目次
2011年12月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
2012年1月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
2012年2月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
2012年3月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
2012年4月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
2012年5月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
2012年6月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
2012年7月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
2012年8月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
2012年9月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
2012年10月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
2012年11月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
2012年12月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
奥付
奥付

閉じる


2012年12月

試し読みできます
20121202近況

 先日、搗きたてのお餅を食べる。
今年とれたもち米を使い、石臼でついた一品だった。

 毎年恒例のこの時期にあるイベントでの餅つき、今回も餅つき
番で召集されたため一日中餅つき。
 今年はいつもの年の経験を生かして、売れ残ることを避けるた
めに少し少なめにもち米を用意してあった。しかし何故かこんな
時に限ってお客さんが集まり、午前中に全てのお餅を売り切って
しまえた。天気予報によれば雨の確率が強く、朝一番の準備中に
は少し降ってきていたにもかかわらず、全て売り切ることが出来
たのはとても幸運だと思う。

 12月に入っていよいよ年末の雰囲気になってきた所に、杵つき
のお餅が売られていたので、雰囲気につられて皆買ってくれたの
かもしれない。それとも杵と臼でつくのが物珍しいから、買って
もらえたのかもしれない。
 今は切り餅の袋入りのものがスーパーで買えるので、自分の家
で餅つきをする家はあまりないのだろうか。私の住んでいるとこ
ろは結構な田舎なのにもかかわらず、通り過ぎる人達は物珍しそ
うに見ていた。

 かく言う私も、大人になるまで餅を杵と臼でついたことは、一
度か二度くらいしか無かった。もち米を洗って用意するところか
らつき上がって丸めるところまでしたのは、まだつい最近のこと。
自分で物を食べるところまで仕上げるというのは、とても手間の
かかるものだと改めて思うようになった。
 そんな事で手間ひまのかかり方が重い、自分でついた餅は格別
に美味しい。搗きたてで柔らかいので、焼くこと無く食べられる。
普通は醤油をつけて食べるところだが、何もつけずに食べてしっ
かりと口の中でもちを味わう。少し練り方とつき方が甘かったか
らだろう、少々粒が残っている感があるのも杵つきの味わいだと
思う。

 今ついた餅は多分正月までは保たずに食べられてしまうと思う、
師走に入って年末気分かもしれないけれども。まだ今年はあと一
月程あるのだから、もう少し気をつけて過ごさなければいけない
なと自分に言い聞かせようと思いました。

ーーーーー


最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20121204近況

 昼食にパスタを食べる。
久しぶりに外で食べるパスタは美味しかった。

 トマトとにんにくのシンプルな物を注文したのだが、家で食べ
るものと比べるとにんにくがしっかりと効いていて、シンプルな
のにとても強い味わいだった。
 家で作られるものは、自分以外の家族の味付けの好みがあるの
で、どうしても優しい味付けになりがち。もともと私はにんにく
が好きなので、にんにくが強く出されたソースがとても好みにあ
っていて嬉しかった。

 パスタを全て食べ終わったところで、お皿の上にはソースが残
った。今日食べたお店ではパンは置いていないので、もったいな
いからソースだけを食べることになったのだけれど、ソースだけ
を食べるには少しこってりしている。
 こういうソースの多いタイプのパスタを食べる時には、博多の
ラーメン屋台でお馴染みの替え玉があったらありがたいと思う。
パスタだけを追加すると今度はソースが足りなくなりそうだが、
その辺のさじ加減はお店の方で上手く調節してくれたらいいと思
う。

 パスタの替え玉が無理ならば、ピザ生地を白焼きしたものを注
文できるようにしてもらえると嬉しい。こちらならソースの残り
具合に合わせて、注文できる大きさを変えるのも簡単なのではな
いだろうか。
 パスタなら替え玉を頼んで途中でお腹が大きくなったら辛いと
ころだけれど、ピザ生地ならお持ち帰りにするのもしやすそうに
思える。

 いつかパスタもピザもその他の麺類も、ご飯と同じように気軽
におかわりができるお店が増えたらいいなと思います。

ーーーーー


最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20121205近況

 昼食に焼鮭を食べる。
塩鮭だけれどタップリと脂の乗ったカマの部分で美味しい一品だ
った。

 塩鮭だけれどそれほど塩辛くはなく、一切食べるたびに血圧が
上がるような気がする塩鮭ではなかった。私が子供の頃の塩鮭と
いえば、鮭の身の味がわからないくらいにしっかりと塩が効いて
いて、一口にご飯を一杯食べるくらいの塩梅だった。
 しかし最近はそういうものを食べようにも、なかなか手に入れ
ることができない様子。塩分の摂り過ぎは体に悪いということが、
周知の事実になってきているからだろうか。

