twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション 歴史・時代 作者 清岡美津夫
価格 無料
タグ 後漢末三国志
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

209 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 執筆中 ページ数 28ページ (Web閲覧)
95ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
中国後漢時代末を舞台とした歴史小説。主役の劉備(りゅうび)は『三国志』巻三十二蜀書先主伝に立伝された人物です。主にその伝の記述やその他史書から取材し創作した2010年の作品です。現在、ページ作成中(執筆中)であるため、無料公開中です。

この本は無料です

この本を開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

日本のお城の探訪記。壮大な天守閣を持つお城から、今は城址公園や記念公園となっている城郭・城館、その土...

この本を開く

方子さんはどうしようもない方向音痴です。名前が悪かったのでしょうか。当人は至ってお気楽なのですが、周...

この本を開く

 あまり記憶には薄いかもしれないが、とある地方の事件としてこんな記事が新聞に躍った。2017年7月、...

この本を開く

誰もが知ってる桃太郎!でも、なんだか少し様子がおかしいようです。イヌもサルもキジもこんなんだったかな...

もっとみる