目次
2011年12月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
2012年1月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
2012年2月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
2012年3月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
2012年4月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
2012年5月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
2012年6月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
2012年7月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
2012年8月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
2012年9月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
2012年10月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
2012年11月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
2012年12月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

41 / 195ページ

試し読みできます
20120205近況

 昼食と夕食におでんを食べる。
昨晩自宅でおでんであったのは分かっていたけれども、
強制的にお昼もおでんだった。
好きなので全く文句など無いのだけれど、
あまりにも同じおかずが続くと時間の感覚が狂ってしまいそう。

 幸いなことにお昼と夜とでは入っている具に違いがあり、
混乱することはなかった。
お昼のおでんは出汁用に牛すじが入っており、
夜のものには鶏肉が入っていて味わいも少しずつ違った。
 牛すじのほうがやはりコクが強くて脂の旨味も強い、
鶏肉の方は若干あっさり目の味に仕上がっていて、
脂分も少なく体にはこちらのほうがやさしいと思う。

 その他の具材も少しずつ違っていて、
入っているお芋が里芋とじゃがいもだったり、
卵が入っていたりいなかったりしていて、
作る人によって色々変化があって面白い。
 最近は昔に比べて作るのが楽になったとは作った人の話、
ひと通りの具材が入ったおでんセットが袋詰めで売ってあり、
買ってきて付属の出汁を薄めて鍋で煮るだけとの事。
しかしセットを買ってきても追加で入れる具材のお陰で、
十二分に個性を出せる所が家庭料理の便利なところだと思う。

 まぁでも一人で暮らしていたらよほど料理好きでない限り、
自分一人のためにおでんを作って食べようとも思わなさそう。
どうしてもコンビニで買ってきたほうが早いし、
失敗も無いのでありがたいんだろうなと思う。
 でもそれは歩いていける場所にコンビニがあったり、
通勤途中にある場合の話。
コンビニの少ない私の周りなんかだと、
作って食べたほうが断然具合がいいので、
これからもおうちでご飯にしようと思いました。

ーーーーー


41
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120206近況

 昼食にラーメンを食べる。
袋麺の醤油味でいつ食べても安心、
安定した美味しさだった。

 今日は具材にタアサイと卵が入っており、
彩りも綺麗で目にも美味しい出来上がりだった。
 外で食べるのと違って具材を自在に調節できるのが、
家で食べるインスタントラーメンのいいところ。
ラーメン屋さんにもトッピングの種類が沢山ある店はあるが、
野菜系のトッピングといえば大体、
ねぎやもやしくらいじゃないだろうか。
 なかなか季節の野菜をふんだんに楽しめるラーメンは、
外で見つけることができない。
たとえ見つけたとしてもきっと結構なお値段なので、
同じ値段なら外で食べるときはお肉を選んでしまう。

 しかしこのタアサイと言う野菜は便利だ、
癖が無いので大体どんな料理に入れても、
緑を添えて邪魔にならない。
 聞く所によると年中作れるような話だそうで、
冬場はロゼッタ型に葉っぱが展開するのだけれど、
暖かい時期は立ち上がって全く違う姿になるらしい。
実物は冬の時期にしか見たことがないし、
本当かどうかまだ確かめていないのではっきりとは言えないけど、
年柄年中露地で栽培できる青菜があるのは、
大変便利だと思う。

 今日はラーメンに入っていたけれど、
いつもは鍋に入れてその濃い緑を楽しみながら食べる。
その他炒め物にも使いやすいし漬物にも出来る。
 だけど多分時間をかけて煮る料理には不向きに思う、
もともと柔らかい葉っぱなので、
時間をかけて煮込むとバラバラに砕けて溶けそうな気がする。
鍋に入れた時もおじやの段階でほとんどクタクタになって、
色も鮮やかさを失っていた。
さっと火を通して食べるのが一番合う野菜だと思う。

 暖かくなってトウが立ってしまう前に、
しっかりと食べて緑を補給したいと思います。

ーーーーー


42
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120207近況

 昼食にうどんを食べる。
しばらく休憩していたけれど、
小麦粉から生地を作った手打ちうどん。
手間をかけただけの値打ちのある美味しさだった。

 今日は休みだったので、
朝起きて歯磨きを済ませたら、
朝食も取らずにうどんを作り始めた。
8時30分くらいから始めたのだけれど、
生地を寝かす時間をとっても昼食に十分間に合った。

 前回は用意しておく塩と水に溶かしておく塩の量を間違え、
ずいぶんと塩辛いうどんに仕上がってしまったので、
今回はレシピを何度も確認して食塩水を作った。
 生地の硬さも前回は硬すぎ、
足で踏んでもなかなか広がらないくらいになってしまったので、
今回は水の量も少し多い目に入れ、
生地の玉を柔らかめに作ってみた。

 生地を練って足で踏んで広げてを三回繰り返し、
ビニール袋に入れて室温で寝かす状態まで一時間。
材料さえ揃えておけばここまでは大した時間もかからない、
もう少し早起きすれば生地を寝かせる時間が多めに取れ、
出来上がりの違う物が食べられたかも知れない。
 今回は寝かす時間を二時間とった。

