目次
2010年12月から2011年2月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
2011年3月から4月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
page 36
page 37
page 38
page 39
page 40
page 41
page 42
page 43
page 44
page 45
page 46
page 47
page 48
page 49
2011年5月から8月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
page 36
page 37
page 38
page 39
page 40
page 41
2011年9月から11月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
page 36
page 37
page 38
page 39
page 40
page 41
page 42
page 43
page 44
page 45
page 46
page 47
page 48
page 49
page 50
page 51
page 52
page 53
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

144 / 179ページ

試し読みできます

夕食におでんを食べる。
三日目。
一番美味しくなってきた時に食べきってしまい、
すこしさびしい感じが残るところ。

今回はジャガイモが入っていなかった為、
煮込んでいくほどに崩れて、
出汁がどろどろしてくる事もなく、
最後まで気持ちよく食べきる事が出来た。
けれど、
あの煮溶けてどろどろになったジャガイモの所を、
ご飯にかけて食べるのも非常に美味しい。
出汁だと甘さがあるので、
箸休めに塩味がきりっと効いた漬物があるとさらにうれしい。
今は訳あって沢山食べる事が出来ないので、
出汁茶漬けは我慢するしかなかったのが残念でしかたない。

これから寒くなればまだまだ食べる機会が増えるおでん。
あせらずに次の機会を待つ事にします。


144
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

昼食にさばの味噌煮缶詰を食べる。
いつ食べても安心な安定した味わいで、
この缶詰一つでご飯三杯はいける美味しさ。
その他の同じ値段の魚の缶詰と比べると、
値段対内容量が一番お得な感じなのもありがたい。

いつも自分で購入する時は、
ワゴンセールで100円を基準にして、
それよりも下ならばまとめて買い込んでストックしておく。
大体魚の缶詰で常備10個は家にあるようにしていて、
お昼のおかずを沢山作るのは面倒くさいけれど、
品数がさびしい時に追加でおかずにするようにしている。
もちろん夜も夕食の用意が面倒くさい時は、
便利に食べさせてもらう。
缶詰とインスタントの味噌汁があれば、
自分一人なら十分すぎるほどの食事になると思う。

健康に関する話が盛んになると、
青魚の栄養価の高さが取り上げられることがよくあるけれど、
骨ごと全部食べる事が出来る缶詰は、
とても健康的な食べ物だと思う。
いつまでも今のままの手の届きやすい所に、
いて欲しいと願います。


145
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

昼食にヒノナの漬物をたべる。
根を太らせる為の間引き菜を、
あっさり塩漬けにしたもの。
歯ごたえのいい根っこの部分が小さいのはさびしいが、
まだ若い菜っ葉の部分を楽しめるので、
これはこれでうれしい。

細かく刻んだ漬物を温かいゴハンの上に乗せて、
一緒に口の中に入れる。
まだ少し漬かりが浅いのだろうか、
青臭さが残っているけれど気になるほどのものではなく、
ご飯とよくあう。
ついつい食べ過ぎてしまって、
いつもよりも一杯多めにおかわりしてしまった。

これから冬にかけてどんどん漬物向けの野菜が育ってくる、
白菜・大根・タアサイ等など。
寒さの強い地方では漬物は、
雪に埋もれる時期の保存食だったんだろうけれど、
今は冷凍などもあり生鮮食材の保存も出来るため、
漬物ばかり食べなくてはいけないことは、
あまりないんじゃないかと思う。
楽しみで漬物を食べる事の出来る時代に生まれられて、
よかったなぁと思います。


146
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

昼食に赤飯を食べる。
今日は地区の秋祭り、
赤飯以外には毎年恒例の折り詰めが出た。
お祭りなのでもちろんお酒も沢山、
まったく飲めない私は出来るだけ飲まされないように、
隅っこでおとなしく折り詰めを食べるようにしていた。

宴会に入る前に、
まずは例祭の儀式を地区のお宮さんで行う。
この日のために毎年神主様にきていただき、
儀式を執り行っていただいている。
滞りなく儀式を終えてから、
集会所に移動し宴会。

正直宴会の食べ物はいまいち量的にさびしい、
しかしさびしいのはおかずだけ、
赤飯は山のように食べる事が出来る。
赤飯が好きな人は、
20cm四方・5cmの深さの入れ物を一人で平らげる。
私も嫌いではないけれど、
さすがにこの人の真似は出来ないので、
半分位に抑えておく。
普段まったく飲まない私だけれど、
今日は周りの雰囲気に誘われて少しお酒もいただいた。
やっぱり体に合わなくて、
あとで小一時間寝込んでしまいました。
とほほ。


147
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

夕食にさば寿司を食べる。
毎年秋祭りに食べる風物詩で、
必ず丸ごとのさばを買ってきて作ってくれる。
今年のさばは大変当たりがよく、
半身の厚みが一番厚いところで2cm位あって、
びっくりするほどの食べ応え。
ご飯はうるち米ではなくもち米で作ってあり、
さばの身からはみ出るほどの幅で仕込んであり、
切り分ける前の姿はまるで箱ティッシュみたいだった。

昔から私の家ではさば寿司が好きで、
なにか特別な事があるときはよく作られていた。
特に祖父と父が大好きで、
半身6枚分のさば寿司の三分の二を二人で食べていた。
私も好きだけれども、
さば一匹分を一人で食べてしまうほどではない、
それでも毎年この時期に食べるさば寿司はやはりうれしい。

今日は以前何かのイベントで出店していた店で聞いた、
さば寿司にはわさび醤油ではなくからし醤油だ、
という食べ方を試してみた。
うまい。
好みは分かれるところだろうけれど、
わたしはわさびでもからしでも美味しく食べられた。
なんでも聞いておくものだなと思いました。


148
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25


読者登録

出雲一寸さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について