目次
2010年12月から2011年2月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
2011年3月から4月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
page 36
page 37
page 38
page 39
page 40
page 41
page 42
page 43
page 44
page 45
page 46
page 47
page 48
page 49
2011年5月から8月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
page 36
page 37
page 38
page 39
page 40
page 41
2011年9月から11月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
page 36
page 37
page 38
page 39
page 40
page 41
page 42
page 43
page 44
page 45
page 46
page 47
page 48
page 49
page 50
page 51
page 52
page 53
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

141 / 179ページ

試し読みできます

おやつに枝豆を食べる。
少し早めに収穫した為か、
全体的にまだ豆が小さかった。
中には気の毒なほどに小さいモノもあり、
食べるのにためらうという感じだった。

食べさせてくれた人が言うには、
大きくなるまで待っていたら、
食べ終わる頃には硬くて美味しくなくなるからとのこと。
確かに枝豆として食べるだけならば、
早めに食べ初めて柔らかいうちに食べきった方が、
美味しいと思う。
けれど、
大きくなって熟してしまった物はそのまま熟させて、
大豆にして収穫してもいいんじゃないかなぁ?
と思ったのだけれど、
せっかく気持ちよく食べさせてくれているので、
思うだけにとどめておいた。

味はとれたて新鮮なので抜群、
塩をしっかり効かせて茹で上げてあったので、
つまみにぴったりな一品でした。


141
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

夕食におでんを食べる。
出汁のもとの基本材料として牛スジと昆布が入っていて、
そこに練り物から出る出汁が合わさって、
つゆだけでゴハンが食べられるおいしさだった。

ここ二三日急激に季節が進んで、
朝晩は寒くて布団から出るのが少しつらかった位。
夕方になってやはり今日も冷え始めた所に、
この夕食のメニューはたいへんうれしい。
たいていの人はここで熱燗をつけて、
おでんをつまみに一杯としゃれ込むのかも知れないけれど、
私は残念な事にお酒はまったく駄目。
というよりも欲しくならないので、
おでんは酒のつまみではなくおかず。
もちろん白ご飯と共に。

練り物がたっぷり入っていると、
出てくる出汁で非常に全体がおいしく仕上がるのだけれど、
どうしても少し甘みが強く仕上がる感じになる。
この点がゴハンのおかずとしては少し難点、
醤油を足したからといって甘みが消えるわけではなく、
より変な仕上がりになりがちなので、
余計な細工は後からしない方がいいのかもしれない。
ゴハンのおかずもいいけれど、
おやつに食べるのもいいんじゃないかなと思いました。


142
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

夕食におでんを食べる。
昨日の続きだったため、
さらに出汁が染み込んでいてえもいわれぬおいしさだった。

特に大根とこんにゃくの美味しさは、
一日目のそれとは比較にならないほど。
あらゆる具材から出た出汁を、
もともと味が薄い大根とこんにゃくが吸い上げる。
味の薄い食材の使い道として、
おでんはとてもいい料理なのではないでしょうか。

大根とこんにゃくがおいしくなった分、
出汁の基本材料である牛スジと昆布は、
なんとなく疲れきった感じの味わい。
おつゆを一緒に食べると美味しいのだけれど、
汁気を切って食べると少し寂しい味わい。
しかし練り物はそうはならなくて、
自分の出汁を出した所に他の具材と混ざった出汁を吸い込み、
さらに複雑な美味しさをかもし出していた。

明日はさらに味が染み込むのかと思うと、
さらに楽しみ。
具材の本来の美味しさを愉しむには、
作った当日の方が良いらしいとは料理番組の情報。
しかし、
せっかくだから私はしっかり煮込まれ染み込んだほうを選ぶぜ。


143
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

夕食におでんを食べる。
三日目。
一番美味しくなってきた時に食べきってしまい、
すこしさびしい感じが残るところ。

今回はジャガイモが入っていなかった為、
煮込んでいくほどに崩れて、
出汁がどろどろしてくる事もなく、
最後まで気持ちよく食べきる事が出来た。
けれど、
あの煮溶けてどろどろになったジャガイモの所を、
ご飯にかけて食べるのも非常に美味しい。
出汁だと甘さがあるので、
箸休めに塩味がきりっと効いた漬物があるとさらにうれしい。
今は訳あって沢山食べる事が出来ないので、
出汁茶漬けは我慢するしかなかったのが残念でしかたない。

これから寒くなればまだまだ食べる機会が増えるおでん。
あせらずに次の機会を待つ事にします。


144
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

昼食にさばの味噌煮缶詰を食べる。
いつ食べても安心な安定した味わいで、
この缶詰一つでご飯三杯はいける美味しさ。
その他の同じ値段の魚の缶詰と比べると、
値段対内容量が一番お得な感じなのもありがたい。

いつも自分で購入する時は、
ワゴンセールで100円を基準にして、
それよりも下ならばまとめて買い込んでストックしておく。
大体魚の缶詰で常備10個は家にあるようにしていて、
お昼のおかずを沢山作るのは面倒くさいけれど、
品数がさびしい時に追加でおかずにするようにしている。
もちろん夜も夕食の用意が面倒くさい時は、
便利に食べさせてもらう。
缶詰とインスタントの味噌汁があれば、
自分一人なら十分すぎるほどの食事になると思う。

健康に関する話が盛んになると、
青魚の栄養価の高さが取り上げられることがよくあるけれど、
骨ごと全部食べる事が出来る缶詰は、
とても健康的な食べ物だと思う。
いつまでも今のままの手の届きやすい所に、
いて欲しいと願います。


145
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25


読者登録

出雲一寸さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について