目次
2010年12月から2011年2月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
2011年3月から4月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
page 36
page 37
page 38
page 39
page 40
page 41
page 42
page 43
page 44
page 45
page 46
page 47
page 48
page 49
2011年5月から8月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
page 36
page 37
page 38
page 39
page 40
page 41
2011年9月から11月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
page 36
page 37
page 38
page 39
page 40
page 41
page 42
page 43
page 44
page 45
page 46
page 47
page 48
page 49
page 50
page 51
page 52
page 53
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

171 / 179ページ

試し読みできます

夕食に鍋を食べる。
今年初めての鍋だったため、
鍋好きとしてはとてもうきうきしながら夕食を迎えた。
今回の鍋は鶏肉の団子のお鍋で、
しっかりとしょうがを利かせた鶏肉団子と、
大根
にんじん
白菜
春菊
えのきたけ
それとだしをとった後の昆布も具として食べた。

最初は普通に美味しく食べていたのだけれど、
鳥肉団子を半分位食べた頃から汗が流れ始めた。
熱い物を食べているから体温が上がったせいでもあるだろうが、
団子に入っているしょうがの力も大きかったのではと思う。
とにかく眼に入るほどの汗が流れてきて、
ハンカチでは追いつかない位になってしまった。
途中からTシャツ一枚で食べていたのだけれど、
おじやまで食べ終わったときには、
スポーツで一汗かいた位にはシャツが重くなっていた。

冬場は寒さで汗をかく機会が少なくなりがちなので、
しょうがの利いた温かい料理を夕食に食べて、
気持ちよく汗をかいてお風呂に入って寝ると、
体にいいかもしれませんよ。


171
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

昼食に味噌汁を飲む。
生味噌タイプのインスタント味噌汁で、
今回の具材はわかめと極めてスタンダードな物だった。

インスタントになる具材は、
大体一般的な物が選ばれるんだからスタンダードな物になる、
と思っているのだけれどうちの家が保守的なだけで、
すごく珍しい具材のインスタント味噌汁があるのかもしれない。
そういえば、
古くなった納豆は翌朝味噌汁に入れてしまうことが多いが、
インスタントの納豆の味噌汁は見たことがない。
素人考えではあるけれど、
乾燥納豆を具材に使うのが難しいようには思えないから、
納豆の味噌汁は案外マイナーなのかもしれない。
もっと普段からスーパー等を物色していれば、
見つけるのかもしれないけれども。

納豆とナメコを一緒に具材にした味噌汁は、
非常にとろみがついて美味しい。
特に冬場は寒い所から帰ってきた時に、
食事に出してもらえるといっぺんに体が温まる。
ただ気をつけなければいけないのは、
とろみのついた物は冷めにくいのが長所であり短所だという事。
もう冷めただろうと思って勢いをつけてうっかりすすると、
かなり酷い目にあう事になる。
その後どんなにおいしい物を食べても、
舌が麻痺していて味がわからなくなるので、
試す時は気をつけて下さい。

もう一つの難点はやはり匂い、
暖められた納豆のにおいが部屋中に充満する為、
洗濯物なんかが干してあると少し困ったことになる。
だからあんまり売ってないのかもしれないなぁ。


172
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

夕食に豚汁うどんを食べる。
読んで字のごとく豚汁の中にうどんを入れたもの、
いつもならば焼いた御餅を入れるのだけれど、
今回は気分を変えてみた。

私は食べた事がないのだけれど、
ほうとうってこんな感じなんだろうか?
と思いながら食べていた。
いつも通りの豚汁だけれど、
ほんの少し中に入れるものを変えるだけで、
随分と気分が変わるものだなぁと思う。

鍋の仕上げにうどんを入れるのも好きなので、
一度味噌鍋を食べた仕上げに入れてみるとまた美味しいかも。
メインの具材にカキを使ってしっかりとだしをとって、
その出汁をうどんに吸わせて食べ、
さらにおじやで一滴も残さずにお腹の中に入れる。
寒くても楽しみが多くて、
冬は嫌いな季節ではありません。


173
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

おやつにういろうを食べる。
先日旅行に行ってきたときに、
自分用に買ったお土産の三本セットのうちの一本。
ほんのり桜の香りがしていて、
寒くなってきた季節に少しほっとする一品だった。

今回の旅行は立ち寄る場所に滞在する時間が短く、
ゆっくりとお土産を物色する暇があまりなかった。
ホテルである程度は買っておいたのだけれど、
これだと思う決め手になるような品が見つからず、
メインは先送りにしてしまった。
またどこかでいい物が見つかるだろうとたかをくくっていたら、
結局最後のドライブインまでピンと来る物がなく、
仕方がないので無難な物になってしまった。
今度から旅行先の名物を買う時は、
出来るだけホテルの土産物屋で買うようにしようと思った。

そんな事を思い出しながら、
クニャクニャしたういろうを食べていたが、
結局は無難でメジャーな物が美味しいのかもしれない。
メジャーになって定番であるということは、
やっぱり食べて美味しいからだと思う。
名物に美味い物無しなどとよくきくけれど、
普段からいいものを食べすぎていて舌が肥えすぎているか、
ただ単に味音痴なのか、
たまたま好みが合わなかっただけなのではと思う。
まぁ中には多くの人に合わない名物もあるだろうけれど、
味見せずに買って帰って美味しくなかったというのも、
いい話のネタなのではないでしょうか。


174
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

夕食に鍋を食べる。
具材はオーソドックスなもので、
豚肉
白菜
春菊
それに加えて今回はホウレンソウもいただいたので、
一緒に具材に加えた。

今回はつけだれも少し薬味を変えて、
いつものポン酢にすりゴマを沢山入れて、
ゴマだれ見たいにして食べてみた。
ポン酢に入れた方は、
少し香ばしいポン酢になっただけだったが、
めんつゆに柚子果汁と一緒にすりゴマを入れたほうは、
実に複雑な味わいになった。
ポン酢と比べてめんつゆはもともと旨み甘みがあるために、
そこにまた色々と足しているのだから複雑には違いないが、
それがとても美味しかった。

今回は最後の締めの前に中華だしを加えて、
中華麺を入れてみたが、
こちらも大変美味しかった。
散々具材から煮出した出汁と中華だしがあわさって、
お店では食べる事は出来ないラーメンに仕上がった。
ただ使った麺がゆでてある袋入りのものだったので、
食べ終わる頃には柔らかくのびすぎてしまった。
今度同じ事をする時には、
乾麺の中華麺を探して買っておこうと思いました。


175
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25


読者登録

出雲一寸さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について