目次
2011年12月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
2012年1月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
2012年2月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
2012年3月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
2012年4月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
2012年5月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
2012年6月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
2012年7月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
2012年8月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
2012年9月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
2012年10月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
2012年11月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
2012年12月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

56 / 195ページ

試し読みできます
20120222近況

 夕食に海老餅をたべる。
お正月のもち米が残っていたものに、
桜えびを混ぜてついた物を頂いたため、
お味噌汁に入れて雑煮のようにして食べた。

 子供の頃から祖父たちがこの海老餅が大変好きで、
お餅をつくときには大体一緒に海老餅も作られていた。
 作り方は普通のお餅とそれほど変わらず、
蒸したもち米を餅つき機に入れてつき始める段階で、
桜えびを一緒に入れてつくだけ。
餅つき機があって桜えびを用意すれば、
すぐに作ることが出来る。

 用意する桜えびは自然な色をしたものが好きならば、
着色していないものを入れればいいけれども、
我が家では昔から赤く着色されているものが入れられてきた。
その為出来上がったお餅は目にも鮮やかなくらい赤く、
人工的な色が嫌いな人はちょっと食べにくいかも知れない。

 この海老餅の真価が発揮されるのは、
普通の白餅と共に並べられたとき。
その紅白のコントラストのお陰で、
ものすごくおめでたい見た目になり、
何事もない寝正月であったとしてもあっという間にお祭り気分。
 今回は特につくための理由があったわけではなく、
単に鏡餅を切りわけたものを食べきってしまい、
もち米がまだ残っていたからだけど、
それでもこの赤い餅を見るとおめでたい気分になれる。

 今度つくのはいつになるかわからないけれども、
また食べられることを期待しています。

ーーーーー


56
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120223近況

 「ダーリンは外国人」のシリーズの中で、
キーボードの配列について書かれた話を読んで、
DovorakJP配列というものを知る。
なんだか具合がよさそうなので、
ちょっと試して見ることにしてみた。

 始めたばかりだから実にもどかしいけれど、
左右交互に打つようにキーが配列されているようなので、
慣れたらよさそうだと思う。

 今日は一日麺づくしの一日だった。

 まずは朝食、
寒さに対抗するために朝っぱらから醤油ラーメン、
栄養のバランスを考えて、
カットわかめ
冷凍ねぎ
すりごまをタップリと入れて作る。
 さらに寒さに対抗するために、
しっかりと香辛料を効かせて食べたため、
朝も早いのに食後には汗だくになってしまった。

 昼食は外に出かけていたのだけれど、
またもやラーメンになってしまった。
買い物に出かけたショッピングモールのフードコートで、
担々麺を注文する。
もっと本格的なお店で食べれば違うのかも知れないが、
なんというかはっきりしない味付けだった。
 このショッピングモールのお店は、
以前たらこパスタを食べた時も失敗だったので、
もうここでは食事をしないほうがいいかもしれない。

 夕食にはスパゲティをいただく。
入っていた具材は、
たまねぎ
ウインナ
ツナ缶
パスタ
これらを醤油で味付けし塩コショウで整えていただいた。
 脂分がツナ缶の物のみなので、
大変あっさりした仕上がり具合だった。
たまねぎのあまみとツナ缶ウインナのコクに、
焦がした醤油の香ばしさが食欲をそそる。

 今日は全くご飯を食べずに過ごしてしまった、
ご飯党の私としてはなんとなく不本意な一日。
明日は目一杯ご飯を食べようと思います。

ーーーーー


57
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120224近況

 夕食に鍋を食べる。
今日は昼間それほど寒くはなかったけれど、
夜はやはりそこそこ冷えるので鍋はありがたい。

 今日の鍋は鶏団子鍋、
鶏団子用ミンチ
白菜
タアサイ
えのきたけという具材のラインナップ。
 団子用ミンチをティースプーンで丸めながら入れながら、
煮えたそばから次々に食べていった。
しょうががよく効いていて、
食べるそばから体が温まりぽかぽかとしてくる。
中盤以降は上半身から汗が吹き出して、
冬とは思えない状態になってしまった。
 冬場は汗をかきにくいので、
なかなか気持ちのいいものだと思う。

