目次
0、訳者の前置き
page 1
page 2
一.伯爵波漂(ハピョ)の生い立ち
page 1
page 2
二。伯爵波漂の結婚
page 1
page 2
page 3
三.波漂の伝染病感染
page 1
page 2
四、波漂の死と蘇生
page 1
page 2
page 3
五.ここはどこだ
page 1
page 2
六.暗闇での苦闘
page 1
page 2
七.暗闇の中での光明
page 1
page 2
page 3
八.暗闇からの脱出
page 1
page 2
page 3
九.古着屋
page 1
page 2
十.主人の述懐
page 1
page 2
十一.変わりように驚く波漂
page 1
page 2
page 3
十二.裏切りを見た波漂
page 1
page 2
page 3
十三.怒りに震える波漂
page 1
page 2
page 3
十四.二人の会話に歯ぎしりする波漂
page 1
page 2
page 3
十五.魏堂の勝手な言い分
page 1
page 2
十六.復讐の固い決意
page 1
page 2
十七.ひとまずパレルモへ
page 1
page 2
十八.波漂を見破る船長
page 1
page 2
page 3
十九.照子の貞淑ぶり
page 1
page 2
二十.変装に精を出す波漂
page 1
page 2
二十一.立ち居振る舞いも変える波漂
page 1
page 2
二十二.捕まった海賊カルメロネリ
page 1
page 2
二十三.財宝の使用を許された波漂
page 1
page 2
page 3
二十四.警察署長の訪問
page 1
page 2
page 3
二十五.いよいよネープルへ
page 1
page 2
二十六.ネープルのコーヒー館にて
page 1
page 2
page 3
二十七.波漂をけなす魏堂
page 1
page 2
二十八.那稲に会わせたがる魏堂
page 1
page 2
page 3
二十九.会うのを断る波漂
page 1
page 2
page 3
三十.魏堂の家を訪れた笹田伯爵
page 1
page 2
page 3
三十一.那稲に会わされた笹田伯爵
page 1
page 2
三十二.那稲と話をする笹田伯爵
page 1
page 2
三十三.嫉妬する魏堂
page 1
page 2
page 3
三十四.魏堂の話に耐える笹田伯爵
page 1
page 2
三十五.星子に会う笹田伯爵
page 1
page 2
page 3
page 4
三十六、星子をいたぶる魏堂
page 1
page 2
page 3
三十七.魏堂達を暗に告発する皺薦
page 1
page 2
page 3
三十八.魏堂を安心させる笹田伯爵
page 1
page 2
page 3
三十九.那稲を愛さないように求める魏堂
page 1
page 2
四十.波漂に似ているのを危惧する那稲
page 1
page 2
page 3
page 4
四十一.魏堂に知られないように親愛を示す那稲
page 1
page 2
page 3
四十二、星子を心配する笹田伯爵
page 1
page 2
page 3
四十三、笹田伯爵に那稲を頼む魏堂
page 1
page 2
四十四.危篤になった星子
page 1
page 2
page 3
四十五.目を見せてと頼む星子
page 1
page 2
四十六.老僕に見破られた波漂
page 1
page 2
page 3
四十七.魏堂の手紙に憤慨して見せる那稲
page 1
page 2
page 3
四十八.那稲に妻になれと言う笹田伯爵
page 1
page 2
page 3
四十九.那稲に愛をささやかれた笹田伯爵
page 1
page 2
五十.目を見せてと言う那稲
page 1
page 2
page 3
五十一、幽霊ではないかと驚く那稲
page 1
page 2
page 3
五十二、嵐の中で憂さを晴らす波漂
page 1
page 2
五十三、復讐の序曲
