目次
2011年12月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
2012年1月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
2012年2月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
2012年3月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
2012年4月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
2012年5月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
2012年6月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
2012年7月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
2012年8月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
2012年9月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
2012年10月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
2012年11月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
2012年12月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

81 / 195ページ

試し読みできます
20120319近況

 夕食にイカとキャベツのサラダを食べる。
ここ2日しっかりした食事がたてつづけにあったので、
体にやさしいあっさりした一品だった。

 キャベツの千切りにツナが和えてあって、
そこに昨日の残り物で頂いて帰った茹でたイカを入れて、
ドレッシングで味付けされていた。
 メインはきちんと他にあったのだけれど、
今日はご飯をたくさん食べられない状態だったので、
あっさりさっぱりしたサラダの存在はとてもありがたい。

 昨日のお彼岸参りでメニューに出されていた湯でイカ、
その時は酢味噌で頂いていたのだが、
何分沢山用意してくれてあったのでみんな食べ切ることが出来ず、
残ったものをいただけることとなった。
一食のうちの一メニュー豪華になって、
食卓が華やかになって大層うれしかった。
 普段いかを食べるならばフライか天ぷらで食べることが多い、
実を言うとイカ自体をそんなに積極的に食べない。
決して嫌いというわけではないと思うのだけれど、
食卓に並んだ時になぜか昔から箸が伸びなかったのを覚えている。
今回のようにリング上のものなら平気なのだが、
まるごとの小ぶりな湯でイカとなると、
大体父に譲ることが多かった。

 ゲソでもリングでも食べるのだから、
多分はらわたが嫌いなんだろうと思う。
そういえばイカの塩辛も好んで買って食べたことがない、
あれって確か味付けにはらわたが使われているはず…。
それを聞いてからは片手の指が余るくらいしか、
口にした記憶がない。
 ただし酒の席などで出てきた場合は何一つ残すこと無く、
綺麗サッパリと食べてしまう。
都合のいい選り好みだなと自分でも思います。

 そういえばイカスミのスパゲティも食べたことがあるが、
多分きっと自分では注文して食べることは無いと思う。
食べた店が悪かったのかも知れないけれど、
ものすごく生臭いスパゲティだったのをよく覚えている。

 どうも私は内臓系の食べ物があまり好きでは無いらしい、
こうして改めて書いてみないとなかなか気づかないものです。
しかしこれでは、
好き嫌いがないなどとは到底言えそうにありません。
でも身銭を切ったときはきっと食べるんだろうと思います。
少し恥ずかしいです。

ーーーーー


81
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120321近況

 朝食におにぎりを食べる。
中身の入っていない塩にぎりで、
あっさりとしていて体にやさしい一品だった。

 彼岸のお墓参りでしっかりとした食事続きだったので、
こういうあっさりとした食べ物がとても美味しく感じる。
普段からあっさりしたものばかりだったら、
きっと文句を言うのだろうから勝手な話だとだ思う。

 彼岸のお墓参りが終わってから風邪を引いてしまっていた、
去年の日記を見ていると同じように風邪を引いていた。
この時期に風邪を引く様に習慣がついてしまっているのだろうか、
とにかく苦しい風邪だった。
 そんなことで食欲もあまりなく、
普段と比べると半分以下の食事量になっていたので、
この塩にぎりのあっさりさ加減は大変ありがたかった。
 喉が痛いので一度に沢山は口に入れられないので、
少しずつしっかりと噛んでから流しこむ。
お酒ではないけれど五臓六腑にしみわたるような感じだ。

 いつもならばここで一緒に漬物を齧るのだけれど、
そこまで食べるのはまだしんどかった。
かわりに昨日の栄養の偏りを直すために、
煮干を少し食べておいた。
 昨日はほとんどお茶漬けで過ごしてしまったので、
骨と筋肉のためにも煮干がよさそうな気がする。
しかし風邪で痛くて乾いた口の中に、
乾物を放り込んで食べるのは正直きつかった。
仕方が無いのでお茶を飲み飲みなんとか食べることが出来た。

 こうして風邪を引いてみると、
普段元気でいられることの有り難さがよくわかる。
重々気をつけて普段過ごしているのだけれど、
それでも引くときは引いてしまう。
年齢のせいかもしれないけれど、
出来るだけ風邪を引かないように気をつけて行きたいと思います。

ーーーーー


82
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120322近況

 昼食にカレーを食べる、
ただしほんの少しだけ。
夕食にハヤシライスを食べる、
こちらもほんのちょっぴりと。
なぜならいまだに風邪が治っていないからです。

 昨夜は特にひどかった、
フリースのパジャマの上にフリースの上着を重ねてきて、
電気カーペット入れて寝ているにもかかわらず、
がたがたと震えが止まらなかった。
おまけにずっとひどい頭痛に襲われ続けて、
結局寝たという実感が全くない夜だった。

 多分風邪薬を飲むタイミングが悪かったんだと思う、
夕食を早い時間に済ませてそのまま、
食後に風邪薬を飲んでしまったため夜中に効果が切れたのだろう。
とにかく思い出したくないくらいの苦しい夜で、
こうして書いていてもげんなりしてくる。