 11時30分になると寝かした生地を足で踏み広げ、
めん棒で延ばして切り始める。
麺打ち台がなく狭い台所での作業なので、
まな板に乗り切るくらいの大きさに生地を分けて、
少しずつ広げて切らなければならないのが実に不便。
まぁ広い所に住めない自分の甲斐性の無さを恨むしか無い、
とほほ。

 切り終わった麺を沸騰させておいたお湯に入れる、
鍋の大きさの関係で5分の4程度までしかうどんを入れられず、
残りは冷凍しておくことになった。
 鍋に入れる前にしっかりと打ち粉をふるい落とすのを忘れて、
鍋の中があんかけみたいになってしまった。
吹きこぼれないで沸騰し続けるギリギリまで火をゆるめ、
なんとかうどんを茹で上げられた。

 すぐに流水で締めてざるにあげて食べる準備、
今回は前日の鍋の出汁が残っていたので、
味を整えてかけ汁にしておいたので、
冷と熱の両方を同時に楽しむことが出来た。
 自画自賛だが上出来、
ざるの方はしっかりと引き締まっていて、
歯ごたえと喉ごしが気持ちよく実に美味しい。
延ばし方がとても下手なので、
茹で加減が少々ばらついていて細い所が柔らかい感があったが、
この辺は手作りのご愛嬌としておく。
 熱の方もなかなかの美味しさ、
冷に比べるとどうしても柔らかく仕上がってしまうが、
それでも茹でて売ってあるうどんよりはしっかりとしたコシ。
切り方が下手なため茹で上がったうどんが縮れているのも、
出汁がしっかり絡むので長所になっている。

 全体的に今回は成功だったと思うけれど、
茹でる前に粉を落とすのと切り方の上達が今後の課題です。

ーーーーー


43
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120208近況

 昼食にお餅を食べる。
正月のお鏡を切ったもので、
直角円周形というか半月半分形と言ったらいいのか、
楕円形を4分の1にした形が多かった。

 昔鏡餅を切るときに使っていた包丁は、
鏡餅の大きさに負けないように大きく、
まるで鬼の武器みたいに子供の目には見えた。
大人になってから使わなくなった包丁を見ると、
もちろんそんなに馬鹿でかくなくて、
麺切り包丁を少し大きくしたくらいのものだが、
それでも普段使っている物よりずいぶん大きい。
 そんな風に多少の思い出のある包丁は今は使わなくなり、
物置の隅っこで錆び付いていた。
最近は普段使いしている台所の包丁で切っているけれど、
やはり刃渡りなどが小さくて、
途中で切り込む場所を変えなくてはならないので具合が良くない。
 道具をきちんと手入れしていなかったから、
まぁ仕方が無いのだけれど。

 お鏡を切るときは利き手の反対側にタオルを巻いて、
包丁の刀身を直接持ってしっかりと体重をかけて押し切る。
しかし抑えたからといってスムーズに刃が入っていかず、
シーソーの様にグリグリと押し込まなければならない。
 だけど思っていたよりもずっと切り易かった、
表面はひび割れて乾燥しきっているように見えたが、
中はしっとりとしていて餅つきからそれほど経っていない様。
汗だくになって切らなければと思っていたので正直助かった。

 そんな風にこま切りにしたのが成人の日が過ぎた頃だったか、
それから一月くらい経ってから食べたが、
乾いて皮ばっかり多いお餅になったりせずに、
美味しく食べることが出来た。
 来年も指を切り落としたりせずに、
無事お鏡を切れることを願います。

ーーーーー


44
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120209近況

 夕食にラーメンを食べる。
今回はインスタントではなく生麺を買ってきて、
野菜たっぷりのスープに入れていただいた。

 家で食べるラーメンはほとんどインスタントだったが、
生麺で食べるラーメンも美味しい。
入っていた野菜は、
人参
白菜
たあさい
しめじも入っていたような気がする。
 中華スープの素をベースとした味付けなんだと思うが、
あっさりとしていながら野菜から滲みでた旨みが溶け込み、
優しい味わいに仕上がっていた。

 注文するメニューも悪いのだろうけれど、
ラーメン屋さんで食べるラーメンは大体こってりしている。
多分貧乏性なんだろう、
お金を払ってあっさりしたものを食べると、
なんだか損した気分になることもあるから、
どうしてもこってりしたメニューを頼んでしまう。
でも背脂は苦手。

 なんというかラーメン屋さんであっさりしたメニューを頼むと、
わざと薄められているんじゃないかと疑ってしまったりする。
まずそんなことはあるはずが無いんだろうけれど、
自分でも気づかない所に、
何かトラウマがこびりついているのかも知れない。
 今日のラーメンを食べて、
あっさり味もイイもんだなぁと思ったので、
今度そとで食べるときは、
あっさりしたメニューを頼んで見ようと思う。

 家で食べるラーメンが美味しいのはよくわかったけれども、
チャーハンと餃子という頼み方が出来ないのは辛い所。
作ってくれる人の手間を考えると、
これ以上の注文をするわけにもいかない。
 チャーハンを入れたセットを頼むのが、
ラーメン屋さんでの楽しみなので、
今度特売を狙って冷凍チャーハンを買っておこうと思います。

ーーーーー


45
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56


読者登録

出雲一寸さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について