 今日食べたものはびっくりするほど辛くはないので、オカズと
してちょうどいい具合。だけどそれでもご飯を食べているうちに、
3分の1くらい残ってしまった。
 残った分をどうやって食べようかと思った所、せっかくだから
たっぷりと本物の焼鮭を入れたお茶漬けにすることにした。
外で食べたらびっくりするような値段が付く食べ物にお茶漬けが
あるが、家で作って食べたらそれほどでもない。それでも本物の
鮭の焼身が入っているお茶漬けは、ちょっと贅沢な気分になれた。

 思うに、外で食べるお茶漬けの値段は、お茶漬けくらい自分で
用意して食べなさいよという、お店側からのメッセージなのでは
ないかと思う。ご飯にお茶づけ海苔をかけてお湯を注ぐ、そこに
鮭など好みの具を乗せておく。これくらいの手間を人にまかせる
なという、意見なんじゃないかと疑ってしまう。
 お茶漬けだけにかぎらず、外食の値段のほとんどは手間賃なん
だろうなと思う。誰かに何かをしてもらうということは、多分も
のすごい贅沢なことなのだろう。

 毎日家でご飯を作ってくれている家族には、心の底から感謝し
なければいけないなと思います。

ーーーーー


最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20121206近況、読書録「孤独のチカラ」

 夕食に白菜と壬生菜の漬物を食べる。
今が旬の野菜のみずみずしさを楽しめる一品だった。

 白菜もすっかり大きな玉になり、壬生菜も青々と茂ってとても
元気がよさそうに近所の畑に生えている。それらが漬物になって
いるのだから、美味しくないはずがない。
 最近漬けられたばかりのものなので、まだ発酵したりしておら
ず、新鮮な野菜と塩の味だけのシンプルな美味しさ。しかし野菜
の美味しさを味わうには、シンプルであるほうがいいのかもしれ
ない。
 今から野菜を漬け始めて、冬中かかって漬物を楽しむのだけれ
ど、長い間楽しむのならば糠漬けのほうがより複雑な美味しさで
いいかも知れない。ぬか床に入れる材料の調節によって、色々と
味に変化を付けることができるし、発酵が進んだらまたそれも変
化していくので、いつも違う味が楽しめる。

 食べるばかりの私のような人は、糠漬けのほうがいいなどと気
楽に言っていられるが、漬物を漬ける人からすれば面倒くさいこ
とを言いやがるときっと思われていることだろう。
 浅漬ならば簡単な漬物器に野菜を入れて、塩を適量入れて圧力
をかけておけばいいのだけれど、糠漬けはそうはいかない。放っ
ておくとぬか床が傷んでしまい、腐ってしまいかねないから、毎
日手入れしなければならないから、聞いただけでとても手間がか
かるとわかる。糠漬けの面倒が見られるということは、マメさの
証なのかもしれない。
 そういえば最近塩麹が流行っているが、あれはなかなかによさ
そうに思う。塩漬けにプラスして発酵調味料の麹が旨みを出し、
いい塩梅の漬物になるのかもしれない。まだ食べたことがないの
で分からないけれども。

 思うに塩麹が流行っているのは、美味しいのもあるだろうが、
多分売り手側の作る具合の良さもあるのではないかと思う。
 醤油や味噌などの調味料は、完成するまでの長い発酵・熟成期
間がどうしても必要なのに対し、塩麹はTV等で紹介されている作
り方によると一週間程度で済むとのこと。原材料も麹と塩と水、
きっとその他の調味料に比べると製造コストは物凄く低いのでは
ないかと思うのだけれど…。

 まあどんな理由で流行ったとしても、美味しいものが世の中に
増えることは嬉しいことだと思います。

ーーーーー


最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20121211近況、読書録「値段のカラクリがズバリ!わかる本」

