目次
はじめに
はじめに
南北戦争 ~分離独立を巡る死闘~
1.南北戦争の背景
2.開戦前の見通し
3.1861年4月17日~27日 ワシントンの危機
4.1861年4月19日 アナコンダ作戦の開始
5.1861年7月21日 第1次ブル・ランの戦い
6.1862年4月6日~7日 シャイローの戦い
7.1862年3月8日~4月25日 ハンプトン・ローズの海戦
8.1862年3月~7月 半島作戦
9.1862年8月29日~30日 第2次ブル・ランの戦い
10.1862年9月17日 アンティータムの戦い
11.1862年12月13日 フレデリックスバーグの戦い
12.1863年4月16日~7月4日 ヴィックスバーグの戦い
13.1863年5月1日 チャンセラーズヴィルの戦い
14.1863年7月1日~3日 ゲティスバーグの戦い
15.1864年5月4日~ ピーターズバーグへの道
16.1864年5月4日~9月2日 アトランタへの道
17.1864年11月15日~ シャーマンの焦土作戦
18.1865年4月9日 南軍降伏へ
南北戦争会戦推移
.1861年7月21日 第1次ブル・ランの戦い
.1862年4月6日~7日 シャイローの戦い
.1862年6月26日~7月1日 七日間の戦い
.1862年9月17日 アンティータムの戦い
.1863年4月16日~7月4日 ヴィックスバーグの戦い
.1863年7月1日~3日 ゲティスバーグの戦い
.1864年5月5日~6日 ウィルダネスの戦い
.1864年7月20日~9月2日 アトランタ攻防
南北戦争将軍列伝
.ジョージ・B・マクレラン
.ジョージ・G・ミード
.ユリシーズ・S・グラント
.ウィリアム・T・シャーマン
.フィリップ・H・シェリダン
.ロバート・E・リー
.トーマス・J・ジャクソン
.ジョセフ・E・ジョンストン
.ネーサン・B・フォレスト
奥付
奥付

閉じる


はじめに

 この記事(電子書籍)のために新たに作成した南北戦争の概略地図が、http://dsssm.blog.fc2.com/blog-entry-61.html に置いてあります。参考になさって下さい。

1.南北戦争の背景

 「南北戦争(The Civil War)」は、アメリカ合衆国が南部と北部に分かれて戦った内戦であり、1861年から1865年までの5年間に両軍あわせて62万人以上の死者を出した。これは今なお、ひとつの戦争における、アメリカ合衆国史上最大の戦死者数である(第二次世界大戦ででもアメリカ軍の戦死者数は40万人)。

 南北戦争の原因は、西方の新しい領土に成立していく新規諸州を、奴隷州(奴隷を使役する州)にするか自由州(奴隷を認めない州)にするかで、南北間の勢力争いが生じ、ついに国家が二つに分裂したことによる。

 それぞれ独自に発展してきた13の州が連邦を形成し、「アメリカ合衆国」として独立を勝ち取ったのが1776年の事。その後1810年代後半には、統一された憲法のもとに一つの国家としての自覚と国民意識が高まってきていた。

 だがその後、北部と南部で経済構造と奴隷への意識の差が大きくなり、それは激しい対立を生み出していく。

 北部諸州では、イギリスの産業革命に刺激されて工業が盛んとなり、工業地帯が作られていく。商工業者が多く、先進的で自由な気風を好む性格が形成されていった。対して南部諸州は農業が主であり、特に大農場で黒人の奴隷労働力によって綿花栽培が行われ、保守的な性格が強く、地域共同体に密着した雰囲気を色濃く持っていた。そして農場主は奴隷を使って王侯貴族の様な生活をおくっていたが、これはアメリカ憲法の万民平等思想に真っ向から対立するものであった。

 1830年代、その差異から生じる対立はどんどんエスカレートしていった。南北で主張の食い違う経済政策、奴隷制を法律で容認するか否か、自由州と奴隷州の数の均衡の問題……。50年代に入ると議会では殴打事件が起こり、やがて熱狂的な奴隷制廃止論者の一団によって連邦武器庫が襲撃される。

