目次
2010年12月から2011年2月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
2011年3月から4月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
page 36
page 37
page 38
page 39
page 40
page 41
page 42
page 43
page 44
page 45
page 46
page 47
page 48
page 49
2011年5月から8月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
page 36
page 37
page 38
page 39
page 40
page 41
2011年9月から11月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
page 36
page 37
page 38
page 39
page 40
page 41
page 42
page 43
page 44
page 45
page 46
page 47
page 48
page 49
page 50
page 51
page 52
page 53
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

163 / 179ページ

試し読みできます

夕食に栗の渋皮煮を食べる。
ゴルフボール位の大きさの栗が使われていて、
すごく食べ応えがある一品だった。
ゆでた栗を食べる時には邪魔なだけの渋皮だけれど、
渋皮煮にしてあると何の抵抗もなく食べる事が出来る、
ゴミになる部分が少ないすぐれた調理法だと思う。

粒の大きな栗はゆでただけで食べると、
少々甘みが少なくて物足りなく思うことがある。
特に天津甘栗と比べたらどうしてもあっさりに感じる。
大粒でも甘みの強い品種があるのかもしれないけれど、
今の所私は食べた事がないのです。
そんな大粒の栗を極めて美味しく食べる事の出来る渋皮煮、
甘党の私にはとてもうれしい一品。
栗の実だけだと繊維質が少なそうだけれど、
渋皮を食べる事によってその点も補えるのではないかと思う。

秋の果物の代表的な一つである栗、
美味しいのだけれどやはり何かしらの難点はあるもので、
その果肉の性質上食べているとどうしてものどが渇く。
渋皮煮やシロップ漬けはまだましだけれど、
それでもやっぱりお茶などの飲み物が欲しい。
温かいお茶がおいしい季節には、
お茶のつまみとしてぴったりの果物だと思います。


163
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

昼食に赤飯を食べる。
身内のお祝い事に合わせて作られた物で、
一食分のおすそ分けをいただいた。

最近いただく赤飯はもち米を蒸して作るのではなく、
炊飯器で炊いて作っているそうで。
電気炊飯器の炊飯メニューの中に、
おこわを炊くためのメニューが入っているらしい。
赤飯の赤飯たる所以であるもち米の赤色だけれど、
昔はもっとどぎつい位の深い赤色だったような気がする。
たしか色づけ用のキビから色を煮出して、
それで色付けをしていたと記憶しているけれど、
自分で作ったことがないのではっきりしない。
今日いただいたものは小豆だけの色なので、
淡い色合いで上品に見える。
もちろん味も美味しく独り占めしたいところだけれど、
そんなわけにはもちろん行かない。

小豆だけで染めた赤飯の穏やかな色合いもいいけれど、
昔みたいな強い色合いの物にもまた出会いたいものです。


164
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

朝のおやつに柿のケーキを食べる。
パウンドケーキの中に柿の細切りが入っていて、
柿がコリコリとした食感に仕上がっていて、
甘みと共にいいアクセントになっていて美味しかった。

食べてみた所干し柿ではなく生の柿をそのまま入れたようで、
柿の水分が出る為かパウンドケーキでありながら、
かなりしっとりとした出来上がりだった。
柿と言えば純和風な果物という印象を持っていた私は、
こういう利用の仕方もあるのかと感心していただいた。
中華料理では使われることがあるようで、
月餅のアンコの中に干し柿を練りこむと美味しいと、
確かマスターキートンの中でみた覚えがあります。
というよりも、
もともと中国が原産地だろうから、
中華に利用されていないわけがないだろうと思い直す。

生のままでも洋菓子に使えるのならば、
そのうちもっと季節の果物としてケーキに利用される事が、
どんどん増えていくだろうと思いましたが、
多分私が知らないだけで、
とっくに世の中に出回っているんでしょう。
美味しいお菓子が食べられて幸せです。


165
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

おやつにうまい棒のチョコ味を食べる。
普通に売ってあるうまい棒に比べると一回り小ぶりになっており、
外側をチョコレートでコーティングしてあった。

いままで食べてきたうまい棒は、
といってもそれほど沢山食べて生きてきたわけではない。
大体住んでいる所が田舎で、
その田舎の中でもさらに僻地で同じ町内の人でも知らない、
そんな所だったので子供の頃に駄菓子屋で買い食いした思い出が、
全くといって良いほどない。
いろんな味があるのを知ったのは、
いい加減大人になってからだった。
そんなうまい棒経験が少ない私でも、
一目で小さいとわかる小ぶりさに少し驚いた。

味のバリエーションが豊富なうまい棒にあって、
比較的見かけなかった気がする甘い味付け。
中身はおなじみのサクフワしたうまい棒の土台に、
コーティングされたチョコの甘さがとてもよくあっていた。
あってはいたけれども、
サラミやたこ焼き味の方が好き。
コンビニに行きたくなる一品でした。


166
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

おやつに柿を食べる。
頂き物の富有柿で今年は大変豊作らしく、
とても食べきれないほどいただくことが出来た。
生で食べきれない分はまた何かに加工してもらう事にして、
少しずついただくことにする。

数が沢山なった為に一粒一粒は小ぶりになってしまったと、
分けてくれた人がいっていたけれど、
売り物にするわけではない物らしく、
鈴なりになった木を見てうれしそうにしていた。
今日食べた物は少し採るのが早かったせいか、
少し渋さが残っていた。
もう少しほうっておけば美味しく食べられるだろうから、
静かに寝かせておこうと思う。

今が旬の日本で古くから食べられてきた果物らしく、
おとぎ話の中にまで出てくるのだから、
そうとう昔からなじみ深かったんだろうと思う。
昔話と同様に、
今でも柿など人間が食べておいしい物は、
野生動物にとってもおいしい食糧として狙われており、
作っている人にとっては頭痛の種になっているようだ。
最近街中にいのししが現れてゴミを漁っていると、
TVで騒がれる事がある。
餌付けしている人がいるらしいが、
それだけが原因だというのは極端なんじゃないかな思う。
しかし人間の食べ物の味を覚えさせている事は確かで、
やらない方が良いんじゃないかと思う。
何より自分の家の近くまでいずれ来る可能性が高くなって、
事故が起きる危険性を高めてしまうので、
やめた方がいいのではないかなぁと思いました。


167
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25


読者登録

出雲一寸さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について