目次
2011年12月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
2012年1月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
2012年2月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
2012年3月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
2012年4月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
2012年5月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
2012年6月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
2012年7月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
2012年8月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
2012年9月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
2012年10月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
2012年11月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
2012年12月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

2 / 195ページ

試し読みできます
20111213近況

朝食におじやを食べる。
昨晩のつみれ鍋のだしがそのまま残っていたところに、
ご飯を入れて作ったもので、
それはそれはしっかりとした魚の風味が味わえる一品だった。

残念なことにこの出汁の素のつみれ鍋には、
私は一口もご相伴させてもらうことが出来なかった。
そのぶん今朝は旨みがすべて残っている出汁で、
しっかりと楽しむことができた。
つみれに使われていた魚はいわし、
しっかりと生姜が効かせてあって美味しかったそうだ。
今回のつみれにはつなぎに片栗粉や小麦粉を使わずに、
ご飯を使って作ってあったらしい。
その為か残っていた出汁は少しどころか凄くとろみがあり、
そのまま焼いても食べられそうに思えた。

つみれに使われる魚は大体いわしのようだけれども、
沢山捌かなければならないのが難点。
もっと大きい魚でできたらいいのになと思ったところで、
昔さんまでつみれを作ってもらったことを思い出した。
味は遜色なし、
作ってくれた人もこれなら調理の手間がずいぶん楽だと、
喜んでいたのを思い出す。

今度つみれ鍋をする時には何とかして、
ご相伴にあずかりたいものです。

ーーーーー


2
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20111214近況

昼食にドーナツを食べる。
外出先で何か食べようと思ったのだけれど、
どうもいまいち食指の動かない店が多かったので、
ちょうど値引きでクリスマス商品が並んでいたドーナツ屋で、
簡単に済ませることにした。

チョコ付きのものやら生クリーム入のものやら、
一人3個ずつくらい選んで、
飲み物はコーヒーにしていただいた。
全国的なチェーン店なので、
味の方は極めて安定した美味しさ。
クリスマスメニューであるいちごチョコがかかっていて、
カラフルなスプレーチョコがかかったものが美味しかった。
コーヒーはおかわりし放題だったけれども、
最初の一杯からサービスが良くてたっぷり入っていたため、
おかわりをする余裕が全くなかった。
うれしい悲鳴。

ドーナツは美味しくてお腹いっぱいになったのだけれど、
なんだかどことなく後ろめたい感じがする。
食事をしたと言うよりも、
おやつを食べ過ぎてお腹いっぱいになったという感じだからか。
やはりドーナツはおやつとして食べて、
食事時にはそれらしい食事をしたほうが、
気持ちいいかも知れません。

ーーーーー


3
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20111215近況

昼食にアジフライを食べる。
スーパーで買ってきた出来合いのものだけれど、
どうやら出来立てらしくサックリとした衣の食感が美味しかった。

アジフライは醤油で食べるとは、
かの東海林さだお先生の食べ方だったと記憶している。
イワシフライだったかも知れない。
私の今日の食べ方は、
お好みソースをかけていただいた。
甘辛いお好みソースの味が魚の旨味と相まって、
大変美味しかった。

フライ物を食べるときに使うソースは、
最近は大体お好みソースを使う。
他のソースが嫌いなわけじゃなくて、
単にお好みソースの使い勝手がいいからつい使ってしまう。
とんかつソースもそうだけれど、
ある程度の粘度があるソースのほうが、
家庭でフライを食べるときに使うには使いやすいと思う。
サラサラしたソースはカリカリの衣の上を滑って流れ、
結局あまりフライに味をつけることなく皿に残ってしまいがち。
時間をかけてころもに吸わせると、
せっかくのサクサクカリカリした食感が台無しに。
しっとりした衣が好きな人なら、
しっかりとソースを吸わせて食べるほうが美味しいだろうか?

大阪の串カツ屋では、
サラサラしたたっぷりのソースが入った皿に串かつをつけて、
食べる方法があるみたいだけれど、
普通の家庭でそんな贅沢なソースの使い方は出来ないし・・。
最近テレビでポン酢のゼリーのような商品が出ているが、
あんな感じでウスターなどのサラサラソースも、
味は同じでフライに乗りやすいものができたらいいな、
と思います。
希望しています。

ーーーーー


4
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20111216近況

おやつにエビ餅を食べる。
お餅をつく段階で桜えびを入れてつき上げられていて、
程よい塩加減と香ばしさが美味しい一品だった。

少し前にあった身内の祝い事のおすそ分けで、
この海老餅と白餅の紅白でおめでたいおすそ分け。
この海老餅に使われている桜えびは、
食紅か何かで染められた目にも鮮やかな真っ赤なもので、
つきあがった餅もそれはそれは鮮やかな赤色。
非常に食欲をそそる色だけれど、
見る人によっては体に悪そうに感じるかも知れない。
普段体にいい物を食べるように気をつけているけれども、
海老餅は真っ赤な方がおめでたい感じが出るから、
鮮やかな赤色の方が好み。

もうすぐお正月で家でお餅をつく家庭もあるのでは、
一度海老餅を試してみると面白いかも知れません。
スーパーに売ってある赤い桜えびを、
蒸しあがったもち米と一緒に餅つき機に入れれば、
あとは普通にお餅をつくだけなので、
そんなに手間がかかるわけでもないし。
赤と白のお餅がお正月にあると、
おめでた感が少しアップするのではないでしょうか。

難点といえば、
魚介類なので少し生臭さが気になることもあるかも知れない所。
この辺は好みの問題なので、
難しいところです。
焼いて食べると海老の香ばしさが楽しめる、
美味しいお餅だと思います。

ーーーーー


5
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20111217近況

夕食にお好み焼きを食べる。
今日は買い物に行かなかったので、
冷蔵庫にあったこんにゃくと魚肉ソーセージを入れて、
変化をつけてみた。

久しぶりに台所に立ったような気がしたために、
なんだか気分が盛り上がっていたのだろうと思う。
キャベツを千切りにし終えてその量を確認すると、
直径30cmのボウルに八分目くらいまで入っていた。
そこに残りの材料と粉と水を加えてかき混ぜたら、
九分目くらいになってしまった。
キャベツは四分の一程度しか使っていないのに、
千切りにしたらとんでもないカサに・・・。

まぁお腹も空いてきたので、
とりあえず全部焼いてしまうことにした。
ホットプレートの面積の限界のせいで、
一回戦につき二枚しか焼けないため、
一枚目を食べながら二回戦を焼き進める。
直径20から25くらいのお好み焼きが合計4枚出来上がった、
こんなに食えるわけがない。

二枚目の半分くらいまで食べ進めた所で今日はお腹いっぱい、
残りは明日の朝食以降に楽しむことにして後片付けをする。
まぁいざとなったら冷凍しておけば、
またその内おやつとして食べたらいいかと思う。
料理をする時は冷静に分量を計らなければいけないなと思う。
具に魚肉ソーセージを入れるとなかなかの美味しさ、
魚肉ソーセージの味が思いの外しっかりと感じられ、
豚肉と相まってコクのある味わいになっていました。

ーーーーー


6
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56


読者登録

出雲一寸さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について