 北部人の多くは、「奴隷制は悪である」と確信していた。しかし、それは直ちに武力行使を意味するものではなく、後に大統領になり「奴隷解放宣言」を発布するリンカンも、「即時奴隷制廃止」などという事を考えていたわけではなかった。むしろ「連邦(アメリカ合衆国)が二つに分かれるのを見るくらいなら、奴隷制を容認した方がまし」とも思っていたのである。

 だが、南部人の不安は対立の中で極度に高まっており、もはや冷静な判断は不可能であった。北部の世論は南部を非難し、ついには武力まで使いつつあるではないか。南部諸州は奴隷制なしでは崩壊するしかない。だとしたら、もともと「州」こそが基本単位であるアメリカにおいては、奴隷制を維持する為に南部諸州が「連邦」から脱退することに、何の不都合があろうか?

 1860年11月6日の大統領選挙で、奴隷制廃止を党是とする共和党からリンカンが当選を果たした。それを見た南部の7州は次々に連邦を離脱し、「南部連合(正式にはアメリカ連合国)」を結成した。

 しかし、これは北部人と大統領リンカンにとっては、許しがたいことであった。平和のうちに分離してもよいとは言わなかった。州の権利を優先させて分離することを許せば、いずれアメリカ合衆国は次々に州単位で分裂し、連邦の存在は地上から消滅してしまう。

 1861年3月4日、リンカン大統領の正式就任を迎え、状況は一触即発であった。最初の砲声は4月12日、南部に取り残された形となった連邦側のサムター要塞への攻撃で轟いた。36時間後に要塞の守備隊は降伏。ここに、5年間に及ぶ南北戦争の火蓋が切られたのである。



2.開戦前の見通し

 南北戦争が始まった時、ヨーロッパのすべての軍事専門家は、リンカン大統領は「不可能な仕事」に取り組んだ、と思った。

 なるほど、北部と南部連合を比べた時、北部の経済的優位は圧倒的であった。人口は北部が2200万人に対して南部は900万人。工業生産は4:1、食糧生産は2:1で北部が優位であった。南部が北部に経済的なもので優越していたのは綿花だけであった。

 だが南部が目指した「分離独立」という事の性質を考えると、事は違ってくる。それまでの歴史上、もっと不利な条件で独立を勝ち取ったケースはいくらでもあった。なぜなら、独立を達成しようという側は独立を阻止しようとする側が疲れてしまうまで自分の領土を守りさえすればいいのだが、独立を阻止する側はその地域を完全に征服しなければ目的を達成し得ないからである。

 南部人は、まったく完全に「自分たちの生活を守る為に」戦うであろう。だが北部人たちは、「連邦維持(すなわち、合衆国がひとつであること)」や「奴隷解放」といった、どちらかと言えば曖昧模糊としたものの為に戦うというのである。士気の点で、この差は大きい。

 将校の質においても、南部は北部よりも大きく勝っていた。というのは、南部の農園経営者らはその息子たちを士官学校におくることが誇りとなっており、軍人が北部よりもはるかに尊敬される社会的地位を占めていたからである。一方、商工業者を中心とする北部人には個人主義者が多く、軍隊を好まない性格の者が多かった。戦争の当初、まったく戦争に対する準備が(両軍で)欠けていた事を考えると、この差は大きかった。

 だが、リンカンは考え違いをしていた。彼は、この戦争は短期で連邦(北部)の勝利に終わると考えていた。また、もう一つの誤りは、彼が「連邦からの分離、独立を望む南部人の意志はそれほど強くはない」と考えていた事であった。リンカンにとって、アメリカ合衆国は素晴らしい理念に基づいて作られた、自由と民主主義の国であり、絶対に守らなければならない、つまり、二つに分裂させてはならないものであった(この考えは徐々に共感を得て、南北戦争を勝利に導く原動力のひとつとなる)。

