目次
2011年12月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
2012年1月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
2012年2月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
2012年3月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
2012年4月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
2012年5月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
2012年6月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
2012年7月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
2012年8月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
2012年9月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
2012年10月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
2012年11月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
2012年12月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

44 / 195ページ

試し読みできます
20120208近況

 昼食にお餅を食べる。
正月のお鏡を切ったもので、
直角円周形というか半月半分形と言ったらいいのか、
楕円形を4分の1にした形が多かった。

 昔鏡餅を切るときに使っていた包丁は、
鏡餅の大きさに負けないように大きく、
まるで鬼の武器みたいに子供の目には見えた。
大人になってから使わなくなった包丁を見ると、
もちろんそんなに馬鹿でかくなくて、
麺切り包丁を少し大きくしたくらいのものだが、
それでも普段使っている物よりずいぶん大きい。
 そんな風に多少の思い出のある包丁は今は使わなくなり、
物置の隅っこで錆び付いていた。
最近は普段使いしている台所の包丁で切っているけれど、
やはり刃渡りなどが小さくて、
途中で切り込む場所を変えなくてはならないので具合が良くない。
 道具をきちんと手入れしていなかったから、
まぁ仕方が無いのだけれど。

 お鏡を切るときは利き手の反対側にタオルを巻いて、
包丁の刀身を直接持ってしっかりと体重をかけて押し切る。
しかし抑えたからといってスムーズに刃が入っていかず、
シーソーの様にグリグリと押し込まなければならない。
 だけど思っていたよりもずっと切り易かった、
表面はひび割れて乾燥しきっているように見えたが、
中はしっとりとしていて餅つきからそれほど経っていない様。
汗だくになって切らなければと思っていたので正直助かった。

 そんな風にこま切りにしたのが成人の日が過ぎた頃だったか、
それから一月くらい経ってから食べたが、
乾いて皮ばっかり多いお餅になったりせずに、
美味しく食べることが出来た。
 来年も指を切り落としたりせずに、
無事お鏡を切れることを願います。

ーーーーー


44
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120209近況

 夕食にラーメンを食べる。
今回はインスタントではなく生麺を買ってきて、
野菜たっぷりのスープに入れていただいた。

 家で食べるラーメンはほとんどインスタントだったが、
生麺で食べるラーメンも美味しい。
入っていた野菜は、
人参
白菜
たあさい
しめじも入っていたような気がする。
 中華スープの素をベースとした味付けなんだと思うが、
あっさりとしていながら野菜から滲みでた旨みが溶け込み、
優しい味わいに仕上がっていた。

 注文するメニューも悪いのだろうけれど、
ラーメン屋さんで食べるラーメンは大体こってりしている。
多分貧乏性なんだろう、
お金を払ってあっさりしたものを食べると、
なんだか損した気分になることもあるから、
どうしてもこってりしたメニューを頼んでしまう。
でも背脂は苦手。

 なんというかラーメン屋さんであっさりしたメニューを頼むと、
わざと薄められているんじゃないかと疑ってしまったりする。
まずそんなことはあるはずが無いんだろうけれど、
自分でも気づかない所に、
何かトラウマがこびりついているのかも知れない。
 今日のラーメンを食べて、
あっさり味もイイもんだなぁと思ったので、
今度そとで食べるときは、
あっさりしたメニューを頼んで見ようと思う。

 家で食べるラーメンが美味しいのはよくわかったけれども、
チャーハンと餃子という頼み方が出来ないのは辛い所。
作ってくれる人の手間を考えると、
これ以上の注文をするわけにもいかない。
 チャーハンを入れたセットを頼むのが、
ラーメン屋さんでの楽しみなので、
今度特売を狙って冷凍チャーハンを買っておこうと思います。

ーーーーー


45
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120210近況

 おやつにドーナツを食べる。
ショッピングセンターのフードコートに入っている、
有名なチェーン店のもちもちタイプのもので、
チョコがかかっているものだった。

 数珠のような輪っかのやつで、
これが発売されてからはこの店でドーナツを食べるときは、
ほぼ必ずこの種類を食べることにしている。
そんなにしょっちゅう食べることはないけれど、
なんだかいつも食べているような気がしてしまう。

 今日はほんの一口おやつを食べるためによったので、
一個しか食べなかったけれど、
100円セールになっているときは、
一人に4つか5つは買ってかえって食べてしまう。
 ドーナツを食べていると、
食べ過ぎて体を壊してしまったというプレスリーのエピソードも、
そんな事もあってもおかしくないなと思う。

 このチェーン店でドーナツを食べるようになったのは、
ずいぶん大人になってから。
子供の頃はドーナツといえば母の作ってくれたもので、
ホットケーキミックスがまだ一般的でなかったのか、
小麦粉とふくらし粉などを自分で配合して作ってくれていた、
ような気がする。
 手作りであるため出来上がりにずいぶんとばらつきがあって、
膨らんでいなかったり甘みが少なすぎたりと、
どうも子供ながらイマイチだったように記憶している。
作ってもらって食べられていたのは、
大変ありがたい思い出だと思うけれど。

