目次
2010年12月から2011年2月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
2011年3月から4月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
page 36
page 37
page 38
page 39
page 40
page 41
page 42
page 43
page 44
page 45
page 46
page 47
page 48
page 49
2011年5月から8月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
page 36
page 37
page 38
page 39
page 40
page 41
2011年9月から11月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
page 36
page 37
page 38
page 39
page 40
page 41
page 42
page 43
page 44
page 45
page 46
page 47
page 48
page 49
page 50
page 51
page 52
page 53
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

150 / 179ページ

試し読みできます

昼食にコロッケを食べる。
多分スーパーで買ってきたコロッケで、
少し小ぶりな小判型。
一つではおかずとしてさびしかったので、
今日は贅沢に二個いただいた。

中身はジャガイモとミンチ肉の極めて普通のもの、
ホクホクした感じではなくしっとりした仕上がりだった。
味付けは甘めで、
子どもさんのおやつとして食べるのには、
ちょうどいい甘さかもしれないが、
けれどおかずにするには少し甘みが強く思えた。
最近食べる市販のコロッケは、
たいてい甘みの強い味付けに仕上がっているように思う。
甘党の私だけれど、
ゴハンのおかずに食べるコロッケはあまり甘くない方が嬉しい。
あっさり塩味の中身のままで、
その時の気分でソースを変えて愉しむのが好き。

結局自分が美味しいと思う物は、
自分で作れるようにならなければ食べる事は出来ないみたい。
ジャガイモをゆでてつぶして、
ミンチとたまねぎを炒めて混ぜて、
形を整えて、
衣を着けて揚げる。
コロッケはまめな人しか作れなさそうな気がします。


150
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

夕食にわかめと豆腐のスープを食べる。
普段なら味噌汁にするなかみだけれど、
メインの品がスパゲティだった為スープになった様子。
味付けのベースは多分コンソメ、
こってりしたパスタの味に対してあっさりと仕上がっていて、
口の中が飲んだ後さっぱりしていい塩梅だった。

最近知り合いからももらったりと、
なんとなくわかめづいている。
そのもらったわかめは乾燥品で、
そのままつまんで食べられるように味付けされた物。
すこし甘めの味付けの所に、
いりゴマがまぶしてあって香ばしく、
噛み締めると磯の香りが鼻に抜ける。

これを食べてふと思う所があり、
冷蔵庫に入っていたカットわかめをつまんでみた。
結構いける。
もらったものと比べると、
甘みは全くなくて塩味だけのシンプルな味。
磯の香りがするのは同じだけれど、
辛党の人ならこちらの方が美味しく食べられるかもしれない。
今度は自分でゴマと一緒に食べてみたいと思います。


151
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

昼食にオムレツを食べる。
卵だけで作ったシンプルなものに、
トマトケチャップをかけていただいた。
卵の味がしっかりと味わえる一品で、
ゴハンのおかずにぴったりだった。

中に野菜やひき肉の入ったタイプの物ももちろん好きだけれど、
お昼ごはんに食べるには少し重い気がする。
食べた後にまだまだ動く事が多いお昼には、
私は少し軽めの方が体の調子がいい。
そんなお昼ご飯にシンプルなプレーンオムレツは、
ちょうど重すぎず軽すぎずいいおかず。
昨夜の残りのスープもあったので、
ちょっとしたランチメニューとしては十分だと思う。

最近は朝ごはんはとても軽く済ませているので、
お昼が大変待ち遠しい。
お腹が空いているからといって沢山食べると、
午後からの行動が苦しくてしかたない。
この辺がとてもつらいジレンマ、
お昼にゆっくりと食休みができればいいんだけれど、
なかなかそういうわけにもいかない。
難しい所です。


152
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

おやつにアンコパイを食べる。
パイ生地の中にこしあんが入っており、
さっくりとしたパイ生地にあっさりめのアンコ、
口にしつこくない美味しさだった。

家族の温泉旅行のおみやげで、
そのほかにわさび漬けと漬物をいただいた。
温泉のお土産では定番の温泉饅頭だけれど、
今回はいつもと同じようになることを避けたのか、
パイを買ってきてくれた。
美味しくてうれしくはあったのだけれど、
もう温泉もなにも関係のない感じがしてなんだかな。

どんなに定番でありきたりであっても、
温泉のお土産は温泉饅頭でいいと思う。
「えー、またまんじゅう?」と、
文句言いながらお土産を食べるのも、
家族のコミュニケーションになっていいのでは?

わさび漬けはどこに行っても買ってくるので、
えーまたぁという感じでした。


153
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

昼食におからの煮物を食べる。
おからにこんにゃくやにんじんを入れた、
極めて和風で馴染み深いゴハンのおかずだった。
だったが、
今日は一味違う食べ方をするように工夫されていた。

いつもどおりのおからの煮物に、
マヨネーズとセロリのみじん切りが加えられていて、
サラダ風の味付けになっていた。
マヨネーズというソースの威力は恐ろしい、
純和風のおからがころりと雰囲気が変わってしまっていた。
マヨネーズだけのせいではなく、
セロリの香りが加わる事で煮物らしさがすっかり抜けて、
最初からここを目指して作られたような一品になっていた。

少し気になる所があるとすれば、
おからの煮物だけならばそれほどカロリーが高くないだろうが、
マヨネーズが加わる事で高くなる事だろうか。
まぁでも少々高くなっても、
土台がヘルシーなのであまり気にする事はないと思う。
セロリが苦手でなければ美味しい一品だとおもいます。


154
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25


読者登録

出雲一寸さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について