twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション 歴史・時代 作者 清岡美津夫
価格 無料
タグ 後漢末三国志
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

207 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 執筆中 ページ数 28ページ (Web閲覧)
95ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
中国後漢時代末を舞台とした歴史小説。主役の劉備(りゅうび)は『三国志』巻三十二蜀書先主伝に立伝された人物です。主にその伝の記述やその他史書から取材し創作した2010年の作品です。現在、ページ作成中(執筆中)であるため、無料公開中です。

この本は無料です

この本を開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

熟年夫婦の危機が巷では深刻に……彼らも例外ではありません以前書いたものを落語仕立てにしてみましたお心...

この本を開く

なまずくの耐震事件簿の第1.5話と第2話。耐震診断情報を整理して診断書を作成し報告に行きます。果たし...

この本を開く

へんてこ地方の紙の野に、おっとり絵描きが住んでいました。名前はミオリ、色のないひと。(2018年1月...

この本を開く

青年海外協力隊、モザンビークボランティア隊員による機関紙3号です。

この本を開く

平成時代に台湾に住んでいたからこそ縁があって知り合えた人たちによる文集です。皆さんから台湾に対する思...

もっとみる