目次
2011年12月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
2012年1月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
2012年2月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
2012年3月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
2012年4月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
2012年5月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
2012年6月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
2012年7月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
2012年8月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
2012年9月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
2012年10月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
2012年11月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
2012年12月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

187 / 195ページ

試し読みできます
20121219近況、読書録「仏教「超」入門』

 先日、夕食にふぐ鍋を食べる。
刺し身や唐揚げもついていたコース料理で、鍋の出汁の一滴まで
残すこと無く食べてしまうくらい、美味しい食事だった。

 年末の役員会兼お疲れさん会の宴会料理なので、多分一年で一
番豪華な食事だと思う。自腹で食べる食事としては、こんな機会
にしか食べようとは決して思うことはないだろうと思う。
 正直順番で回ってくる役員なんて面倒臭いから嫌なのだけれど、
これを口実にふぐを食べることが出来るので、この時だけは一年
頑張って面倒くさい思いをした甲斐があると思える。
どんなことでもなにがしかのメリットはあるものだ。

 まず最初に出されたのは、皮の湯引き。
お湯にくぐらされた皮がチリチリになっていて、ポン酢がよく絡
んでしっかりした味になって美味しい。ぷりぷりして固めのゼリ
ーの様な皮は、歯ごたえが心地いい。
 次は刺身、お皿の柄が透けて見えるくらい薄く切り分けられた
ふぐの身が、大きな花のように盛りつけられている。お皿を見た
だけで嬉しくなってくる、こちらもポン酢でいただいた。身の味
は実にタンパクなので、食べ始めるといくらでも食べてしまいそ
うになるが、他のメンバーの手前様子を見ながら食べなければい
けない。

 次に出てきたのはひれ酒、お酒が苦手な私はそんなに嬉しい一
品ではないのだけれども、せっかくだから頂くことにする。
香ばしくあぶられたヒレの香りが、アツアツにカンされた酒の香
りと合わさって実に良い風味。
 そしていよいよ本番の鍋、鍋を煮始めて待っている間に唐揚も
一緒に出された。唐揚げになると生の時とは全く違った食感で、
魚なのに鶏肉のような感じになる。
鍋に入れられた方もまるで鶏肉のよう、しかし鶏肉と違って脂が
全くといっていいほど無く、あっさりとしているのでどんどん食
べてしまえる。

 鍋の中身を食べ終えたら、いよいよ締めの雑炊。鍋が終わった
時点でお腹がいっぱいに近いのだけれど、雑炊は別腹のようで全
て食べてしまえた。

 今年で役員はようやく引退、面倒くさい思いをすることが無く
なると思うとうれしいけれど、ふぐを食べる口実と機会が無くな
ってしまうのは少々残念に思います。
 来年もしっかり働いて、お腹いっぱいで過ごせるようにしたい
ものです。

ーーーーー


187
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20121220近況、読書録「ヨーロッパホラー&ファンタジー・ガイド

 おやつにアンパンを食べる。
皮の薄いタイプでおやつに食べるにはちょうどいいサイズの一品
だった。

 今回食べたものは皮の薄いタイプの製品の、季節限定品だった
様子。焼き芋風味のさつまいも餡が使われていて、甘さの中に香
ばしさが含まれた美味しい一品。しっとりと練り上げられたさつ
まいも餡はとてもなめらかで、まるでクリームのようだった。

 この皮の薄いタイプの製品は、中身と周りの比率において、中
身の比率を非常に高く作られている。物によっては皮2に対して中
身8位なのではないかと思う時もある。
 私の好みから言うと、正直ここまで中身が多いのは少しバラン
スが悪く感じるところだが、世の中の人はこの比率が好きな模様。
スーパーの菓子パンのコーナーには、必ずといっていいくらい個
の商品が多めに並べられている。

 今日食べた季節限定品は、なぜかスタンダードな他のこのシリ
ーズと違っていて、中身のあんこの量と周りのパンの量が6対4位
だった。中身ぎっしりがこのシリーズの売りであるはずなのに、
これではただの小さいあんぱんになってしまうのではないかと、
いらぬ心配をしてしまうほどだった。
 さつまいものあんこだけなら簡単に作れるのだけれど、焼き芋
の風味をつけるところでコストが掛かってしまい、仕方が無いか
らあんこを少なめに入れたのだろうか。私はこのくらいの比率の
方が好きなのだけれど、周りが少なくて中身ギッシリを期待して
買った方たちからは、苦情が出ないのだろうかと思う。
ひょっとすると、苦情が出始める前にさっさと売り切ってしまう
という作戦なのかもしれない。

 まぁしかし、焼き芋からあんこを作って、自分でアンパンにし
て食べる手間に比べたら、少々あんこが少なくても関係無いよう
に思います。あんこだけ売ってあれば、自分でトーストに塗って
食べられていいのになと思いました。
 とても美味しかったです。

ーーーーー


188
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20121222近況、読書録「子どもの集中力を育てる」

 おやつにみかんを食べる。
甘味と酸味のバランスのとれた美味しい一品だった。

 一昨日の夜、寝ようとすると強烈な寒気に襲われ、風邪薬を飲
んで床についた。毛布を被って電気毛布を点けていても、悪寒が
ひどくて歯がガチガチと鳴るくらい。
 結局一晩中寒気と頭痛と体の痛みで眠ることがほとんど出来ず、
そのまま朝になってしまった。

