目次
2011年12月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
2012年1月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
2012年2月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
2012年3月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
2012年4月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
2012年5月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
2012年6月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
2012年7月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
2012年8月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
2012年9月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
2012年10月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
2012年11月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
2012年12月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

137 / 195ページ

試し読みできます
20120816近況

 昼食にすき焼きの残りを食べる。
昨日のお盆参りの残りのメニューで、しっかりと煮込まれた野菜
やお肉が美味しい一品だった。

 ここ二三日はずっとお盆参り、こってりとしたごちそうが続い
て暑い夏を乗り切るためにはとてもうれしい。しかしやはりごち
そうとなると、口がいやしいからかどうしても食べ過ぎてしまっ
て、少々お腹が重たく感じてしまう。
 それでもやはりお昼からすき焼きを食べることが出来るのは、
とてもありがたい。ご先祖様にかこつけて美味しい物を食べるの
は、なんだか後ろめたい気もしないでもないけれど。

 今回のすき焼きには、普段は使われない牛肉が使われていた。
普段あまり使われないのは、やはり値段のせいだと思う。あまり
お金のことをいうのはどうかと思うが、普段から食べるのには牛
肉は少々お高い食べ物だと思う。
 しかしそこはご先祖様も帰って来られるお盆、身内が大勢集ま
って食べるのだから、たまにはいいお肉を食べようということだ
ろう、柔らかいお肉だった。

 しっかりとした決めの細かい脂が入っており、赤みとのバラン
スが抜群にいい。柔らかくしかし歯ざわりが良く、熱々の煮えバ
ナをを口に入れると溶けた脂の旨味が舌に幸せ。
 すき焼きを食べる時に卵を付ける人は多いだろうけれど、私は
今回はつけない派。卵ももちろん美味しいけれど、今回はしっか
りとお肉の美味しさを味わいたかったため、卵はなし。
煮えたお肉をご飯に乗せて、お肉でご飯を巻いて食べるともうた
まらなかった。

 お盆を過ぎたら夏休みも終盤、私はもう夏休みと縁が無くなっ
て随分経つけれども、学校に通っている方たちにとっては少しも
の寂しい時期なのではないだろうか。
学校の再開に向けて宿題を頑張って仕上げられるように、体調に
は気をつけてください。

ーーーーー


137
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120819近況

 昼食に天ぷらを食べる。
今が旬の野菜を中心とした物で、季節感にあふれた品々だった。

 揚げられていた野菜は、
かぼちゃ
ピーマン
ニガウリ
なす
後は少し前にとれたジャガイモと魚肉ソーセージのかき揚げ。
連日の暑さで疲れている体に、活力を与えるかのような油っこい
メニュー。暑いからといってあっさりさっぱりとしたものばかり
食べていると、余計にばててしまう感があるので、こういうハイ
カロリーなものを食べるのは大事だと思う。

 今ではすっかり当たり前のように食べているニガウリ、私が子
供の頃は住んでいる所では全く栽培されていなかった。いつ頃か
ら作られるようになったのか、はっきりとわからないけれども、
面白い食材だなと今でも思う。
 生の丸ごとのものを見ていると、とても食べられる植物とは思
えないような姿をしていて、味の方も処理の仕方によっては目が
覚めるほど苦い。おおよそ食用とは思えないのだけれども、その
苦さを爽やかに感じながら食べてしまえるのだから不思議なもの
だ。

 しかしよくよく思い出してみると、春にはふきのとうに始まり
秋の秋刀魚のはらわたなど、ほろ苦さを楽しむ食糧は案外あるの
かもしれない。
 それならばニガウリが素直に浸透していくのにも納得がいく、
そういえば苦味は胃腸を整えて食欲を増進するとも聞いたことが
ある。夏にニガウリがとれるのは、暑さで食欲が落ちてしまう所
にちょうどいいのかもしれない。

 それにしてもこの手の見た目の変わったものや、味が強烈な食
材などを初めて食べた人は勇気がある。苦味のあるものは毒だと
思って食べなくなるように思うのだが、経験というものは偉大だ
なと思いました。

