目次
2011年12月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
2012年1月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
2012年2月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
2012年3月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
2012年4月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
2012年5月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
2012年6月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
2012年7月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
2012年8月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
2012年9月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
2012年10月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
2012年11月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
2012年12月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

144 / 195ページ

試し読みできます
20120912近況

 先日、家族の旅行土産の佃煮を食べる。
旅行先の独特の味付けがしてあり、ご飯のお供にぴったりな一品
だった。

 佃煮のメインの具材は昆布だったのだけれども、昆布と相性が
いいからだろうか、よくあるようにしいたけが一緒に佃煮にされ
ていた。あまり好き嫌いを言わないようにしているし、無いつも
りの私だけれども、しいたけは本当に好きになれない。
口に入れた時のあの香りがどうしても辛く、特に干ししいたけは
匂いが強くて食べにくい。
 しいたけが特に気にならない人からすれば、なんでそんなにと
思うかもしれないけれども、まぁ仕方が無いと思う。

 そんなことなので、しいたけをより分けて昆布だけ食べてみた
のだが、こちらはとても美味しい。しいたけの香りがするような
きがするが、濃い味付けでしっかりと煮込まれている佃煮におい
て、そんなにしいたけの匂いがするはずもないので、きっと思い
込みのせいなのだろうと思う。
 どこででも購入できる佃煮と違って、何だか少しお酒の香りが
口の中に漂った。お酒を入れて佃煮を作っても、なかなかここま
で香りをつけるのはむずかしそうなきがする。酒粕と一緒に煮込
んであるのかなと思うが、真相はわからず。

 まだまだ残暑が厳しい毎日だけれど、もうそろそろ新米が出始
めている所もあるのではないかと思う。炊きたての新米に佃煮を
乗せて食べる所を想像すると、それだけでお腹が空いてくる。
 今年はいつになるかまだわからないけれども、新米を食べる日
が楽しみです。

ーーーーー


144
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120914近況

 おやつにかりんとうを食べる。
いつ食べても美味しい定番の安心できる味わいだった。

 今日食べたものは黒糖で味付けされたもので、黒糖独特の香ば
しいような香りとがっちりした甘みが美味しい。かりんとうらし
く甘さがしっかりしているので、たくさん食べるのには余り向い
ていないけれど、食べ過ぎなくてちょうどいいかもしれない。
 私が知っている範囲では、黒糖味のかりんとうは何故かゴツく
てぶっといものが多いように思う中、今回のものは比較的細くて
小さめだった。ゴツくてぶっとくて黒い、奥様うっとりといった
ところなのかもしれない。

 食べながら見るともなしに裏の製造業者を見てみたら、かりん
とうを買うとよく見る会社の製品だった。私の近所で手に入るか
りんとうの中では、この会社はとても良く見かける。自分のとこ
ろから単独で製品を出してもいるし、100円菓子でも出しているみ
たいだが、どれを食べても安定していてとても美味しい。
 かりんとうでしか見かけないように思うのだが、ひょっとした
ら物凄く老舗なのかもしれないなと思いながら美味しく頂く。
会社のサイトurlも袋に載っているので調べようと思えばすぐなの
だけれど、想像しているうちが楽しいのであえて調べない。

 この会社の製品の中では、レーズンのかりんとうが何よりも好
き。甘酸っぱいレーズンの蜜とかりんとうの相性は抜群で、一袋
一気に食べてしまいがちになる。もちろんレーズンそのものもく
っついていて、味と触感に良い変化をつけてくれている。
 ただ少し私の好みと合わないのは、かりんとう本体の形が四角
くてごつい所。蜜がタップリとついていると、歯ざわりが少し重
く感じることがある。一般的なかりんとうと同じ本体の形のバー
ジョンもあれば、より一層のファンになってしまうと思う。

 かりんとうは美味しくて食べてる間は幸せなのだけれども、や
はりなんでもそうですが、食べ過ぎないように注意したいと思い
ました。

ーーーーー


145
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120918近況

 昼食にスパゲティを食べる。
アツアツに焼いた鉄板の上に盛りつけられていて、最後の一口ま
でアツアツのまま頂くことが出来た。

 少し前によく行くショッピングセンター内に出来ていた店で、
そのうち食べようと思って目をつけていたので、今日の機会に食
べることにした。
 注文したのはツナと醤油のパスタで、大盛りにして注文した。
元のサイズの値段は一人前580円とオトクな値段、けれど大盛りが
+200円というのは少し高いようにも思える。しかしそれでも780円
なのだから、かなりお得な価格設定ではないだろうか。

 出来上がってカウンターまで取りに行き、確保しておいた席で
いただく。平日とはいえ昼食時になれば混んでくるので、少し早
めに席を確保しておいたので、余裕でゆったりできる隅っこの席
でのんびりといただけた。
 味はいたってシンプルな味付け、ツナと醤油の味付けに玉ねぎ
の甘みが加わって、安定した美味しさだった。他に何か野菜を足
したりして変化をつけることも出来るのかもしれないけれど、そ
うなると忙しくて配膳が間に合わなくなりそうにも思う。

