目次
2011年12月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
2012年1月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
2012年2月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
2012年3月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
2012年4月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
2012年5月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
2012年6月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
2012年7月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
2012年8月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
2012年9月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
2012年10月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
2012年11月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
2012年12月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

21 / 195ページ

試し読みできます
20120112近況

 夕食にお好み焼きを食べる。
具材はいつもどおりの物だけれど、
今日は贅沢に山芋をタップリと入れて生地を作った。

 普段山芋はあまり食べないというよりも、
冬場はあまり食べないことが多い。
山芋を主に食べるのは夏場の暑い時期、
とろろにしてずるずると食欲が落ち気味の所に流しこむのには、
大変重宝する食材だと思う。

 今回タップリと入れることができたのは、
お正月に神様にお供えしたもののお下がりを半分頂いたため。
とろろにして磯辺揚げとかにしたり、
輪切りにして煮物にしてもいいのだろうけれども、
もらった分全部をすりおろして生地に混ぜ込むことにした。

 焼きあがった表面はカリカリサクサクに仕上がっていて、
しかし中の方はふわりしっとりとして全然違う食感。
いつものお好み焼き粉だけで焼きあげると、
表面はこんなにカリカリサクサクには焼けないところを見ると、
これが山芋を沢山入れた効果なのかなと思う。
 同時に山芋を入れてない生地も焼いてみないと、
わからないけれども。
あんまり沢山作っても、
美味しく焼きたてを食べることが出来る量はそんなに多くない、
またいつか人数が多い時に試したいと思います。

ーーーーー


21
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120113近況

 昼食にさぬきうどんを食べる。
デパートの中にあるフードコートの中の、
セルフ式の店だったけれど、
麺の美味しさは讃岐うどんを名乗るだけあって美味しかった。

 セルフ式のうどん店で食べるときは、
最近ほとんどざるうどんで食べるようにしている。
水でしっかりと締められたうどんの食感が心地よく、
つるりと二玉を食べることができる。
 もちろん温かい方も好きなのだけれど、
麺の美味しさを味わうにはざるがいいという話を聞いて、
自分でも食べ比べてみてからは、
もうざるうどんの一択。

 とても美味しく食べることのできるざるうどんだけれど、
冬場に食べるにはやっぱり冷たくてちと辛い。
ラーメンのつけ麺と同じように、
麺は水で締めて冷たくてもいいけれども、
つけるつゆがアツアツだったら、
冬場にももっと美味しく食べられるんじゃないかかなと思う。
 つけるつゆがアツアツだったら、
つゆ入れを手で持って食べるのはきっと難しくなるだろうから、
熱々のつゆを入れるいれものはマグカップがいいと思う。

 でもこの食べ方は、
つけるつゆを温めて別においておかないといけないから、
きっとセルフ式の店では流行らないような気がする。
ざるうどんのつけつゆを熱くするだけなので、
そのうち自分でしてみようと思います。

ーーーーー


22
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120114近況

 昼食に納豆を食べる。
いつ食べても同じように美味しく、
特におかずがないときにはとても重宝する一品。

 今日の薬味は冷凍してあった刻みネギとからし、
そこに壬生菜の漬物の刻んだものを入れていただいた。
味付けは備え付けの納豆用のタレと、
醤油ではなくめんつゆで整えて。
 とても美味しかったのだけれど、
タレとめんつゆの組み合わせだったからだろうが、
少し甘みが強く出すぎてしまったように感じる。
もっと漬物の塩味が強く出るかと思ったのだけれど、
少し薄めに漬けてあった様子。
 あと失敗だったのは、
からしを入れすぎたこと。
混ぜているときにはわからなかったけれど、
いざ食べようと茶碗に口を近付けていくと、
その匂いが鼻に来るのではなく目にしみるくらいだった。
からしの分量が少ないと全然効かなくて寂しいから、
ついつい入れすぎてしまう。
難しい。

 冬場の漬物としてこの壬生菜の漬物は、
緑色が美しくてとても美味しくありがたい漬物。
薄めの塩でつけてあると大量に食べることが出来るので、
緑の野菜が足りないなと思った時など助かることこの上ない。
細かく刻んであるので、
普段はお茶漬けをする時に沢山ふりかけて食べるが、
納豆を食べるときにも具合が良かった。
 壬生菜の漬物がある冬の間に、
また同じように食べたいと思います。

ーーーーー


23
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120115近況

 おやつにおみやげのチョコレートを食べる。
身内が温泉旅行に行ってきた時のお土産で、
黒豆トリュフチョコだった。

 行き先の温泉はかの有名な城崎温泉、
丹波地方との関係できっと黒豆製品が多いのだろう。
ほんのりと黒豆の香りがして、
普通のチョコレートとホワイトチョコとの二種類があった。
 もっとしっかり黒豆の匂いとしてもいいと思うし、
外側に黒豆のきな粉をまぶしてあっても私は美味しいのではと。
けれど多分あまりに黒豆を押し出しすぎると、
一般受しにくくなってしまうのかも知れない。

 そう言えば今年の正月はなんだか忙しく、
おせちをしっかりと食べたような気がしない。
親族で集まる機会が多かったため、
おせち料理よりもお鍋を沢山食べたような気がする。
 黒豆はおせちの中でもとても好きな一品で、
黒豆と数の子を交互に食べて、
甘いものと塩辛いもののバランスを取りながら食べ続ける位。
そんな黒豆を今年はなんだか食べたような気がしない、
気がしないだけできっとちゃんと食べているのだろうけれど、
なんだかすっきりしない。

 別に正月でなくても、
黒豆を買ってきて煮て食べればいいんだろうけれども、
やっぱり食べる時期と雰囲気が違うと味も変わる。
今年はとにかく忙しい正月だったから。
 来年は新しい年を迎えた気分で、
しっかりと記憶に残るように黒豆を食べたいと思います。

ーーーーー


24
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120117近況

 夕食に皿うどんを食べる。
市販されているセットのもので、
今回は麺がしっかりと太いタイプのものだった。

 皿うどんといっても普通のうどんではなく、
かた焼きそばのような乾燥した揚げ麺と、
あんかけ用の粉末スープが入っているセット。
冷蔵庫にある野菜やきのこ類を色々入れて作られたアンが、
太い揚げ麺に絡んでとても美味しい。

 今回入っていた野菜は、
タアサイ
小松菜
人参
もやし
きのこはしめじが入っていてお肉は豚肉だった。
お肉の量はそれほど多くなくても、
ボリュームたっぷりで野菜もたくさん取ることができる。
野菜が好きならとても美味しく食べることが出来る。

 麺で食べることが出来るのは一食だけなのが難点、
一袋二人前入っているけれど、
一人で二人前いただくわけには行かないので、
どうしてもアンが余ってくる。
 余ったアンはご飯にかけて中華丼として食べると、
これがまた美味しい。

 最近よく思うのだけれど、
こういうインスタントラーメンとかインスタント焼きそばとかの、
粉末スープがとても美味しいのに、
どうしてスープだけをセットにして売られていないんだろう?
と思う。
 ヒガシマルかどこかから、
うどんとラーメンのスープが発売されていた気がするけれど、
その他のインスタント食品の会社からも出してくれたらいいのに。
まぁ儲からないからだろうけれども、
その内発売されることを気長に待っています。

 何時ぞやに頂いたおかきと同じお店の別のおかきを、
またいただいたのだけれど、
今回はパンフレットが入っていたので、
URLを紹介しておきます。
 高山製菓株式会社
ホームページ
http://www.takayamaseika.co.jp

ーーーーー


25
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56


読者登録

出雲一寸さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について