ーーーーー


138
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120822近況

 昨日カレーを食べる。
お鍋に残った最後のカレーで、しっかりと煮込みが効いていて最
高に美味しい一品だった。

 お鍋の最後の残りで、私一人分しか無かったので、好きなよう
に味付けしていいと家族からお許しが出た。せっかくなので喜び
勇んでオリジナルに味付け、普段のカレーでは決して味わえない
ようなものに仕上がった。
 追加で入れたものは、
ウスターソース少々
一味唐辛子
胡椒
カレー粉
これらを心置きなくフィーリングに任せて入れて、しっかりと煮
込んで食べた。

 ウスターソースは味に更にコクを加えてくれて、少しの量で沢
山のご飯を食べることが出来るようになった。コツはほんの少し
入れること、多すぎるとソースの味と香りが勝ってしまいカレー
らしく無くなってしまう。
 私の父たちが子供の頃は、今と違ってカレーはもっと味が薄く
黄色い液体だっただけのように聞いたことがある。ただ単にカレ
ールーを入れる量が少なかっただけのような気がするが、薄いカ
レーを美味しく食べるための工夫として、ウスターソースをかけ
て食べていたそうだ。

 今回追加でつけた味は概ね成功、しかし少し辛くしすぎたよう
にも思う。食べている最中に汗が吹き出して、テーブルの上に汗
溜まりが出来てしまったのには笑ってしまった。
 辛いカレーを食べていると汗をかくのだけれど、不思議な事に
汗が吹き出てくるのはなぜか首から上ばかりだった。体からはほ
とんど汗が出ず、シャツもあまり濡れることがなかった。

唐辛子の辛さは体の感覚で言えば、熱さと同じだと聞いたことが
ある。英語で唐辛子の辛さをホットと表現するのも、この辺から
来ているとも耳にしたような気がする。
 なるほど今回食べたカレーのお陰で、身を持って知ることにな
った。

 シャツがあまり濡れることはなかったけれども、辛いカレーを
外で食べるとこぼれた汗でズボンが濡れることになるので、やは
りカレーは家で食べるのが一番だなと思いました。

ーーーーー


139
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120901近況

 第三繁忙期終了、ブログで報告出来ずに始まってしまい、その
まま忙しい日々でした。
 今年は準備期間の面倒事が多くてほんとうに疲れてしまった、
本番が始まった頃には既に疲れていて、ひぃこらいいながらやり
過ごした感がある。
 まぁ無事に終えることが出来たので、何よりです。
また来年も同じように忙しく働くことができますように。

ーーーーー


140
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120903近況

 おやつに煮干を食べる。
川島四郎氏の著作に影響を受けて食べるようになったのだけれど、
出汁の元だけに大変美味しい一品だと思う。

 煮干しなんて大体皆同じような味だろうと思って、最初はスー
パーでどこにでも売ってあるような、有名なメーカーの物を食べ
ていた。けれど、有名な物は何故か知らないがどれも塩味が強く
て、気軽におやつに食べるには味が濃かった。
 これは私の勝手な想像だが、ウチの煮干しはしっかりとした出
汁が取れますよと言いたいがために、塩味をしっかり目に付けて
あるように思えて仕方が無い。まあそれでも美味しいのでいいの
だけれども、塩分過多になりそうな気がするので、安心してつま
みにくかった。
 結局いろいろ探しまわって、近所のスーパーで売っているもの
が私の好みにちょうどいい塩加減だったので、以来それを食べて
いる。

 最近食べていて気づくようになったのだけれども、煮干しを食
べた後は歯の表面がつるつるしているような気がする。
あの乾いた煮干しをしっかりと噛むことによって、食べる歯ブラ
シになっているのかもしれないが、これも私の感想なので他の人
はどうかわからない。
 家族にも食べて美味しいから進めたこともあったが、美味しい
と一口二口食べて、それっきり。自分の体を普段から食べ物で作
るということに、あまり関心がないのかもしれない。
そんな周りの感じなので、歯がツルツルかどうか聞いてみても分
かる人がいない。何だか一人ぼっちのようで寂しく思う。

 まぁ、美味しい物を競争相手と苦労して取り合うこと無く食べ
ることが出来るのだから、身近な人と食の好みが違うというのも
良いのかもしれないなと思いました。

ーーーーー


141
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56


読者登録

出雲一寸さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について