目次
はじめに
はじめに
南北戦争 ~分離独立を巡る死闘~
1.南北戦争の背景
2.開戦前の見通し
3.1861年4月17日~27日 ワシントンの危機
4.1861年4月19日 アナコンダ作戦の開始
5.1861年7月21日 第1次ブル・ランの戦い
6.1862年4月6日~7日 シャイローの戦い
7.1862年3月8日~4月25日 ハンプトン・ローズの海戦
8.1862年3月~7月 半島作戦
9.1862年8月29日~30日 第2次ブル・ランの戦い
10.1862年9月17日 アンティータムの戦い
11.1862年12月13日 フレデリックスバーグの戦い
12.1863年4月16日~7月4日 ヴィックスバーグの戦い
13.1863年5月1日 チャンセラーズヴィルの戦い
14.1863年7月1日~3日 ゲティスバーグの戦い
15.1864年5月4日~ ピーターズバーグへの道
16.1864年5月4日~9月2日 アトランタへの道
17.1864年11月15日~ シャーマンの焦土作戦
18.1865年4月9日 南軍降伏へ
南北戦争会戦推移
.1861年7月21日 第1次ブル・ランの戦い
.1862年4月6日~7日 シャイローの戦い
.1862年6月26日~7月1日 七日間の戦い
.1862年9月17日 アンティータムの戦い
.1863年4月16日~7月4日 ヴィックスバーグの戦い
.1863年7月1日~3日 ゲティスバーグの戦い
.1864年5月5日~6日 ウィルダネスの戦い
.1864年7月20日~9月2日 アトランタ攻防
南北戦争将軍列伝
.ジョージ・B・マクレラン
.ジョージ・G・ミード
.ユリシーズ・S・グラント
.ウィリアム・T・シャーマン
.フィリップ・H・シェリダン
.ロバート・E・リー
.トーマス・J・ジャクソン
.ジョセフ・E・ジョンストン
.ネーサン・B・フォレスト
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

22 / 37ページ

.1862年6月26日~7月1日 七日間の戦い

 -東部戦線- マクレラン vs. リー★

 首都リッチモンドに肉迫する北軍に対し、リーは起死回生の大博打を打つ。それは敵将マクレランの慎重さを逆手にとり、リッチモンド前面には最低限にも満たない兵力を残し、北方からのジャクソンの援軍をも得て左翼で大攻勢を行うというものであった。攻勢予定時日は26日であったが、ジャクソン軍が到着せず、A・P・ヒルがじれて攻撃を行って撃退される。しかしマクレランは正面の陽動作戦に惑わされ、結局27日の大攻勢を許してしまった。

 マクレランは、将兵の反対を押し切って全軍にジェームズ川まで撤退する様命令。3ヶ月かけて築き上げた陣地などはすべて捨てる事になったが、防御しつつ戦う事には長けたマクレランはマルヴァーン・ヒルに堅固な砲列を築く。マクレランがこんなに急激に退却するとは思っていなかったリーの作戦計画は具体性に欠け、南軍はマルヴァーン・ヒルの戦いで恐ろしいほどの損害を出すが、結局はマクレランの性格に助けられ、マクレランは撤退。マクレランは総司令官の地位からおろされる事になった。


.1862年9月17日 アンティータムの戦い

 -東部戦線- ★マクレラン vs. リー

 迫る北軍に対して南軍は、防御に有利と見られたシャープスバーグ近辺に、東を向いて半円形に布陣した。ただ、A・P・ヒルの師団は27km南にいてこちらに向かっている。対する北軍マクレランの作戦は、左右の翼を攻撃し、中央に空隙が出来たところを中央突破するというものであった

 朝6時のフッカー師団をはじめとして、次々に北軍が南軍の左翼を順番に攻撃しはじめたが、それは戦力の逐次投入以外の何ものでもなかった。強力な火力の下、次々に兵士は倒れたが、リーは予備を投入して戦線を押し返す。中央ロングストリートの戦線で道路を塹壕代わりにしていた兵士たちが北軍の一斉射撃を受け「血塗られた道」となった頃が、予備を使い果たしていた南軍最大の危機であったが、マクレランは予備を投入しない。戦線の南ではバーンサイド将軍が橋に無茶な攻撃を繰り返し、多大な損害を出しており、渡河を成功させた時、南軍にはヒルの師団が到着した。戦線は安定し、日没と共に戦闘は中止されたが、リーは損害の大きさを考えて夜中に退却、北軍はそれに朝まで気付かなかった。


