目次
はじめに
はじめに
南北戦争 ~分離独立を巡る死闘~
1.南北戦争の背景
2.開戦前の見通し
3.1861年4月17日~27日 ワシントンの危機
4.1861年4月19日 アナコンダ作戦の開始
5.1861年7月21日 第1次ブル・ランの戦い
6.1862年4月6日~7日 シャイローの戦い
7.1862年3月8日~4月25日 ハンプトン・ローズの海戦
8.1862年3月~7月 半島作戦
9.1862年8月29日~30日 第2次ブル・ランの戦い
10.1862年9月17日 アンティータムの戦い
11.1862年12月13日 フレデリックスバーグの戦い
12.1863年4月16日~7月4日 ヴィックスバーグの戦い
13.1863年5月1日 チャンセラーズヴィルの戦い
14.1863年7月1日~3日 ゲティスバーグの戦い
15.1864年5月4日~ ピーターズバーグへの道
16.1864年5月4日~9月2日 アトランタへの道
17.1864年11月15日~ シャーマンの焦土作戦
18.1865年4月9日 南軍降伏へ
南北戦争会戦推移
.1861年7月21日 第1次ブル・ランの戦い
.1862年4月6日~7日 シャイローの戦い
.1862年6月26日~7月1日 七日間の戦い
.1862年9月17日 アンティータムの戦い
.1863年4月16日~7月4日 ヴィックスバーグの戦い
.1863年7月1日~3日 ゲティスバーグの戦い
.1864年5月5日~6日 ウィルダネスの戦い
.1864年7月20日~9月2日 アトランタ攻防
南北戦争将軍列伝
.ジョージ・B・マクレラン
.ジョージ・G・ミード
.ユリシーズ・S・グラント
.ウィリアム・T・シャーマン
.フィリップ・H・シェリダン
.ロバート・E・リー
.トーマス・J・ジャクソン
.ジョセフ・E・ジョンストン
.ネーサン・B・フォレスト
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

14 / 37ページ

13.1863年5月1日 チャンセラーズヴィルの戦い

 -東部戦線- フッカー vs. リー★

 一方東部戦線では、バーンサイドに代わって大言壮語のフッカーが総司令官に任命された。まったく、北軍は東部戦線で人材に恵まれなかった。

 5月1日(西部戦線でグラントの迂回作戦が始まっていた)、チャンセラーズヴィルの戦いはフレデリックスバーグの西方数kmの荒野で行われた。まず初戦、ジャクソンが頑強な抵抗によって北軍に陣形の立て直しを余儀なくさせると、リーは敵前で兵力を分割、半数以上をジャクソンに与え、迂回して敵右翼を攻撃させた。ジャクソンの軍が北軍右翼前に展開をはじめた頃、その向こうでは北軍兵士が夕食を作ったりトランプをしたりしていた。

 攻撃は全くの奇襲となった。北軍は全滅をまぬがれるのがやっとで、3日後にフッカーは撤退。だが、南軍が勝利の影で支払った代価はあまりにも大きかった。ジャクソン将軍が味方兵士に敵騎兵と見誤られ、撃たれたのである。手当を受けたが重傷で、全軍兵士がその回復を祈り、リー将軍などは夜を徹して「戦うごとく祈った」という。しかし肺梗塞を起こして5月10日、ジャクソンは帰らぬ人となった。これは南軍痛恨の痛手であった。



14.1863年7月1日~3日 ゲティスバーグの戦い

 -東部戦線- ★ミード vs. リー

 南軍は再度、ペンシルヴェニア州への侵入を企図した。それは軍事的にも政治的にも博打に等しいものではあったが、南部が勝利を得ようとすれば賭けるしかなかった。

 リーは6月3日に76,000の兵力をもって北方へ向かって行動を開始、27日には全軍が、メリーランド州を越えてペンシルヴェニア州に入った。その翌日、北軍では新しい司令官としてジョージ・G・ミードが任命された。今度の任命は間違いではなかった。ミードは現実的な判断力を有し、めざましいことをしそうにもない代わり、馬鹿げた事も絶対にしないという人物であった。

 6月30日に両軍の一部がゲティスバーグ近郊で接触したのは偶然からであったが、ゲティスバーグは重要な道路の結節点にあり、ひきよせられる様に両軍の部隊が集結し、はからずもここで大規模戦闘を引き起こす事となった。南軍70,000、北軍93,000。

 7月1日、2日は南軍の方が優勢であった。だがミードは、部隊を恐ろしく巧みに移動させ、要衝を守り抜く。3日午前にも南軍は決定的な勝利を得られないでいた。ジャクソンがいない事は、作戦の柔軟性を失わせていた。午後、リーは勝利のために、3個師団に対して平原を横切って北軍の中央部へ正面攻撃をかける様命じた。これは、フレデリックスバーグにおけるバーンサイドより拙劣な戦法であった。15,000の南軍兵士が恐るべき銃砲火の中を進み、次々に倒れた。南軍の死傷者は28,000を数え、リーは退却を選択せざるを得なかった。一方、北軍の死傷者も23,000に達していた。

