目次
2011年12月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
2012年1月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
2012年2月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
2012年3月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
2012年4月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
2012年5月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
2012年6月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
2012年7月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
2012年8月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
2012年9月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
2012年10月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
2012年11月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
2012年12月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

32 / 195ページ

試し読みできます
20120124近況

 朝食におじやを食べる。
昨夜の鍋の出汁を今朝のために残しておいて、
朝一番の冷えた体に温かい一品だった。

 お鍋がヘルシーでカロリーが低くて体に良いというのは、
最後の締めで極力肉の脂が浮いた出汁を取らなければの話。
確かに野菜を多く取れるだろうけれども、
最後におじやでお肉の脂分を全部回収しては、
カロリーオーバーになることは避けられない。
 それを何とかするために、
夜は野菜をたらふく食べてお腹いっぱいにしておいて、
朝におじやを食べることで食べ過ぎを防ごうということ。

 朝に食べるおじやはあっさりと、
溶き卵も入れずにご飯をふやかして、
漬物の塩味でそれだけを食べる。
 朝食を食べるのがあまり得意でない私でも、
するすると二杯は食べることが出来た。
所々夕べのお肉のかけらや豆腐のかけらなどが入っていて、
それを見つけたときはなんだか得した気分になりながら、
美味しく頂いた。

 こうして次の日に締めのおじやを回すことで、
一食でカロリーを取り過ぎないように出来ると書いているが、
今回次に日になった原因は、
締めに入れたうどんでお腹いっぱいになっただけ。
うどん食べて物足りなかったらきっとおじやもしていました。
 鍋で温まった体で食べる締めのおじやと、
朝の冷えた体で食べるおじやでは、
やはり美味しさがぜんぜん違うように感じる。
 カロリー調整は鍋じゃないときにしたいと思います。

ーーーーー


32
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120125近況

 夕食にマカロニのソテーを食べる。
今回はマカロニの部分がペンネに変わっていて、
おかずなのに主食並みのボリュームのある一品だった。

 使われている材料はマカロニ、
多分どんなショートパスタでも代用できると思うけれど、
一度買ったことのある幅5mmくらいの貝殻のようなものでは、
少し物足りないかも知れない。
その他の材料は玉ねぎと普段ならばツナ缶、
茹で上げたマカロニを玉ねぎとツナと一緒に炒め、
醤油味で整えてある。
 炭水化物が多いけれども、
醤油の香りが香ばしくてご飯のおかずにとてもいい。

 いつもならツナ缶を使う所に、
今回は水煮のサバ缶が使われていた。
先日ワゴンセールで一缶100円を切っていたので買っておいたが、
早々に出番がやってきた。
 出来上がったものを食べてみると、
思っていたよりもずっと違和感が無くとても美味しい。
ほとんどいつもどおりの味だったけれど、
最初の一口に少し生臭さを感じたような気がする。
ふた口三口と食べ進めているうちに全く気にならなくなり、
見る間に直径30cm程度のお皿が空っぽになってしまった。

 はじめの一口に感じた生臭さだけれども、
生姜なんかを一緒に入れるといいのかもしれない。
青魚の煮物には臭み消しとしてよく入っているので、
入れてもまずくはならなさそうな気がする。
まぁ今のままでも大した問題ではないと思う。
 ツナ缶と違って皮の下の魚の脂肪分も取れるし、
なにより骨ごと食べられる所がありがたい。
一番の難点は見た目、
皮のまだら模様が見えてしまっていました。
この点がツナで作られた時との一番の違いだろうか、
好みの別れるところだと思いました。

ーーーーー


33
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120126近況

 夕食にトマト味のポトフを食べる。
トマトのホール缶を使って作られてあって、
ここ最近の寒さで冷え切った体にありがたい一品だった。

 入っていた具材はトマト缶の他に、
じゃがいも
人参
ぶなしめじ
ういんな
鶏むね肉
玉ねぎ。
どの材料も煮物に合う材料だと思う。
特にじゃがいもは煮こめば煮こむほど崩れていき、
最初サラサラしているスープにどんどんとろみを付けてくれて、
食べているときに冷めにくくなるので、
食べる直前までお玉でつき崩しながら煮こむ。

