目次
2011年12月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
2012年1月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
2012年2月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
2012年3月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
2012年4月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
2012年5月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
2012年6月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
2012年7月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
2012年8月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
2012年9月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
2012年10月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
2012年11月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
2012年12月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

132 / 195ページ

試し読みできます
20120729近況

 夕食にカレーを食べる。
いつ頃から言われ始めたか夏といえばカレーらしく、汗だくにな
りながら食べて美味しい一品だった。

 今日のカレーはいつも通り定番の具材、
お肉は鶏肉
人参
じゃがいも
たまねぎとどれをとっても安心の美味しさ。
食べ慣れたものが一番美味しいというのは、本当のことだと思う。

 カレーの辛さは家族の関係で甘口、辛いものが特に好きではな
い私だけれども、カレーだけは辛いものが食べたいので、コレは
少し残念な所。
 最近は仕方がないので自分のお皿によそった分に、一味唐辛子
をかけて辛さを調節して食べるようにしている。

 しかしこうして辛さは楽しめるのだけれども、やっぱりイマイ
チなんだか違う。きっと唐辛子を入れて煮込んだほうが、辛さが
カレールーに馴染んで美味しいのだろうけれど、私以外が食べる
ことが出来なくなってしまうので、そう出来ないのが辛い所か。
 しかしよく考えてみると、私が家族の中で一番沢山しかも喜ん
で、ルーが無くなるまでずっと食べ続けるのに、好きなように味
を調節できないのは納得いたしかねる。家の中での序列が低いか
らだろうか、こんな意見は通らない。

 だったら外で一人で、辛いカレーを思う存分食べればいいじゃ
ないかと思われる方もいるだろうが、それも少し違う。
自分の家の鍋の中を思うようにいじりたい、辛さだけではなくそ
の他の色々な具や香辛料を組み合わせてみたいという感じだ。
 こんなことを言うと、きっと自分で作ればいいと言われてしま
うので、今の状態が丁度いいのかもしれないと思う。

 誰かに自分の食べるものを作ってもらっている以上、出された
ものに文句をつけるのは良くないと私は思っている。
自分で夕食に間に合うように料理が出来ない以上、今までどおり
自分の皿で辛さを調節してカレーを楽しもうと思います。

ーーーーー


132
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120801近況

 おやつにわらび餅を食べる。
毎日暑い中に涼し気な一品だった。

 お土産にもらったもののおすそわけで、裏の材料表示を見ると
本わらび粉を使ってある、なかなかいい物のようだった。
 ひとつひとつが大変大きく切ってあり、そのまま口に入れたら
それだけで満タンになってしまうほど。贅沢で食べごたえがあり、
嬉しい限りだった。

 上にふりかけてあったきな粉も、申し分の無い量が掛けられて
いた上に、予備のきな粉が二袋ついているサービス。そんなにき
な粉は要らないなと思うところもあるが、貧乏性だからだろうか、
沢山ついているのを見てしまうとどうしても嬉しくなってしまう。
 嬉しく思いながらモリモリと、あっという間にわらび餅を食べ
きってしまい、後には大量のきな粉が残った。

 最初からかかっていたきな粉が箱のなかに残り、予備について
いたきな粉も手付かずで残った。普段からきな粉を食べる習慣が
あるわけではないので、食べる前にあった嬉しい気持ちが、どう
やって食べようかという悩みに変わってしまった。
 そこで思い出したのが、牛乳にきな粉を入れて飲む方法。さっ
そく冷蔵庫から牛乳を取り出して、コップの中できな粉を入れて
混ぜてみた。

 きな粉の香りと牛乳のコクが合わさって、いい具合の飲み物に
なった。なったけれども、今回は少しきな粉の量が多すぎたかも
しれない。
 もったいないと思って残っていたきな粉を全て入れ、また入れ
たきな粉に砂糖が入っていなかったので、イマイチ味が寂しい仕
上がりになってしまった。沢山入れたので喉越しも、少々ざらつ
いてしまった。やはり適量という物があると思う。

 今度きな粉が余ってしまうような食べ物を食べる機会があった
ら、しっかりと味をつけて程よい量を入れて試してみたいもので
す。

ーーーーー


133
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120805近況

 夕食にプチトマトを食べる。
しっかりと熟していて甘みと酸味のバランスがいいものだった。

 トマトを育てたことはないのだけれど、話で聞いたところ実に
難しいそうな。商品価値のあるものを作ろうとすると、虫やら病
気やらで大変な手間がかかるとのこと。
 しかしこれは大玉のトマトのことで、プチトマトは結構簡単に
育つらしいとのこと。もちろん売り物にするには手間がかかるの
だろうけれども、自分の食べる分を作るには鉢植えでちょいちょ
いと作れるとの噂。本当かどうかはつくってないのでわからない。

