目次
2011年12月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
2012年1月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
2012年2月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
2012年3月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
2012年4月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
2012年5月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
2012年6月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
2012年7月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
2012年8月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
2012年9月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
2012年10月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
2012年11月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
2012年12月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
奥付
奥付

閉じる


2012年1月

試し読みできます
20120104近況

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

 夕食に湯豆腐を食べる。
年末からお正月にかけてずっと食べ続けていて、
いい加減胃腸がくたびれていた感じがしていたので、
今日はあっさりとしたものが食べたかった。
だからこのメニューはとてもありがたく、
食べていてほっとする夕食だった。

 昆布で取った出汁の中に、
白菜
水菜
彩りにほうれん草
しいたけ
そしてメインの豆腐を入れて。
出汁取りに入れた昆布も具材の一つとして食べる、
ある程度出汁が出た所でふやけきってしまう前に取り出し、
コリコリとしているくらいの所で食べる。
 つけダレも極めてあっさりと普通のポン酢、
いつもなら色々薬味を考えるのだけれど、
今回はシンプルに食べることに専念した。

 お正月で親類が多く集まる席では、
どうしてもしっかりした味付けの食べ物が多く食卓に並び、
人数の多さで盛り上がって食べ過ぎてしまう。
ちょっと苦しいなと思ってしまうくらい食べて、
それでも次の食事もつい楽しくて多く食べてしまう。
 身内が元気で集まることが出来、
気分よく食卓を囲むことができるのは大変幸せな事だけど、
もう少し自制心を養わないと、
その内食べ過ぎで正月早々病院送りになってしまいそうです。
 今年の目標は食べ過ぎないことにしておこうと思います。


ーーーーー


最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120106近況

 夕食にすき焼きを食べる。
先日いいお肉をいただくことができ、
どうして食べるか考えた結果すき焼きで食べるのが一番、
ということに落ち着いたため。

 パックを開けて見たところ、
普段食べるお肉とは明らかに見た目が違い、
テレビのグルメ番組で見るような脂肪の模様が美しく、
見た目だけで感動してしまった。
 すき焼きの具材はお肉の邪魔をしないように、
あっさりとした野菜を中心にして、
お肉の柔らかさを失わないように、
こんにゃくはお肉を食べ終わってから入れるようにした。

 美味しいの一言。
 この年末年始は鍋物を食べる機会が大変多くて、
胃腸もくたびれて来ているなぁと感じていたけれども、
そんなことは全く気にならないくらい美味しい。
脂身が多くてしつこいかと思ったけれども、
そんなこともなくするするするとお腹の中に収まってしまう。
 お肉を全て上げ終わった後の、
野菜やきのこ糸こんにゃくなどがまた美味しい。
締めのうどんにしっかりと出汁を絡めてお腹いっぱいになり、
残った出汁で残った野菜を全部煮て、
明日以降のおかずを作っておく。

 今回はいただきものを美味しく食べさせてもらったけれども、
いつか自分で今回のようなお肉を食べることができるように、
頑張って働きたいと思います。

ーーーーー


最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120107近況

 夕食に昨日のすき焼きの残りの出汁で作った、
野菜の煮物に卵をはっていただいた。
すき焼き用のお肉のエキスがタップリと出ていて、
ご飯のおかずにいい一品だった。

 少しでも出汁を無駄にしないように、
野菜と一緒にうどんも煮込んであって、
うどんをおかずにご飯をたべることができるくらい。
しかし水炊きなどと比べると、
おじやにするとあまりにも味が濃くなりすぎてしまいそうで、
どうしても最後は捨ててしまうしか無い所が残念。

 こういうに高野豆腐があれば、
残った出汁を全部吸わせて次の日のおかずに出来るのになぁ、
とつい最近おでんを食べたときにも同じ事を考えた気がする。
あの時忘れずにメモをしておいて、
高野豆腐を買い置きしておけばよかったと今更思う。
 高野豆腐を入れる量が多すぎると、
出汁が足りなくてカスカスに仕上がってしまう。
少なすぎると、
出汁が余りすぎてもったいない。
出汁を吸わせるだけだけれども、
案外難しい。

 高野豆腐なら乾物だから、
少々長い間置いておいても傷まないのに、
どうしていつも買い物に行ったときに買い忘れるのだろう。
本当は多分そんなに好きではないからかもしれない、
栄養価が高くて美味しいんだけどなぁ。
わからない。

