目次
2010年12月から2011年2月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
2011年3月から4月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
page 36
page 37
page 38
page 39
page 40
page 41
page 42
page 43
page 44
page 45
page 46
page 47
page 48
page 49
2011年5月から8月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
page 36
page 37
page 38
page 39
page 40
page 41
2011年9月から11月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
page 36
page 37
page 38
page 39
page 40
page 41
page 42
page 43
page 44
page 45
page 46
page 47
page 48
page 49
page 50
page 51
page 52
page 53
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

154 / 179ページ

試し読みできます

昼食におからの煮物を食べる。
おからにこんにゃくやにんじんを入れた、
極めて和風で馴染み深いゴハンのおかずだった。
だったが、
今日は一味違う食べ方をするように工夫されていた。

いつもどおりのおからの煮物に、
マヨネーズとセロリのみじん切りが加えられていて、
サラダ風の味付けになっていた。
マヨネーズというソースの威力は恐ろしい、
純和風のおからがころりと雰囲気が変わってしまっていた。
マヨネーズだけのせいではなく、
セロリの香りが加わる事で煮物らしさがすっかり抜けて、
最初からここを目指して作られたような一品になっていた。

少し気になる所があるとすれば、
おからの煮物だけならばそれほどカロリーが高くないだろうが、
マヨネーズが加わる事で高くなる事だろうか。
まぁでも少々高くなっても、
土台がヘルシーなのであまり気にする事はないと思う。
セロリが苦手でなければ美味しい一品だとおもいます。


154
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

夕食におでんを食べる。
今日の具材は極めてノーマル、
市販のおでん用練り物セットに、
ゆで卵にんじんジャガイモ等が入っていた。
いつもと少し違う点は、
出汁取りように鶏肉が入っていたところ。

今回はトリの胸肉が入っていて、
あっさりと仕上がっていてとても食べやすかった。
もっとしっかりとだしをとろうと思うなら、
多分骨付き肉の方がいいのだろうけれど、
食べた後のテーブルが野生的になるのが、
面白い点であり難点。
確かトリの骨は割れて刺さるから、
イヌには食べさせられないので捨てるしかない。

そろそろ夜はいつでも涼しくなってきたので、
鍋やおでんが夕食にでる機会が多くなってくる。
鍋をするにはまだ鍋用の野菜が出回るには早いので、
自然おでんの回数が多くなる。
楽しい季節になってきました。


155
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

昼食に納豆ご飯を食べる。
今回は少し奮発して、
国産大豆使用のとても粒の大きいタイプを買ってみた。
いつも食べている小粒のタイプに比べて、
いかにも豆を食べているという感じがして迫力があった。

最近スーパーで売っている納豆の中には、
匂いが少ないタイプも少なくないが、
今回食べた物はにおいもしっかりとしていて、
納豆らしさがパックを空けた途端あふれ出してきた。
この匂いの為に食べる事が出来ない人も多いのだろうけれど、
私は子供の頃から案外平気だった。
子供の頃は納豆よりもその薬味のからしの方がつらく、
父が入れて混ぜた物をうっかりつまむと泣きそうになった、
という記憶がある。
今では買ったら付いてくるものだけでなく、
チューブの物を追加で入れて食べる位平気になった。
年をとって舌が鈍くなったのかもしれないが、
いろんな味を楽しめるようになったと思うと、
年をとったのも悪くないと思える。

薬味のネギとちりめんじゃこに、
さらにすりゴマを加えてしっかり練り上げると、
小ぶりな丼に半分位の量になる。
そこに残り半分の空間を埋めるようにご飯をよそって、
ひっくり返すように混ぜて食べる。
お腹がパンパンになりそうな量だけれど、
案外食べた後すっきりしているのが不思議。
日本に生まれてよかったと思う瞬間です。


156
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

夕食にかやくごはんを食べる。
かやくご飯を食べるたびに、
頭の中に民明書房という名前が浮かび上がってしまう。

今日食べた物に使われていた具材は、
鶏肉
にんじん
ごぼう
こんにゃく
極めてオーソドックスな具材であり王道だと思う。
味付けは今回は少し色合いが薄かったが、
それに比べてしっかりとしていた。
使う醤油が薄口だったのかもしれないが、
私は上品な色のかやくご飯よりも、
こげ茶色の濃いものの方がそれらしくて好き。
おこげが出来た時もとてもおこげらしくて、
鼻が詰まっていても匂いが頭の中で再生されるくらい。

今回残念だったのは、
秋なのに銀杏が入っていなかった事。
まだ銀杏が落ちる時期には少し早いのかもしれないけれど、
秋らしさを演出するのに少し入れて欲しかった。


157
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

昼食にざるうどんを食べる。
ショッピングセンター内フードコートの、
さぬきうどんセルフ式のお店にて。

以前に読んだ讃岐うどんの本のせいで、
最近外に出た時にうどんが食べたくて仕方ない。
財布の中身が寂しいせいもたぶんにあるのだけれど、
なによりもやっぱり美味しいから食べたくなる。
うどんに対してそれほどグルメではないので、
フードコートのチェーン店でも十二分に美味しく思う。

前回他の店で食べた時はかけうどんにしたのだが、
一緒に食べた相手のざるを分けてもらったところ、
麺のおいしさがざるの方がずっと美味しく楽しめたので、
今回はざるにしてみた。
普段家で食べる時は袋入りの蒸し麺を使っているので、
歯ざわりがとても柔らかい物になっている。
それに比べると非常にしっかりしたこしで、
それでいてなめらかなのど越しが気持ちいい。

思えば材料は小麦粉と塩と水、
いつか自分で作れるようになりたいなぁと思うけれど、
まずは最初の一歩を踏み出さなければ・・・。
最初の一歩がなによりも難しいですね。


158
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25


読者登録

出雲一寸さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について