目次
はじめに
はじめに
南北戦争 ~分離独立を巡る死闘~
1.南北戦争の背景
2.開戦前の見通し
3.1861年4月17日~27日 ワシントンの危機
4.1861年4月19日 アナコンダ作戦の開始
5.1861年7月21日 第1次ブル・ランの戦い
6.1862年4月6日~7日 シャイローの戦い
7.1862年3月8日~4月25日 ハンプトン・ローズの海戦
8.1862年3月~7月 半島作戦
9.1862年8月29日~30日 第2次ブル・ランの戦い
10.1862年9月17日 アンティータムの戦い
11.1862年12月13日 フレデリックスバーグの戦い
12.1863年4月16日~7月4日 ヴィックスバーグの戦い
13.1863年5月1日 チャンセラーズヴィルの戦い
14.1863年7月1日~3日 ゲティスバーグの戦い
15.1864年5月4日~ ピーターズバーグへの道
16.1864年5月4日~9月2日 アトランタへの道
17.1864年11月15日~ シャーマンの焦土作戦
18.1865年4月9日 南軍降伏へ
南北戦争会戦推移
.1861年7月21日 第1次ブル・ランの戦い
.1862年4月6日~7日 シャイローの戦い
.1862年6月26日~7月1日 七日間の戦い
.1862年9月17日 アンティータムの戦い
.1863年4月16日~7月4日 ヴィックスバーグの戦い
.1863年7月1日~3日 ゲティスバーグの戦い
.1864年5月5日~6日 ウィルダネスの戦い
.1864年7月20日~9月2日 アトランタ攻防
南北戦争将軍列伝
.ジョージ・B・マクレラン
.ジョージ・G・ミード
.ユリシーズ・S・グラント
.ウィリアム・T・シャーマン
.フィリップ・H・シェリダン
.ロバート・E・リー
.トーマス・J・ジャクソン
.ジョセフ・E・ジョンストン
.ネーサン・B・フォレスト
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

27 / 37ページ

.1864年7月20日~9月2日 アトランタ攻防

 -東部戦線- ★シャーマン vs. フッド

 シャーマンの進撃に対して遅滞戦術で防戦していたJ・ジョンストン将軍は7月17日、突如解任され、積極攻撃派のフッドが後任とされる。だが、フッドは作戦計画に遅延を来たし、ピーチトゥリー川を渡河する北軍への攻撃に失敗。アトランタは半包囲状態となり、市南東の山からの最初の砲弾で女児が死に、続く無差別砲撃に市民は逃げまどった。7月22日、北軍南方が手薄なのを見たフッドがこれを攻撃し、北軍でシャーマンらに弟の様に愛されていたマクファーソン将軍を戦死させ、もう少しで砲の据え付けられている山を占領するところであった。しかしなんとかそれを死守したシャーマンは、復讐心にも燃えて以後恐るべき冷酷さでアトランタの町への砲撃を続ける。それは最高時で一日5,000発に及んだという。シャーマンはワシントンに申し送った。「占領できるかどうか分からないが、どっちにしても用済みの街しか残りませんね」

 9月2日、迂回した北軍がアトランタ市内へ突入、アトランタ全市民は強制退去を命じられ、市内は徹底的に破壊され尽くした。


.ジョージ・B・マクレラン

 George Brinton McClellan(1826~1885)

 訓練と組織化の名人だが、敵を過大評価してしまう傾向が強く、恐ろしく慎重で進撃の遅いマクレランは、どちらかと言えば酷評される事が多い。しかしむしろ、北軍が勝つためには「まず勝ってから戦う」事が有効であった事を考えると、彼は戦略的には正しい選択をしていたのである。また彼は、いざ戦場で相まみえて戦うという事になれば、かなり優秀な指揮官であった。リーは戦後、「敵の中でマクレランがいちばんすぐれていた」と言っている。

