目次
2011年12月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
2012年1月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
2012年2月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
2012年3月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
2012年4月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
2012年5月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
2012年6月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
2012年7月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
2012年8月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
2012年9月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
2012年10月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
2012年11月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
2012年12月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

155 / 195ページ

試し読みできます
20121006近況

 先日、車でお年寄りの乗った自転車を追い越す事になった。
どうにも頼りなくてふらふらとした運転で、追い越す私も非常に
怖かった。

 多分自転車が安定するだけのスピードを出すための、脚力がな
いのだろうと思う。脚力だけでなく、車体を安定させるのに必要
な筋力も衰えているのかもしれない。
 それにもかかわらず、元気に走れる人達が乗るような、26イン
チのホイール径の自転車に乗っていては、ふらふらするのも当た
り前ではないかと思う。もっと小さい重心が低い自転車に乗れば、
楽に運転できるんじゃないかなと思うのだけれど。

 それよりも何よりも、まず二輪車でなければいけない訳ではな
いのだから、三輪の自転車に乗り換えればいいと思う。バランス
を崩してコケるということは、二輪に比べてずっと減ると思うし、
車体を安定させるということに労力を割かなくて良い為、その分
周囲に注意を向けることが出来てより安全に運転できそうだ。
 昔はよく三輪の自転車を見かけたように思うのだけれど、最近
はあまり見かけなくなったように感じる。三輪だと何か具合が悪
いことがあるのだろうか?
 昔良く見た三輪自転車はホイール系が多分14インチ位、重心が
低くて安全でよさそうに見えていた。後輪の上にはカゴもついて
いて、二輪よりも荷物を運ぶのにも具合がいいよさそうに見えた
ものだが…。

 思いつく難点としては、タイヤが増える分ペダルを踏み込む力
もより強く求められるのかもしれない。けれどこれは変速ギアを
付けてしまえばいいだろうし、ギアの比率もスピード重視の物よ
りペダルを軽くする方に調節すれば、ゆっくりと軽く走れるよう
になる。二輪だとゆっくり走っていると安定しにくいが、その点
三輪だと速度に関係なく安定している。
 ホイール径が小さいことも、難点があるように思う。やはり大
きいほうが走り心地が軽快なのだろうし、路面の状況が悪く穴ぼ
こがあったりすると、ハマってしまって面倒くさいのかもしれな
い。けれどシルバーカーの普及を見るに、この穴にハマってしま
う点はあまり問題にならないように思えるので、走り心地の軽快
さが問題なのかもしれない。
この辺は乗る人のさじ加減だと思う、自分の運転技術と相談しな
がら選んでもらうしか無い。

 他に思いつく問題としては、車幅が広くなって車の通行の邪魔
になるかと思ったが、ハンドルの幅程度に後輪の幅を調節すれば
二輪とあまり変わらないと思う。
 一番の難点は道路の傾きじゃないかと思う。体が斜めになって、
そのままこけてしまいかねない。この点はさてどうしたものかと
思う、後輪だけ傾きに合わせて動くようにし、乗車部分は真っ直
ぐなまま乗れるように出来たら具合がよさそうだけれども。そん
な物が出来たらいいなと思う。

 三輪自転車が今よりも普及したら、自転車メーカーや販売修理
を担当するお店も今より儲かりそうに思う。
 タイヤが増えた分それに関わる修理の機会が増えるので、今よ
りも頻繁に技術料を稼げそうに思う。そんなに修理に関わってい
られないという話もあるように思うが、車のタイヤみたいにホイ
ールごと取り外せて付け替えられるようにしてしまえば、手間も
減って単価も上がるんじゃないかなと思う。
 自転車に関わっている業界の人は、もっと三輪自転車の普及を
促してもいいんじゃないかなと思う。
ビッグビジネスの匂いがすると思うのは、私だけだろうか。

 まぁとにかく、お年寄りが安全に気楽に乗ることが出来、体の
衰えを防ぐ為にも、三輪自転車はよさそうに思いました。

 今日も漬物は美味しかったです。

ーーーーー


155
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20121010近況

 先日の昼食と夕食に鯖の押し寿司を食べる。
箱に入れて押したものではなく、細めの丸太のような大きさにご
飯を整えて重しをかけた、豪快な一品だった。

 少し前、住んでいる集落の毎年恒例の秋祭りに合わせて、こち
らも毎年恒例の鯖寿司を、家族が作ってくれた。脂のしっかり乗
った鯖を、惜しげも無くタップリと使って作られており、一切一
切が大変贅沢に感じざるを得ないボリューム。

 昨年も書いたかもしれないが、最近鯖寿司を食べる時はわさび
醤油ではなく芥子醤油で食べている。
 しかし残念なことに昼食時にはカラシが切れていた、まぁわさ
び醤油で食べても大変美味しいので問題は無いのだけれども。

 鯖寿司と並んで秋祭りに食べるものは、赤飯。今年はわけあっ
て木枠で型押したのだけれど、私が力一杯押して型を整えたため
か、ものすごくしっかりとしたタイルのような赤飯の塊になって
しまった。
 まぁしかし、どんなに固めたとしてももち米。粘りがあってく
っつき合っていたとしても、箸で割りながら食べることはできた。

 お祭り当日に食べたものは、会席のパック料理だった。
私がまだ幼い頃は、その年の当番の家で料理を作り、宴会の場所
もその家だったため、個人の負担がキツかったと父母の談。
 それに比べたら楽になったと言っているが、私としては全然楽
ではない。酒が飲めないのに酒の席に居続けなければならないと
いうのは、正直に言うとどうしようもないほどの苦痛である。
楽しく飲んでくれる人ばかりなら苦痛など無いのだけれども、そ
こは大勢が集まる場所なので、酔うとどうしても絡んだりする人
がいたり飲めないことを攻める人がいたりする。そんな時は本当
にうんざりする。
 しかし今年は何故か誰にも絡まれなかった、皆比較的大人しく
飲んで食べていてくれたので、とても助かった年だと思う。

