目次
2010年12月から2011年2月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
2011年3月から4月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
page 36
page 37
page 38
page 39
page 40
page 41
page 42
page 43
page 44
page 45
page 46
page 47
page 48
page 49
2011年5月から8月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
page 36
page 37
page 38
page 39
page 40
page 41
2011年9月から11月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
page 36
page 37
page 38
page 39
page 40
page 41
page 42
page 43
page 44
page 45
page 46
page 47
page 48
page 49
page 50
page 51
page 52
page 53
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

169 / 179ページ

試し読みできます

おやつに芋けんぴを食べる。
ポリポリと固い歯ざわりが気持ちいい、
昔ながらの甘い一品だった。

芋けんぴの材料はサツマイモ、
自分の家で作ろうと思えば作れるのだろうけれど、
自分の家で食べるのならばもっとシンプルな方がいい。
マンガなどの中で季節の風物詩のように扱われる、
落ち葉で焼いた焼き芋とか美味しそうだけれど、
実際に落ち葉を掃除して集めて火をつけることは、
今の時代と住宅事情では難しい地域が多いかもしれない。
焚き火位気楽にできる場所があれば、
楽しいかもしれない。
消防署の横で毎年焼き芋をするイベントなんかが開かれたら、
いつでも火を消してもらえるだろうから、
安心して焼き芋を楽しめるような気がする。
夏場にキャンプ場として使われている場所で、
しっかりと管理者をつけて焼き芋場にできたら、
秋から冬に掛けてもキャンプ場が利用出来そうな気もする。

家の中で焚き火をするわけにもいかないので、
家でするときはオーブントースターを使う。
薄切りの輪切りにしたサツマイモをオーブントースターで焼く、
厚みと焼き加減は食感の好みに合わせて切ると、
ホクホクからパリパリまで自由自在に調節できる。
てんぷらにするよりヘルシーで簡単です。


169
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

夕食に鍋を食べる。
今年初めての鍋だったため、
鍋好きとしてはとてもうきうきしながら夕食を迎えた。
今回の鍋は鶏肉の団子のお鍋で、
しっかりとしょうがを利かせた鶏肉団子と、
大根
にんじん
白菜
春菊
えのきたけ
それとだしをとった後の昆布も具として食べた。

最初は普通に美味しく食べていたのだけれど、
鳥肉団子を半分位食べた頃から汗が流れ始めた。
熱い物を食べているから体温が上がったせいでもあるだろうが、
団子に入っているしょうがの力も大きかったのではと思う。
とにかく眼に入るほどの汗が流れてきて、
ハンカチでは追いつかない位になってしまった。
途中からTシャツ一枚で食べていたのだけれど、
おじやまで食べ終わったときには、
スポーツで一汗かいた位にはシャツが重くなっていた。

冬場は寒さで汗をかく機会が少なくなりがちなので、
しょうがの利いた温かい料理を夕食に食べて、
気持ちよく汗をかいてお風呂に入って寝ると、
体にいいかもしれませんよ。


170
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

夕食に鍋を食べる。
今年初めての鍋だったため、
鍋好きとしてはとてもうきうきしながら夕食を迎えた。
今回の鍋は鶏肉の団子のお鍋で、
しっかりとしょうがを利かせた鶏肉団子と、
大根
にんじん
白菜
春菊
えのきたけ
それとだしをとった後の昆布も具として食べた。

最初は普通に美味しく食べていたのだけれど、
鳥肉団子を半分位食べた頃から汗が流れ始めた。
熱い物を食べているから体温が上がったせいでもあるだろうが、
団子に入っているしょうがの力も大きかったのではと思う。
とにかく眼に入るほどの汗が流れてきて、
ハンカチでは追いつかない位になってしまった。
途中からTシャツ一枚で食べていたのだけれど、
おじやまで食べ終わったときには、
スポーツで一汗かいた位にはシャツが重くなっていた。

冬場は寒さで汗をかく機会が少なくなりがちなので、
しょうがの利いた温かい料理を夕食に食べて、
気持ちよく汗をかいてお風呂に入って寝ると、
体にいいかもしれませんよ。


171
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

昼食に味噌汁を飲む。
生味噌タイプのインスタント味噌汁で、
今回の具材はわかめと極めてスタンダードな物だった。

インスタントになる具材は、
大体一般的な物が選ばれるんだからスタンダードな物になる、
と思っているのだけれどうちの家が保守的なだけで、
すごく珍しい具材のインスタント味噌汁があるのかもしれない。
そういえば、
古くなった納豆は翌朝味噌汁に入れてしまうことが多いが、
インスタントの納豆の味噌汁は見たことがない。
素人考えではあるけれど、
乾燥納豆を具材に使うのが難しいようには思えないから、
納豆の味噌汁は案外マイナーなのかもしれない。
もっと普段からスーパー等を物色していれば、
見つけるのかもしれないけれども。

納豆とナメコを一緒に具材にした味噌汁は、
非常にとろみがついて美味しい。
特に冬場は寒い所から帰ってきた時に、
食事に出してもらえるといっぺんに体が温まる。
ただ気をつけなければいけないのは、
とろみのついた物は冷めにくいのが長所であり短所だという事。
もう冷めただろうと思って勢いをつけてうっかりすすると、
かなり酷い目にあう事になる。
その後どんなにおいしい物を食べても、
舌が麻痺していて味がわからなくなるので、
試す時は気をつけて下さい。

もう一つの難点はやはり匂い、
暖められた納豆のにおいが部屋中に充満する為、
洗濯物なんかが干してあると少し困ったことになる。
だからあんまり売ってないのかもしれないなぁ。


172
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

夕食に豚汁うどんを食べる。
読んで字のごとく豚汁の中にうどんを入れたもの、
いつもならば焼いた御餅を入れるのだけれど、
今回は気分を変えてみた。

私は食べた事がないのだけれど、
ほうとうってこんな感じなんだろうか?
と思いながら食べていた。
いつも通りの豚汁だけれど、
ほんの少し中に入れるものを変えるだけで、
随分と気分が変わるものだなぁと思う。

鍋の仕上げにうどんを入れるのも好きなので、
一度味噌鍋を食べた仕上げに入れてみるとまた美味しいかも。
メインの具材にカキを使ってしっかりとだしをとって、
その出汁をうどんに吸わせて食べ、
さらにおじやで一滴も残さずにお腹の中に入れる。
寒くても楽しみが多くて、
冬は嫌いな季節ではありません。


173
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25


読者登録

出雲一寸さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について