目次
はじめに
はじめに
南北戦争 ~分離独立を巡る死闘~
1.南北戦争の背景
2.開戦前の見通し
3.1861年4月17日~27日 ワシントンの危機
4.1861年4月19日 アナコンダ作戦の開始
5.1861年7月21日 第1次ブル・ランの戦い
6.1862年4月6日~7日 シャイローの戦い
7.1862年3月8日~4月25日 ハンプトン・ローズの海戦
8.1862年3月~7月 半島作戦
9.1862年8月29日~30日 第2次ブル・ランの戦い
10.1862年9月17日 アンティータムの戦い
11.1862年12月13日 フレデリックスバーグの戦い
12.1863年4月16日~7月4日 ヴィックスバーグの戦い
13.1863年5月1日 チャンセラーズヴィルの戦い
14.1863年7月1日~3日 ゲティスバーグの戦い
15.1864年5月4日~ ピーターズバーグへの道
16.1864年5月4日~9月2日 アトランタへの道
17.1864年11月15日~ シャーマンの焦土作戦
18.1865年4月9日 南軍降伏へ
南北戦争会戦推移
.1861年7月21日 第1次ブル・ランの戦い
.1862年4月6日~7日 シャイローの戦い
.1862年6月26日~7月1日 七日間の戦い
.1862年9月17日 アンティータムの戦い
.1863年4月16日~7月4日 ヴィックスバーグの戦い
.1863年7月1日~3日 ゲティスバーグの戦い
.1864年5月5日~6日 ウィルダネスの戦い
.1864年7月20日~9月2日 アトランタ攻防
南北戦争将軍列伝
.ジョージ・B・マクレラン
.ジョージ・G・ミード
.ユリシーズ・S・グラント
.ウィリアム・T・シャーマン
.フィリップ・H・シェリダン
.ロバート・E・リー
.トーマス・J・ジャクソン
.ジョセフ・E・ジョンストン
.ネーサン・B・フォレスト
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

33 / 37ページ

.ロバート・E・リー

 Robert Edwards Lee(1807~1870)

 リーは、世界戦史全体を見渡した時にもずば抜けて傑出した評価が与えられる戦術家であり、尊敬を受けた軍人である。彼はナポレオンやジョミニ理論の「戦争芸術」とも言うべき戦い方の最後にして最高の体現者であった。だが、南北戦争中にその様な戦い方は時代にそぐわないものになっていく。グラントやシャーマンらの、人民を精神的にも物理的にも巻き込んだ戦い方がその効果を発揮してくるにつれて、リーの戦い方は限界を露呈せざるを得なかったのである。

 長身のロマンスグレー、整った顔立ちで表情豊か、威厳に満ちていたが温厚で心優しく、公正で潔癖な人柄。すべての人に(敵にさえ)愛され、信頼され、畏敬され、部下の将兵たちの間には熱狂的な献身の念を抱かせた。南軍兵士たちは敗れても、敬愛する「ロバート親分」の落ち着いた表情を見て、自信を取り戻すのであった。戦後は南部の人々へ連邦への忠誠を説き、また、ワシントン大学の学長となった。1870年10月12日に病死。最期の言葉は「進撃だ、テントをたため」であった。



.トーマス・J・ジャクソン

 Thomas Jonathan Jackson(1824~1863)

 鉄壁の守りで「ストーンウォール」と呼ばれたジャクソン将軍は、戦術のみならず作戦行動においても並はずれた力量の持ち主であり、リーにも匹敵する将軍であった。リーは優秀な将軍に部隊を分け与えて効果的な作戦をとる事が多く、ジャクソンの存在はリーの戦術の前提条件ですらあった。逆に言えばジャクソンが戦死した時、南軍はほとんど半身を失った様な損失を受けたのである。

 礼儀正しく、寡黙、厳格、真面目で、正義を愛し、民情に気を配り、捕虜を手厚く取り扱った。特に、非常に信仰心があつく、事情の許す限りは一日も礼拝を欠かすことがなかった(ジャクソンの旅団は、信仰深い南軍の中でも最も「抹香くさい」集団であった)。国家に奉仕する心から戦争に参加し、勇敢で、戦闘中は微動だにせず直立不動で指揮にあたった。彼を知る誰もが彼を尊敬し、慕った。ジャクソン戦死の報が伝わった時、彼を知る北軍の将兵も涙を流した。その最期の言葉は、「川を渡って、木陰で休もう」というものであった。



.ジョセフ・E・ジョンストン

 Joseph Eggleston Johnston(1807~1891)

 「ジョーおやじ」と慕われたジョセフ・ジョンストン将軍は、リーと同郷同年、士官学校の同級生で、南北戦争でもリーと助け合う様にして戦線や作戦を担当した。しかし、博打の様な作戦をとる事の多いリーとは対照的に、ジョンストンの用兵は堅実で用心深く、かつ巧妙。正面突撃を避け、敵が進軍すると自軍を引き、その途中で敵の弱点を見つけてそこに突如大兵力をぶつける、などの戦法をとった。

 性格は高潔、篤実で、任務に誠実に取り組み、部下の信頼を得た。彼は戦争の後半、主にシャーマン将軍を相手にして戦い、リーがグラントに降伏した17日後、大部隊の指揮官としては最後に、シャーマンに対して降伏の申し入れを行った。シャーマンはこの年長の敵将を最大の敬意を表して迎え遇した。戦後、ジョンストンは鉄道会社の社長となる。1891年2月14日、シャーマンが死ぬと、ジョンストンは老齢にも関わらず寒さの中帽子もコートも着用せず、かつての敵に敬意を表して葬列を見送った。だがこれがもとで肺炎にかかり、3月21日に亡くなった。



.ネーサン・B・フォレスト

 Nathan Bedford Forrest(1821~1877)

 「あの悪魔のフォレストは、10,000名の損失と国庫の破滅を招いても追い詰めて殺さねばならない」とシャーマン将軍をして言わしめたフォレストは、最も恐れられた南軍の騎兵隊指揮官であった。戦争を通じて乗馬を30回撃たれ、自身も4回負傷しながら、時にはしんがりで大胆不敵な戦いをこなし、電撃的な奇襲によって鉄道や電信線を破壊し、守備隊を降伏させて武器を手に入れ、北軍の進軍を妨害。シャーマンのアトランタ進撃の際には北軍の補給路を分断して徹底的に苦しめた。彼の原則は「最大人員でそこを最初に取れ」というものであった。

 天才肌で大胆不敵、直感と勇気にあふれ、「南北戦争における両軍を通じて最も非凡なる男」と言われる。リーらの降伏後、メキシコで抵抗を続けようかとも悩んだが、ミシシッピ川以東では最後に降伏。もともと奴隷商人の白人優越主義者で、戦争中にも捕虜の黒人300人を殺しており、戦後は白人優越主義秘密組織KKK団の指導者の一人となったが、後に離脱。1877年10月29日、糖尿病で死去した。



奥付



南北戦争 ~分離独立を巡る死闘~


http://p.booklog.jp/book/40192


著者 : dsssm
著者プロフィール:http://p.booklog.jp/users/dsssm/profile


感想はこちらのコメントへ
http://p.booklog.jp/book/40192

ブクログのパブー本棚へ入れる
http://booklog.jp/puboo/book/40192



電子書籍プラットフォーム : ブクログのパブー(http://p.booklog.jp/
運営会社:株式会社paperboy&co.



この本の内容は以上です。


読者登録

DSSSM(松浦豊)さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について