 朝食にアンパンを食べる。
しっかりした甘さのつぶあんが美味しい一品だった。

 先日私用で何日か出かけた先で、手伝いに来てくれた方たちに
食べてもらうおやつとして、大量に購入した物が余ったもの。
たくさん残しておいても手伝った家の人だけでは食べきれないの
で、ありがたく頂いて帰ってきた。
 アンパンの他にはジャムパンとクリームパンがあったが、圧倒
的にアンパンの数が多かったために、アンパンばかり余ることに
なった。買い出しには私も行ったのだが、お店の方でもアンパン
を多く仕入れているみたいだった。

 最初にパンにあんこを合わせた人は天才だと思う、多分ずっと
昔から日本にあったあんこに、海外から入ってきたパンを合わせ
てみようという試みは、思いついた当時はとても斬新だったにち
がいない。
 アンパンはすっかりおなじみになっているが、普通の食パンに
あんこを塗って食べるのは、まだ少しマイナーな感がある。
名古屋では当たり前のようだけれども、その他の地域、少なくと
も私の住んでいる所では、あまり聞かない。

 アンパンが美味しくて小倉トーストも美味しいのに、どうもい
まいちマイナー感が私の住んでいる地域にあるのは、あんこがジ
ャムの隣に売っていないからではないかと思う。
 あんこが置いてあるのは、和菓子の材料のコーナーが多く、お
菓子の材料の一つとして扱われているのだろうと思う。
詰められている入れ物も、ビニールの入れ物ばかりでパンに塗っ
て食べるには少々使い勝手が悪いのではないだろうか。

 今現在あんこをお菓子の材料の一つとして扱っているお店は、
試しにジャムのコーナーにあんこを置いてみると面白いように思
う。あんこのメーカーはビニール袋入りばかりではなくて、ジャ
ム用の瓶に詰めて売れば、小倉トーストが食べやすくて売れ行き
が上がりそうな気がする。

 私の住んでいる所が田舎で、瓶入りのあんこが売っていないだ
けかもしれないのかもしれないけれど、そうでないならばあんこ
はビンに詰めてジャム置き場に置いてほしいなと思います。

ーーーーー


最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20121214近況、読書録「シンメトリーな男」

 昼食におでんを食べる。
二日目のしっかりと煮込みの効いた一品だった。

 お昼に食べた具材は、
にんじん
ちくわ
さといも
じゃかいも
ねりもの天ぷらといった定番の品々、二日目だけあって残ってい
る具材が少々種類が少ないのはしかたのない所。
 しかししっかりと煮込まれたいも類の美味しさは格別、お酒が
飲める人にはおでんはいい酒のおともだろうけど、私にとっては
いいごはんのおかず。今日食べたものは何よりもいいおかず、お
いもだけでも十分なおかずだった。

 テレビの地方色をテーマにした某番組を見ていたら、おでんと
いうものは入れる具材にとても地域の特徴が出るものなんだなと
認識させられる。ああいう地方色豊かで名物な具材が入っている
おでんを見ていると、少しうらやましく思う。
 私の住んでいる地域はどうもこう特徴的な具材というものがな
い。海から遠くはなれているためなのかもしれないが、特に魚介
類の練り物などは、スーパーで売っているおでんセットに入って
いるようなものしかないので、どうにもこれだと思うものがない。

 しかしよくよく考えてみると、自分の家族が作ってくれた野菜
やいも類が入っているおでんを食べられるというのは、とてもあ
りがたいことなんじゃないかと思う。よそのおでんをうらやまし
がっているのは、贅沢なのかもしれない。
 大体特徴のある具材があって羨ましいと思っているなら、自分
で魚をつかって練り物を作ってしまえばいいように思う。

 だけど練り物を自分で作って食べるほどマメではないので、こ
れからも家族に作ってもらったおでんを、ありがたく美味しく食
べさせてもらおうと思います。

ーーーーー


最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20121215近況、読書録「諸葛孔明の兵法」

 昼食にフライドポテトを食べる。
いつ食べても安心の安定した美味しさの一品だった。

 今日は買い物をしなければならなかったので、少々遠くのショ
ッピングモールに出かけることにした。今日は土曜日で昼を過ぎ
ると人でごった返すのが目に見えているので、開店直後にモール
に入ってさっさと買い物を済ませ、少し早めに食事を摂り始めて
混み合ってくる前に食事処をすり抜けるという段取り。
 しかし行きの道の時点で少し混んでいて、到着が遅れたため昼
食を先に摂ることになった。さらに予想外だったのは、早めに食
事に行ったけれど既に混んでいたこと。休日なので遅めに起きて、
朝食兼昼食を摂っている人がいたのかもしれない、ファーストフ
ード店などは既に行列が出来ていた。