ーーーーー


最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120108近況

 昼食にチャーハンを食べる。
ハムと卵を具にしたシンプルなもので、
重すぎず軽すぎず昼食にちょうどいい一品だった。

 シンプルな具材で味付けもシンプルなのはいいけれど、
少し味が薄く感じた。
何か調味料をかけて味を整えてもいいけれども、
ソースなんかだとせっかくのシンプルさが台無しになりそうで、
少し悩んだ挙句漬物と一緒に食べることにした。
 一緒に食べる漬物もシンプルなものにしようとして、
壬生菜の塩漬けに決定。
細かく刻まれた緑の漬物を、
ふりかけのようにチャーハンの上にばらまいて、
一緒に口の中に入れる。
パラパラのチャーハンと漬物の歯ごたえが合わさって、
とても気持ちのいい一時を過ごせた。

 チャーハンと漬物の組み合わせなら、
高菜やキムチを使ったものが比較的メジャーだと思うけれど、
今日食べたこの壬生菜の漬物も最初から具に使ってみても、
きっと一般受するのではないかぁと思う。
あっさりとした塩漬けならば、
生の時と変わらない鮮やかな緑色が綺麗で、
見た目にもいいアクセントになるんじゃないでしょうか。
 壬生菜は今が旬のようなので、
漬物を漬ける事が出来る人は試してみてもいいかも知れません。

ーーーーー


最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120109近況

 朝食にお餅を食べる。
毎年恒例のとんど焼で焼いたお餅を、
醤油だけつけてあっさりといただいた。

 毎年とんど焼きは成人の日と決まっているので、
今年は今日になった。
祝日の決まり方が変わったせいで、
毎年違う日付になってしまって正直なんだかやりにくい。
今年は特に元日が日曜だったために、
一番早いタイミングで成人の日が来てしまったので、
年明け早々せわしない気分になってしまった。

 祝日の決め方が変わったのは、
連休を増やすことによって遊びに使われるお金が増えるという、
経済的な効果を狙っての事だとか、
どこかで聞いたような気がぼんやりとする。
 昔は飛び石連休になったりして、
確かに泊まりがけで遊びに行ったりするのには不便だったと思う。
大人は有給休暇を使って飛び石を穴埋めすることで、
連休にすることもできるけれど、
学校に通っている子供には有給なんてものはないし。
一日登校して次の日休みなんてことも、
結構面白かったけれども。

 経済効果が高まっていろんな所が潤うのは、
確かに大切なことなんだろうと思う。
連休がはっきりとわかっていたら、
それに合わせて遊びに出かける側も迎える側も、
予定を立てやすいし用意もしやすくて助かるんだろうと思う。
 しかし、
今年は飛び石がうまくつながってラッキーだとか、
週のど真ん中で休みになってもつまんないなぁだとか、
話題に出来る機会がほとんどなくなってしまったのは、
ちょっとだけ寂しく感じる人もいるのかなぁ、
と思いました。

ーーーーー


最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120110近況、読書録「ショージ君の一日入門」

 久しぶりにスーパーで買い物をする。
冷凍庫のお肉が少し減ってきていたので、
店の値段と相談して買いたしておこうと思ったために、
いつも行くスーパーへ行った。

 チラシをチェックしてから行けばよかったんだろうが、
今日は残念なことにチラシの情報が無く、
ふらふらと店の中を値段を見ながら歩いてみた。
まぁとりあえずせっかくだから、
ひと通りは見て回らないと、
その時の掘り出し物には出会えないだろうから。

 普段から買っている食材などには、
自分の中の相場が出来ているので買うかどうかは迷わない。
今日は久しぶりだったので、
エノキタケがやたらに値上がりしているのが気になった。
自分の基準の1.4倍くらいに値段が上がっていて、
鍋の季節の有りがたい材料なのにちょっと困るなと思う。
 野菜類は全般的に値上がりしていたが、
自然の事なのでまぁしょうがないと諦める。
高い時に高いものを食べようとしなければ、
そのうちまた沢山収穫されて程々に戻ってくると思い、
今日は野菜類は買わずに済ませることにする。

 最初の目的だった肉に向かって移動する、
私がラッキーなのは牛肉党ではないため、
お肉を買うときに比較的出費がかさまない所。
食べたら美味しくいただくのだけれど、
自分で買い物に出かけて購入することはあまりない。
 今日も豚肉と鶏肉を見ていて、
お鍋用の鶏もも肉が自分相場でちょうどいいくらいだったので、
2パック購入することにする。
すぐ隣りにあった魚肉ソーセージも忘れずに購入、
ちょっとおやつに食べるのにとても重宝する一品。
 その他鍋に備えて豆腐などをカゴに入れ、
余分なものに手が伸びる前にさっさと支払って帰る。

 スーパーで買い物するのは楽しいのだけれど、
長い時間ウロウロしているとついつい余分なものを買ってしまい、
財布が軽くなるのが困りものです。

ーーーーー


最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120112近況

 夕食にお好み焼きを食べる。
具材はいつもどおりの物だけれど、
今日は贅沢に山芋をタップリと入れて生地を作った。

 普段山芋はあまり食べないというよりも、
冬場はあまり食べないことが多い。
山芋を主に食べるのは夏場の暑い時期、
とろろにしてずるずると食欲が落ち気味の所に流しこむのには、
大変重宝する食材だと思う。