 今日はつけダレにはいつもながらのポン酢に、
すりごまをタップリと入れて、
そこにさらに寒さ対策として一味唐辛子と、
さらに七味唐辛子も加えて楽しんだ。
 今回薬味に使ったこの七味唐辛子だけれど、
いつか書いたような気がするけれど、
少し使って減った所に青のりを自分で加えたもの。
もとの七味に三分の一くらい青のりを加えたので、
山椒よりも青のりの香りのほうが強くなってしまい、
なんだかもう別の薬味になってしまった。
 追加する青のりを四分の一くらいにしておけば、
まだ七味のままであったかもしれない。

 京都などに行くと自分の好みで配合してくれる、
七味のお店があるらしい。
スーパーで七味に入っている香辛料を買ってきて、
自分でブレンドしてみるのも面白そうだと思う。
 けれど自分の好みに合わない香辛料ばかり余って、
にっちもさっちもいかなくなりそうなので、
今のところは訳のわからなくなったこの薬味で、
楽しんでおくことにしておきます。

ーーーーー


58
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120225近況

 ドボラックJPにキー配列を変えて2・3日、
さすがにそう簡単には上達はしない。
某タイピングサイトで測ってみると、
大体100文字/分くらいのスピードで打って、
正確さは90%前後といった所。
 元の配列の時と比べるとおおよそ半分の速度で、
正確さ5%ダウンといった所だろう。

 まだまだぎこちなくてまだるっこしいけれど、
キーの配列とコンビネーション打ちがあるため、
慣れれば左右交互に手を使えるようになるらしいので、
上達すればきっと以前より気持ちよくタイプ出来ると思う。

ーーー

 昼食におじやを食べる。
昨晩のお鍋の残りの出汁で作ったもので、
卵は入っておらず大変あっさりした一品だった。

 なんだかしょっちゅうおじやの話を書いている気がするが、
まぁ好きだからどうしようもない。
 夕べの鶏団子にしっかりと生姜が効かせてあったので、
出汁の中にも生姜の風味が溶け出していて、
香りの良いおじやとなっていた。

 まだまだ寒さが残るこのごろだけれど、
そろそろ冬の野菜が採れなくなってくるらしいと、
野菜を分けてくれていた方から聞かされた。
 まぁ確かにもうすぐ3月なのだから、
春の足音が聞こえ始めてもおかしくはないとは思う。
だけど鍋が好きな身としては、
少しでも長くお鍋の季節を楽しんでいたいと思う。

 もちろんスーパーに行けばいくらでも野菜はうってある、
だけれど今食べている量の野菜を買って食べるとなると、
ちょっと予算的に厳しい。
普段がつがつ食べているとあんまり気にならないが、
いかに多くの食材を分けてもらっているかよく分かる。
本当にありがとうございます。

 残り少ない冬を楽しむためにも、
ありがたく味わいながら食べたいと思います。

ーーーーー


59
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120226近況

 夕食におでんを食べる前にマカダミアチョコをたべる。
親戚のハワイ旅行のお土産で、
馴染み深い普通のチョコレートの物ではなく、
ホワイトチョコでコーティングされているものだった。

 誰かがハワイに行くと必ずお土産に頂くマカダミアチョコ、
何回頂いてもありがたくおいしく思う。
子供の頃はハワイに行かないと買えないものだと思っていたが、
最近になって自分で行ってわかったけれど、
旅行にいく前にまとめて買っておけるようになっている。
 旅行代理店のパンフレットがおいてある場所に、
各地域ごとのおみやげのパンフレットも一緒においてあった。

 実際に旅行にいく前におみやげを用意してあるというのは、
なんだかいまいち味気ない気もするが、
旅行に行く人にとってはいい方法だなと思う。
旅行に行っている最中ずっとおみやげのことを考えて、
旅を楽しめないのはもったいない。
 相手に時間と手間をかけること無くおみやげをもらえて、
おみやげをもらう方も気が楽だと思う。

 でもこういう方法が当たり前になってくると、
きっとずる賢い人はもっと安くあげようとする気がする。
日本中にあるショッピングモールの中の輸入品店で、
マカダミアチョコを買って済ませてしまうような気がする。
紙袋さえそれらしいものを用意されたら、
貰う側からはどこで買ったかなんて質問が出来るはずもないし。

 まぁでも私としてはどこで買ったものであっても、
おいしく食べられればそれでいいと思います。
旅の思い出話が聞けないのは少し寂しいですが。

ーーーーー


60
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56


読者登録

出雲一寸さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について