 フードコートを見渡せる場所からぐるりと見て、今日は何にし
ようかと少し考える。外で食事をしようとするとどうしても似た
り寄ったりの内容になりがちで、最近はお店を選ぶのに悩む時間
が増えたように思う。嬉しい悩みではあるけれども、もう少し物
珍しいお店があってもいいようにも思う。
 ひとしきり悩んだ挙句、結局某有名ファーストフード店を選ぶ
こととなった。まぁ普段はほとんど食べないファーストフードな
ので、お店選びに悩んだ時に食べるというのは、利用頻度として
ちょうどいいのかもしれない。

 ハンバーガーがメインのメニュー構成だけれど、今回は魚のフ
ライを使ったバーガーのセットを食べることにする。お肉よりほ
んの少しだけ、体に気を使っている気分になりたかったので、魚
を選ぶ。
 注文していると無性に沢山フライドポテトを食べたくなったの
で、セットメニューに付いてくるにもかかわらず、もう一つポテ
トのLサイズを頼む。これでしっかりとお腹いっぱいになれるだろ
うと思い、ここでいいかとお店を決めた割にウキウキとした気分
で食事をはじめることが出来た。

 思っていた通りお腹いっぱいになることが出来た、思っていた
以上にお腹いっぱいになりすぎてしまった。
 バーガーとポテトを食べ終わったところまでは、とてもいい具
合の満腹感だったのだけれど、その後家族の残したうどんを食べ
たところでちょっといきすぎ満腹感。そこにセットでついていた
コーヒーを飲み始めたのだが、これが予想以上に沢山入っていて
結局すべてを飲み切ることが出来なかった。
 私が残してしまったコーヒーは、家族が飲んでくれたので無駄
にはならなかったのが幸いだが、もったいない頼み方をしてしま
ったと反省している。もう少し足りなさそう、位のところで注文
をやめておくくらいがいいのかもしれない。その日の体調による
のかもしれないけれども。

 しかし、久しぶりにタップリと食べたフライドポテトは美味し
かった。あまり続けて食べると体にキツそうなので、またしばら
く間を空けてから食べたいと思います。

ーーーーー


最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20121217近況、読書録「その日本語、伝わっていますか?」

 昼食後に緑茶を飲む。
食後の口の中をすっきりとさせる気持ちの良い一杯だった。

 最近は緑茶といえばペットボトルに入った物が中心のようにな
っているけれど、今日飲んだものは急須で入れる方のお茶っ葉。
煎茶を自分で粉末にした物を、マグカップに入れてそのままお湯
を注いで、その上澄みを飲んだ。

 栄養価の点から言えば、底に溜まった葉っぱもそのまま飲めば
いいのだろう。緑茶の有効成分はほとんど茶殻の方に残っていて、
急須で漉して飲む方法は実にもったいないことをしていると、以
前何処かで聞いたように記憶している。
 しかし、いくら栄養価が高くて食べてしまったほうがいいと分
かっていたとしても、ふやけたお茶の粉は飲み込むには喉越しが
悪すぎる。実際に試した事もあるが、かなり飲み込むのがきつい。
 粉のまま全て取り入れるのならば、ぬるいお湯を注いでふやけ
てしまう前に一気に流し込んでしまうほうが、ほんの少し飲みや
すい。それでも喉に引っかかる感じがするので、自分で粉にした
ものはかなり粒子が荒いのだろう。

 ペットボトルの緑茶は大変良く売れているらしいが、急須で煎
れるお茶っ葉の方は段々売れにくくなっているとのこと。多分飲
むまでの手間と時間、飲んだあとの急須の後始末が面倒くさいか
らなのかなと思う。
 外出先で気軽に飲むことが出来ないのも、ペットボトル入りば
かりよく売れる原因だと思う。キャップを開けたらすぐに極々飲
むことが出来る、家ではお茶っ葉で飲む私も外ではよくお世話に
なっています。同じ値段で売ってあるなら、お水を買うよりは少
しお得感があるような気がするし。

 お茶っ葉が今より売れるようになるには、せめて自分の家で飲
む時には、面倒くささを感じることのない飲み方を考えることが
出来たらいいのではないかと思う。
 私のしている煎茶を自分で粉にして、直接マグカップに入れる
方法は結構簡単。2000円のミルミキサーで初められるので、金銭
的な負担も少ない。マグカップなら洗いやすいから、この点でも
手間が少ないのではないかなと思う。

