目次
2011年12月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
2012年1月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
2012年2月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
2012年3月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
2012年4月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
2012年5月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
2012年6月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
2012年7月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
2012年8月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
2012年9月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
2012年10月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
2012年11月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
2012年12月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

117 / 195ページ

試し読みできます
20120604近況

 夕食に切干大根の煮物を食べる。
えんどう豆や玉ねぎと一緒に煮てあって、あっさりとした味付け
が優しく、ほっとする一品だった。

 おとといは誕生日のお祝い、昨日は繁忙期の打ち上げを行った
ため、2日続けてしっかりとした濃厚な夕食を頂いた。そこにもら
って帰ったケーキが加わって、かなり体が重たい感じになってい
たところに、この一品。とても有り難かった。
 ごちそうと言うのは美味しくて大変嬉しいものだけれど、やは
り何事も程々が一番。連続で食べるのは2日位が私の限界なのだろ
うなと思う。もう一日何か催しがあったとしたら、断るように気
をつけなければ内蔵を壊してしまうかもしれないと思う。

 普段のペースの食事に戻って、オカズと白ご飯の組み合わせの
美味しさを改めて感じる。そしてやはりそのオカズとして、煮物
は何よりも落ち着いて頂くことが出来る。
 切り干し大根だけでなく煮豆もあって、今日は純和風の夕食と
なった。唯一洋風だったのは、絹さやにつけたマヨネーズ位だっ
た。

 今回これだけあっさりした物がありがたく感じるのは、やはり
ケーキを大量に頂いた為と思われる。夕食後にたくさん食べるの
は避けたいので、今日は朝食に食べたのだけれど、これがい
けなかった。
 糖分と脂肪分がおもな栄養だと思われるケーキなので、朝のエ
ネルギー補給にピッタリだと思って朝ごはんにしたのだけれど、
どうもイマイチ体に活力が漲るような感じがしてこなかった。
ご飯を食べた時は、少し経ってから体が気持ちよく動き始める感
じがあるのだけれど、今日は午前中一杯体がどんよりと重たく感
じられた。
やはり一番いい栄養源は、普段から食べ慣れているものがいいの
かもしれない。

 こうしてイマイチすっきりしないで過ごしたが、夕食が煮物三
昧だったので、一気に調子が戻ってきたように感じる。
 調子が戻ってきたのをいいコトに、まだ残っているケーキをデ
ザートに頂くことにした。夜にはあまり食べないようにしている
のだけれど、そろそろ食べきってしまわないと傷んでしまうので、
仕方がないなと言い訳しながらデザートを頂く。
 食べ始めてみると思っていたよりも苦しくなく、美味しくデザ
ートを頂くことが出来た。朝の食後の重たい感じは一体何だった
のだろうか、即効性のエネルギー源だと思って甘いものを朝食に
食べるのはあまり良くないようだ。

 それにしてもこれだけ食べてもまだもう少し残っているケーキ、
注文生産でもないのにいつでも普通に置いてあるのだとすれば、
アメリカのお店は凄いものを売っているものだと思いました。

ーーーーー


117
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120606近況

 昼食にカレーを食べる。
最近採れ始めたジャガイモなどが入った季節感あふれる一品だっ
た。

 今回入っていた具材は、
牛肉
採れたての新ジャガイモ
採れたての新たまねぎ
採れたての新人参
採れたての新きぬさや
ルーと牛肉以外は全て身内の作品で出来ていた。
 毎日暑くなってきて疲れている所に、辛いカレーを食べて汗が
吹き出すが、気持ちのいい汗のかきかただった。

 繁忙期の最中と違って、昼食もゆっくりと食べられてとても嬉
しい。熱々のカレーなんてとてもじゃないが食べることが出来ず、
食べながら仕事をしていると冷めていることが多い。
 食べ終わった後も座ってゆっくり出来るのが嬉しい、口を動か
しながら歩きまわらなくていいことが、こんなにありがたいこと
なのかと改めて実感する。

 ようやく体も落ち着いてきて、仕事も繁忙期の後始末が一段落
してきたなと思っているところだけれど、そろそろ第二繁忙期の
準備を始める時期が近づいて来た。今年はなんだか一息つく暇が、
いつもの年寄りも随分少ないような気がして仕方が無い。
 だからといって毎日こなせる作業の量を、今以上に増やせるか
というと無理があるので、淡々と仕事をこなしていくしかない。
淡々とこなしているうちに案外進んでいるものなので、焦らずに
マイペースでやるのがいいのかもしれない。