page 1
page 2
五十四、修道院に避難する那稲
page 1
page 2
page 3
五十五、ピストルの手入れをさせる波漂
page 1
page 2
page 3
五十六、魏堂の乗る馬車の到着
page 1
page 2
五十七、胸騒ぎを訴える魏堂
page 1
page 2
page 3
五十八、13の数字に沈むパーティー
page 1
page 2
五十九、盃を投げつける魏堂
page 1
page 2
page 3
六十、決闘を申し込む笹田伯爵
page 1
page 2
page 3
六十一、介添人を断られ困る魏堂
page 1
page 2
六十二、自室に戻る笹田伯爵
page 1
page 2
六十三、那稲に会えず苦悩する魏堂
page 1
page 2
page 3
六十四、決闘場に着いた笹田伯爵
page 1
page 2
六十五、サングラスをはずす笹田伯爵
page 1
page 2
六十六、笹田伯爵を恐怖の目で見る魏堂
page 1
page 2
六十七、貴方は誰だと聞く魏堂
page 1
page 2
六十八、波漂に謝り事切れた魏堂
page 1
page 2
六十九、いよいよ那稲を憎む波漂
page 1
page 2
七十、魏堂が死んだことを聞き安堵の色を見せる那稲
page 1
page 2
七十一、魏堂に全財産を贈られて喜ぶ那稲
page 1
page 2
七十二、笹田伯爵の指を見て気絶する名稲
page 1
page 2
七十三、本当は若いと見抜かれた笹田伯爵
page 1
page 2
page 3
七十四、リラの素直さをうらやむ笹田伯爵
page 1
page 2
七十五、那稲の魏堂への手紙
page 1
page 2
七十六、那稲の緻密さにあきれる波漂
page 1
page 2
七十七、リラと瓶造を結ぶ決意
page 1
page 2
七十八、ネープルに戻った波漂
page 1
page 2
page 3
七十九、結婚式の準備にいそしむ二人
page 1
page 2
八十、飼い犬を撃ち殺させた那稲
page 1
page 2
八十一、羅浦船長に再会した笹田伯爵
page 1
page 2
八十二、外国に密かに送ってくれと頼む笹田伯爵
page 1
page 2
page 3
八十三、那稲に嫌みをを言う笹田伯爵
page 1
page 2
八十四、素晴らしい宝石を那稲に約束する笹田伯爵
page 1
page 2
八十五、婚礼の夜宝石を見に行くことにした那稲
page 1
page 2
八十六、瓶造に睡眠薬を飲ませる笹田伯爵
page 1
page 2
八十七、墓倉で何かを仕組む笹田伯爵
page 1
page 2
八十八、那稲の美しさに息を呑む笹田伯爵
page 1
page 2
八十九、那稲の冷静さに感心する笹田伯爵
page 1
page 2
九十、町中の人を饗応する笹田伯爵
page 1
page 2
九十一、那稲とダンスする笹田伯爵
page 1
page 2
九十二、開始の十一時の鐘の音
page 1
page 2
九十三、波漂の姿に戻る
page 1
page 2
九十四、辻馬車で墓倉へ
page 1
page 2
九十五、どこなのか不安がる那稲
page 1
page 2
九十六、やっと墓倉の底へ
page 1
page 2
九十七、素顔見せる波漂
page 1
page 2
九十八、恐れる那稲
page 1
page 2
九十九、助けを求める那稲
page 1
page 2
百、必死に逃げようともがく那稲
page 1
page 2
百一、波漂にしがみ付く那稲
page 1
page 2
百二、もう一度愛してと頼む那稲
page 1
page 2
百三、短剣を奪う那稲
page 1
page 2
百四、どうした那稲
page 1
page 2
百五、どこかが崩れ真っ暗に
page 1
page 2
百六、那稲の最後
page 1
page 2
百七、アメリカで再起を期す波漂
page 1
page 2
page 3
奥付
奥付