 心から部下を愛し、細かい点にまで気を配り、士気を鼓舞する事に巧みで、整然と事を処理する頭脳を持った、北軍の中で最も愛された将軍であった。彼は「ちびのマック」と呼ばれ、多くの崇拝者を持っていた。が、自己賛美に溺れ、司令官在職中からリンカン大統領をあなどってまともに話も聞かず、解任された後は北部の「南部との講和派(敗北主義派)」の綱領を掲げて1864年度の大統領選挙にうってでて、リンカンに惨敗した。結局のところ、彼に欠けていたのはむしろ政治的センスであったのだろう。



.ジョージ・G・ミード

 George Gordon Meade(1815~1872)

 ゲティスバーグの戦いの3日前に突如北軍司令官に任命され、リーの攻勢を窮地のところではねのけたミード将軍は、すぐれた馬車馬タイプの軍人の典型ともいうべき将軍である。勇猛だが健全な判断力を有し、現実的で用心深く、馬鹿げた決定や、人をあっと言わせる様な決断などは下した事がなかった。しかし彼の、地形を見るすぐれた眼と、刻々と変化する戦術的状況において危険地点から他の危険地点へと部隊を移動させる素早い決断力とが、ゲティスバーグの危機を救ったのである。

 性格は短気でかんしゃく持ち、規律をやかましく励行し、部下をびくびく飛び回らせた。ゲティスバーグの戦いの後、リーを追撃する事を拒否してリンカン大統領の不興を買い、以後はグラントの指揮下で東部戦線を戦う。南軍降伏後リーに会い、軍帽を脱いで「おはようございます、将軍」と言うと、リーが「あごひげに白髪が増えたが、どうした?」と聞いた。ミードは「それもあらかたはあなたのためですよ」と答えた。戦後もミードは軍に残り、1872年11月6日に没した。



.ユリシーズ・S・グラント

 Ulysses Simpson Grant(1822~1885)

 北軍に勝利をもたらした英雄グラントは、リーらの、それまでの「兵力集中決戦思想」から最初に訣別し、近代的な「トータル・ウォー」の概念をはじめて体現した人物であった。彼は戦術的に決して無能だったわけではない(もっとも、リーには及ぶべくもない)が、彼の本領はむしろ、勝敗の報が民衆に与える政治的効果を考えて行動する点にあり、勝利の為には恐るべき不屈さと大胆不敵さをもって、またそれまでの軍事思想の常識から反する事であっても、実行に移した。

 体格はずんぐりしていて、軍服の着方に気をつかわず、無口で大酒飲み、しかしその冷静で沈着な態度、強く鋭いまなざし、無骨な中にも自然に備わった威厳には、誰もが心を打たれ、その庶民性は一般兵士にも親近感を抱かせた。だが戦後の人生は芳しいものではなく、1868年に大統領に当選し2期つとめたが、汚職にまみれ、「歴代最低の大統領」の汚名をかぶり、政界から引退後も事業に失敗した。最後は病気で水も飲めない苦しさの中、息を引き取った。最期の言葉は「水……」であった。



.ウィリアム・T・シャーマン

 William Tecumseh Sherman(1820~1891)

 シャーマンはそもそも、西部戦線におけるグラント将軍のもとで最も信頼された兵団長であり、その近代的戦争の薫陶を色濃く受けた。しかし彼が深南部に進撃した時、彼はグラント以上にその体現者となる。敵の兵士そのものだけでなく、敵軍の闘志をくじき、戦力を維持する根源を叩くという事を、徹底的に成し遂げたのである。これは彼にしか出来得なかった事であろうが、しかしその為に彼は南部人からは以後深く恨まれる事となった。

 シャーマンは、短く刈ったあごひげや、だらしのない服装など、外見上もグラントに似ており、勝利への不屈の闘志の面でもグラントと同等以上のものを持っていた。だが、グラントが無口なのに比べるとシャーマンは饒舌で、ダンスと美人が大好きであった。戦後はグラントの大統領就任と共に陸軍総司令官となり、その職に15年間在職した。在職中は、インディアンの蜂起に悩まされる。1884年に職を退き、1891年、71歳の誕生日の直後に没した。




読者登録

DSSSM(松浦豊)さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について