 今回のカレーの中に入っていた絹さやだけれど、今日で2日目に
なるカレーの中では綺麗な緑色もすっかり褪せてしまい、パリパ
リとした食感もすっかり柔らかくなっていて、存在感が薄かった。
 しっかりと目視して確認しなければ、入っていることがわから
ずに他の具材と一緒に食べてしまうだけだったろう。
絹さやをカレーで食べるのなら、具材の一つとして一緒に煮込ん
でしまわないほうがいいように思う。炒めたりさっと茹でたもの
をトッピングとして上に載せたほうが、その歯ざわりや色合いを
楽しみながら食べられるのではないだろうか。

 玉ねぎは新玉らしく柔らかいため、既に殆ど溶けてソースの一
部になっていた。きっと全部旨みになって、体に吸収されてくれ
るのだろうと思う。
 ジャガイモは小粒のものばかり選んで入れられていた、大きい
ものはこの先の保存用に分けられていたのだろう。ころころと丸
っこいジャガイモが、お皿の中に転がっていると賑やかでいい。

 また忙しくなってしまう前に、ゆっくりたっぷりと新野菜を楽
しみたいと思います。

ーーーーー


118
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120607近況

 昼食にジャガイモの煮っころがしを食べる。
新ジャガの細かいものばかりを集めて作られていて、季節を強く
感じる一品だった。

 基本的には甘辛く作られているのだけれど、今回のものは少し
味が薄く感じられた。初めのうちはそのまま御飯のおかずにして
いたのだけれども、途中から物足りなくなってしまって少し他の
味を足しながら食べた。
 足した物はマヨネーズ、少し甘みのあるポテトサラダのように
なって更にご飯がよく進む。マヨネーズを使うのは反則におもえ
るほど、どんなものに合わせても美味しく食べることが出来る、
便利なソースだなと思う。
 ただマヨネーズを使うと全部、マヨネーズって美味しいなぁと
いう感想になってしまい、マヨネーズに合う食材を探している様
な気分になってしまうところがある。頼りすぎるのもあまり良く
なさそうに思う。

 新ジャガのうちはでんぷんの熟成が進んでおらず、ほくほくし
た感じにはならないとどこかで聞いたことがある。食べていてな
るほど、しっとりしていたように思う。
 思うけれども新ジャガのでんぷんの性質のせいか、ただ単に煮
崩れて出しと混ざった所がしっとりしているのかは、はっきりと
わからない。あまりホクホクしていると口の中が乾く様な感覚が
するので、煮物はしっとりしている方が食べていて嬉しい。
 煮崩れてしっとりした所をご飯に乗せて、ゆっくりと味わうと、
また夏になるんだなぁという気持ちが湧いてくる。
嬉しくもあり暑苦しさにうんざりでもあり、結構複雑な気分にな
るが、うまい夏野菜が食べられると思えばまぁ暑いのは仕方が無
いと思う。

 今日食べた煮っころがしの味付けならば、もっとつぶしてコロ
ッケにしてしまうと、スーパーの惣菜コーナーに置いてあるもの
と同じくらいの味付けになるのではないだろうか。読んで下さっ
ている方は、そのくらいの味を想像してください。
ちょっと甘辛い味付けで、とんかつソースをかけて食べるとちょ
うどいい塩梅の味付け。おやつに食べるならそのままでじゅうぶ
ん、そのくらいの味付けだった。
 頼んでコロッケにしてもらって食べてみたいと思うのだけれど
も、誰がそこまで面倒くさいことをするのか?と反論されると思う
と、ちょっと頼めない。たぶんきっと美味しいんだろうなぁ。

 作ってくれている人のゴキゲンの様子をうかがって、なんとか
うまいこと頼む機会を探ってみたいと思います。

ーーーーー


119
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120610近況

 先日、昼食に納豆ご飯を食べる。
さっと用意できて美味しく頂ける、有難い一品だった。

 今回のトッピングはちりめん山椒、今年とれた新モノの山椒を
使って作られた旬の一品。そのままご飯に乗せて食べても十分に
美味しい所を、更に納豆と合わせてみた。

 味は抜群に美味しく、途中でご飯を追加してもまだ物足りない
くらい後を引く美味しさだった。
 甘辛いちりめんじゃこの味は納豆によく合い、醤油を入れなく
ても味がしっかり付いていた。山椒はいつもとは違っていて、そ
の独特の刺激が穏やかになっていた。

