twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格100円(税込)
カテゴリー 小説・ノンフィクション 文芸 作者 ataka
価格 100円(税込)
タグ 波漂那稲魏堂
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

1 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 258ページ (Web閲覧)
259ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
 黒岩涙香の白髪鬼の現代語訳、イタリアの歴史ある貴族、羅馬内家の若き後継者、波漂・羅馬内(ハピョ・ローマナイ)は親友の貧しい画家魏堂(ギドウ)を兄弟のように思い、信頼して家にも自由に出入りをさせていた。波漂は友人魏堂との交友に満足し、今まで女性には全く関心が無かったが、ある日、散歩の帰りにこの世にまたとない美女那稲(ナイナ)と出会い、天女にでも出会ったような気になり、感激し、あっという間に結婚してしまった。幸福な気持ちに満ち足りて生活していたある日、散歩に出て、伝染病にかかった少年に出会い、助けようとして、自分も激烈なこの伝染病に感染し、その日のうちに発病し、死んでしまう。
 真っ暗な中で、ふと記憶が戻ったが、墓の中の棺桶の中だった。どうにかこうにか脱出し、家に戻ってみると、妻那稲と親友魏堂が夫婦のように睦まじく語らっており、その話から二人に裏切られていたことを知る。

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