 今回タップリと入れることができたのは、
お正月に神様にお供えしたもののお下がりを半分頂いたため。
とろろにして磯辺揚げとかにしたり、
輪切りにして煮物にしてもいいのだろうけれども、
もらった分全部をすりおろして生地に混ぜ込むことにした。

 焼きあがった表面はカリカリサクサクに仕上がっていて、
しかし中の方はふわりしっとりとして全然違う食感。
いつものお好み焼き粉だけで焼きあげると、
表面はこんなにカリカリサクサクには焼けないところを見ると、
これが山芋を沢山入れた効果なのかなと思う。
 同時に山芋を入れてない生地も焼いてみないと、
わからないけれども。
あんまり沢山作っても、
美味しく焼きたてを食べることが出来る量はそんなに多くない、
またいつか人数が多い時に試したいと思います。

ーーーーー


最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120113近況

 昼食にさぬきうどんを食べる。
デパートの中にあるフードコートの中の、
セルフ式の店だったけれど、
麺の美味しさは讃岐うどんを名乗るだけあって美味しかった。

 セルフ式のうどん店で食べるときは、
最近ほとんどざるうどんで食べるようにしている。
水でしっかりと締められたうどんの食感が心地よく、
つるりと二玉を食べることができる。
 もちろん温かい方も好きなのだけれど、
麺の美味しさを味わうにはざるがいいという話を聞いて、
自分でも食べ比べてみてからは、
もうざるうどんの一択。

 とても美味しく食べることのできるざるうどんだけれど、
冬場に食べるにはやっぱり冷たくてちと辛い。
ラーメンのつけ麺と同じように、
麺は水で締めて冷たくてもいいけれども、
つけるつゆがアツアツだったら、
冬場にももっと美味しく食べられるんじゃないかかなと思う。
 つけるつゆがアツアツだったら、
つゆ入れを手で持って食べるのはきっと難しくなるだろうから、
熱々のつゆを入れるいれものはマグカップがいいと思う。

 でもこの食べ方は、
つけるつゆを温めて別においておかないといけないから、
きっとセルフ式の店では流行らないような気がする。
ざるうどんのつけつゆを熱くするだけなので、
そのうち自分でしてみようと思います。

ーーーーー


最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120114近況

 昼食に納豆を食べる。
いつ食べても同じように美味しく、
特におかずがないときにはとても重宝する一品。

 今日の薬味は冷凍してあった刻みネギとからし、
そこに壬生菜の漬物の刻んだものを入れていただいた。
味付けは備え付けの納豆用のタレと、
醤油ではなくめんつゆで整えて。
 とても美味しかったのだけれど、
タレとめんつゆの組み合わせだったからだろうが、
少し甘みが強く出すぎてしまったように感じる。
もっと漬物の塩味が強く出るかと思ったのだけれど、
少し薄めに漬けてあった様子。
 あと失敗だったのは、
からしを入れすぎたこと。
混ぜているときにはわからなかったけれど、
いざ食べようと茶碗に口を近付けていくと、
その匂いが鼻に来るのではなく目にしみるくらいだった。
からしの分量が少ないと全然効かなくて寂しいから、
ついつい入れすぎてしまう。
難しい。

 冬場の漬物としてこの壬生菜の漬物は、
緑色が美しくてとても美味しくありがたい漬物。
薄めの塩でつけてあると大量に食べることが出来るので、
緑の野菜が足りないなと思った時など助かることこの上ない。
細かく刻んであるので、
普段はお茶漬けをする時に沢山ふりかけて食べるが、
納豆を食べるときにも具合が良かった。
 壬生菜の漬物がある冬の間に、
また同じように食べたいと思います。

ーーーーー


最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120115近況

 おやつにおみやげのチョコレートを食べる。
身内が温泉旅行に行ってきた時のお土産で、
黒豆トリュフチョコだった。

 行き先の温泉はかの有名な城崎温泉、
丹波地方との関係できっと黒豆製品が多いのだろう。
ほんのりと黒豆の香りがして、
普通のチョコレートとホワイトチョコとの二種類があった。
 もっとしっかり黒豆の匂いとしてもいいと思うし、
外側に黒豆のきな粉をまぶしてあっても私は美味しいのではと。
けれど多分あまりに黒豆を押し出しすぎると、
一般受しにくくなってしまうのかも知れない。