 上澄みだけを飲むなら口の中もざらざらしないので、緑茶をお
茶っ葉で淹れて飲みたいけど面倒くさいという人は、試してみる
と面白いかも知れません。
 粉にするのが面倒くさいかも知れませんし、濃いお茶が苦手だ
と最後のほうが濃くなりすぎるかも知れませんが…。

ーーーーー


最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20121219近況、読書録「仏教「超」入門』

 先日、夕食にふぐ鍋を食べる。
刺し身や唐揚げもついていたコース料理で、鍋の出汁の一滴まで
残すこと無く食べてしまうくらい、美味しい食事だった。

 年末の役員会兼お疲れさん会の宴会料理なので、多分一年で一
番豪華な食事だと思う。自腹で食べる食事としては、こんな機会
にしか食べようとは決して思うことはないだろうと思う。
 正直順番で回ってくる役員なんて面倒臭いから嫌なのだけれど、
これを口実にふぐを食べることが出来るので、この時だけは一年
頑張って面倒くさい思いをした甲斐があると思える。
どんなことでもなにがしかのメリットはあるものだ。

 まず最初に出されたのは、皮の湯引き。
お湯にくぐらされた皮がチリチリになっていて、ポン酢がよく絡
んでしっかりした味になって美味しい。ぷりぷりして固めのゼリ
ーの様な皮は、歯ごたえが心地いい。
 次は刺身、お皿の柄が透けて見えるくらい薄く切り分けられた
ふぐの身が、大きな花のように盛りつけられている。お皿を見た
だけで嬉しくなってくる、こちらもポン酢でいただいた。身の味
は実にタンパクなので、食べ始めるといくらでも食べてしまいそ
うになるが、他のメンバーの手前様子を見ながら食べなければい
けない。

 次に出てきたのはひれ酒、お酒が苦手な私はそんなに嬉しい一
品ではないのだけれども、せっかくだから頂くことにする。
香ばしくあぶられたヒレの香りが、アツアツにカンされた酒の香
りと合わさって実に良い風味。
 そしていよいよ本番の鍋、鍋を煮始めて待っている間に唐揚も
一緒に出された。唐揚げになると生の時とは全く違った食感で、
魚なのに鶏肉のような感じになる。
鍋に入れられた方もまるで鶏肉のよう、しかし鶏肉と違って脂が
全くといっていいほど無く、あっさりとしているのでどんどん食
べてしまえる。

 鍋の中身を食べ終えたら、いよいよ締めの雑炊。鍋が終わった
時点でお腹がいっぱいに近いのだけれど、雑炊は別腹のようで全
て食べてしまえた。

 今年で役員はようやく引退、面倒くさい思いをすることが無く
なると思うとうれしいけれど、ふぐを食べる口実と機会が無くな
ってしまうのは少々残念に思います。
 来年もしっかり働いて、お腹いっぱいで過ごせるようにしたい
ものです。

ーーーーー


最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20121220近況、読書録「ヨーロッパホラー&ファンタジー・ガイド

 おやつにアンパンを食べる。
皮の薄いタイプでおやつに食べるにはちょうどいいサイズの一品
だった。

 今回食べたものは皮の薄いタイプの製品の、季節限定品だった
様子。焼き芋風味のさつまいも餡が使われていて、甘さの中に香
ばしさが含まれた美味しい一品。しっとりと練り上げられたさつ
まいも餡はとてもなめらかで、まるでクリームのようだった。

 この皮の薄いタイプの製品は、中身と周りの比率において、中
身の比率を非常に高く作られている。物によっては皮2に対して中
身8位なのではないかと思う時もある。
 私の好みから言うと、正直ここまで中身が多いのは少しバラン
スが悪く感じるところだが、世の中の人はこの比率が好きな模様。
スーパーの菓子パンのコーナーには、必ずといっていいくらい個
の商品が多めに並べられている。

 今日食べた季節限定品は、なぜかスタンダードな他のこのシリ
ーズと違っていて、中身のあんこの量と周りのパンの量が6対4位
だった。中身ぎっしりがこのシリーズの売りであるはずなのに、
これではただの小さいあんぱんになってしまうのではないかと、
いらぬ心配をしてしまうほどだった。
 さつまいものあんこだけなら簡単に作れるのだけれど、焼き芋
の風味をつけるところでコストが掛かってしまい、仕方が無いか
らあんこを少なめに入れたのだろうか。私はこのくらいの比率の
方が好きなのだけれど、周りが少なくて中身ギッシリを期待して
買った方たちからは、苦情が出ないのだろうかと思う。
ひょっとすると、苦情が出始める前にさっさと売り切ってしまう
という作戦なのかもしれない。