 そんなことで昨日はまともに物を食べることも出来ず、おかゆ
をすするのが精一杯のひどい体調。しかしそんな体調であっても、
美味しく食べることが出来たのが、冷たいみかんだった。
 熱が出ているせいか室温でも大変冷たく感じられて、痛めてい
る喉も気持ちよく通って行く。熱が出ていたので本当は味が分か
っていたかどうか疑わしいところだが、その時は大変甘くみずみ
ずしく感じた。

 普段は柑橘類をあまり食べないのだけれど、食べると改めて美
味しさを確認する。とくにみかんは食べるのが簡単でありがたい、
外の皮を手でむいて中の皮ごと食べてしまえる温州みかんは、海
外でも人気があると聞いたことがある。とくに好きなわけではな
い私でも美味しいと思うのだから、フルーツ好きにはたまらない
のかもしれない。
 体が弱っている今回のような場合には、水分補給とビタミン補
給の目的にもいいと思う。風邪を引きやすくなるこの季節に、多
く市場に出回るみかんは予防の為にも食べておいてもいいかも知
れない。

 ただみかんを食べるとつらいのは、食べ終わると歯がキシキシ
するところ。思うに果汁の酸が強くて、歯の表面が少し溶かされ
るからなのではないかと。私の歯が弱いだけかも知れませんが。
 まぁ何にしても、一つのものを食べ過ぎないようにした方がい
いと思います。

ーーーーー


189
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20121224近況、読書録「こちら葛飾区亀有公園前派出所21」

 夕食にサンドイッチを食べる。
アメリカ人がテレビで食べるような、ボリュームのある一品だっ
た。

 昨晩、家族で一足早いクリスマスパーティを行ったのだが、タ
ップリのパーティ料理を食べ切ることが出来なかった。残ったも
のは、各家族で分け分けして持ち帰った。
 今回サンドイッチに入れた具は、昨晩いただいて帰ったごちそ
うの残りを使って作ったのだった。

 使った材料は、
ポテトサラダ
カレーチキン
鶏の唐揚げ
これらを食パン二枚の間に挟んでそのままかぶりついて頂いた。
 一口食べて少し物足りなさを感じたので、一旦パンをはがして
マヨネーズで追加の味付けを施して食べる。
美味しい、昨日食べた料理ばかりなので味は分かっていたが、サ
ンドイッチにすることでまた目先が変わって、より美味しく食べ
ることが出来た。

 食パン二枚程度では大したボリュームではないのではないか、
と思われるかもしれないが、間に挟んだ具のボリュームが大きか
ったのだ。
 食パン一枚の面積に、まずポテトサラダをまんべんなく広げて、
そこに唐揚げ4個とカレーチキン二枚を無理無理乗せていたので、
具の方が分厚いサンドイッチになっていた。
 この分厚さのお陰で食べるのに少々苦労する、なにせ分厚いか
ら口を目一杯広げなければいけなくて、顎がはずれそう。

 テレビのグルメ特集などで、倒れてしまいそうなハンバーガー
や、ほとんど具がはみ出ているサンドイッチなどが紹介されるこ
とがあるが、あれはどうやって食べているのだろう。
ちょっと口に入れて普通に食べるのは難しいと思うが、一枚ずつ
はがして食べているのかと思うと、少しさびしい感じがする。
 そう思うと今日食べたサンドイッチは、私の一口でかぶりつけ
る限界に近くて、調度良かったのかもしれない。ボリュームも多
すぎることもなく、物足りないこともなくてちょうどよかった。

 残ったごちそうが無駄になることがなく、最後まで美味しく食
べることができて良かったです。

ーーーーー


190
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20121225近況、読書録「子どもの日本語力をきたえる」

 朝食にチロルチョコを食べる。
クリスマスプレゼントに頂いたもので、懐かしい一品だった。

 頂いたものは色んな種類が入ったバラエティパックで、大体ご
種類のチョコレートが入っていた。
 入っていたのは、
ヌガー入り
ストロベリー
ホワイト&クッキー
ビスケット
アーモンドの五種類。チロルチョコのサイズなので、アーモンド
が少々小さいのが少し寂しいところだったが、どれをとっても美
味しかった。

 この中で一番懐かしかったのはヌガー入りのもの、これだけは
私が子供の頃からずっと存在していて、その当時から今と変わら
ない美味しさだった。
 小学生の頃のとても少ない手持ちのお金であっても、当時も10
円で一個買うことが出来たチロルチョコは、子供の味方の一つだ
った。
 ヌガー入りのものは懐かしくて嬉しいが、この中で一番美味し
かったのはホワイトチョコ&クッキーだった。チョコの中に入れら
れたクラッシュクッキーのサクサクした食感が良く、黒い所を見
るとココアクッキーだと思うが、甘さの調節にもなっていたのか
もしれない。

 そういえばその頃は近所にコンビニも全くなかったし、電車の
駅もまだ昔の木造の駅舎で、なかなか田舎っぽさが感じの良い風
景だったような記憶がある。
 もう30年近く昔のことなので、その辺の風景もすっかり変わっ
てしまい、となり町の山が一つ宅地開発でまるごと無くなってし
まった。少子高齢化で核家族世帯の子供の社会性の問題なども云
われ始めているというのに、どうして世帯を細かく分けてしまう
新興宅地開発をしてしまうのか、少々疑問に思ってしまった。

 こんな風に周りはどんどん変わっていってしまうのだけれど、
新しく出来た店であっても同じように売られていて、子供でも気
軽に買うことのできる値段のままでいてくれる。
 変わらないでいることの大切さというものもあるのだなと、チ
ロルチョコを食べながら思いました。

ーーーーー


191
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56


読者登録

出雲一寸さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について