 ちりめん山椒をそのままご飯に乗せて食べると、舌がこそばゆ
くなり痺れるような刺激があって、心地良くもあり苦手でもあり、
好みがわかれるところだと思う。
しかし納豆に混ぜて食べると、この独特の刺激が納豆のヌルヌル
によって緩和されるのだろうか、実に食べやすかった。
 刺激は緩和されているのだけれど、香りの方はしっかりと残っ
ていて楽しめる。苦手を抑えて楽しむには、なかなかいい組み合
わせなのではないかと思う。両方苦手だとお手上げだけれども。

 子供の頃は山椒のピリピリとこそばゆく舌が痺れる感じが、全
く好きではなく、山椒の入ったモノは殆ど食べなかった。
ここに書いているちりめん山椒に加えて、ふきの佃煮やタケノコ
の佃煮などの季節の素材を合わせたものが良く食卓に登っていた
が、食べることが出来なかった。
 今では大好物、おとなになって良かったなと思う。子供の頃は
今よりも舌の感覚が敏感で、刺激に耐えられないのかもしれない。
わさびやからしも今ではすっかり食べられるようになって、食の
ボキャブラリーが増えて楽しみも増えた。

 これから年齢を重ねると、更に舌の感覚が磨かれるのか、それ
とも神経が鈍って味音痴になっていくのか、どっちに転ぶかはわ
からない。今くらいの年齢がピークだとしたら、出来るだけ今の
感覚を維持できるように気を付けたいと思う。どうやったらいい
かは分からないけれども。
 ソムリエの方はその舌の感覚を大切にするために、絶対に刺激
物を口にはしないと聞いたことがある。むむう、辛いカレーが好
きな私としては、そんな生活はちょっと嫌だなと思う。

 舌を使う職業人ではないので、まぁ程々に気をつけて刺激物を
食べ過ぎないようにして、舌をいたわりつつ食事を楽しみたいと
思います。

ーーーーー


120
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120611近況

 夕食にちらし寿司を食べる。
少し甘目の味付けが、優しい印象を受ける一品だった。

 上に乗せられていた具材は、
鯛のデンブ
きぬさや
炒り卵
と彩りの鮮やかなラインアップ。
 鯛のデンブは市販のピンクに着色されたものではなくて、家で
作られたものだったので茶色だったが、このほうが美味しいし体
にはいいと思う。
市販のものが使われていたならば、彩りはもっと鮮やかだったか
もしれないが、やはり手作りのものにはかなわないのではないだ
ろうか。

 白いご飯の上に茶、黄、緑と三色が綺麗に散りばめられていて、
梅雨時のうっとうしい曇り空ばかり見ることが多いこの時期に、
見た目で気分が晴れる彩りだと思う。
 お皿に盛りつけられた状態でとても綺麗だったので、食べるた
めに崩すのが少々もったいないような気がした。しかしいつまで
も眺めていても空腹は満たされないので、鑑賞は程々にしておい
て食べることにする。後で考えれば、写真にとって残しておけば
良かったなと思うが、空腹に追い立てられてそれどころでは無か
った。

 そうして空腹を満たすことと味を楽しむことに専念するため、
どうしても後から色々考えてしまうことになる。お腹が空いてい
ると頭も回らないし。
 食べ終わってから思ったのだけれど、いりゴマを上からふりか
けると香ばしくて美味しかったように思う。あとは刻み海苔なん
かもふりかけたらきっと美味しかったに違いないと思ったが、思
った時には大抵皿の上に食べ物は残っていない。ジレンマ。

 だからといって、先にある程度空腹を満たしてしまっては、せ
っかくの調味料が台無しになってしまう。空腹という調味料の難
点は、後から調整が効き難いところだと思う。
 いっとき流行った寒天なんかを使ってお腹を満たせば、カロリ
ーを気にすること無く空腹感を調節できるのかもしれない。
けれど、食事の直前や食べ始めてトッピングに付いてアイデアを
考えるところで、最高の空腹感を感じられるように調節するのは、
至難の業だと思う。

 そこまで自分の内臓の状態をコントロールする方法があるなら
ば、ダイエットの決定版としてベストセラーになりそうな気がす
る。
 けれども多分きっと、万人に当てはまる空腹感の調節方法とい
うのは出来ないのではないかと思う。食べたものの消化速度や胃
液の分泌量などは、それこそ個性の現れるところで千差万別だろ
うから、結局自分で少しずつ探っていくしかないのかなと思う。

 個性は体に現れるとは養老孟司氏の著作に書かれていたように
記憶しているが、だからダイエットに関する著作はいろんな種類
のものが出続けて、いつまでも売れ続けるのかなと思います。

ーーーーー


121
最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56


読者登録

出雲一寸さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について