目次
はじめに
はじめに
南北戦争 ~分離独立を巡る死闘~
1.南北戦争の背景
2.開戦前の見通し
3.1861年4月17日~27日 ワシントンの危機
4.1861年4月19日 アナコンダ作戦の開始
5.1861年7月21日 第1次ブル・ランの戦い
6.1862年4月6日~7日 シャイローの戦い
7.1862年3月8日~4月25日 ハンプトン・ローズの海戦
8.1862年3月~7月 半島作戦
9.1862年8月29日~30日 第2次ブル・ランの戦い
10.1862年9月17日 アンティータムの戦い
11.1862年12月13日 フレデリックスバーグの戦い
12.1863年4月16日~7月4日 ヴィックスバーグの戦い
13.1863年5月1日 チャンセラーズヴィルの戦い
14.1863年7月1日~3日 ゲティスバーグの戦い
15.1864年5月4日~ ピーターズバーグへの道
16.1864年5月4日~9月2日 アトランタへの道
17.1864年11月15日~ シャーマンの焦土作戦
18.1865年4月9日 南軍降伏へ
南北戦争会戦推移
.1861年7月21日 第1次ブル・ランの戦い
.1862年4月6日~7日 シャイローの戦い
.1862年6月26日~7月1日 七日間の戦い
.1862年9月17日 アンティータムの戦い
.1863年4月16日~7月4日 ヴィックスバーグの戦い
.1863年7月1日~3日 ゲティスバーグの戦い
.1864年5月5日~6日 ウィルダネスの戦い
.1864年7月20日~9月2日 アトランタ攻防
南北戦争将軍列伝
.ジョージ・B・マクレラン
.ジョージ・G・ミード
.ユリシーズ・S・グラント
.ウィリアム・T・シャーマン
.フィリップ・H・シェリダン
.ロバート・E・リー
.トーマス・J・ジャクソン
.ジョセフ・E・ジョンストン
.ネーサン・B・フォレスト
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

4 / 37ページ

3.1861年4月17日~27日 ワシントンの危機

 サムター要塞陥落の翌日、4月15日にリンカンは75,000の義勇軍の召集を命じた。これを見て、奴隷州でありながらまだ南部連合に加わっていなかったヴァージニア州は決意を固め、4月17日に連邦を離脱して南部連合に加わった(続けて3州が南部連合に加わって、最終的に南部連合は11州)。地図を見てみれば分かるが、首都ワシントンはヴァージニア州に接している。のみならず、ヴァージニア州と共にワシントンを挟む様にして位置するメリーランド州も、実は奴隷州であった。

 4月17日のうちにヴァージニア州民兵は行動を起こし、ワシントン北西の重要拠点占領に向かう。この時、ワシントンを守る軍隊は皆無であった。メリーランド州が南部連合に加わる事態になれば、ワシントンは完全に孤立してしまう。リンカン大統領はメリーランド州が南部連合に加わらない様に、あらゆる政治工作をした。25日になってようやく北部諸州の部隊が鉄道でワシントンに到着しはじめ、27日にはようやく10,000に達した。メリーランド州の連邦脱退派も、北部諸州の南部弾圧の決意が固くなるのを見てしだいに衰えた。

 こうして首都ワシントンの危機はどうにか回避された。南北戦争では「首都陥落=敗戦」というわけではなく、むしろ交通の要衝をおさえる事による戦力の分断や物資の獲得・破壊、戦争の帰趨によって左右されるであろう各州の動向という事の方が大事であった(実際、南軍は直接ワシントンに向かうよりはむしろ、まずその北方のペンシルヴェニア州に侵攻した)が、北部の首都ワシントンと南部連合の首都となったリッチモンドはわずか170kmしか離れておらず、その間およびその周辺で熾烈な戦いが繰り返されたのである。

 この東部戦線ではシーソーゲームが続く。これに対して、もう一つの主要戦線となった西部戦線(ミシシッピ川流域とその周辺)では北軍が優勢に勝ち進み、ついにはそこから南部連合の後背地まで侵攻する事となる。

 また、この戦いでは戦史上はじめて、鉄道や電信が大きな意味を持つことになった。鉄道輸送は戦争の帰趨を決定する。戦いは重要な鉄道の結節点をめぐって行われる事が多かった。北部は南部に比べて鉄道網が発達しており、部隊の戦線間の移動も容易であった。