 こういう体調の悪い時にはあっさりしたものしか食べにくい、
にもかかわらず何故かカレーとハヤシライスが重なってしまった。
本当は大皿におかわりして食べたいところだけれど、
とてもそんな状態では無いので、
小皿にちょこんとご飯をよそってソースを掛けていただいた。
 元気だったら凄く美味しいんだろうなぁと思いながら、
いまいち味がしっかりわからない口でなんとか食べ終わる。

 以前川島四郎氏の著作を読んだ中に、
熱に浮かされて食欲のないときには、
おかゆよりも冷たい豆腐が美味しいし栄養価もいい、
というのを思い出したので、
ここ2日のうちほとんどの食事で冷奴をメインにその他を食べた。
 なるほど冷たくて口の中が気持ちいい、
醤油の香りも心地よくめんつゆで食べても美味しい。
これだけ苦しい中美味しく食べることが出来るのだから、
風邪引いたときは今度から冷奴に決めておこうと思う。

 昨日の失敗を繰り返さないように、
冷奴でお腹を満たしてから、
今日は就寝前にくすりを飲んで寝たいと思います。

ーーーーー


83
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120323近況

 おやつにプリンを食べる。
熱はだいたい下がったようだがまだあまり食欲のない体に、
冷たくて柔らかい甘さが心地良い一品だった。

 昨夜から段々調子が戻ってきていて、
食べるものも段々美味しく感じるように思えてきた。
それでも喉が痛いのは相変わらずなので、
プリンのように柔らかい食べ物は有難い。
 口の中に入れるとしっかりとした甘みが感じられ、
カラメルソースの香ばしい香りも鼻に抜けていく。
フルフルと口の中を揺れながら通り抜けて、
冷たいうちにつるりと喉の奥に入れる。
 プリンもビールのように喉ごしを楽しむ食べ物かも知れない。

 近頃流行りのプリンはしっかりの固まった物ではなく、
とろりとしたクリーム状のものが流行っているような感じ。
TV等でも良くうつされていたが、
スプーンで掬ってもスプーンの上に留まっていることが出来ず、
流れ落ちていくような物も見たことがある。
ような気もする。
 柔らかさ甘さというテレビの中での美味しさの基準からすると、
たしかにこの様な食べ物は究極の美味なのかも知れない。
だけど特定の形を維持できずにスプーンから流れるなら、
これはもう食べ物ではなくて飲み物なのではないかと思う。
味はプリンだから美味しくないはずはないけれど。

 飲むプリンと書いて思い出したのが、
振って砕いて飲む缶ジュースと同じ容器に入った物。
昔遊びに行っていたゲームセンターの自販機に入っていたが、
どこのメーカーから出されていたのかすっかり忘れた。
確かプリンシェイクとかいう名前だったように思うが、
この辺も全くのうろ覚えなので自信がない。
 こうしてその存在を思い出すと、
プリンを飲むというのはひょっとしてプリン好きの間では、
極々当たり前の行為なのだろうか?
そういえばカレー好きの間では、
カレーは飲み物との認識があるらしいし。

 プリンがどんどん柔らかくなって液体に近づくのは、
元々好きな人の間では当たり前の食べ方だったものが、
一般的になってきたものなのかも知れないなと思いながら、
ツルツルといただきました。

ーーーーー


84
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120324近況

 夕食にカレーを食べる。
風邪も徐々に回復してきており、食べ物もだんだん美味しく頂
けるように戻ってきており、今日のカレーも美味しくいただけた。

 それにしても今回の風邪は大変きついものだった、とにかく
苦しさのピークには一睡も出来なかったのだから、体力が回復
する暇もない。
 それでもなんとか治そうとくすりを飲んで安静にしていて、
なんとかかんとか今日の状態まで回復できた。

 それししてもたまに体調を崩すと健康のありがたみがよく解る、
なんといっても食事が出来ないのはなんともつまらない。
またなんとか食べたとしても、全く美味しくないのだからこれ
また二重でつまらない。
正直もう二度と引きたくはないのだけれど、引きたいと思って
いつも引いているわけではないので、またきっと引いてしまう
んだろうなぁ…。

 そういえば昨年の日記を見ると、全く同じ時期に風邪を引い
ていたと先日書いたような気がするが、私は春先の気候と相性
が悪いのだろうか?
 まぁしかし、花粉症の人よりはずっと楽させてもらっている
とは思う。中高生の頃は慢性鼻炎でずっと鼻づまりだったので、
鼻で呼吸できない苦しさは、弱いながらも少しはわかる気がする。
有難いことにこの慢性鼻炎は、高校を卒業するとすっかり治り、
いまではまったく鼻づまりとは縁遠くなれた。
あれはきっと学校のストレスだったんだろうなあと思う。

 来年の今頃も同じように風邪を引いて、こんなふうな記事を
書いている事の無いように、毎日美味しくご飯を頂いて、体に
気をつけて毎日を過ごしていきたいと、改めて思い直しました。

ーーーーー


85
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56


読者登録

出雲一寸さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について