目次
2011年12月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
2012年1月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
2012年2月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
2012年3月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
2012年4月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
2012年5月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
2012年6月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
2012年7月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
2012年8月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
2012年9月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
2012年10月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
2012年11月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
2012年12月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

193 / 195ページ

試し読みできます
20121229近況、読書録「ますます酔って記憶をなくします」

 昼食にお鍋を食べる。
普段は夜にしか食べない鍋を昼間に食べたので、なかなか新鮮な
気分で食べることが出来た。

 お鍋といってもこの食事のために材料を揃えたわけではなく、
冷蔵庫の残り物の掃除を兼ねていたので、普段なら入ることのな
いものも多数入っていた。
 普段入っていないものの中で美味しかったのは、練り物類。最
初はおでんの残り物を流用したのかと思っていたが、まだ煮こむ
前のものだったのでおでん味はしていなかった。そのため魚肉の
出汁がつゆに溶けだして、一緒に入っている野菜がより美味しく
食べることが出来た。
 もうひとつ入っていたのが厚揚げ、こちらは出汁は出さないけ
れども出汁をしっかりと吸い上げるので、とても美味しくなる。
厚揚げ自体はタンパクなので、出汁を楽しむにはいい具材なのか
もしれない。

 しかし、入っている具材を食べていると、このまま鍋に味噌を
とけばそのまま味噌汁として楽しめるのではないだろうか。
味噌汁にしてもう一度楽しみたかったけれど、お昼からそんなに
沢山食べると動けなくなるので、味噌汁は諦めた。
 同じように、作ると美味しいだろうことはわかるのだけれど、
おじやを食べることも断念。どうして夕食ではなかったのだろう。

 そんな風に食べそこねたおじやを思いながら帰宅、寂しく思っ
ていると、何と夕食はおじやだった。
昨日の夕食に食べたうどんのおつゆがまるまる残っていて、もっ
たいないからおじやに使ったとのこと。
 鍋のつゆで作ったおじやに比べると、お肉を具材に入れてなか
ったので、とてもあっさりした味わいのおじやに仕上がっていた。

 冬といえば鍋、私も鍋は大好きなのだけれども、本当はおじや
が好きなのかもしれないなと思いました。

ーーーーー


193
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20121231近況、読書録「おまかせ!ピース電器店7」

 昼食にカップそばを食べる。
残り少ない今年を惜しみながら、しみじみと頂いた。

 今年も一年色々と美味しくいただいてきたけれども、結局ほと
んど何を食べたのか思い出すことは出来ない。毎日食事記録をつ
けているのだけれど、それを見返さなければわからない。
 食べることは何よりも大切なはずなのだけれど、あまりにも当
たり前すぎて記憶に残らないのだろうか。大抵毎日おいしいと思
いながら食事をしているので、記憶に残っていないながらもしあ
わせに過ごせているのだろうと思う。

 そんな毎日の食事の中で、唯一といっていいくらい美味しくな
かったと思う思い出が、旅行先の夕食の白ご飯。ここ最近の出来
事だったから記憶に残っているのかもしれないけれども、それで
もそれ以外思い出せないのだから、かなり酷かったのだろう。
 白ご飯という毎日食べている物の美味しさは、自分の家のご飯
をずっと食べているとあまり感じることは出来ない。外に出てよ
そのご飯を食べてみて始めて、普段自分の食べているものがいか
に美味しくていいものかと確認することが出来るのかもしれない。
 ただ単に普段から食べ慣れたものが一番美味しいものであると
いうことかもしれないけれども、私以外の人も言っていたのだか
らやはり美味しくなかったのだろう。

 今年も概ね平穏無事に過ごすことができて、毎日食事が出来た
ことに感謝すると共に、来年も穏やかに過ごすことが出来ること
を祈ります。

 読んでくださっている方々の来年が、穏やかでありますように。
良いお年を。

ーーーーー


194
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます

奥付



ぼちぼち生きてます第二集


http://p.booklog.jp/book/40718


著者 : 出雲一寸
著者プロフィール:http://p.booklog.jp/users/izumoissun2010/profile


感想はこちらのコメントへ
http://p.booklog.jp/book/40718

ブクログ本棚へ入れる
http://booklog.jp/item/3/40718



電子書籍プラットフォーム : ブクログのパブー(http://p.booklog.jp/
運営会社:株式会社ブクログ



195
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

この本の内容は以上です。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格500円(税込)

読者登録

出雲一寸さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について