 そう言えば今年の正月はなんだか忙しく、
おせちをしっかりと食べたような気がしない。
親族で集まる機会が多かったため、
おせち料理よりもお鍋を沢山食べたような気がする。
 黒豆はおせちの中でもとても好きな一品で、
黒豆と数の子を交互に食べて、
甘いものと塩辛いもののバランスを取りながら食べ続ける位。
そんな黒豆を今年はなんだか食べたような気がしない、
気がしないだけできっとちゃんと食べているのだろうけれど、
なんだかすっきりしない。

 別に正月でなくても、
黒豆を買ってきて煮て食べればいいんだろうけれども、
やっぱり食べる時期と雰囲気が違うと味も変わる。
今年はとにかく忙しい正月だったから。
 来年は新しい年を迎えた気分で、
しっかりと記憶に残るように黒豆を食べたいと思います。

ーーーーー


最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120117近況

 夕食に皿うどんを食べる。
市販されているセットのもので、
今回は麺がしっかりと太いタイプのものだった。

 皿うどんといっても普通のうどんではなく、
かた焼きそばのような乾燥した揚げ麺と、
あんかけ用の粉末スープが入っているセット。
冷蔵庫にある野菜やきのこ類を色々入れて作られたアンが、
太い揚げ麺に絡んでとても美味しい。

 今回入っていた野菜は、
タアサイ
小松菜
人参
もやし
きのこはしめじが入っていてお肉は豚肉だった。
お肉の量はそれほど多くなくても、
ボリュームたっぷりで野菜もたくさん取ることができる。
野菜が好きならとても美味しく食べることが出来る。

 麺で食べることが出来るのは一食だけなのが難点、
一袋二人前入っているけれど、
一人で二人前いただくわけには行かないので、
どうしてもアンが余ってくる。
 余ったアンはご飯にかけて中華丼として食べると、
これがまた美味しい。

 最近よく思うのだけれど、
こういうインスタントラーメンとかインスタント焼きそばとかの、
粉末スープがとても美味しいのに、
どうしてスープだけをセットにして売られていないんだろう?
と思う。
 ヒガシマルかどこかから、
うどんとラーメンのスープが発売されていた気がするけれど、
その他のインスタント食品の会社からも出してくれたらいいのに。
まぁ儲からないからだろうけれども、
その内発売されることを気長に待っています。

 何時ぞやに頂いたおかきと同じお店の別のおかきを、
またいただいたのだけれど、
今回はパンフレットが入っていたので、
URLを紹介しておきます。
 高山製菓株式会社
ホームページ
http://www.takayamaseika.co.jp

ーーーーー


最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120118近況

 夕食にピザとパスタを食べる。
ピザは冷凍物なのでよくおやつに食べるけれども、
パスタを食べるのは大体一ヶ月ぶりくらいだった。

 今日のパスタは明太子のクリームソース、
冷凍で作りおきのきくソースを蓄えてあって、
食べたくなったときに解凍して食べられるので便利この上ない。
 冷凍してあるからといって味が落ちるわけでもなく、
パスタを茹で上げて絡めるだけでいつでも美味しい。
外食で食べるのと違い量の調節も自由自在だから、
明太子パスタはほとんど家でしか食べなくなってしまった。

 茹でるパスタの量は大体250g位、
計量器の基準から言えば、
二人前半くらいの目安だけれどこのくらいが丁度いい。
だから外で食べるときはいつも物足りなく感じてしまい、
なおかつ結構なお値段なので、
腹八分目でありながら気分は消化不良で店をでることになる。

 茹で上がったパスタを一度ざるにあげてお湯を荒く切り、
もう一度鍋に戻して解凍して常温に戻しておいたソースと和えて、
火にかけながら少し醤油で風味づけをして仕上げる。
本当にいつ食べても美味しい。

 食べ終わって今回の失敗に気づいたのは、
刻み海苔を用意しておくのを忘れていたこと…。
食べ終わってから気づくのだから、
本当は大して重要に思っていないのかも知れないけれど、
思い出したら残念でしかたがない。
 次回は決して忘れない様にしたいと思います。


ーーーーー


最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120119近況

 さぬきうどんの本を何冊か読んでから、
外出した時の食事がどうしてもうどんに偏るようになった。
出かけたときに食べるのはいいのだけれども、
家にいるときに突然食べたくなった時が面倒。
 故に自分で打てるようになろうと思って、
初めてうどんを打ってみた。

 今時ネットを使ったらさぬきうどんの打ち方は、
いくらでも調べることが出来るだろう。
調べたらわかるからといって最初から調べるのは、
なんとなくつまらないような感じがしたので、
最低限の手順だけ見て、
一旦自分の感覚で適当にやって見ることにした。