閉じる


0、訳者の前置き

試し読みできます
                 (〇) (訳者の前置き)

 

 私は、先年不思議な一篇の事実談を非小説と題して掲載したが、その中にムシュー・ヘリーと言う人が死んで、その後蘇生した事を記した。
 当時、読者の中にはこれを事実とは考えられないと言い、一度死んで、医者に死人と認定された者が生き返るはずがないと言って、はるばる書を寄せて、私をなじる者もあった。諸所で非難の声も聞いたが、「事実はかえって小説よりも奇なり」とはこのことだ。

 死んだと見えて死んだのではなく、少しの間、命を停止されていたものだ。その例は色々有ると見え、しばしば洋書に散見するところだが、中でも、米国文学家、故アラン・ポー氏の記すところのごときは、英学者ならたいてい読んで知っているところなので、私は同氏の記事を例に引き、こんな事もあると答えて説明して来た。

 後に、あの実歴鉄仮面を訳するに当たり、またオービリアがカタコム(蓄骨洞)から骸骨になって生き返った一節があったが、かって読んだボアゴべー氏の大復讐といえる小説にも、ゴントラント・ド・ケルガスという者が地底から蘇生して来て、元愛人をスイスの山頂で救うという一節があった。私も少しは心に迷ったが読者もまた迷うだろうと察せられる。

 しかしながら、これらはどれも、一昔前のことなので、近年このような事はないか、もしあったらその顛末を知りたいと思い、これを医者の某氏に尋ねてみたところ、蘇生の例は時々あり、その最も最近のものは1884年(明治17年)イタリアで伝染病が流行した時、これに感染して死んだ一人が墳墓の底から生き返った一例があると言った。その生き返った人は何という人かと聞くと、ネープル府(ナポリ)の貴族波漂・羅馬内(ハピョ・ローマナイ)氏だと答えた。

 この人が本当に生き返り、今もまだ生きているなら、きっと、何かこの人がその後に書いた文章が有るはずだ。他人が書いたものはあてにならないので、本人が自ら書いたものはないかと聞いたところ、その医者は知らないと答えた。ただ、最近の西洋医事新誌に雑報として書いてあったのを見たのだと言う。それで私はその新誌を借り受けて読んでみたところ、下記のように書いてあった。

 ある自然の作用により一時生命が停止され、全くの死人となった者が、ある時を経て生き返る例は、もはや珍しいように記すまでもないが、これもその一つか。1884年の流行病で死去したイタリアの貴族波漂・羅馬内氏がいつの間にか蘇生した事実は確かである。その後、ネープル府(ナポリ)で社会の上下を驚かした大事件も実は氏が関係したものだと言う。

 ただこれだけのことだったので、私はほとんど失望したが、更に念のため、西洋の書店に手紙を送り、何か波漂・羅馬内という人が著した書は無いか、広くその地の書店に捜索してくれと言い送ったところ、時を置かず返事が来た。

 それによると、羅馬内氏は目下その自伝を著作中で、脱稿しだい当店から出版する予定なのでその節はすぐに送ります。ただし、代金はいくらなのでその時までにお送り下されたい云々とあり、私はうれしさに耐えられず、首を長くして待っていたところ、この頃の船便でその著作を送って来た。

 開いてみると、氏が死ぬ前から生き返った後の事件までを書いたもので、その生き返った様子


試し読みできます

はあのオービリヤがカタコム(蓄骨洞)から脱出する時の様子とほぼ同じだが、全編の記事は実に人情の極致を描いたものだった。これは架空の小説に比べれば目をくらますような波乱は無いが、小説家の誰しもが描こうと欲して今だ描けないでいるところのものだった。

 「平凡にしてしかも無類」Plain but original とはこの種の趣向のことをいうべきか、私は英米の小説も、フランスの小説も、ロシアの小説も、ドイツの小説も多少は読んだが、この書のように読み終わった後に無情の感に耐えないものは読んだことはなかった。

 イタリア人は多恨多涙にしてしかも執念深いと聞いていたが、多恨の人にして初めてこの種のことが書けたのだろう。読んで面白くないと言う人もいるだろう。痴情に過ぎると言う人もあるだろう。世間にありがちなことだけだと笑う人もあるだろう。

 確かにありがちなことだが、その事実は無類だ。ただ拙劣な訳文を以て原書の趣を抹殺するのは、私のはなはだ恥じるところだが、事実を報道する雑報だと見てもらえれば、架空のつくり話よりはむしろ、新聞紙の本職に近いと言うことができるのではないだろうか。
                                                                                 涙香識す  



« 前の章