目次
2011年12月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
2012年1月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
2012年2月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
2012年3月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
2012年4月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
2012年5月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
2012年6月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
2012年7月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
2012年8月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
2012年9月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
2012年10月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
2012年11月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
2012年12月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

179 / 195ページ

試し読みできます
20121202近況

 先日、搗きたてのお餅を食べる。
今年とれたもち米を使い、石臼でついた一品だった。

 毎年恒例のこの時期にあるイベントでの餅つき、今回も餅つき
番で召集されたため一日中餅つき。
 今年はいつもの年の経験を生かして、売れ残ることを避けるた
めに少し少なめにもち米を用意してあった。しかし何故かこんな
時に限ってお客さんが集まり、午前中に全てのお餅を売り切って
しまえた。天気予報によれば雨の確率が強く、朝一番の準備中に
は少し降ってきていたにもかかわらず、全て売り切ることが出来
たのはとても幸運だと思う。

 12月に入っていよいよ年末の雰囲気になってきた所に、杵つき
のお餅が売られていたので、雰囲気につられて皆買ってくれたの
かもしれない。それとも杵と臼でつくのが物珍しいから、買って
もらえたのかもしれない。
 今は切り餅の袋入りのものがスーパーで買えるので、自分の家
で餅つきをする家はあまりないのだろうか。私の住んでいるとこ
ろは結構な田舎なのにもかかわらず、通り過ぎる人達は物珍しそ
うに見ていた。

 かく言う私も、大人になるまで餅を杵と臼でついたことは、一
度か二度くらいしか無かった。もち米を洗って用意するところか
らつき上がって丸めるところまでしたのは、まだつい最近のこと。
自分で物を食べるところまで仕上げるというのは、とても手間の
かかるものだと改めて思うようになった。
 そんな事で手間ひまのかかり方が重い、自分でついた餅は格別
に美味しい。搗きたてで柔らかいので、焼くこと無く食べられる。
普通は醤油をつけて食べるところだが、何もつけずに食べてしっ
かりと口の中でもちを味わう。少し練り方とつき方が甘かったか
らだろう、少々粒が残っている感があるのも杵つきの味わいだと
思う。

 今ついた餅は多分正月までは保たずに食べられてしまうと思う、
師走に入って年末気分かもしれないけれども。まだ今年はあと一
月程あるのだから、もう少し気をつけて過ごさなければいけない
なと自分に言い聞かせようと思いました。

ーーーーー


179
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20121204近況

 昼食にパスタを食べる。
久しぶりに外で食べるパスタは美味しかった。

 トマトとにんにくのシンプルな物を注文したのだが、家で食べ
るものと比べるとにんにくがしっかりと効いていて、シンプルな
のにとても強い味わいだった。
 家で作られるものは、自分以外の家族の味付けの好みがあるの
で、どうしても優しい味付けになりがち。もともと私はにんにく
が好きなので、にんにくが強く出されたソースがとても好みにあ
っていて嬉しかった。

 パスタを全て食べ終わったところで、お皿の上にはソースが残
った。今日食べたお店ではパンは置いていないので、もったいな
いからソースだけを食べることになったのだけれど、ソースだけ
を食べるには少しこってりしている。
 こういうソースの多いタイプのパスタを食べる時には、博多の
ラーメン屋台でお馴染みの替え玉があったらありがたいと思う。
パスタだけを追加すると今度はソースが足りなくなりそうだが、
その辺のさじ加減はお店の方で上手く調節してくれたらいいと思
う。

 パスタの替え玉が無理ならば、ピザ生地を白焼きしたものを注
文できるようにしてもらえると嬉しい。こちらならソースの残り
具合に合わせて、注文できる大きさを変えるのも簡単なのではな
いだろうか。
 パスタなら替え玉を頼んで途中でお腹が大きくなったら辛いと
ころだけれど、ピザ生地ならお持ち帰りにするのもしやすそうに
思える。

 いつかパスタもピザもその他の麺類も、ご飯と同じように気軽
におかわりができるお店が増えたらいいなと思います。

ーーーーー


180
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20121205近況

 昼食に焼鮭を食べる。
塩鮭だけれどタップリと脂の乗ったカマの部分で美味しい一品だ
った。

 塩鮭だけれどそれほど塩辛くはなく、一切食べるたびに血圧が
上がるような気がする塩鮭ではなかった。私が子供の頃の塩鮭と
いえば、鮭の身の味がわからないくらいにしっかりと塩が効いて
いて、一口にご飯を一杯食べるくらいの塩梅だった。
 しかし最近はそういうものを食べようにも、なかなか手に入れ
ることができない様子。塩分の摂り過ぎは体に悪いということが、
周知の事実になってきているからだろうか。

 今日食べたものはびっくりするほど辛くはないので、オカズと
してちょうどいい具合。だけどそれでもご飯を食べているうちに、
3分の1くらい残ってしまった。
 残った分をどうやって食べようかと思った所、せっかくだから
たっぷりと本物の焼鮭を入れたお茶漬けにすることにした。
外で食べたらびっくりするような値段が付く食べ物にお茶漬けが
あるが、家で作って食べたらそれほどでもない。それでも本物の
鮭の焼身が入っているお茶漬けは、ちょっと贅沢な気分になれた。