 リーは自らの過ちを認めないわけにはいかなかった。最大の賭け、最大の戦闘に敗れたのである。もはや二度と南軍がワシントンを脅かす事は出来ないであろう。ゲティスバーグから退却をはじめた7月4日には、西部戦線でヴィックスバーグが陥落。経済封鎖はますます強くなり、南部はあらゆる物資に不足をきたしていた。南部の勝機は永遠に失われたのだ。リーは南部連合の大統領デーヴィスに南軍総司令官の辞任を申し出たが、彼以上の人材を見つける事は不可能だった。



15.1864年5月4日~ ピーターズバーグへの道

 -東部戦線- グラント vs. リー


 北部にとって、1863年は西部戦線のチャタヌーガの戦勝などで暮れ、1864年は明るい新年となった。3月9日にはグラントが総司令官に任命され、以後彼は東部戦線で指揮をとることになる。彼がすべきことは、リーを撃破し、リッチモンドを占領する事であった。

 だがリーは、グラントが西部戦線で相対したどんな将軍ともまったく出来の違う軍人であった。しかもリーに残された唯一の方法は「北軍に多大な出血を強いて、戦争継続を諦めさせること」である。リーの持つ兵力64,000に対してグラントは100,000の兵を率い、ウィルダネスの密林を通って進撃を始めたが、リーのウィルダネス作戦はグラントに17,700もの損害を与え、南軍の損害はその半分にも満たなかった。この戦いはまさに、北部の勝利への意欲を危うく粉砕するところであった。

 だがグラントは不屈であった。続けてスポットシルヴェニアで12,200、コールド・ハーバーで12,000と、戦力との比率では南軍とほぼ同じながら、数の上では遥かに多い損害を出しつつ、リッチモンドへ向かって進撃した。それは、北軍兵士にとって恐怖の日々でもあったが、南軍は南軍で、グラントの前では勝利が何の意味も持たない事を思い知らされざるを得なかった。

 6月3日の時点で北軍はリッチモンドまで15kmの地点に達していたが、リーの軍隊を撃破せねばリッチモンドの占領はおぼつかない。グラントはリッチモンドの南方25kmの場所にあるピーターズバーグを占領してリーの補給を断つ作戦を立てたが、危ういところでリーはピーターズバーグに突入し、その機会は失われてしまった。もはやグラントの軍には、ピーターズバーグを一気に落とすだけの兵力も火力もなかった。彼はピーターズバーグのリー軍を包囲する作戦に出た。包囲戦は6月18日からその後9ヶ月の長きに渡って続く。しかし、この選択は正しかった。なぜなら、動けないリーは危険ではなかったからである。その間に、シャーマンが南部連合軍の力をがたがたに破壊する事になる。



16.1864年5月4日~9月2日 アトランタへの道

 -西部戦線- ★シャーマン vs. ジョセフ・ジョンストン

 東部戦線でグラントが血みどろの進撃を始めた5月4日、西部戦線ではシャーマンがアトランタへの進撃を始めた。アトランタは南部連合最大の軍事拠点であり、軍事施設に打撃を与える事が目的であった。

 シャーマンの兵力は100,000。対する南軍指揮官はジョセフ・ジョンストン、兵力は59,000。彼は巧妙な遅滞戦術でシャーマンの進撃をよく阻んだが、シャーマンの方でもそれに匹敵する巧妙さで南軍に損害を強いていった。7月17日には北軍はアトランタまで13kmの地点に達し、デーヴィス大統領にジョセフ・ジョンストンは解任されてしまう。

 アトランタは防備を固めており、半包囲状態が続いた。北軍の砲弾がアトランタに降り注ぎ、無差別砲撃に市民は逃げまどった。9月2日、北軍はアトランタ市街へ突入。南部の心臓部は徹底的に破壊され尽くした。



17.1864年11月15日~ シャーマンの焦土作戦

 -南部後背地- ★シャーマン vs. ジョセフ・ジョンストン

 ピーターズバーグでリーが包囲されている間に、シャーマンは次なる焦土作戦の為の行進を始めた。ジョージア州、サウスカロライナ州、ノースカロライナ州という、南部の主要州であり後背地である地域を、とにかく破壊して進むのである。

 11月15日、シャーマンは62,000の兵に100kmの幅をとらせ、まず大西洋岸への進軍を開始した。作物、家畜、工場、鉄道などを手当たり次第に略奪し、破壊していった。シャーマンは書いている。「われわれは土地を荒らし尽くし、牛馬は小麦やとうもろこし畑をあとかたもないほど食い尽くした。人々は我らの行く前に姿を隠し、後には荒涼として何もない。戦争とはどんなものか、知りたければ我々の後についてくるがよい。」

 12月21日には大西洋岸に到着。1865年1月には北に向かって出発し、3月25日までに680kmを進軍、ジョンストンの抵抗を蹴散らして焦土作戦を行った。南部諸地域はぼろぼろの状態となり、シャーマンは南部人に深く恨まれる事になった。




読者登録

DSSSM(松浦豊)さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について