目次
2010年12月から2011年2月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
2011年3月から4月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
page 36
page 37
page 38
page 39
page 40
page 41
page 42
page 43
page 44
page 45
page 46
page 47
page 48
page 49
2011年5月から8月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
page 36
page 37
page 38
page 39
page 40
page 41
2011年9月から11月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
page 36
page 37
page 38
page 39
page 40
page 41
page 42
page 43
page 44
page 45
page 46
page 47
page 48
page 49
page 50
page 51
page 52
page 53
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

133 / 179ページ

試し読みできます

夕食にキャベツのウメマヨ和えを食べる。
ゆでたキャベツとちくわを梅マヨネーズで和えてあり、
あっさりしたキャベツとちくわが、
マヨネーズのコクと梅干しの酸味にぴったりだった。

少し前の台風が過ぎてすぐの頃は、
少し秋の気配が感じられる気候になっていたが、
この二三日はすっかり夏に逆戻り。
そんな時にさっぱりとした和え物はとてもありがたく、
その他の物も美味しくいただくことができた。

昔どこかに誰かが出かけた時に、
お土産としてもらった梅マヨネーズは、
なぜかいつまでも冷蔵庫に残っており、
一年経って結局使い道なく捨ててしまったと記憶している。
もったいない事をしたなぁと思い出す。
今度手に入った時は、
こんな事にならないように色々な使い道を探したいとおもう。


133
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

夕食後に梨を食べる。
毎年この時期になるといただく、
千葉産の豊水という品種のもの。
梨を大きく二つに分けて赤梨と青梨に分けた場合、
赤梨に属すると思われる色と味わい。
みずみずしくさっぱりした味わいの青梨に対して、
甘みが強くしっかりとした味わいの赤梨。
どちらも美味しいのだけれど、
甘党の私は断然赤梨。

今回のようにいただくようになってもう10年以上になる、
もちろん私の方でもただもらうだけではなく、
なにがしかの品物と物々交換しているのだけれど、
いただいている品に対して釣り合っているか心配な事もある。
まぁでも、
金額や量ではなく気持ちの問題ということで、
釣り合っていないときも勘弁して貰えてると思っておく。

今年は地震の影響で、
関東や東北の農作物に大きな影響があったけれど、
これからも美味しいものをまっています。


134
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

先日ネットのニュースで、
ゲームにもっとアイデアが欲しいというような内容の、
記事を目にする事があった。
記事のしたにはツイッターの意見が沢山あったが、
ふと思いついた事があった。

今のRPGは大体経験を積み重ねて、
キャラクターを成長させていくものだけれど、
プレイを重ねるとキャラクターのレベルなどが、
逆に減少していくタイプのものがあっても面白いかな、
と思った。
シミュレーションでは、
ありもののユニットでステージをやりくりする、
「ネクタリス」あたりを覚えている。
RPGで最初から最後まで通して、
決して増える事のないステータスでやりくりし、
エンディングを目指すというのもどうだろう?

私のゲームプレイ数が少なくて、
すでにこのタイプの物が存在しているのかもしれないけれど。


135
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

夕食にお好み焼きを食べる。
今回はベーシックに豚肉を入れたブタ玉、
少しカリカリ気味になるまで焼いた豚肉が香ばしく、
とても美味しかった。

最近お好み焼きの生地の中には、
こんにゃくを入れるのが恒例になっている。
お好み焼きだけだと野菜がキャベツとネギくらいなので、
食物繊維の増強と生地のかさ増しに都合がいい。
それにこんにゃくは石灰が使われているので、
意外な事にカルシウムが多いそうで。
カロリーはほとんどないようなので、
生地の増量に使うには実に具合がいい。

食感は好みが分かれるところ、
サクフワしたお好み焼きの中にグニグニしたこんにゃく、
面白いと思うか違和感を感じるか。
私はけっこう好きな方です。


136
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

おやつに南部せんべいを食べる。
色々な種類が入ったアラカルトパッケージの物の中から、
ピーナツ入りとゴマ入りと黒糖味の物を食べた。
ピーナツ入りは普段からおなじみの味で、
さくさくした小麦粉せんべいの食感に、
ピーナツのポリポリが加わって気持ちのいい歯ごたえ。
黒糖味は甘すぎず黒糖の風味を楽しめ、
ゴマ入りはゴマの香ばしさを塩味が引き立てていた。

せんべいを食べる時は、
コーヒーよりもやはりお茶の方がいい。
先の台風が過ぎてからめっきり秋らしい気候になったので、
今日は熱い緑茶と一緒にいただいた。
半月前に熱い緑茶を飲んだりしたら、
飲み始めた途端に汗が吹き出していただろうけれども、
どんなに飲んでも汗なんてでない。
温かい飲み物が気持ちのいい季節になって、
体のほうも随分楽に過ごせるようになって来た。

暑い季節から涼しい季節への変わり目で少し困るのは、
トイレの回数が増える事。
夏場沢山取っていた水分が体の中に余っているせいだろうか、
それとも発汗量が少なくなったせいだろうか、
回数が1.5倍位にはなっている気がする。
自分の体に関する事だけれど、
正直面倒くさく思うこともある。
緑茶の利尿作用かもしれないけれど、
そんなに毎日飲んでいないので、
やはり気温の変化のせいだと思われる。
体は素直だなぁと思いました。


137
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25


読者登録

出雲一寸さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について