 もし簡単に作れるのならば、プチトマトを大玉のトマトによう
に使ってトマトソースを作れたら、日本でもイタリア並みにトマ
トパスタをよく食べられるようになるんじゃないだろうか。
今度大量に手に入る機会があるならば、一度試してみたいなと思
っていることの一つ。
 味は特に問題ないと思うのだけれども、大玉に比べて一番違う
のは皮の量。かなりしっかりとすりつぶしたりして処理しておか
ないと、口に入れた時にゴワゴワザラザラと食感が悪くなりそう
に思う。

 まぁでも、多分生で美味しく食べられるなら、面倒臭がってや
らないんだろうなと思います。


ーーーーー


134
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120809近況

 夕食後に炭酸飲料を飲む。
何ヶ月ぶりか分からないくらい久しぶりに飲んだが、シュワワと
した喉への刺激が心地よかった。

 今日飲んだものはビタミンCが沢山入っていることを売り物にし
たもので、酸味の効いたレモン風味の味が夏の暑さに爽やかで美
味しかった。
 ビタミンの量もレモンを基準にして書かれていて、ビタミンCと
いえばレモンのイメージを上手く使っているんだなぁと思う。
けれどレモンは他の果物と比べて、特にビタミンCが多いわけでは
ないらしい。多分色の鮮やかさと個数から量を想起するのに、具
合がよさそうだから引き合いに出されているのかなと思う。
もしくは、それほど量が入ってないから、数を多く書くことが出
来、沢山入っているように錯覚させやすいからだろうかと思うの
は、考え過ぎだろうか。

 今日飲んだものもそうだけれど、子供の時飲んだものに比べた
ら炭酸が弱いように思う。昔飲んだものはもっとこう、口に入れ
たら口の中がバチバチするように泡がはじけて、喉を通すと痛い
くらいの炭酸量だったように記憶している。
自分が子供だったから喉がまだ柔らかく、そう感じていただけか
もしれないけれど。

 東海林さだお氏の著作の中で、微炭酸飲むんなら炭酸飲料飲ま
なければ良い、というようなことが書かれていたように記憶して
いる。まぁ無理して飲まなければならないものでもないので、苦
手なら飲まなくていいと思うが、それでも飲みたい人には微炭酸
のものはありがたいだろうなと思う。
 しかし炭酸が特に苦手でもない私としては、昔飲んだような口
の中が爆発するような刺激のものも飲んでみたいとも思う。
探せばものすごく炭酸の強い飲み物もあるのかもしれないが、そ
こまで必死に探すほど飲みたいわけでもない、私は中途半端だな
と改めて思う。

 今度飲むのはいつになるのかわからないけれども、もし自分で
買う時には炭酸のきついものを選んで、子供の頃を思い出したい
と思います。

ーーーーー


135
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120812近況

 夕食にカレーを食べる。
二日目のカレーなので煮込みが効いていて、おいしいカレーが更
に美味しくなっていた。

 カレーを作ってくれた家族が言うには、夏といえばカレーだそ
うだ。夏にハヤシライスを食べたいとは思わないらしいが、私は
そうでもない。別に夏にハヤシライスを食べてもいいと思う、け
れどもシチューは冬に食べたほうが美味しいように思う。

 夏といえばカレー、キャンプといえばカレー、お鍋に飽きたら
カレー、おせちに飽きたらかれー。何々にどうしたらカレーと言
うフレーズは一年を通して頻繁に聞く、日本でカレーが良く食べ
られているからだろう。
 けれどこれらのことあるごとにカレーを食べるという決まり文
句は、やっぱりカレールーを作っている人達の作った話だと思う。
良く言えば商品を売るための創意工夫だけれど、悪く言えば口八
丁。またそう言われたとおりにして食べたとしても、カレーが美
味しいのだからなんだか悔しいような気もする。

 特におせちに飽きたらカレーというのは、いかがなものかと思
う。飽きるほどおせち料理を作る家が、最近あるのかどうかとい
うのもあるが、おせち料理を飽きるほど食べた後に皿にこってり
したカレーを食べるほど、胃腸に元気が残っているか疑問だ。
 おせち料理というは、もともと日持ちがするように濃い味付け
で煮しめられたりしたものが多くて、胃腸に負担が掛かりそうな
ものだと思う。そこにさらに重たいカレーを追加して、本当に美
味しく食べる事ができるのだろうか?
 しかしよく考えてみると、カレーに使われている香辛料は漢方
薬と同じものだったと記憶している。そうなるとおせちの後にカ
レーを食べるのは、漢方薬で胃腸の調子を整えることになるので、
理にかなっていることになるのだろう。

 まぁとにかく、カレーは美味しいということです。

ーーーーー


136
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56


読者登録

出雲一寸さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について