 用意したものは、
小麦粉(薄力粉)
家にあった調理道具でとりあえずやってみた。

 まずは小麦粉と水と塩を混ぜればいいんだろうと、
特に計量もせずに混ぜてみた。
塩がまんべんなく混ざるようにと考えて、
塩水にしてから混ぜるくらいの知恵はなんとか働いた。
 何とか団子状にまとめてとりあえず手で練る、
ビニールに入れて足で踏むといいらしいので、
グニグニと踏んで伸ばす。

 生地を寝かして伸ばして切って、
一応うどんらしい形になったにはなったが、
とにかく不揃いでやたらとふにゃふにゃしていて頼りない。
 茹でてみたのはいいけれど、
太いところと細い所が茹で上がりが違ってまいった。
水で締めると少しざるうどんらしくなったけれども、
それでもなんだか違う。
 自分で打ったから美味しいと思って食べていたが、
少し時間が経つと小麦粉の団子を食べているような感じに。

 今日は鍋だったので鍋にも入れて食べてみたが、
うどんと言うよりもすいとんといった感じになってしまった。
まぁすいとんでも十分美味しくはあったけれど…。

 きちんと調べた結果、
使った小麦粉の内容からして違っていたし、
水も塩も使う量がだいたい決まっているようだ。
 やっぱり下調べは大切だと、
失敗してより一層そう思いました。
失敗したブツ切れすいとんがまだ残っているのが、
辛いところです。

ーーーーー


最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120120近況

 夕食にうどんすきを食べる。
昨日失敗したさぬきうどんの手打ちへの挑戦の、
雪辱戦の戦利品を使って作った一品。
昨日よりはまともなうどんらしいものになった。

 昨日はほとんど何も計量せずに、
材料表と大雑把な作り方に従って作ったため、
残念な仕上がりになったうどんだった。
 しかし今日は違う、
文明の利器インターネットをフルに活用し、
讃岐うどんの材料の配分から打ち方の手順まで、
しっかりとプリントアウトして厨房にたてかけ、
いざ再戦。

 まずはスーパーできちんと中力粉を入手、
台所用の秤できちんと計量する。
塩もレシピに書かれている分量をしっかりとはかり、
先にこちらもきっちりと測った量の水に溶かしておく。
 レシピの通りに小麦粉をふるいにかけて、
少しずつ塩水を加えながらそぼろ状になるまで混ぜる。
 そぼろ状になったものをひとつにまとめ、
ビニール袋に入れて何度か繰り返し踏んでこねる。
 二時間以上寝かす。
 寝かした生地をビニール袋に入れ踏んで伸ばす。
 めん棒で伸ばして切って茹でて食べる。

 やはりそれなりにきちんと調べたおかげか、
昨日のものよりはずっと立派なうどんに仕上がった。
ざるで食べると市販の袋麺よりはずっと美味しくできていて、
茹で上がったものはあっという間に食べ終えてしまった。
 上手く行かなかったことは麺のサイズが大きくなりすぎた事、
大体3~4mmの幅で切りそろえるといいとレシピにあるが、
油断するとすぐに1cm位に太くなってしまう。
そのためどうしても茹でむらが出来てしまって、
太い所が少し固すぎた。

 せっかくだからとうどんすきにして、
鍋の中に生の麺を入れて茹で上げてみたら、
今度はなんだか凄く塩辛い。
 うどんを茹でるのは大量のお湯で茹でるというのは、
こういう結果になることを防ぐためもあるのだろうと思う。
鍋の出汁にうどんから出る塩気が加わってかなりのものだった。
 あとは打ち粉に片栗粉を使っていたのに、
それを振り落とさずに直接鍋に入れたから、
最後に出汁があんかけみたいになってしまっていた。
甘みを加えたら美味しいあんかけになりそうだったが、
うどんを食べ終えた時点でお腹いっぱい。

 今度打つときは、
もう少し太さを揃えられるようにしたいと思います。

ーーーーー


最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120121近況

 夕食にカキフライを食べる。
少し遠目のショッピングモールの中の、
レストラン街にあるトンカツなどの揚げ物との定食屋さんで、
今回は身内にご馳走してもらえることになった。

 大ぶりのカキフライが五個乗っていて、
同じさらにキャベツの千切りが山盛り、
そこにごまの入ったすり鉢とタルタルソース、
味噌汁とお新香という内容の定食だった。
 この店は定食を頼むと、
ご飯キャベツ味噌汁がおかわり自由で、
卵かけご飯も食べられるように生卵も食べ放題と、
食いしん坊には実にありがたいお店。
もちろんありがたくおかわりをさせてもらった。

 まずはカキフライでご飯一杯目をいただく、
カリッと上がっていて中はとろりとしていて、
今年も冬を楽しんでいるなと実感できる美味しさ。
 カキを食べるには鍋とかシチューに入れたりしても美味しいが、
フライのいいところは衣のお陰で一回り大きく見える所。
大ぶりのカキを食べているように思えて気持ちいい。
年に一回は必ず食べたい料理の一つです。

