目次
2011年12月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
2012年1月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
2012年2月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
2012年3月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
2012年4月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
2012年5月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
2012年6月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
2012年7月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
2012年8月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
2012年9月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
2012年10月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
2012年11月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
2012年12月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

8 / 195ページ

試し読みできます
20111220近況

先日の夕食にふぐを食べる。
役員にあたっている会の収支決算兼忘年会で、
毎年同じ場所で同じ料理を食べることになっている。

料理の内容は鍋を中心としたふぐのコースで、
川の湯引きに始まって雑炊で締めるという、
多分ふぐを食べるときにはスタンダードであろう内容だった。
奇をてらった内容でないだけに、
ふぐという魚の美味しさを存分に楽しむことができる。
通の人は危ない橋を渡るような場所を食べるらしいが、
私にはそんな度胸はないし、
同席したほかの役員の方たちもそんな無理はしない。
穏やかにふぐに舌鼓を打って楽しくいただいた。

ふぐを食べるなんてお大尽だなと思われるかも知れないが、
普段からお酒類を飲んでいる方たちに比べたら、
使っている身銭の量は断然低いと思う。
成人してもういい加減な年月が経っているけれど、
片手の指が余るくらいしか食べたことが無いのだから、
そんなに沢山食べたことがあるとは言えないと思う。
沢山食べたことが無いが故に、
ふぐを食べられることが大変嬉しく思うし美味しくいただける。
とも思う。

もうふぐなんて食べたくないと思うくらい食べてみたい、
という気持ちも無きにしもあらずだけれど、
そう思いながら決して食べ過ぎないように気をつけることで、
またいつか美味しく食べられるようにしたいものです。
まぁ金銭的に決してそんな食べ方は出来ないんだけれど。
またいつか食べたいものです。

ーーーーー


8
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20111221近況

おやつにチョコレートを食べる。
有名メーカーの小粒なチョコなどが三種類せっとになった、
お徳用パックのなかから小粒チョコをいただく。
私が子供の頃から中身のチョコの粒の形が変わっていない、
定番で懐かしいおやつだった。

昔からあるこういうおやつが、
家族用のパックになって売られているものがあるが、
正直少々不満がある。
どうしてあんなに袋ばかり大きいのだろうかと、
つねづね疑問に思っている。
中身が輸送中にぶつかり合って壊れてしまわないように、
という事情なのかも知れないけれど、
それにしても小袋の空間が大きすぎる気がしてしかたがない。
袋の容量の五分の一程度しか中身が入っていないのではないか、
これではまるで空気を買っているようだと思う。
何も知らない私には思いもつかない重大な意味があるのか?。

製品の酸化を防ぐために、
空気ではなく窒素を充填してあると書いてあることもあるが、
かさばるばかりなんじゃないだろうかと、
素人としては思ってしまう。
とにかくもう少し中身を充実させるか、
小袋を小さくしてもいいんじゃないかと思う。
小袋を小さくして真空パックにして酸化を防ぎ、
外袋をエアキャップで作ればもう少しカサが減るんじゃないかな、
と素人なりに思いました。

ーーーーー


9
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20111222近況

夕食におじやを食べる。
昨晩のお鍋の出汁が残っていたので、
無駄を出さないように出汁の一滴まで食べきった。

お鍋の最後の締めとして最近良く迷う、
うどんにするかおじやにするか・・・。
昨日はうどんで締めたので出汁がまるまる残ったので、
捨ててしまうにはあまりにももったいないと思い、
小さい鍋に移して残しておいた。
おじやを作るために出汁を温めていると、
残った野菜が大変美味しそうに見えたのでつまみ食い。
うまい。
一晩放っておいたため出汁をしっかりと吸い込んで、
一日目で食べきってしまっては決して味わえない美味しさ。
しかし煮物とは違ってとても薄口の味付けのため、
野菜の美味しさがものすごく引き立てられている。
特に白菜の芯に近い部分の分厚いところと、
厚めに切って入れてあった大根の残りは絶品。
おじやが始まる前にお腹が膨れてしまいそうだったので、
程々にしておいたけれども。

鍋の出汁が薄味のままで残ることができたのは、
少ない人数で鍋をしたからかも知れない。
大人数だと沢山具材を入れることによって、
必然的に出汁が濃くなってしまうし、
お肉の油も沢山入ってしまう。
少人数で食べるお鍋は出汁が薄くていまいちだなと思っていたが、
そうでもないみたいだと思い直しました。

ーーーーー


10
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20111223近況

昼食にインスタントラーメンを食べる。
今話題らしいまるで生麺のような食感の新製品で、
パッと見た限りよく見る種類の味が全部揃っていた。
どうやらハマっているらしい。

 今日食べた味は醤油味、
日本人なら醤油だろうがとはどこかで聞いたセリフだが、
味噌味の立場のないセリフだなぁと思う。
 醤油味の麺は中細と言ったくらいか、
普段食べていたその他のインスタントラーメンと大体同じ、
スープも定番の味なので安心の美味しさ。
悪く言えば変化なしといったところか。
 豚骨味の麺は実に細く乾麺の状態ではそうめんのよう、
こちらもスープはお馴染みの豚骨味で安心。
インスタントの豚骨味が袋麺で売られだしたのは、
最近のような気がするけれど、
よく思い出したらうまかっちゃんはずいぶん昔からあった。
 味噌味の麺は極めて太く、
パッと見ただけで太いというのがわかるくらい、
乾麺の状態でも他と比べて明らかに太い。
茹でるとさらに太くなり食べごたえ抜群、
麺を楽しむなら味噌味が一番いいかもしれない。

 今日一日で食べたのではなく何日かかけて楽しんだのだけれど、
全部の味に共通する特徴として、
出来上がりのスープに結構なとろみが付く所。
入っていた具材はほぼすべて卵のみだったので、
多分のこのラーメンの特徴なんだろうと思う。
 寒い時には抜群に美味しいラーメンだと思いました。

ーーーーー


11
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20111228近況

 先日忘年会でしゃぶしゃぶを食べる。
今回は二次会は最初から無しということになっていたので、
牛しゃぶに鯛しゃぶもプラスされていて嬉しい限りだった。

 しゃぶしゃぶ等という高級な食事は、
この様な忘年会などでしか食べることができないため、
大変楽しみにしていつも年末をまっている。
今回のしゃぶしゃぶも自分の家では決して食べることができない、
やわらかいよいお肉を食べることができた。
 自分の家で一回の食事に福沢さんに登場してもらうなど、
決してありえないし許してもらえない。
面倒くさいと思うことも多いけれど、
同業者団体の活動をしていてよかったなと思う。

 しかし今回残念だったのは、
飲めないアルコールを序盤に取り過ぎたせいで、
中盤はほとんど寝こんでしまっていたこと。
 終盤になって回復し残りのお肉や締めのうどん、
鯛しゃぶなどを食べようと思ったときにはお腹も結構膨らんで、
思ったように食べることが出来なかった。
 他の皆さんは食べるよりもお酒がメインなので、
テーブルの上には残ったお肉やうどんなどがちらほら。
もったいないなと思っていたけれども、
満腹には勝つことが出来ずに仕方なく諦めてお開きになった。
 本当に残念に思う。

 今年も色々あったけれども、
また来年同じメンバーで忘年会を開くことができるように、
体に気をつけて過ごしたいと思います。

ーーーーー


12
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56


読者登録

出雲一寸さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について