 普段食べているパスタに比べて少しゆで加減が柔らかめのよう
に感じたが、これはこの店のゆで方の特徴なのだろう。今度食べ
る機会には、少し固めに茹でてもらえるようにお願いするのを忘
れないようにしたい。
 一番の特徴のアツアツの鉄板に盛りつけるところだが、最後ま
でアツアツで食べられるのはいい具合。特に大盛りで食べること
が多いと、食べている途中で冷めてしまいがちなことも多い。
誰かと一緒に食べていると、全く喋らずに暑いうちに美味しく食
べるというのも難しいので、この鉄板に載せる方法はありがたい
アイデアだと思う。
 ただ一番下にあるパスタが、最後の方にはパリパリのせんべい
状態になっていた。これも美味しくはあるけれども、パスタらし
く食べたい人には合わないところかもしれない。

 美味しくてリーズナブルないいお店だったので、出来るだけ長
い間続いて欲しいものです。

ーーーーー


146
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120920近況

 朝食に炊き込みご飯を食べる。
昼食にも炊き込みご飯を食べる。
晩御飯にも炊き込みご飯を食べる。
二度あることは三度あると言う言葉を、思い出さずにはいられな
い一日だった。

 朝食と昼食は同じ場所で、昨晩炊いたものを続けて食べること
になっただけなのだが、夕食に同じ品が重なったのは偶然だった。
食べる場所が違っていて、尚且つメニューの内容が作り手に任せ
きりになっていると、こういうことはままある。
 だったら自分で作って食べれば良い、という話になるのが当た
り前だけれど、同じメニューが続くことに不満があるわけではな
いのでこれからもお任せでお願いしようと思う。

 こう言う現象は定番のメニューほど起こりやすくて、とくにカ
レーではよく重なる。少し前の一ヶ月間の食事を振り返ってみた
ら、30日間の夕食の内20回がカレーと記してあった。そしてその
カレーを食べ終わって、中三日でまたカレーがお鍋いっぱいに作
られていたのにはちょっと何だかなと思った。
 これを確認していくらなんでもこれはないのでは、と抗議した
ら反対に怒られる始末。確かに私はカレーが好きで、一週間カレ
ーを食べ続けても平気ではある。だからといってずっとカレーで
構わないというわけではないのだけれど…。

 この辺のさじ加減は人によって違うので、今回は作り手側とズ
レが生じてしまった様子。自分で作っていない以上あまり強く文
句をいうのは間違っているとは思うが、あまりにもあんまりだと
思って講義した次第なのだけれど。

 夕食の献立を考えるのはまあ面倒くさいのだろうと思う、私も
自分一人だと缶詰とご飯とかで済ませたりするので、そんな気が
する。
 そんな面倒な思いをして作ってくれているので、出来るだ
け何も言わずに美味しく頂くように、これからも気をつけていき
たいと思います。

ーーーーー


147
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120921近況

 昼食にお寿司を食べる。
握りや海鮮巻きなどバラエティーに富んだ品揃えだった。

 今日は実家の彼岸のお墓参りだったので、実家には叔母さんや
大伯母さんが来られていて、物静かでありながらなんとなく賑や
かな雰囲気だった。
 実家に行く途中にお墓があるので、先にお墓参りを済ませてか
ら実家に行く。午前中にお墓参りを済ませておいたほうが、昼食
後にゆっくりと休める。

 祖父が健在だった頃は、お墓参りの時に親戚が集まると決まっ
てすき焼きだったが、その頃元気だった方々も今は亡くなられた
り調子が悪かったり。それぞれの理由があって、年々人数が減っ
ていくところは仕方が無いけれど、やはり少々寂しくも思う。
 ごちそうが食べられることを除いては、煩わしくしか思ってい
なかったお墓参りだが、参りに来る人数が目に見えて減るのに、
時間の過ぎるを感じる。こんな面倒くさいことやめたらいいのに
と、思っていた時もあったが、後何年今いる人達と会うことが出
来るかと思うと、一回一回大事にしたほうがいいように思い始め
た。私が年を取ったせいかもしれないけれど。

 こうして人が減って年を取ると、すき焼きをしてもあまり皆喜
んで食べなくなるので、いつの間にかお寿司を取るようになって
きた。準備する方も年を取ってくるので、どうしても楽な方に流
れてしまうけれど、年を取るのはみんな一緒なので、誰も文句は
言わない。
 たまに気分を変えて昔のようにすき焼きを食べるが、目に見え
てお肉の消費量が少なくなったように思う。子供の頃、牛肉のす
き焼きを食べることが出来るのは、お盆と彼岸のお墓参りの時く
らいだったので、とても楽しみだった。子供の頃も豚肉のほうが
好きだったような気がするが、それでもたまに食べるお客さん用
のすき焼き用牛肉はまた別だった。

 こうして祖父の代のメンバーが減っていくのを寂しく思ってい
るが、祖母の姉、大伯母さんは今年で94だったように言っていた。
それでも私達と同じようにお寿司を食べて、揚げ物煮物も食べ、
調子のいい時はビールも少々。
 あと何回逢えるか心配するよりも、私のほうが先に行かないよ
うに養生したほうが良いのかもしれないなと思いました。

ーーーーー


148
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56


読者登録

出雲一寸さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について