目次
はじめに
はじめに
南北戦争 ~分離独立を巡る死闘~
1.南北戦争の背景
2.開戦前の見通し
3.1861年4月17日~27日 ワシントンの危機
4.1861年4月19日 アナコンダ作戦の開始
5.1861年7月21日 第1次ブル・ランの戦い
6.1862年4月6日~7日 シャイローの戦い
7.1862年3月8日~4月25日 ハンプトン・ローズの海戦
8.1862年3月~7月 半島作戦
9.1862年8月29日~30日 第2次ブル・ランの戦い
10.1862年9月17日 アンティータムの戦い
11.1862年12月13日 フレデリックスバーグの戦い
12.1863年4月16日~7月4日 ヴィックスバーグの戦い
13.1863年5月1日 チャンセラーズヴィルの戦い
14.1863年7月1日~3日 ゲティスバーグの戦い
15.1864年5月4日~ ピーターズバーグへの道
16.1864年5月4日~9月2日 アトランタへの道
17.1864年11月15日~ シャーマンの焦土作戦
18.1865年4月9日 南軍降伏へ
南北戦争会戦推移
.1861年7月21日 第1次ブル・ランの戦い
.1862年4月6日~7日 シャイローの戦い
.1862年6月26日~7月1日 七日間の戦い
.1862年9月17日 アンティータムの戦い
.1863年4月16日~7月4日 ヴィックスバーグの戦い
.1863年7月1日~3日 ゲティスバーグの戦い
.1864年5月5日~6日 ウィルダネスの戦い
.1864年7月20日~9月2日 アトランタ攻防
南北戦争将軍列伝
.ジョージ・B・マクレラン
.ジョージ・G・ミード
.ユリシーズ・S・グラント
.ウィリアム・T・シャーマン
.フィリップ・H・シェリダン
.ロバート・E・リー
.トーマス・J・ジャクソン
.ジョセフ・E・ジョンストン
.ネーサン・B・フォレスト
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

36 / 37ページ

.ネーサン・B・フォレスト

 Nathan Bedford Forrest(1821~1877)

 「あの悪魔のフォレストは、10,000名の損失と国庫の破滅を招いても追い詰めて殺さねばならない」とシャーマン将軍をして言わしめたフォレストは、最も恐れられた南軍の騎兵隊指揮官であった。戦争を通じて乗馬を30回撃たれ、自身も4回負傷しながら、時にはしんがりで大胆不敵な戦いをこなし、電撃的な奇襲によって鉄道や電信線を破壊し、守備隊を降伏させて武器を手に入れ、北軍の進軍を妨害。シャーマンのアトランタ進撃の際には北軍の補給路を分断して徹底的に苦しめた。彼の原則は「最大人員でそこを最初に取れ」というものであった。

 天才肌で大胆不敵、直感と勇気にあふれ、「南北戦争における両軍を通じて最も非凡なる男」と言われる。リーらの降伏後、メキシコで抵抗を続けようかとも悩んだが、ミシシッピ川以東では最後に降伏。もともと奴隷商人の白人優越主義者で、戦争中にも捕虜の黒人300人を殺しており、戦後は白人優越主義秘密組織KKK団の指導者の一人となったが、後に離脱。1877年10月29日、糖尿病で死去した。



奥付



南北戦争 ~分離独立を巡る死闘~


http://p.booklog.jp/book/40192


著者 : dsssm
著者プロフィール:http://p.booklog.jp/users/dsssm/profile


感想はこちらのコメントへ
http://p.booklog.jp/book/40192

ブクログのパブー本棚へ入れる
http://booklog.jp/puboo/book/40192



電子書籍プラットフォーム : ブクログのパブー(http://p.booklog.jp/
運営会社:株式会社paperboy&co.



この本の内容は以上です。


読者登録

DSSSM(松浦豊)さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について