目次
2011年12月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
2012年1月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
2012年2月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
2012年3月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
2012年4月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
2012年5月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
2012年6月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
2012年7月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
2012年8月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
2012年9月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
2012年10月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
2012年11月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
2012年12月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

14 / 195ページ

試し読みできます
20111230近況

 夕食に鍋を食べる。
具材は極めてスタンダードな内容で、
白菜
水菜
春菊
えのき
豚肉
鶏肉
いつもどおりの安定した美味しさを楽しめる鍋だった。

 今日はそれに加えてサーモンのタタキをいただいたので、
具材として加えてみた。
タタキなんだからそのままタレをつけて食べたらいいのでは?
と思われるかも知れないけれども、
少々日増しになっている一品だったので、
用心のために加熱して食べることにした。
 せっかくのタタキなんだからとりあえず一切れそのまま食べた、
美味しい、
加熱せずにそのまま全部食べてしまいたい衝動に駆られるが、
そこはぐっと我慢して鍋に入れて食べる。
 鍋の中で全体の色が変わるくらいで引き上げて、
付属のタレをつけて食べるとやはり美味しい。
皮目の炙られた香ばしさが鍋の具材として新鮮で、
その他の肉類との味の変化のおかげでさらに美味しかった。

 三分の一程度は残しておいて後で雑炊の具にした所、
こちらもやはり美味しいとしか言い用がない。
身の方はしっかりと火が通りすぎてホロホロになっていて、
見た目の華やかさの足しくらいにしかならないけれど、
皮の香ばしさがいつもの雑炊では味わえない。
 いつぞやは新巻鮭の切り身を入れて作ったけれど、
香りの点ではこちらの方が上かも知れない。
普通に食べて美味しいものは、
よほど下手な調理をしない限り美味しくいただけるんだなぁ、
と思いながら今日もお腹いっぱいでした。

ーーーーー


14
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120104近況

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

 夕食に湯豆腐を食べる。
年末からお正月にかけてずっと食べ続けていて、
いい加減胃腸がくたびれていた感じがしていたので、
今日はあっさりとしたものが食べたかった。
だからこのメニューはとてもありがたく、
食べていてほっとする夕食だった。

 昆布で取った出汁の中に、
白菜
水菜
彩りにほうれん草
しいたけ
そしてメインの豆腐を入れて。
出汁取りに入れた昆布も具材の一つとして食べる、
ある程度出汁が出た所でふやけきってしまう前に取り出し、
コリコリとしているくらいの所で食べる。
 つけダレも極めてあっさりと普通のポン酢、
いつもなら色々薬味を考えるのだけれど、
今回はシンプルに食べることに専念した。

 お正月で親類が多く集まる席では、
どうしてもしっかりした味付けの食べ物が多く食卓に並び、
人数の多さで盛り上がって食べ過ぎてしまう。
ちょっと苦しいなと思ってしまうくらい食べて、
それでも次の食事もつい楽しくて多く食べてしまう。
 身内が元気で集まることが出来、
気分よく食卓を囲むことができるのは大変幸せな事だけど、
もう少し自制心を養わないと、
その内食べ過ぎで正月早々病院送りになってしまいそうです。
 今年の目標は食べ過ぎないことにしておこうと思います。


ーーーーー


15
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120106近況

 夕食にすき焼きを食べる。
先日いいお肉をいただくことができ、
どうして食べるか考えた結果すき焼きで食べるのが一番、
ということに落ち着いたため。

 パックを開けて見たところ、
普段食べるお肉とは明らかに見た目が違い、
テレビのグルメ番組で見るような脂肪の模様が美しく、
見た目だけで感動してしまった。
 すき焼きの具材はお肉の邪魔をしないように、
あっさりとした野菜を中心にして、
お肉の柔らかさを失わないように、
こんにゃくはお肉を食べ終わってから入れるようにした。

 美味しいの一言。
 この年末年始は鍋物を食べる機会が大変多くて、
胃腸もくたびれて来ているなぁと感じていたけれども、
そんなことは全く気にならないくらい美味しい。
脂身が多くてしつこいかと思ったけれども、
そんなこともなくするするするとお腹の中に収まってしまう。
 お肉を全て上げ終わった後の、
野菜やきのこ糸こんにゃくなどがまた美味しい。
締めのうどんにしっかりと出汁を絡めてお腹いっぱいになり、
残った出汁で残った野菜を全部煮て、
明日以降のおかずを作っておく。

 今回はいただきものを美味しく食べさせてもらったけれども、
いつか自分で今回のようなお肉を食べることができるように、
頑張って働きたいと思います。

ーーーーー


16
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120107近況

 夕食に昨日のすき焼きの残りの出汁で作った、
野菜の煮物に卵をはっていただいた。
すき焼き用のお肉のエキスがタップリと出ていて、
ご飯のおかずにいい一品だった。

 少しでも出汁を無駄にしないように、
野菜と一緒にうどんも煮込んであって、
うどんをおかずにご飯をたべることができるくらい。
しかし水炊きなどと比べると、
おじやにするとあまりにも味が濃くなりすぎてしまいそうで、
どうしても最後は捨ててしまうしか無い所が残念。

 こういうに高野豆腐があれば、
残った出汁を全部吸わせて次の日のおかずに出来るのになぁ、
とつい最近おでんを食べたときにも同じ事を考えた気がする。
あの時忘れずにメモをしておいて、
高野豆腐を買い置きしておけばよかったと今更思う。
 高野豆腐を入れる量が多すぎると、
出汁が足りなくてカスカスに仕上がってしまう。
少なすぎると、
出汁が余りすぎてもったいない。
出汁を吸わせるだけだけれども、
案外難しい。

 高野豆腐なら乾物だから、
少々長い間置いておいても傷まないのに、
どうしていつも買い物に行ったときに買い忘れるのだろう。
本当は多分そんなに好きではないからかもしれない、
栄養価が高くて美味しいんだけどなぁ。
わからない。

ーーーーー


17
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120108近況

 昼食にチャーハンを食べる。
ハムと卵を具にしたシンプルなもので、
重すぎず軽すぎず昼食にちょうどいい一品だった。

 シンプルな具材で味付けもシンプルなのはいいけれど、
少し味が薄く感じた。
何か調味料をかけて味を整えてもいいけれども、
ソースなんかだとせっかくのシンプルさが台無しになりそうで、
少し悩んだ挙句漬物と一緒に食べることにした。
 一緒に食べる漬物もシンプルなものにしようとして、
壬生菜の塩漬けに決定。
細かく刻まれた緑の漬物を、
ふりかけのようにチャーハンの上にばらまいて、
一緒に口の中に入れる。
パラパラのチャーハンと漬物の歯ごたえが合わさって、
とても気持ちのいい一時を過ごせた。

 チャーハンと漬物の組み合わせなら、
高菜やキムチを使ったものが比較的メジャーだと思うけれど、
今日食べたこの壬生菜の漬物も最初から具に使ってみても、
きっと一般受するのではないかぁと思う。
あっさりとした塩漬けならば、
生の時と変わらない鮮やかな緑色が綺麗で、
見た目にもいいアクセントになるんじゃないでしょうか。
 壬生菜は今が旬のようなので、
漬物を漬ける事が出来る人は試してみてもいいかも知れません。

ーーーーー


18
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56


読者登録

出雲一寸さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について