 お酒は飲める人で楽しく飲んで貰えればありがたい、飲めない
人は飲まなくても平気なんだからそっとしておいて欲しいと思い
ます。

ーーーーー


156
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20121012近況

 昼食に茄子の漬物を食べる。
あっさり目の漬かり具合で沢山食べやすい一品だった。

 今日食べたものはこれといって色には気を使わずに漬けたもの
のようで、茶色に色が変わってしまっていて、見た目はお世辞に
もいいとは言いがたいものだった。
 どうも茄子の漬物は見た目を良くするのが難しいようで、家で
作られるものは今回のように茶色くなるか、ドギツイくらいの青
紫になってしまうかの二者択一の様子。市販のものは皮だけが綺
麗に染まっているものもあって、これだけは市販のものに軍配が
上がってしまうように思う。味は全く問題ないのだけれど。

 季節も随分進んで、すっかり朝は秋らしくなってきた。そろそ
ろ茄子のシーズンも終盤に差し掛かってきているのではないだろ
うか、それともこれからが秋ナスの本番に当たるのだろうか。と
りあえずまだ露地物の茄子の木は元気な様子、茄子は木ではない
とは思うが、今くらいになると背丈がずいぶん高くなっていて木
と表現したほうがわかりやすいかと。
 野菜がたくさん食べられるのは嬉しいので、白菜や水菜等の冬
野菜が旬になるまで取る続けてくれたらありがたいのだけれど、
そこまであると一年の3分の1くらいは茄子が採れることになる。
あんまり採れ過ぎるのもありがたみがないような気もする。

 お浸し、漬物、味噌炒め、焼きナス、麻婆茄子。今年も色々と
タップリ楽しませてもらえた茄子。暑い夏はあまり好きではない
けれども、おいしい野菜を食べるためには多少は苦しい思いも過
ごさなければ、美味しさが引き立たないのかもしれない。
 また来年も暑い夏を乗り越えて、美味しい秋ナスをたくさん食
べられたらいいなと思います。

ーーーーー


157
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20121014近況

 昼食に焼き鳥を食べる。
香ばしい焦げ目に甘辛いタレが絡んで美味しい一品だった。

 味にうるさい人はタレではなく、塩だけで味付けしたものを好
むらしいけれども、私は正直どちらでも美味しい。
 大体スーパーで売っている出来合いのものは、大抵タレで味付
けされているように思う。そのため自然タレの物をよく食べるこ
とになるが、たまには塩味でも食べてみたいとは思う。半々くら
いの割合で置いてくれたらありがたいのだけれども。

 焼き鳥をオカズにして昼食を済ませ、何かデザートはないかと
その辺を物色していると、ゆでイモを発見する。さっそくいただ
いていたのだけれど、フッと焼鳥のタレの残りが目についた。
そこでピンときた、ちょっとお芋につけて食べてみよう。思い
ついたがすぐ実行、ゆでイモに多い目の焼鳥のタレを付けて食べ
てみた。
 コレはなかなか美味しかった、インスタント大学芋といった感
じで、デザートにはばっちり。大学芋に比べると、ねっとりとし
た蜜の感じがあまりなく、甘みもずっと弱い。そのかわり醤油味
が強くてあっさり目の味付けになり、甘いモノが苦手な人にはこ
ちらのほうがいいかもしれない。
 焼き鳥の残りのタレに付けて食べてみなければ、この味はわか
らないのが面倒くさいところ。たぶん焼き鳥からしみだした鶏肉
の味や脂が、色々と複雑な味付けになっていて、絶妙な塩梅にな
っているのではないかと思う。私が味音痴なだけかもしれないけ
れど…。

 焼き鳥のタレのレシピがわかれば自分で作ってみるのだけれど、
よく考えればそこまでするのならば、普通に大学芋を作ればいい
ことだなと思い直しました。

ーーーーー


158
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20121018近況

 アチラコチラで金木犀が咲く。
甘い香りが漂ってくると、いよいよ秋も本番だなと思う。

 金木犀といえばトイレに置いて匂い消しに使われることも多い
らしいが、それは今の時代の水洗トイレだから何じゃないかと思
う。
 私の実家はくみ取り式なのだけれども、子供の頃トイレに金木
犀の花が生けてあったが、まったく匂い消しになっていなかった。
トイレの臭いと花のにおいが混じって余計に変わった匂いになっ
て、あまり良い感じはしなかった。
 今は実家にも水洗がついたトイレもあり、そちらの方に生けた
らいい匂いがするだろうと思う。

 思うのだけれど、トイレはある程度臭くて居心地が悪くてもい
いのではないかなと思う。洋式で座ってゆっくりと出来、居心地
がいいので読書をする人も多いらしい。私も時々読んでみたりす
る。
 けれどおしりを丸出しで冷やしながらずっと座っているのは、
あまり体によくないようだ。どこかで聞いた話だけれども、洋式
で長い間入っていると痔になりやすいとか。だから少々居心地が
悪くて、用がすんだらさっさと出てしまいたいくらいのほうが、
いいのかもしれないと思う。

 まぁでも、トイレの中ほど静かで一人になれる場所は、あまり
ないようなので、仕方が無いかも知れません。

ーーーーー


159
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56


読者登録

出雲一寸さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について