目次
2011年12月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
2012年1月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
2012年2月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
2012年3月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
2012年4月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
2012年5月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
2012年6月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
2012年7月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
2012年8月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
2012年9月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
2012年10月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
2012年11月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
2012年12月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

30 / 195ページ

試し読みできます
20120122近況、読書録「平野レミの速攻ごちそう料理」

 おやつにしるこサンドを食べる。
厚さ5mmくらいのビスケットの間にあんこが挟んである、
とてもシンプルな一品だった。

 袋には懐かしい美味しさと書いてあったが、
私がこのお菓子に出会ったのは昨年のこと。
さらにそこに至るまで、
一度たりとも食べたことがなかったので、
結構新鮮な美味しさだった。
 カリッとした固めのビスケットが噛み応えがあって気持よく、
噛んでいると出てくる甘さが確かにあんこの風味。
洋風のビスケットと和風のあんこ、
とても相性のいい組み合わせなんだなと感心する。

 最近はコッペパンの間にあんこが挟んである商品なども、
スーパーの菓子パンコーナーに並ぶようになったけれども、
初めてパンとあんこの組み合わせを聞いたときは、
やはり違和感があった。
こういう違和感のある組み合わせを試してみて、
新しい美味しさを発見できる人は天才だなと思うし、
とても羨ましく思う。

 うまいうまいと思いながらたくさん食べて、
お昼からの仕事をしていると、
なんだか少しお腹の調子が芳しくない。
なんだろうと思いながら仕事を終えて、
症状が収まってからようやく気づいたのだけれど、
どうやら胸焼けをしていた様子。
 今回の前に胸焼けをしたのはいったいいつだろうかと、
思い出すこともできないくらい胸焼けしない体質なのだが…。
どうやら思っていた以上にビスケットの脂分が多く、
この様な事態になったのかなと思う。
 過ぎたるは及ばざるが如しということでしょうが、
変な所でですが懐かしさを感じてしまいました。

ーーーーー


30
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120123近況

 夕食にお鍋を食べる。
昼から急に寒さが増していたので、
鍋はとても嬉しい夕食だった。

 昼間にスーパーのチラシをチェックしておいたので、
帰ってからすぐに近所のスーパーへ買物に行く。
今日の目当てはちらしに載っていた鶏肉、
国産鶏胸肉100g49円、
なんだか知らないが鶏のむね肉はいつも安くて助かる。
その安いお肉の中でも今日は特別に安かった、
正直ちょっと不安になるくらいだったけれど、
国産を信頼してありがたく購入する。

 その他いろいろチラシでチェックしておいたものを買って、
家に帰ってお鍋の準備。
胸肉だとお鍋で食べるにはあっさりし過ぎの感があるが、
お正月の食べ過ぎで疲れた内臓を労るためにも、
1月いっぱいはあっさり目で過ごしたほうがいい気がする。
 だけどやっぱり脂も食べたいので、
半分は豚肉を入れることにする。

 今日のつけダレは薬味にごまをすって入れてみた、
ごまだれの味に近づくように、
ポン酢とめんつゆを加えながら練りあげるようにゴマをする。
 以前簡単なごますり器ですったゴマを加えても、
少し香ばしくなるだけで、
ごまだれのような味にはならなかった。
今回はかなりしつこくすり鉢ですって、
味を整えながら根気よく練ったため、
前よりはずっと市販のごまだれの味に近づくことができた。
もっと時間をかければより近づけるのかも知れない。

 とても美味しく食べることができたのだけれど、
手作業でゴマをすり潰すには限界がある。
食べた時の食感がどうしてもザラついてしまい、
そこだけが難点だった。
 本当に美味しく食べようと思ったら、
もっともっと根気が必要なようです。
まぁ瓶詰めの練りゴマを買ってきてしまえばと言われれば、
それまででしょうが。

ーーーーー


31
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120124近況

 朝食におじやを食べる。
昨夜の鍋の出汁を今朝のために残しておいて、
朝一番の冷えた体に温かい一品だった。

 お鍋がヘルシーでカロリーが低くて体に良いというのは、
最後の締めで極力肉の脂が浮いた出汁を取らなければの話。
確かに野菜を多く取れるだろうけれども、
最後におじやでお肉の脂分を全部回収しては、
カロリーオーバーになることは避けられない。
 それを何とかするために、
夜は野菜をたらふく食べてお腹いっぱいにしておいて、
朝におじやを食べることで食べ過ぎを防ごうということ。

