目次
2011年12月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
2012年1月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
2012年2月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
2012年3月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
2012年4月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
2012年5月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
2012年6月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
2012年7月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
2012年8月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
2012年9月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
2012年10月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
2012年11月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
2012年12月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

64 / 195ページ

試し読みできます
20120301近況

 昼食に納豆を食べる。
これといっておかずが無かった所に、
ぽつんと1つだけ残っていてくれた所が、
まるで私のために残っていてくれたようで嬉しい一品だった。

 薬味として今回は漬物を入れて楽しむことにした、
壬生菜とたくあんがあったので、
歯の悪い家族のためにすでに刻まれてあったそれらを入れ、
納豆と一緒にしっかりとかき混ぜる。
もちろん備え付けのタレもしっかりと入れて。

 今回食べた納豆は最近発売され始めた、
蓋を半分に折り曲げてタレを掛けるタイプのもので、
タレの袋を破りそこねるという失敗は心配ない。
タレの袋を蓋の中に入れておかないで済む分、
間仕切りのビニールが必要なくて、
少し資源の節約になっているのかなと思う。
 だけどこうやって、
手を汚さないように手間がかからないようにと、
便利になっていけばいくほど、
それまでかかっていた手間を省いてしまった分、
どんどん不器用になっていってしまいそうな気もしてしまう。

 どこで読んだか忘れてしまったけれど、
効率を求めるようになってしまったらそれはもうただの作業、
というような言葉を目にした気がします。
毎日が忙しくて仕方のない人にとっては、
食事がただの栄養補給の作業になっているのかも知れませんが、
それでは本末転倒のような気がします。
 “生きるために食べるのではなく、
食べるために生きるべきだ。”
とは確か「食べる人類史」の冒頭で引用されている、
モリエールの「病は気から」の中の一文です。
自分の食事にかかる手間くらいは、
あまり惜しまないように気を付けたいと思います。

 まぁでもやっぱり、
便利なものがあればそれに頼りたくなるのも当然、
何をするのも面倒くさいなんて時には、
またお世話になりたいと思います。

ーーーーー


64
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120302近況

 おやつにロールケーキを食べる。
最近主流になりつつある、
スポンジよりもクリームのほうが多いタイプのもので、
イチゴ味のクリームが少し春っぽい一品だった。

 時節柄クリームの味が桃味のものがあったら、
ひな祭りにいいおやつになるような気がするが、
自分で買ってきたわけではないので、
桃味のものがあるかどうか今度探してみたいと思う。
 だけどよく考えてみたら桃の節句は桃の花の節句なわけで、
桃の味を楽しもうというのは違っているのかも知れない。

 本当のことを言うと子供の頃は、
正直ロールケーキはあまり好きではなかった。
いつ食べてもスポンジが乾き気味でパサパサとしていて、
やたらと喉の乾くおやつだなと思いながら食べていたように思う。
 それでも出してもらったおやつを食べなければ、
その日のおやつは無しのまま過ごさなければならないし、
毎日おやつが貰えるわけでもなかったので、
牛乳なんぞと一緒に食べていたように思う。
スポンジと牛乳の相性は抜群で途端に最高のおやつになった。

 最近になってクリームを主に楽しむタイプのものが出ると、
以前よりよく食べるようになった気がする。
しっとりとしていて甘みとコクのあるクリームがたっぷりで、
別に飲み物を用意しなくても食べやすくて美味しい。
 スポンジの多い昔ながらのタイプのものも、
昔に比べてスポンジがしっとりとしているように思う。
大人になって唾液の量が増えたのかどうか、
確かめられないので何となく思うだけだけれど。

 どこかで読んだような気がする話だが、
パンでも何でも日本のものは水分が多すぎる、
焼いたパンがしっとりしているのは水分が多いからだそうだ。
水にお金を払うのはいかがなものかと、
書いてあった様な気がするけれども、
水分が多くて食味が向上し美味しく楽しく食べられるのなら、
それはそれでいいんじゃないかなと思いながら、
今日のおやつを楽しみました。

ーーーーー


65
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120303近況

 昼食と夕食にチラシ寿司を食べる。
ついこの間も昼食と夕食が同じメニューになった気がするが、
美味しくいただけるのなら全く気にならない。
ひな祭りらしく華やかで美味しい一品だった。

 自分の食事を作るのを誰かに任せる以上、
同じ日に同じメニューが重なるのは仕方が無い。
それに季節の野菜や行事に合わせてメニューも決まるので、
この様なことは避けようが無いと思う。

 そういえば子供の頃も、
給食のメニューと夕食のメニューが重なることがよくあった。
特に重なりやすかったのが、
冬場はおでんとシチューその他の季節はカレーだった。
 給食のメニューは学校からもって帰っているのに、
どうして重なってしまうのか疑問に思っていたが、
沢山の量を一度に作ってしまえる所に原因があるように思う。