.1863年4月16日~7月4日 ヴィックスバーグの戦い

 -西部戦線- ★グラント vs. ペンバートン

 4月末、ヴィックスバーグ北方でシャーマンが陽動作戦を行っている間に、グラントら北軍部隊は砲艦隊の支援を受けてブルーインズバーグに上陸。5月1日に南軍守備隊を撃破したのを皮切りにシャーマンの部隊をも得て北軍は悪路を進撃し、12日にはレイモンドで、14日にはジャクソンで、ジョンストンの軍に対し勝利を収めた。

 グラントは西方ヴィックスバーグの方へ向きを変え、16日にはチャンピオンズ・ヒルでペンバートンの軍を撃破。敗走する南軍を追って19日にヴィックスバーグを包囲する陣を布いた。18日間に北軍は300kmを行進し、5回の戦闘に勝ち、8,000人を捕虜としていた。シャーマンに敵陣地北方を攻めさせ、2、3度探りを入れた後はじっくり腰をすえて行った47日の包囲戦の末、7月4日にペンバートンは市及び30,000人の守備隊軍をあげて降伏した。前日のゲティスバーグの戦勝に続いて最も重大な要衝を陥落させたこの日は「1776年以来の最良の7月4日(独立記念日)」とも言われている。


.1863年7月1日~3日 ゲティスバーグの戦い

 -東部戦線- ★ミード vs. リー

 7月1日は北軍が劣勢であった。南軍のヒルとユーウェルは北軍をゲティスバーグの町から追い払う。しかし危ない所で北軍のハンコックは逃げのびた兵を要衝のセメタリー・ヒルに集結させた。北軍総司令官ミードは南と東から到着する部隊をセメタリーの丘陵に沿って配置、南軍はこれを包囲する形で集結する。

 翌2日、リーは総攻撃によって北軍の防御戦を後退させるつもりであったが、作戦のために必要な各部隊の連携がまったく得られなかった。しかしロングストリートの行った猛烈な攻撃は南北戦争中最も熾烈な戦闘となり、北軍は大きな損害を被る。だが、ミードは最後まで戦い抜くつもりだった。

 3日目、南軍はカルプズ・ヒルからも追い出され、午後1時リーは15,000の兵に、最も弱そうな中央部へ、平原を横切っての攻撃を命じた。だがナポレオン戦争の頃より遥かに威力を増したライフル銃の猛銃火が恐るべき惨状をもたらした。あまりの損害の大きさに南軍は撤退せざるを得なかった。ミードもまた、追撃を命じなかった。


.1864年5月5日~6日 ウィルダネスの戦い

 -東部戦線- グラント vs. リー★

 リッチモンドへ向かうグラントのもうひとつの目的は、南軍を野戦に引きずり出して雌雄を決する事であった。これに対しリーは、敵を誘い込む様に劣勢の兵を分散配置させた状態から的確に一点に集結させ、移動に手間取る北軍に攻撃をかけて出血を強いるという、並の司令官では到底実施出来ない作戦をとった。

 ウィルダネス周辺は低木が密生する道の狭い地域であり、ここを通過中の北軍ワレンの軍団にユーウェルの軍団が襲いかかる。ミードの命令により援軍を得ないままワレン軍団は反撃を行い、大損害を受けたが、3時頃セジウィックの部隊が到着しはじめると南軍の防衛戦が危険になりはじめた。南東のハンコックも加わって南軍の戦線および司令部を脅かすところであったが、翌日ロングストリートの部隊が到着、恐るべき危難の淵にあった戦線を押し返し、今度は北軍全体を崩壊しかねないところまで追い込む。その後、兵らの疲れと夕闇で戦闘は自然に止んでいったが、その夜、膨大な犠牲と屈辱にグラントは泣き叫んだという。



読者登録

DSSSM(松浦豊)さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について