 だから、南軍がまったく手強い敵である事、そして南部のナショナリズムが予想していたものよりも強固である事が分かってくるにつれて、リンカンの苦渋は大きなものになった。だがリンカンは、この時期のアメリカにとって、ほとんど神からの賜物と思えるほどに優れた力量と精神の持ち主だった。彼は忍耐強く、すぐれた判断力で(色々と思うままにならない事はあったが)連邦を指導し、連邦が分裂する事を防いだのである。



3.1861年4月17日~27日 ワシントンの危機

 サムター要塞陥落の翌日、4月15日にリンカンは75,000の義勇軍の召集を命じた。これを見て、奴隷州でありながらまだ南部連合に加わっていなかったヴァージニア州は決意を固め、4月17日に連邦を離脱して南部連合に加わった(続けて3州が南部連合に加わって、最終的に南部連合は11州)。地図を見てみれば分かるが、首都ワシントンはヴァージニア州に接している。のみならず、ヴァージニア州と共にワシントンを挟む様にして位置するメリーランド州も、実は奴隷州であった。

 4月17日のうちにヴァージニア州民兵は行動を起こし、ワシントン北西の重要拠点占領に向かう。この時、ワシントンを守る軍隊は皆無であった。メリーランド州が南部連合に加わる事態になれば、ワシントンは完全に孤立してしまう。リンカン大統領はメリーランド州が南部連合に加わらない様に、あらゆる政治工作をした。25日になってようやく北部諸州の部隊が鉄道でワシントンに到着しはじめ、27日にはようやく10,000に達した。メリーランド州の連邦脱退派も、北部諸州の南部弾圧の決意が固くなるのを見てしだいに衰えた。

 こうして首都ワシントンの危機はどうにか回避された。南北戦争では「首都陥落=敗戦」というわけではなく、むしろ交通の要衝をおさえる事による戦力の分断や物資の獲得・破壊、戦争の帰趨によって左右されるであろう各州の動向という事の方が大事であった(実際、南軍は直接ワシントンに向かうよりはむしろ、まずその北方のペンシルヴェニア州に侵攻した)が、北部の首都ワシントンと南部連合の首都となったリッチモンドはわずか170kmしか離れておらず、その間およびその周辺で熾烈な戦いが繰り返されたのである。

 この東部戦線ではシーソーゲームが続く。これに対して、もう一つの主要戦線となった西部戦線(ミシシッピ川流域とその周辺)では北軍が優勢に勝ち進み、ついにはそこから南部連合の後背地まで侵攻する事となる。

 また、この戦いでは戦史上はじめて、鉄道や電信が大きな意味を持つことになった。鉄道輸送は戦争の帰趨を決定する。戦いは重要な鉄道の結節点をめぐって行われる事が多かった。北部は南部に比べて鉄道網が発達しており、部隊の戦線間の移動も容易であった。



4.1861年4月19日 アナコンダ作戦の開始

 ワシントンが危機的状況にあった4月19日、リンカン大統領は南部連合の全海岸線を封鎖するよう命じた。これは、連邦陸軍総司令官スコット将軍が立案したいわゆる「アナコンダ作戦」によるものであった。アナコンダとは、ワニをも絞め殺すという水棲大蛇のことである。

 スコット将軍は75歳にもなる老人で、肥満して多くの病いを抱えていたが、合衆国のために画期的な戦略を世に残した。それは経済封鎖の概念であり、優れた海軍力を使って大西洋岸とミシシッピ川流域を掌握すれば、自然に南部を屈服させられるというものであった。

 この作戦はその効果の遅さから一般に人気のある作戦ではなかったし、当初は包囲網が充分でなかった事もあってなかなか効果もあがらなかった。しかし、時間がたつにつれ、南部は海上封鎖で輸入ルートを絶たれ、後には陸上でもシャーマンの焦土作戦が加わったため、経済的に屈服せざるを得なくなったのである。逆に言えば、アナコンダ作戦がなければ、南部連合の力はまったく恐るべきものであったのだ。




読者登録

DSSSM(松浦豊)さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について