 カキフライを二切残してご飯と味噌汁おかわり、
二杯目のご飯はお店のシステムに甘えて、
卵かけご飯でいただくことにする。
 おかわりしに行って卵のおいてある場所を見ると、
一緒においてある醤油が卵かけご飯専用のものだった。
これはうれしい。
一度食べてみたいと思っていたこの専用醤油を、
自分で買わずに味見できるのだからありがたい。
 さっそく卵かけごはんを作って食べてみたら、
確かに美味しい。
専用の醤油だからあじの調整ができていて、
旨みと甘みもしっかりと感じられるあじわいだった。
だったのだけれど、
普通の醤油に色々加えて自分で味を調整すれば、
再現できそうな気はしました。

 卵かけご飯だけで一食を済ませることも出来るのに、
カキフライも食べて、
今日はすごい贅沢をしてしまったような気がします。
 また来年もカキフライが食べられますように。

ーーーーー


最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120122近況、読書録「平野レミの速攻ごちそう料理」

 おやつにしるこサンドを食べる。
厚さ5mmくらいのビスケットの間にあんこが挟んである、
とてもシンプルな一品だった。

 袋には懐かしい美味しさと書いてあったが、
私がこのお菓子に出会ったのは昨年のこと。
さらにそこに至るまで、
一度たりとも食べたことがなかったので、
結構新鮮な美味しさだった。
 カリッとした固めのビスケットが噛み応えがあって気持よく、
噛んでいると出てくる甘さが確かにあんこの風味。
洋風のビスケットと和風のあんこ、
とても相性のいい組み合わせなんだなと感心する。

 最近はコッペパンの間にあんこが挟んである商品なども、
スーパーの菓子パンコーナーに並ぶようになったけれども、
初めてパンとあんこの組み合わせを聞いたときは、
やはり違和感があった。
こういう違和感のある組み合わせを試してみて、
新しい美味しさを発見できる人は天才だなと思うし、
とても羨ましく思う。

 うまいうまいと思いながらたくさん食べて、
お昼からの仕事をしていると、
なんだか少しお腹の調子が芳しくない。
なんだろうと思いながら仕事を終えて、
症状が収まってからようやく気づいたのだけれど、
どうやら胸焼けをしていた様子。
 今回の前に胸焼けをしたのはいったいいつだろうかと、
思い出すこともできないくらい胸焼けしない体質なのだが…。
どうやら思っていた以上にビスケットの脂分が多く、
この様な事態になったのかなと思う。
 過ぎたるは及ばざるが如しということでしょうが、
変な所でですが懐かしさを感じてしまいました。

ーーーーー


最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120123近況

 夕食にお鍋を食べる。
昼から急に寒さが増していたので、
鍋はとても嬉しい夕食だった。

 昼間にスーパーのチラシをチェックしておいたので、
帰ってからすぐに近所のスーパーへ買物に行く。
今日の目当てはちらしに載っていた鶏肉、
国産鶏胸肉100g49円、
なんだか知らないが鶏のむね肉はいつも安くて助かる。
その安いお肉の中でも今日は特別に安かった、
正直ちょっと不安になるくらいだったけれど、
国産を信頼してありがたく購入する。

 その他いろいろチラシでチェックしておいたものを買って、
家に帰ってお鍋の準備。
胸肉だとお鍋で食べるにはあっさりし過ぎの感があるが、
お正月の食べ過ぎで疲れた内臓を労るためにも、
1月いっぱいはあっさり目で過ごしたほうがいい気がする。
 だけどやっぱり脂も食べたいので、
半分は豚肉を入れることにする。

 今日のつけダレは薬味にごまをすって入れてみた、
ごまだれの味に近づくように、
ポン酢とめんつゆを加えながら練りあげるようにゴマをする。
 以前簡単なごますり器ですったゴマを加えても、
少し香ばしくなるだけで、
ごまだれのような味にはならなかった。
今回はかなりしつこくすり鉢ですって、
味を整えながら根気よく練ったため、
前よりはずっと市販のごまだれの味に近づくことができた。
もっと時間をかければより近づけるのかも知れない。

 とても美味しく食べることができたのだけれど、
手作業でゴマをすり潰すには限界がある。
食べた時の食感がどうしてもザラついてしまい、
そこだけが難点だった。
 本当に美味しく食べようと思ったら、
もっともっと根気が必要なようです。
まぁ瓶詰めの練りゴマを買ってきてしまえばと言われれば、
それまででしょうが。