 多分母は本当は面倒くさかったのだろうかと思う。
ベースのドーナツに溶かしたチョコやホイップクリームなどの、
色々なトッピングをすれば市販のもの以上になったのではと、
今になっては思う。
自分で作ったものを、
あまり美味しそうに食べてもらえなかったから、
あまり力を入れて作らなかったのかも知れない。
 まぁどちらにしても、
子供の頃の私は正直すぎたのが悪かったんだと言うことでしょう。
ごめんなさい。

ーーーーー


46
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120212近況

 今日はまともな昼食を食べ損ねる。
朝一番から住んでいるところの道の掃除があり、
その後の打ち上げが長引いてしまい、
おつまみだけになってしまった。

 今回用意されていたおつまみは、
サラミ
バターピーナッツ
せんべい
あられ
さきいか
イカフライ
ピスタチオがなかったのが正直残念だった。

 今日は日曜でみんな休みのために、
お酒とビールがしっかりと出されて、
打ち上げが始まって30分もしたらすっかり宴会状態だった。
 お酒の飲めない私は、
ただひたすらにおつまみを食べ続けるのみ、
お酒以外ではコーラが用意されていたので、
コーラでつまみを食べるのはやっぱりどうもイマイチ。
どうせなら熱い緑茶があったほうが、
せんべいやあられが美味しく食べられるんだけど、
飲めない人は極めて少ないためそこまで用意されていない。

 今日食べたおつまみの中では、
バターピーナッツが何よりも美味しかった。
できるだけ単純なモノのほうが美味しいのかも知れない。
 もちろんサラミなんかも美味しいのだけれど、
脂が多いのであんまり沢山食べられない。
バタピーだって脂じゃないかと思われるかも知れないが、
植物油と動物油の違いだろうか、
バタピーはたくさん食べても気分悪くならない。

 普段体調がいいときは油物も美味しくいただけるが、
寒い外で半日掃除してくたびれている所に油を沢山取ると、
多分後で苦しんでしまいそう。
 若ければそんな事考えずにどんどん食べただろうけれど、
こういうことを考えながら物を食べるようになった所に、
自分の年令を感じてしまいました。

ーーーーー


47
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120213近況

 夕食にすき焼きを食べる。
今日はとある記念日なので、
いつもなら鶏肉か豚肉で食べるすき焼きだけれど、
少々奮発して牛肉の良いお肉を買って食べた。

 牛肉はあまり体に合わないのだけれど、
年に一度の特別な日くらいは健康の事も忘れて、
とにかく美味しい物を食べようということになった。
別に鶏肉や豚肉が美味しくないのではなく、
いつもと違う美味しさを楽しみたいと思ったからなので。
 そんな訳なので、
今回用意された牛肉は普段お目にかかれないようなものだった。
レースの布地のようにきめ細かい脂肪が美しく、
肉の赤色との対比が素晴らしいお肉。
自分の家で食べるには贅沢だと思うが、
まぁ今日だけは何も考えずに楽しむことにしよう。

 お肉以外の具材は、
水菜
白菜
ネギ
えのきたけ
糸こんにゃく
焼き豆腐がなかったので木綿豆腐
最後の締めにはうどんを入れた。
 せっかくのお肉を美味しく食べるために、
いつもなら全部まとめて入れて煮るところを、
具材の投入にも気を配った。
気を配ったといっても糸こんにゃくをお肉と同時に入れないだけ、
石灰分がお肉を硬くするとどこかで聞いたことがあるからだ。

 まずはお肉を焼いて香ばしさを引き出しつつ、
味を整えながら野菜を投入し、
第一陣のお肉が硬くなる前に食べる。
水気が出すぎてお肉を煮込んでしまうといけないらしいから、
とにかく香ばしいうちにささっとお肉を食べてしまうようにした。
 第二陣は野菜のエキスと共にお肉を煮て食べる、
野菜とお肉がお互いに旨みを移しあってどんどん美味しくなる。

 こうしてお肉を全て食べ終えた後に、
その美味しいエキスを吸い取らせるための具材として、
糸こんにゃくと豆腐を投入する。
残っている野菜をつつきながら煮込んで、
野菜が少なくなった所に最後の締めのうどんも投入。
 ざるいっぱいに入っていた野菜をほとんど食べたので、
最後に豆腐と糸こんにゃくが残ってしまった。

 残った豆腐などは鍋に移して、
次の日に卵をはって丼にして食べる予定。
おつゆの一滴まで美味しくいただこうと思います。

ーーーーー


48
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56


読者登録

出雲一寸さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について