 今日はいつもより特に冷えたので、
元の味付けに加えて胡椒を少し多めに加えて食べる。
思ったより効かないなと思いながら食べ進めていると、
だんだんシャツが汗ばんできた。
 食べ終わる頃には額にうっすらと汗が浮かぶくらい、
体が中から温まっていて、
香辛料の威力の高さを実感しました。

 今日はポトフでそのまま食べて、
明日はもう少し味を濃い目にしてパスタソースにして、
日がたつほどに美味しくなるうれしい一品です。

ーーーーー


34
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120129近況

 夕食にハヤシライスを食べる。
年末と正月があったので、
なんだか久しぶりに食べたような気がする。
いつ食べても安心する安定した美味しさだった。

 今日は仕事が早く終わって帰ったので、
夕食が始まるまでゆっくりと時間をかけて鍋の番をする。
しっかりと煮立たせながらも焦げ付かないように、
ずっとお玉を動かして丁寧に煮込んでいく。
時間をかければかけるほど美味しくなっていくようで、
鍋を見ているのが楽しい。

 夕食にいい時間になり、
お皿にご飯をよそってハヤシライスソースをかける。
一日目でとろみが少ないために、
かなりたっぷりめにかけていただいた。
 時間をかけて煮込んだおかげでとても美味しい、
美味しいのだけれど、
なんだか具がとても少なくなっているような気がした。
食べ終わって気がついたのだけれど、
多分かき回しながら火を通し続けたので、
玉ねぎが溶けてしまったんだろうと思う。

 一杯目は普通にいただく、
付け合せには茹でたブロッコリーと大根の浅漬けを添えて。
甘い目のハヤシライスソースに慣れた口の中に、
大根の浅漬けの塩気が入ると口がすっきりし、
改めて美味しく次の一口が食べられる。
 二杯目には少しスパイスを効かせて、
何が合うかわからないのでとりあえず胡椒を振ってみた。
胡椒の香りと辛味がなかなか良い塩梅、
今日もとても寒かったので体の中から温まって良い感じ。

 明日は更に玉ねぎが溶けてしまって、
具の少ないソースになるのだろうけれど、
今日よりもずっと美味しくなっているのかと思うと、
楽しみでしかたがない夕食でした。

ーーーーー


35
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120130近況

 おやつにきなこ団子を食べる。
昨日知り合いが訪ねてきた時のお土産で、
この串に刺さったきなこ団子だけしか作っていないお店の物で、
いつもこの知り合いが訪ねて来る時に楽しみにしている一品。

 B5サイズくらいの箱にところ狭しと並べられた串団子、
そこに団子の形がわからないくらい、
タップリとかけられているきな粉、
それでも時間が経つときな粉が水分を吸って重くなることを考え、
追加でかけられるように袋に入ったきな粉が付いている。
とことんきな粉に力を入れた団子だと思う。

 味は極めて簡単に想像できる味だけれど、
きな粉の香りと甘み、
団子の柔らかさと噛み応えのバランス、
米粒のつぶれ具合、
あらゆる面でちょうどいい感じに調節されているように思う。
 ベスト・オブ・ベストでいまこの時間だけの美味しさ、
と言うと少し大げさすぎるかも知れないが、
食べる時間に関してはお店の方もこだわっている様子、
賞味期限は作ったその日だけとなっている。

 あらゆる面でちょうどいいと思っているけれど、
これは私の食べた感じなので、
他の人はどう思っているかわからない。
 でも固めの団子が好きならば、
少し時間をおいて食べると硬くなってきているだろうし、
柔らかめが好きならば、
出来立てでもレンジでチンして柔らかくして食べればいい。
いくらでも調節が出来るというのは、
誰にでも食べてもらえるということなんじゃないだろうか?
と思いました。

 まぁでも、
甘いモノが嫌いな人は食べても美味しくないだろうと思います。
お酒が飲めないと人生半分損しているとよく聞きますが、
甘いものを食べられないのも楽しくなさそうだなと思いました。

ーーーーー


36
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56


読者登録

出雲一寸さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について