ーーーーー


最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120124近況

 朝食におじやを食べる。
昨夜の鍋の出汁を今朝のために残しておいて、
朝一番の冷えた体に温かい一品だった。

 お鍋がヘルシーでカロリーが低くて体に良いというのは、
最後の締めで極力肉の脂が浮いた出汁を取らなければの話。
確かに野菜を多く取れるだろうけれども、
最後におじやでお肉の脂分を全部回収しては、
カロリーオーバーになることは避けられない。
 それを何とかするために、
夜は野菜をたらふく食べてお腹いっぱいにしておいて、
朝におじやを食べることで食べ過ぎを防ごうということ。

 朝に食べるおじやはあっさりと、
溶き卵も入れずにご飯をふやかして、
漬物の塩味でそれだけを食べる。
 朝食を食べるのがあまり得意でない私でも、
するすると二杯は食べることが出来た。
所々夕べのお肉のかけらや豆腐のかけらなどが入っていて、
それを見つけたときはなんだか得した気分になりながら、
美味しく頂いた。

 こうして次の日に締めのおじやを回すことで、
一食でカロリーを取り過ぎないように出来ると書いているが、
今回次に日になった原因は、
締めに入れたうどんでお腹いっぱいになっただけ。
うどん食べて物足りなかったらきっとおじやもしていました。
 鍋で温まった体で食べる締めのおじやと、
朝の冷えた体で食べるおじやでは、
やはり美味しさがぜんぜん違うように感じる。
 カロリー調整は鍋じゃないときにしたいと思います。

ーーーーー


最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120125近況

 夕食にマカロニのソテーを食べる。
今回はマカロニの部分がペンネに変わっていて、
おかずなのに主食並みのボリュームのある一品だった。

 使われている材料はマカロニ、
多分どんなショートパスタでも代用できると思うけれど、
一度買ったことのある幅5mmくらいの貝殻のようなものでは、
少し物足りないかも知れない。
その他の材料は玉ねぎと普段ならばツナ缶、
茹で上げたマカロニを玉ねぎとツナと一緒に炒め、
醤油味で整えてある。
 炭水化物が多いけれども、
醤油の香りが香ばしくてご飯のおかずにとてもいい。

 いつもならツナ缶を使う所に、
今回は水煮のサバ缶が使われていた。
先日ワゴンセールで一缶100円を切っていたので買っておいたが、
早々に出番がやってきた。
 出来上がったものを食べてみると、
思っていたよりもずっと違和感が無くとても美味しい。
ほとんどいつもどおりの味だったけれど、
最初の一口に少し生臭さを感じたような気がする。
ふた口三口と食べ進めているうちに全く気にならなくなり、
見る間に直径30cm程度のお皿が空っぽになってしまった。

 はじめの一口に感じた生臭さだけれども、
生姜なんかを一緒に入れるといいのかもしれない。
青魚の煮物には臭み消しとしてよく入っているので、
入れてもまずくはならなさそうな気がする。
まぁ今のままでも大した問題ではないと思う。
 ツナ缶と違って皮の下の魚の脂肪分も取れるし、
なにより骨ごと食べられる所がありがたい。
一番の難点は見た目、
皮のまだら模様が見えてしまっていました。
この点がツナで作られた時との一番の違いだろうか、
好みの別れるところだと思いました。

ーーーーー


最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120126近況

 夕食にトマト味のポトフを食べる。
トマトのホール缶を使って作られてあって、
ここ最近の寒さで冷え切った体にありがたい一品だった。

 入っていた具材はトマト缶の他に、
じゃがいも
人参
ぶなしめじ
ういんな
鶏むね肉
玉ねぎ。
どの材料も煮物に合う材料だと思う。
特にじゃがいもは煮こめば煮こむほど崩れていき、
最初サラサラしているスープにどんどんとろみを付けてくれて、
食べているときに冷めにくくなるので、
食べる直前までお玉でつき崩しながら煮こむ。

 今日はいつもより特に冷えたので、
元の味付けに加えて胡椒を少し多めに加えて食べる。
思ったより効かないなと思いながら食べ進めていると、
だんだんシャツが汗ばんできた。
 食べ終わる頃には額にうっすらと汗が浮かぶくらい、
体が中から温まっていて、
香辛料の威力の高さを実感しました。

 今日はポトフでそのまま食べて、
明日はもう少し味を濃い目にしてパスタソースにして、
日がたつほどに美味しくなるうれしい一品です。

ーーーーー


最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120129近況

 夕食にハヤシライスを食べる。
年末と正月があったので、
なんだか久しぶりに食べたような気がする。
いつ食べても安心する安定した美味しさだった。

 今日は仕事が早く終わって帰ったので、
夕食が始まるまでゆっくりと時間をかけて鍋の番をする。
しっかりと煮立たせながらも焦げ付かないように、
ずっとお玉を動かして丁寧に煮込んでいく。
時間をかければかけるほど美味しくなっていくようで、
鍋を見ているのが楽しい。