 まぁしかし、焼き芋からあんこを作って、自分でアンパンにし
て食べる手間に比べたら、少々あんこが少なくても関係無いよう
に思います。あんこだけ売ってあれば、自分でトーストに塗って
食べられていいのになと思いました。
 とても美味しかったです。

ーーーーー


最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20121222近況、読書録「子どもの集中力を育てる」

 おやつにみかんを食べる。
甘味と酸味のバランスのとれた美味しい一品だった。

 一昨日の夜、寝ようとすると強烈な寒気に襲われ、風邪薬を飲
んで床についた。毛布を被って電気毛布を点けていても、悪寒が
ひどくて歯がガチガチと鳴るくらい。
 結局一晩中寒気と頭痛と体の痛みで眠ることがほとんど出来ず、
そのまま朝になってしまった。

 そんなことで昨日はまともに物を食べることも出来ず、おかゆ
をすするのが精一杯のひどい体調。しかしそんな体調であっても、
美味しく食べることが出来たのが、冷たいみかんだった。
 熱が出ているせいか室温でも大変冷たく感じられて、痛めてい
る喉も気持ちよく通って行く。熱が出ていたので本当は味が分か
っていたかどうか疑わしいところだが、その時は大変甘くみずみ
ずしく感じた。

 普段は柑橘類をあまり食べないのだけれど、食べると改めて美
味しさを確認する。とくにみかんは食べるのが簡単でありがたい、
外の皮を手でむいて中の皮ごと食べてしまえる温州みかんは、海
外でも人気があると聞いたことがある。とくに好きなわけではな
い私でも美味しいと思うのだから、フルーツ好きにはたまらない
のかもしれない。
 体が弱っている今回のような場合には、水分補給とビタミン補
給の目的にもいいと思う。風邪を引きやすくなるこの季節に、多
く市場に出回るみかんは予防の為にも食べておいてもいいかも知
れない。

 ただみかんを食べるとつらいのは、食べ終わると歯がキシキシ
するところ。思うに果汁の酸が強くて、歯の表面が少し溶かされ
るからなのではないかと。私の歯が弱いだけかも知れませんが。
 まぁ何にしても、一つのものを食べ過ぎないようにした方がい
いと思います。

ーーーーー


最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20121224近況、読書録「こちら葛飾区亀有公園前派出所21」

 夕食にサンドイッチを食べる。
アメリカ人がテレビで食べるような、ボリュームのある一品だっ
た。

 昨晩、家族で一足早いクリスマスパーティを行ったのだが、タ
ップリのパーティ料理を食べ切ることが出来なかった。残ったも
のは、各家族で分け分けして持ち帰った。
 今回サンドイッチに入れた具は、昨晩いただいて帰ったごちそ
うの残りを使って作ったのだった。

 使った材料は、
ポテトサラダ
カレーチキン
鶏の唐揚げ
これらを食パン二枚の間に挟んでそのままかぶりついて頂いた。
 一口食べて少し物足りなさを感じたので、一旦パンをはがして
マヨネーズで追加の味付けを施して食べる。
美味しい、昨日食べた料理ばかりなので味は分かっていたが、サ
ンドイッチにすることでまた目先が変わって、より美味しく食べ
ることが出来た。

 食パン二枚程度では大したボリュームではないのではないか、
と思われるかもしれないが、間に挟んだ具のボリュームが大きか
ったのだ。
 食パン一枚の面積に、まずポテトサラダをまんべんなく広げて、
そこに唐揚げ4個とカレーチキン二枚を無理無理乗せていたので、
具の方が分厚いサンドイッチになっていた。
 この分厚さのお陰で食べるのに少々苦労する、なにせ分厚いか
ら口を目一杯広げなければいけなくて、顎がはずれそう。