 思うに、外で食べるお茶漬けの値段は、お茶漬けくらい自分で
用意して食べなさいよという、お店側からのメッセージなのでは
ないかと思う。ご飯にお茶づけ海苔をかけてお湯を注ぐ、そこに
鮭など好みの具を乗せておく。これくらいの手間を人にまかせる
なという、意見なんじゃないかと疑ってしまう。
 お茶漬けだけにかぎらず、外食の値段のほとんどは手間賃なん
だろうなと思う。誰かに何かをしてもらうということは、多分も
のすごい贅沢なことなのだろう。

 毎日家でご飯を作ってくれている家族には、心の底から感謝し
なければいけないなと思います。

ーーーーー


181
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20121206近況、読書録「孤独のチカラ」

 夕食に白菜と壬生菜の漬物を食べる。
今が旬の野菜のみずみずしさを楽しめる一品だった。

 白菜もすっかり大きな玉になり、壬生菜も青々と茂ってとても
元気がよさそうに近所の畑に生えている。それらが漬物になって
いるのだから、美味しくないはずがない。
 最近漬けられたばかりのものなので、まだ発酵したりしておら
ず、新鮮な野菜と塩の味だけのシンプルな美味しさ。しかし野菜
の美味しさを味わうには、シンプルであるほうがいいのかもしれ
ない。
 今から野菜を漬け始めて、冬中かかって漬物を楽しむのだけれ
ど、長い間楽しむのならば糠漬けのほうがより複雑な美味しさで
いいかも知れない。ぬか床に入れる材料の調節によって、色々と
味に変化を付けることができるし、発酵が進んだらまたそれも変
化していくので、いつも違う味が楽しめる。

 食べるばかりの私のような人は、糠漬けのほうがいいなどと気
楽に言っていられるが、漬物を漬ける人からすれば面倒くさいこ
とを言いやがるときっと思われていることだろう。
 浅漬ならば簡単な漬物器に野菜を入れて、塩を適量入れて圧力
をかけておけばいいのだけれど、糠漬けはそうはいかない。放っ
ておくとぬか床が傷んでしまい、腐ってしまいかねないから、毎
日手入れしなければならないから、聞いただけでとても手間がか
かるとわかる。糠漬けの面倒が見られるということは、マメさの
証なのかもしれない。
 そういえば最近塩麹が流行っているが、あれはなかなかによさ
そうに思う。塩漬けにプラスして発酵調味料の麹が旨みを出し、
いい塩梅の漬物になるのかもしれない。まだ食べたことがないの
で分からないけれども。

 思うに塩麹が流行っているのは、美味しいのもあるだろうが、
多分売り手側の作る具合の良さもあるのではないかと思う。
 醤油や味噌などの調味料は、完成するまでの長い発酵・熟成期
間がどうしても必要なのに対し、塩麹はTV等で紹介されている作
り方によると一週間程度で済むとのこと。原材料も麹と塩と水、
きっとその他の調味料に比べると製造コストは物凄く低いのでは
ないかと思うのだけれど…。

 まあどんな理由で流行ったとしても、美味しいものが世の中に
増えることは嬉しいことだと思います。

ーーーーー


182
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20121211近況、読書録「値段のカラクリがズバリ!わかる本」

 朝食にアンパンを食べる。
しっかりした甘さのつぶあんが美味しい一品だった。

 先日私用で何日か出かけた先で、手伝いに来てくれた方たちに
食べてもらうおやつとして、大量に購入した物が余ったもの。
たくさん残しておいても手伝った家の人だけでは食べきれないの
で、ありがたく頂いて帰ってきた。
 アンパンの他にはジャムパンとクリームパンがあったが、圧倒
的にアンパンの数が多かったために、アンパンばかり余ることに
なった。買い出しには私も行ったのだが、お店の方でもアンパン
を多く仕入れているみたいだった。

 最初にパンにあんこを合わせた人は天才だと思う、多分ずっと
昔から日本にあったあんこに、海外から入ってきたパンを合わせ
てみようという試みは、思いついた当時はとても斬新だったにち
がいない。
 アンパンはすっかりおなじみになっているが、普通の食パンに
あんこを塗って食べるのは、まだ少しマイナーな感がある。
名古屋では当たり前のようだけれども、その他の地域、少なくと
も私の住んでいる所では、あまり聞かない。

 アンパンが美味しくて小倉トーストも美味しいのに、どうもい
まいちマイナー感が私の住んでいる地域にあるのは、あんこがジ
ャムの隣に売っていないからではないかと思う。
 あんこが置いてあるのは、和菓子の材料のコーナーが多く、お
菓子の材料の一つとして扱われているのだろうと思う。
詰められている入れ物も、ビニールの入れ物ばかりでパンに塗っ
て食べるには少々使い勝手が悪いのではないだろうか。

 今現在あんこをお菓子の材料の一つとして扱っているお店は、
試しにジャムのコーナーにあんこを置いてみると面白いように思
う。あんこのメーカーはビニール袋入りばかりではなくて、ジャ
ム用の瓶に詰めて売れば、小倉トーストが食べやすくて売れ行き
が上がりそうな気がする。

 私の住んでいる所が田舎で、瓶入りのあんこが売っていないだ
けかもしれないのかもしれないけれど、そうでないならばあんこ
はビンに詰めてジャム置き場に置いてほしいなと思います。

ーーーーー


183
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56


読者登録

出雲一寸さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について