 夕食にいい時間になり、
お皿にご飯をよそってハヤシライスソースをかける。
一日目でとろみが少ないために、
かなりたっぷりめにかけていただいた。
 時間をかけて煮込んだおかげでとても美味しい、
美味しいのだけれど、
なんだか具がとても少なくなっているような気がした。
食べ終わって気がついたのだけれど、
多分かき回しながら火を通し続けたので、
玉ねぎが溶けてしまったんだろうと思う。

 一杯目は普通にいただく、
付け合せには茹でたブロッコリーと大根の浅漬けを添えて。
甘い目のハヤシライスソースに慣れた口の中に、
大根の浅漬けの塩気が入ると口がすっきりし、
改めて美味しく次の一口が食べられる。
 二杯目には少しスパイスを効かせて、
何が合うかわからないのでとりあえず胡椒を振ってみた。
胡椒の香りと辛味がなかなか良い塩梅、
今日もとても寒かったので体の中から温まって良い感じ。

 明日は更に玉ねぎが溶けてしまって、
具の少ないソースになるのだろうけれど、
今日よりもずっと美味しくなっているのかと思うと、
楽しみでしかたがない夕食でした。

ーーーーー


最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120130近況

 おやつにきなこ団子を食べる。
昨日知り合いが訪ねてきた時のお土産で、
この串に刺さったきなこ団子だけしか作っていないお店の物で、
いつもこの知り合いが訪ねて来る時に楽しみにしている一品。

 B5サイズくらいの箱にところ狭しと並べられた串団子、
そこに団子の形がわからないくらい、
タップリとかけられているきな粉、
それでも時間が経つときな粉が水分を吸って重くなることを考え、
追加でかけられるように袋に入ったきな粉が付いている。
とことんきな粉に力を入れた団子だと思う。

 味は極めて簡単に想像できる味だけれど、
きな粉の香りと甘み、
団子の柔らかさと噛み応えのバランス、
米粒のつぶれ具合、
あらゆる面でちょうどいい感じに調節されているように思う。
 ベスト・オブ・ベストでいまこの時間だけの美味しさ、
と言うと少し大げさすぎるかも知れないが、
食べる時間に関してはお店の方もこだわっている様子、
賞味期限は作ったその日だけとなっている。

 あらゆる面でちょうどいいと思っているけれど、
これは私の食べた感じなので、
他の人はどう思っているかわからない。
 でも固めの団子が好きならば、
少し時間をおいて食べると硬くなってきているだろうし、
柔らかめが好きならば、
出来立てでもレンジでチンして柔らかくして食べればいい。
いくらでも調節が出来るというのは、
誰にでも食べてもらえるということなんじゃないだろうか?
と思いました。

 まぁでも、
甘いモノが嫌いな人は食べても美味しくないだろうと思います。
お酒が飲めないと人生半分損しているとよく聞きますが、
甘いものを食べられないのも楽しくなさそうだなと思いました。

ーーーーー


最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20120131近況

 夕食にオムライスを食べる。
三日目のハヤシライスをソースとして使った、
無駄のない一品だった。

 三日目ともなるともうとろとろ、
最初に日から煮込みまくってほとんど玉ねぎが溶けていたのに、
さらに煮込みをかけていたので、
完全に具がなくなっていいソースになっていた。
お肉は先にかすっていて無くなっていたので、
入っていたとしてもひき肉の欠片くらいしか残っていない。
 具の旨みをぐっと搾り出して濃縮したようで、
香りを嗅ぐだけでたまらない。

 ハヤシライスをオムライスのソースにするようになって、
外で食事をする時にほとんどオムライスを食べなくなった。
デミグラスソースの様な味は外で食べたほうが美味しいと、
ずっと思っていたからなんだけれども、
煮込んだハヤシライスがとてもいい味になるとわかって、
全く外で食べる必要がなくなってしまった。
 私の食べに行っていた店のデミグラスソースが、
実はそれほどでもなかっただけかも知れないけれど…。

 もう一つ外で食べなくなったのは明太子のスパゲティ、
大好きなメニューの一つなんだけれども、
大好きなだけに外で食べるといつも量が少なくて不満だった。
 しかし家でソースの作り方を覚えると、
明太子の量もパスタの量も自由自在。
嬉しくなって30cmの中華鍋に満タンのパスタを作って、
二回に分けて食べたこともあった。
ただ難点があるとしたら、
ついつい刻み海苔を買い忘れてしまうところだろうか。

 今度いつハヤシライスを食べることになるかわからないけど、
次の回も煮込みに煮込んで食べる、
オムライスを楽しみにしています。

ーーーーー


最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56