 テレビのグルメ特集などで、倒れてしまいそうなハンバーガー
や、ほとんど具がはみ出ているサンドイッチなどが紹介されるこ
とがあるが、あれはどうやって食べているのだろう。
ちょっと口に入れて普通に食べるのは難しいと思うが、一枚ずつ
はがして食べているのかと思うと、少しさびしい感じがする。
 そう思うと今日食べたサンドイッチは、私の一口でかぶりつけ
る限界に近くて、調度良かったのかもしれない。ボリュームも多
すぎることもなく、物足りないこともなくてちょうどよかった。

 残ったごちそうが無駄になることがなく、最後まで美味しく食
べることができて良かったです。

ーーーーー


最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20121225近況、読書録「子どもの日本語力をきたえる」

 朝食にチロルチョコを食べる。
クリスマスプレゼントに頂いたもので、懐かしい一品だった。

 頂いたものは色んな種類が入ったバラエティパックで、大体ご
種類のチョコレートが入っていた。
 入っていたのは、
ヌガー入り
ストロベリー
ホワイト&クッキー
ビスケット
アーモンドの五種類。チロルチョコのサイズなので、アーモンド
が少々小さいのが少し寂しいところだったが、どれをとっても美
味しかった。

 この中で一番懐かしかったのはヌガー入りのもの、これだけは
私が子供の頃からずっと存在していて、その当時から今と変わら
ない美味しさだった。
 小学生の頃のとても少ない手持ちのお金であっても、当時も10
円で一個買うことが出来たチロルチョコは、子供の味方の一つだ
った。
 ヌガー入りのものは懐かしくて嬉しいが、この中で一番美味し
かったのはホワイトチョコ&クッキーだった。チョコの中に入れら
れたクラッシュクッキーのサクサクした食感が良く、黒い所を見
るとココアクッキーだと思うが、甘さの調節にもなっていたのか
もしれない。

 そういえばその頃は近所にコンビニも全くなかったし、電車の
駅もまだ昔の木造の駅舎で、なかなか田舎っぽさが感じの良い風
景だったような記憶がある。
 もう30年近く昔のことなので、その辺の風景もすっかり変わっ
てしまい、となり町の山が一つ宅地開発でまるごと無くなってし
まった。少子高齢化で核家族世帯の子供の社会性の問題なども云
われ始めているというのに、どうして世帯を細かく分けてしまう
新興宅地開発をしてしまうのか、少々疑問に思ってしまった。

 こんな風に周りはどんどん変わっていってしまうのだけれど、
新しく出来た店であっても同じように売られていて、子供でも気
軽に買うことのできる値段のままでいてくれる。
 変わらないでいることの大切さというものもあるのだなと、チ
ロルチョコを食べながら思いました。

ーーーーー


最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20121228近況、読書録「たくさんのタブー」

 先日、忘年会でしゃぶしゃぶを食べる。
お肉二種類と鯛の合計三種類のしゃぶしゃぶだった。

 普段家で食べるお鍋は大抵水炊きか寄せ鍋になるので、外で食
べるしゃぶしゃぶは新鮮で美味しい。家でしゃぶしゃぶを食べよ
うと思うと、お肉の用意だけで少し躊躇してしまうところがあっ
て、なかなか食べようと思うところまでいけない。しかし、皆で
忘年会ということになると、勢いで食べてしまえる。

 まずは鯛しゃぶ、刺身でそのまま食べてしまえるものを、煮立
った鍋でほんの少しだけ熱を加えて、表面をさっと白くさせて頂
いた。熱が加わってほんのり温かくなった鯛の刺身は、生の時よ
りも旨みを強く感じられるように思えた。
 次に豚しゃぶ、しゃぶしゃぶとはいえ昨今の食中毒の話などを
きいているので、しっかりと火を通してから頂いた。ポン酢に刻
みネギと紅葉おろしを入れたタレでいただく、お肉であるけれど
も実にさっぱりとした美味しさで、たくさんお肉を楽しむならこ
れが何よりかも知れないと思う。
 最後に牛しゃぶ、こちらも昨今の状況を鑑みて強めに火を通し
ていただく。本当なら赤みが残っているくらいの日の通し加減で
頂いたほうが、肉の旨味を楽しめるのかもしれないけれど、しっ
かり肉の色が変わってしまうまでしゃぶしゃぶして食べる。
こちらはごまだれで楽しんだ、コクのある牛の旨みを更に引き立
てるごまだれのこってりした味で、ご飯のオカズになりそうな味
わいだった。