4.1861年4月19日 アナコンダ作戦の開始

 ワシントンが危機的状況にあった4月19日、リンカン大統領は南部連合の全海岸線を封鎖するよう命じた。これは、連邦陸軍総司令官スコット将軍が立案したいわゆる「アナコンダ作戦」によるものであった。アナコンダとは、ワニをも絞め殺すという水棲大蛇のことである。

 スコット将軍は75歳にもなる老人で、肥満して多くの病いを抱えていたが、合衆国のために画期的な戦略を世に残した。それは経済封鎖の概念であり、優れた海軍力を使って大西洋岸とミシシッピ川流域を掌握すれば、自然に南部を屈服させられるというものであった。

 この作戦はその効果の遅さから一般に人気のある作戦ではなかったし、当初は包囲網が充分でなかった事もあってなかなか効果もあがらなかった。しかし、時間がたつにつれ、南部は海上封鎖で輸入ルートを絶たれ、後には陸上でもシャーマンの焦土作戦が加わったため、経済的に屈服せざるを得なくなったのである。逆に言えば、アナコンダ作戦がなければ、南部連合の力はまったく恐るべきものであったのだ。



5.1861年7月21日 第1次ブル・ランの戦い

 -東部戦線- マクダウェル vs. ボーリガード★

 スコット将軍の深謀遠慮に対して、北部人の一般の見方は「リッチモンドを占領すれば戦争は終わる。それには90日あれば充分だ。」というものであった。新聞や人々は「早く戦争をしろ!」「リッチモンドへ進め!」とわめき立てた。スコット将軍や閣僚の何人かは、封鎖作戦を厳重にすればやがて南部は降伏すると主張したが、政治的に世論の動きを考慮したリンカンは、南部への進撃を命じた。

 6月26日、リンカン大統領はマクダウェル将軍に対して、首都ワシントンの南西48kmのマナサス駅周辺に集結している南軍のボーリガード将軍麾下の軍22,000を攻撃し、その後続けてリッチモンドへ進撃するよう命令。7月16日、マクダウェル将軍率いる北軍30,000の兵が、マナサス駅へ向けて出発した。北軍のうしろには、連邦軍が反乱軍を破るのを見ようと、乗馬・徒歩の見物人や、着飾った夫人連れでピクニックのバスケットを持って馬車に乗り込んだ議員などが付き従っていた。

 7月21日にそれらの観衆の前で決戦が行われた(第1次ブル・ランの戦い、または第1次マナサスの戦い)が、両軍の兵士・将軍たちとも戦闘に慣れておらず、それどころか両軍の軍旗・軍服までもまちまちで区別がよくつけられなかったので、まったくの大混乱が起こった。両軍とも夢中のうちに数時間戦闘が続けられ、そのうち北軍の隊列が退却をはじめた。それはすぐさま大壊走となった。兵士たちは我勝ちにワシントンへ逃げ帰り、南軍がワシントンを目指して猛追撃を行っているだのの流言飛語が飛び交った。

 南軍が勝つことが出来たのは、この戦いにおいて固い守備で「ストーン・ウォール(石の壁)」とあだ名されたジャクソン将軍の働きと、ジョセフ・ジョンストン将軍が首尾良く鉄道で増援隊を送り込んだからであった。しかし実態としては、むしろ負けた北軍よりも勝った南軍の方が混乱していたのである。ワシントンへ追撃などは、不可能な事であった。

 この戦いで北部は冷水を浴びせられた様なショックを受けた。北部人は奮起して、長期戦の為の準備にとりかかった。リンカンはブル・ランの敗戦の4日後に、ヴァージニア西部の作戦に成功し一躍国民的人気を得ていたマクレラン将軍に連邦軍立て直しの任を与え、多数の長期志願兵、大量の資金と装備を供給した。彼は軍隊の訓練と組織化に長けた、軍隊強化にうってつけの人物であった。

 南部の方はと言えば、これで南部の優勢が証明されたと喜び、北部は分裂し、諸外国は南部の独立を承認するだろうと思いこんで、何もしなかった。南部の基本方針が、北軍を撃退する事によって独立承認が得られるだろうというものであり、それに、軍事的にも混乱が大きく北部への侵攻は現実的ではなかった。