 今考えても少し不思議だが、
私が子供の頃は家族が最大で10人一緒に暮らしていた。
テレビでよく放送される大家族物の様に子供が多いのではなく、
祖父や父の兄妹たちが数人いたためで、
子供の肩身が一番狭い時期だった。
 そんな状況で食事を作るとなると、
どうしても一度に沢山の量が作れるメニューが優先され、
いきおいカレーやおでんが多くなってしまっていたのだろう。
大人たちは家で食べるだけだから、
メニューが重なるなんて状況にはならないので、
少数派の子供の都合なんて全く気にもされていなかったのだろう。

 まぁしかし同じメニューが続いても、
給食のものと家のものでは入っている具材などが違うし、
味付けも全然違う。
子供ながらに同じ料理の味の違いを楽しんでいたのかも知れない。
 同じメニューでもやはり家の味の方が良かった、
というよりも出される料理の組み合わせの問題だと思う。
給食の主食はほとんどパンだったのだが、
カレーなんかはご飯でもパンでも同じように美味しかった。
しかし肉味噌おでんをコッペパンで食べるのは、
子供ながらにいかがなものかと思いながら食べていました。
美味しくはありましたが。

ーーーーー


66
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120304近況

 夕食に炊き込みご飯を食べる。
あっさり目の味付けで炊き上げられていて、
いくらでも食べられそうな一品だった。

 入っていた具材は、
人参
ごぼう
あぶらあげの三種類で実にあっさりとしていて、
使われている醤油も薄口なんだろうと思う。
ご飯の色も昔から食べている炊き込みご飯と違って、
実に優しい色合いだった。

 昔は炊き込みご飯といえばオコゲが付きものだった、
最近は全然オコゲを食べていないような気がする。
ガス釜でご飯を炊いていた頃は、
毎回オコゲがしっかりと出来ていて、
その香ばしさがとても嬉しかった。
ガス釜が壊れてしまって電気炊飯ジャーになると、
その性能が良すぎてオコゲが出来なくなってしまった。

 しかしガス釜に比べて電気釜の便利なところは、
何よりもタイマー機能ではないかと思う。
夜の間にお米を洗って仕掛けておけば、
朝起きた時には炊きたての御飯が食べられるというのは、
なんとも言えず魅力だと思う。
最近のガス釜の事情がわからないので、
タイマー機能が付いているかわからないけれど。
 普通に炊いたらオコゲができない電気釜だけど、
炊飯メニューをしっかり設定すれば、
オコゲモードのある製品もあるようだし、
モードがなくても一度炊き上がった所で、
数分追い焚きすればうまい具合にオコゲを作れるとも聞いた。
だけど今のところ自分で作ることが少ないので、
もう一手間かけろとはとてもじゃないが言えない。

 結局自分好みのものを口にしようと思うのならば、
自分で作るのが何よりなんだろうかと思う。
 そこで思ったのだけれど、
オコゲの入った炊き込みご飯のおにぎりが売り出されたら、
凄く売れるんじゃないかなと思う。
ひょっとしたらすでに商品化されているかも知れないけれど。
 あと香ばしさが好きなら焼きおにぎり食べればいいんじゃ?
というツッコミがされるかも知れないが、
焼きおにぎりのオコゲはパリパリしていて少し違う。

 しっとりしていてなおかつ香ばしい炊き込みご飯のオコゲ握り、
考えただけでよだれが垂れてしまいそうです。

ーーーーー


67
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120305近況

 夕食に揚げだし豆腐を食べる。
からりと揚げられた豆腐に野菜ときのこのあんがかけられていて、
体の温まる一品だった。

 揚げ出し豆腐はお酒のおつまみというイメージがあったが、
今日食べた一品でそんな事はないということがわかった。
野菜たっぷりの甘辛いとろみあんだけでもご飯が進む所に、
表面がパリッと揚がったいて中身はふわりとした豆腐が、
さらに食欲をそそっていた。
 食べ始めはパリッとしていた表面だが、
時間が経つに連れてアンの水分を吸い込んで柔らかくなり、
そこに味が絡んで後半は更に美味しい。

 ご飯に揚げだし用のあんを掛けてもとても美味しかった、
とろりとしてしっかりと出汁が聞いたあんと、
野菜ときのこの旨味がご飯を進めさせる。
 しかし残念なことに今回はたくさんご飯を食べられなかった、
豆腐がものすごくお腹に溜まって、
あっという間に満腹になってしまったからだ。
ご飯党としては少し納得の行かないお腹の膨れ方だが、
美味しい物を食べておいて不満を述べるのはいけないなと思う。

 今日食べた物は醤油ベースの和風アンだったが、
中華丼にかけるような味付けのあんを掛けても、
きっと美味しいと思う。
麻婆豆腐とはまた違った味付けの中華風豆腐料理、
考えていたらまたお腹が空いてしまいそうになる。

 真冬に食べるならば、
あんに生姜などをしっかり効かせておくと、
どんなに寒くてもからだの中から温まる事ができそうな気がする。
そろそろ温かくなり始めたので、
こちらはまた来年の楽しみにしておこうと思う。

 夏には冷やしあんかけでと思ったけれど、
夏には冷奴のほうが美味しそうですね。

ーーーーー


68
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56


読者登録

出雲一寸さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について