように食べている人のことは、そっとしてお
いて欲しいものです。

 焼きそばに普通のマヨネーズではなく辛子マヨネーズをかける
ようになったのは、某有名インスタント焼きそばの影響。
最初に誰が考えたのか知らないけれど、とても美味しい組み合わ
せだと思う。
 焼きそばソースとマヨネーズだけのこってりした所に、カラシ
の香りと辛味がいい刺激になって、美味しさ倍増。
自分で考えた人は天才だと思う。

 早くある程度まで体重を減らして、この組み合わせの焼きそば
をお腹いっぱい食べたいと思います。

ーーーーー


97
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120409近況

 昼食に餃子を食べる。
スーパーで買ってきてあった冷凍食品のものだが、中身もしっか
りしていて決して手作りに劣らない一品だった。

 餃子を食べる時には餃子のタレがあると有りがたいが、残念な
ことに今日は冷蔵庫に無かった。しかしラー油は残っていたので、
ポン酢と合わせてタレにして食べることにした。
他に家族は芥子醤油で食べていたため、時々そちらもつけさせて
もらって味の違いを楽しむことが出来た。

 少し前に食べるラー油が流行していたみたいだけれど、結局未
だに口にしていない。いつか食べよういつか食べようと思いなが
ら、CMもされなくなってしまって食べる気分もなくなりつつ有る。
 コレだと思ったことは機会を逸する前に、即行動に移したほう
がいいのかも知れないが、あまり流行りを追いかけてばかりいる
のも疲れる。今回は縁がなかったと思っておこうかなと思うが、
多分スーパーに行ったら売ってあってつい買ってしまうんだろう
なとも思う。
 優柔不断で時々困る。

 ラー油ポン酢と芥子醤油とで食べ比べてみたところ、私の好み
ではポン酢のほうがよかった。ポン酢の酸味とラー油の辛味が餃
子のタレに近くて、美味しくいただくことが出来た。
ここに少し麺つゆを混ぜると、旨みが更に加わって美味しいかも
知れない。

 一方芥子醤油の方も負けず劣らず美味しく、カラシの香りと辛
さが餃子の美味しさを引き立てる。ただこちらの方は少し醤油の
塩味が強いため、付ける量に気を付けないと塩辛すぎる。
私はついついたっぷりと付けてしまいがちだから、こちらはあま
り向いていない。たっぷりつけなければいいだけのことだけれど。
 普通の濃口醤油よりも、旨みの強いたまり醤油でカラシを溶く
ともっと美味しくなりそうな気がする。しかしその分コクが強く
なって、あっさりした味が好きな人は苦手になるのかも知れない。

 餃子を全部食べ終えてから気が付いたのだが、カラシポン酢を
試すのを忘れていた。そこにある調味料の組み合わせで出来るの
に、うっかりしていた。
 今度はいつになるかわからないけれども、また餃子を食べる機
会には試したいと思います。

ーーーーー


98
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120411近況

 夕食に明太子パスタを食べる。
減量中だけど今日は沢山食べる日にして、お腹いっぱいになるま
で食べてしまった一品だった。

 自家製の明太子ソースと鍋の中で絡められて、そのまま鍋ごと
食卓に並べられていたので、見た目すごい迫力。大盛りを超えた
鍋盛りといった感じで、見た目にも楽しい夕食になった。
 パスタの量も500g位はあったんじゃないだろうか、30cmの直径
で15cm の深さの鍋に、八分目くらいまでパスタが入っていた。
食べても食べてもなかなか減らないパスタに、しばらく沢山食べ
ていなかったストレスも吹っ飛び、とても気持ちのいい夕食の時
間を過ごすことが出来たように思う。

 今日使われていたパスタは、太いのと細いののミックスされた
もので、以前に使った時に使い切れずに残っていたものを使い切
るためにこういう事態となった。なったのだけれど、特にコレと
行って問題なし、
 普通太さの違う麺を茹でると湯でムラになって、硬いのと柔ら
かいのが混ぜこぜになってしまいそうなものだけれど、何故かみ
んな同じような硬さにゆであがっていた。多分柔らかめに茹で上
げられていたからだと思うが、麺の太さは結構適当でも支障が無
いのかも知れない。もちろんアルデンテの仕上がりに何が何でも
しなければ嫌だというのなら、麺の太さが違うパスタは一緒に茹
でないほうがいいとは思う。

 パスタは好きで沢山食べるのだけれど、体調によってはそんな
に沢山食べたくない日もある。そんな時に少しずつ残っていたパ
スタを、今回一気に無くしてしまうことが出来た。
 今は100gずつ束にされた物がスーパーなどで売られているが、
こうしてすこしずつ残す時に更に具合がいいように、一束ずつ個
包装されたものが売られたら、少食の人に便利かも知れない。

 以前たらこか明太子パスタを食べた時にも忘れたように思うが、
今回もきざみ海苔をふりかけるのを忘れてしまった。
なぜか必ずといっていいほど食べてしまってから思いだしてしま
う、ほんの少しのことでより一層美味しく食べることが出来るの
に、忘れてしまっているのは空腹で焦っているからかも知れない。
 だからといって食事の前にお腹に物を入れるのは、最高の調味
料を使わないことになるのでもったいない。なかなかに難しい問
題だと思う。

 冷蔵庫にメモでも貼っておくようにして、ぜひ次の機会にはた
っぷりときざみ海苔をかけて、またお腹いっぱいパスタを頂きた
いと思います。

ーーーーー


99
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120412近況

 昼食にワラビを食べる。
今年初めてとれたもので、大変柔らかく優しい一品だった。

 今年は春になるのがとても遅く、待てども待てどもなかなか出
て来なかったワラビだけれども、ようやく食べられるようになっ
てきた。けれどもまだ最盛期ではなく取れた量は少ない、本当に
楽しめるようになるにはもう少し先になりそう。

 沢山取れるようになれば煮物で食べるのが美味しいが、まだ煮
物にするには量が少なすぎるので、今日はゆがいたものをわさび
醤油で頂いた。
 緑色が鮮やかで春の新緑を思わせる、目に気持ちいい一品だけ
ど、味の方は特にコレといって無いのが長所であり短所。
あっさりとした味付けの煮物でいただければ、結構ワラビの香り
がするような気もするけれども、わさび醤油で食べると、ワサビ
の香りと醤油の味で全てが決まってしまう。

 こういう繊細なものを食べる時には、一度特別な醤油で食べて
みたいなと思っているのだけれど、なかなか踏ん切りがつかない。
目の前に普通の醤油があるのに、また別な醤油を買って来るとい
うのは心理的な手間がかなり大きいと思う。
 子供の頃から見かけていた、少し出かけた先の通り道に、いか
にも老舗といった佇まいの醤油屋さんがある。
しっかりした作りと大きさの年季の入った看板が、それだけで味
に期待をさせる様な店なので、いつか手に入れて食べてみたいな
と思っている。
 ただそんな雰囲気なので、きっと一人では入れないだろうなと
思い、自分の気の小ささに少し落ち込む。

 今日はわさび醤油で頂いたけれども、もっとあっさりと頂きた
い時にはポン酢で食べるのも美味しい。そういえばつくしを湯が
いたものをポン酢で食べても美味しかったので、春先の野草のお
ひたしにはよく合うのかも知れない。もちろん私の好みなので、
すっぱいものが苦手な人には合わないとは思う。

 今年はなかなか温かくなってこなくて、たけのこも随分遅れて
いるように思う。
けれど遅れて焦らされた分美味しさが増すのかと思うと、それも
悪くはないかと思いました。

ーーーーー


100
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56


読者登録

出雲一寸さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について