 一方マクレランは、ひたすら軍隊の訓練と組織化に余念がなかった。ブル・ランの戦いから数ヶ月がたち、彼は11月1日にはスコット将軍の辞任によって、総司令官に任命される。しかしマクレランには、敵の兵数を絶えず過大に見積もり、自軍に恐ろしく潤沢な兵員・装備がなければ動こうとしないという欠点があり、南部侵攻の要請があっても重い腰をあげようとしなかった。リンカンもしびれを切らして大統領令により2月22日の総攻撃を一方的に要求するほどだったが、マクレランがようやく行動を起こしたのは、1862年の3月の事であった。



6.1862年4月6日~7日 シャイローの戦い

 -西部戦線- ★グラント vs. ボーリガード

 西部戦線では、それより早く1862年2月6日にはヘンリー要塞を、2月16日にはドネルソン要塞を、グラント将軍が攻め落とすという戦功を得た。このニュースは意気阻喪していた北部に精神的勇気を与えた。グラントは勢いに乗じて敵に休むいとまを与えず攻撃を続ける事が重要である事を真に理解していたが、無能な上官ハレック将軍はグラントの成功をねたんで彼に追撃を許さず、無用な方面への攻撃を命じた。そうやって北軍が時間の浪費をしている間に、南軍は兵力を集める事が出来た。ハレックはその後やっとグラントが望む方向への進撃を許したが、ビューエル将軍の軍が合流してからという条件付きであった。

 ところがこのビューエル将軍というのが行動ののろい将軍であって、グラントは合流を待っていたシャイローの地で何の備えもないまま、南軍の攻撃をいきなり受けてしまった。これがシャイローの戦い(またはピッツバーグ・ランディングの戦い)である。

 南軍の指揮官はボーリガードとアルバート・ジョンストンの両名将であった。南軍の巧妙な指揮のもとでの突進に対して、グラントは揺るがぬ冷静さで指揮し、北軍兵士の勇敢さは敗走を防いだ。しかし、12時間にも及ぶ戦いのあと、4月6日が暮れる頃には北軍はどう見ても敗北の淵にあった。普通の将軍なら、退却して残余の兵力を全滅から救おうとしたはずである。だがグラントは普通の将軍ではなかった。ビューエル軍の一部などの増援を得て翌日の朝、グラントは猛然と反撃に転じた。ボーリガード将軍は10時間の死闘の後、南軍を撤退させた。

 シャイローの戦いは北軍の勝利となったが、その損害は大きかった。北軍が13,000以上、南軍が11,000の損失であった。グラントが備えを怠った事が新聞紙上で誇張されて、グラントはむしろ無能呼ばわりされた。リンカン大統領にはグラントを免官する様に政治的圧力がかけられたが、リンカンは「私はこの男を手放せない。あれは戦う男だ。」と答えた。



7.1862年3月8日~4月25日 ハンプトン・ローズの海戦

 -海上戦闘- モニター vs. メリマック

 1862年に入って海上経済封鎖はようやく効果を持ち始めた。南軍は艦船の絶対量でも劣勢で、数の劣勢を補う為に甲鉄艦メリマックを建造。だがこの情報を入手した北軍の方でも甲鉄艦モニターを建造していた。

 1862年3月8日、ヴァージニア州南東端の天然の錨地ハンプトン・ローズで甲鉄艦メリマック号は次々と北軍の木造鑑を血祭りにあげていたが、翌日、北軍の甲鉄艦モニター号と戦闘になった。史上初の甲鉄艦同士の戦いである。戦術的には引き分けに終わったが、メリマック号の自由な行動を妨げた事によって、北軍にとっては続く半島作戦が可能になった。

 4月25日には、ミシシッピ川河口の南部第二の都市ニューオーリンズが北軍艦隊の手に落ちる。続けて艦隊はミシシッピ川を遡って封鎖を完璧なものにしようとした。結節点であるヴィックスバーグは1863年7月4日まで落ちなかったが、それまでに北軍はじわじわと南部への封鎖を固く締めあげていく。




読者登録

DSSSM(松浦豊)さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について