 しゃぶしゃぶは美味しくて食べていて嬉しいのだけれども、い
つも疑問に思うことがある。しゃぶしゃぶ用のあの鍋の、真ん中
の煙突はなんとかならないものだろうか。
 お鍋一つ一つに専属の給仕さんがついてくれるのならいいのだ
けれど、自分たちで材料を入れたりするときに、うっかり鍋の上
を通ってうでを伸ばすと熱くてひどい目にあう。
 あの煙突が無いとしゃぶしゃぶを食べている気にならない、そ
んな人もいるかもしれないから、取り除いてしまうというのはつ
まらないかもしれない。だったらせめて、てっぺんの穴に蓋がで
きるようにしてもらいたいなと思う。

 まあ、やけどしそうになって、それをネタに宴会が盛り上がる
こともあるかも知れませんが。

ーーーーー


最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20121229近況、読書録「ますます酔って記憶をなくします」

 昼食にお鍋を食べる。
普段は夜にしか食べない鍋を昼間に食べたので、なかなか新鮮な
気分で食べることが出来た。

 お鍋といってもこの食事のために材料を揃えたわけではなく、
冷蔵庫の残り物の掃除を兼ねていたので、普段なら入ることのな
いものも多数入っていた。
 普段入っていないものの中で美味しかったのは、練り物類。最
初はおでんの残り物を流用したのかと思っていたが、まだ煮こむ
前のものだったのでおでん味はしていなかった。そのため魚肉の
出汁がつゆに溶けだして、一緒に入っている野菜がより美味しく
食べることが出来た。
 もうひとつ入っていたのが厚揚げ、こちらは出汁は出さないけ
れども出汁をしっかりと吸い上げるので、とても美味しくなる。
厚揚げ自体はタンパクなので、出汁を楽しむにはいい具材なのか
もしれない。

 しかし、入っている具材を食べていると、このまま鍋に味噌を
とけばそのまま味噌汁として楽しめるのではないだろうか。
味噌汁にしてもう一度楽しみたかったけれど、お昼からそんなに
沢山食べると動けなくなるので、味噌汁は諦めた。
 同じように、作ると美味しいだろうことはわかるのだけれど、
おじやを食べることも断念。どうして夕食ではなかったのだろう。

 そんな風に食べそこねたおじやを思いながら帰宅、寂しく思っ
ていると、何と夕食はおじやだった。
昨日の夕食に食べたうどんのおつゆがまるまる残っていて、もっ
たいないからおじやに使ったとのこと。
 鍋のつゆで作ったおじやに比べると、お肉を具材に入れてなか
ったので、とてもあっさりした味わいのおじやに仕上がっていた。

 冬といえば鍋、私も鍋は大好きなのだけれども、本当はおじや
が好きなのかもしれないなと思いました。

ーーーーー


最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56

試し読みできます
20121231近況、読書録「おまかせ!ピース電器店7」

 昼食にカップそばを食べる。
残り少ない今年を惜しみながら、しみじみと頂いた。

 今年も一年色々と美味しくいただいてきたけれども、結局ほと
んど何を食べたのか思い出すことは出来ない。毎日食事記録をつ
けているのだけれど、それを見返さなければわからない。
 食べることは何よりも大切なはずなのだけれど、あまりにも当
たり前すぎて記憶に残らないのだろうか。大抵毎日おいしいと思
いながら食事をしているので、記憶に残っていないながらもしあ
わせに過ごせているのだろうと思う。

 そんな毎日の食事の中で、唯一といっていいくらい美味しくな
かったと思う思い出が、旅行先の夕食の白ご飯。ここ最近の出来
事だったから記憶に残っているのかもしれないけれども、それで
もそれ以外思い出せないのだから、かなり酷かったのだろう。
 白ご飯という毎日食べている物の美味しさは、自分の家のご飯
をずっと食べているとあまり感じることは出来ない。外に出てよ
そのご飯を食べてみて始めて、普段自分の食べているものがいか
に美味しくていいものかと確認することが出来るのかもしれない。
 ただ単に普段から食べ慣れたものが一番美味しいものであると
いうことかもしれないけれども、私以外の人も言っていたのだか
らやはり美味しくなかったのだろう。

 今年も概ね平穏無事に過ごすことができて、毎日食事が出来た
ことに感謝すると共に、来年も穏やかに過ごすことが出来ること
を祈ります。

 読んでくださっている方々の来年が、穏やかでありますように。
良いお年を。

ーーーーー


最終更新日 : 2016-06-25 17:29:56