twitterアカウントでログイン

カテゴリー ビジネス・教育・社会 政治・社会 , ビジネス 作者 wlb-cafe
価格 無料
タグ ワークライフバランス少子化労働育児ビジネス
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

2,030 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 39ページ (Web閲覧)
69ページ (PDF)
評判
  • 0(平均0 / 0人)
ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
2006年に書かれた「迷走する両立支援」は、当時急速に進んだ政府による少子化対策の追い風の中、出産・育児を迎えた主に母親100名近くに取材を重ね、主に子育てと仕事の両立にかかわる幅広く複雑な問題を、丁寧に描いている本です。

数年前に書かれた本であるにも関わらず、2010年3-5月にTwitter上で紹介されたこの本は、日々、子育てと仕事に奮闘する多くの方々に読まれ、共感を呼びました。一人のワーキングマザーがそのことを著者に伝えたところ、反響を大変喜んでいただけました。そこで、この問題に関心のある有志が集まり、「ワークライフバランス・カフェ」を結成。より多くのみなさんに、この本を知ってもらいたい。また、強い問題提起を行った本書を手がかりに、個人や個々の企業といったミクロの視点と、国や社会といったマクロの視点の双方からアプローチし、「より生きやすい社会、より幸せな人生」を叶える方法を考えてみたい。そんな想いから、著者を招いた対談イベントを企画。2010年10月24日に、無事に開催することができました。

開催から一年が経ち、主な活動を停止していたワークライフバランス・カフェですが、Twitter上での交流会の復活を望む声も多く、新しい仲間も増えました。そこで、対談イベントを知らない方にも、このコンテンツをシェアしたいとの想いから、今回の電子書籍の発刊に至りました。

※現在、スタッフによる用語解説を除いたプレ公開中です。

この本は無料です

この本を開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

400円
路地裏流・繁盛店の創り方

この本を開く

全国の路地裏で、商売を成功させている方はたくさんいます。悪条件は考え方次第で好条件になる、というモノ...

この本を開く

tovo が発行するポストカードサイズの小さなフリーペーパーです。311以降の青森県に住むごくごく普...

この本を開く

青年海外協力隊、モザンビークボランティア隊員による機関紙3号です。

この本を開く

熟年夫婦の危機が巷では深刻に……彼らも例外ではありません以前書いたものを落語仕立てにしてみましたお心...

この本を開く

なまずくの耐震事件簿の第1.5話と第2話。耐震診断情報を整理して診断書を作成し報告に行きます。果たし...

もっとみる