 朝に食べるおじやはあっさりと、
溶き卵も入れずにご飯をふやかして、
漬物の塩味でそれだけを食べる。
 朝食を食べるのがあまり得意でない私でも、
するすると二杯は食べることが出来た。
所々夕べのお肉のかけらや豆腐のかけらなどが入っていて、
それを見つけたときはなんだか得した気分になりながら、
美味しく頂いた。

 こうして次の日に締めのおじやを回すことで、
一食でカロリーを取り過ぎないように出来ると書いているが、
今回次に日になった原因は、
締めに入れたうどんでお腹いっぱいになっただけ。
うどん食べて物足りなかったらきっとおじやもしていました。
 鍋で温まった体で食べる締めのおじやと、
朝の冷えた体で食べるおじやでは、
やはり美味しさがぜんぜん違うように感じる。
 カロリー調整は鍋じゃないときにしたいと思います。

ーーーーー


32
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120125近況

 夕食にマカロニのソテーを食べる。
今回はマカロニの部分がペンネに変わっていて、
おかずなのに主食並みのボリュームのある一品だった。

 使われている材料はマカロニ、
多分どんなショートパスタでも代用できると思うけれど、
一度買ったことのある幅5mmくらいの貝殻のようなものでは、
少し物足りないかも知れない。
その他の材料は玉ねぎと普段ならばツナ缶、
茹で上げたマカロニを玉ねぎとツナと一緒に炒め、
醤油味で整えてある。
 炭水化物が多いけれども、
醤油の香りが香ばしくてご飯のおかずにとてもいい。

 いつもならツナ缶を使う所に、
今回は水煮のサバ缶が使われていた。
先日ワゴンセールで一缶100円を切っていたので買っておいたが、
早々に出番がやってきた。
 出来上がったものを食べてみると、
思っていたよりもずっと違和感が無くとても美味しい。
ほとんどいつもどおりの味だったけれど、
最初の一口に少し生臭さを感じたような気がする。
ふた口三口と食べ進めているうちに全く気にならなくなり、
見る間に直径30cm程度のお皿が空っぽになってしまった。

 はじめの一口に感じた生臭さだけれども、
生姜なんかを一緒に入れるといいのかもしれない。
青魚の煮物には臭み消しとしてよく入っているので、
入れてもまずくはならなさそうな気がする。
まぁ今のままでも大した問題ではないと思う。
 ツナ缶と違って皮の下の魚の脂肪分も取れるし、
なにより骨ごと食べられる所がありがたい。
一番の難点は見た目、
皮のまだら模様が見えてしまっていました。
この点がツナで作られた時との一番の違いだろうか、
好みの別れるところだと思いました。

ーーーーー


33
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120126近況

 夕食にトマト味のポトフを食べる。
トマトのホール缶を使って作られてあって、
ここ最近の寒さで冷え切った体にありがたい一品だった。

 入っていた具材はトマト缶の他に、
じゃがいも
人参
ぶなしめじ
ういんな
鶏むね肉
玉ねぎ。
どの材料も煮物に合う材料だと思う。
特にじゃがいもは煮こめば煮こむほど崩れていき、
最初サラサラしているスープにどんどんとろみを付けてくれて、
食べているときに冷めにくくなるので、
食べる直前までお玉でつき崩しながら煮こむ。

 今日はいつもより特に冷えたので、
元の味付けに加えて胡椒を少し多めに加えて食べる。
思ったより効かないなと思いながら食べ進めていると、
だんだんシャツが汗ばんできた。
 食べ終わる頃には額にうっすらと汗が浮かぶくらい、
体が中から温まっていて、
香辛料の威力の高さを実感しました。

 今日はポトフでそのまま食べて、
明日はもう少し味を濃い目にしてパスタソースにして、
日がたつほどに美味しくなるうれしい一品です。

ーーーーー


34
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56


読者登録

出雲一寸さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について