目次
2010年12月から2011年2月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
2011年3月から4月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
page 36
page 37
page 38
page 39
page 40
page 41
page 42
page 43
page 44
page 45
page 46
page 47
page 48
page 49
2011年5月から8月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
page 36
page 37
page 38
page 39
page 40
page 41
2011年9月から11月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
page 36
page 37
page 38
page 39
page 40
page 41
page 42
page 43
page 44
page 45
page 46
page 47
page 48
page 49
page 50
page 51
page 52
page 53
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

110 / 179ページ

試し読みできます

昼食に豆とナスの煮物を食べる。
豆はサヤインゲンナスは長ナス、
肉の類は一切入れない穏やかな味の煮物に仕上がっていた。

サヤインゲンはその他おひたしや、
胡麻和えで食べる事が多いけれど、
煮物にすると一番沢山食べる事が出来る。
ゴハンのおかずとして大変いい一品。
豆は栄養価が高いと聞くので、
暑い夏を乗り切る為の食材としてはもってこいなのでは?
旬の今なら手ごろな値段で手に入るだろうから、
経済的にもありがたい。

この先大雨や台風があまりこなくて、
沢山夏野菜が採れることを祈ります。
しかしあまり沢山採れても、
市場で価格が下がりすぎてしまうので、
生産者の方達にはつらい所かもしれません。
ほどほどに量が採れればいいのでしょうか?
難しい所です。


110
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

夕食に切り干し大根の煮物を食べる。
いつ食べても懐かしいと感じる事の出来る、
ゴハンのおかずにぴったりの一品。

今日は家族がお墓参りに行ってきたので、
そのお土産にいただいてきたものを夕食のおかずに。
私は用事が重なって行けなかったので、
申し訳なく思いながらも美味しくいただいた。
醤油と出汁と砂糖で煮たと思われるやさしい味、
ゴハンの上に少しずつ乗せて、
箸で一緒に口の中に入れると、
子どもの頃から知っているような美味しさ。
今日もごちそうさまでした。


111
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

夕食にゴーヤの佃煮を食べる。
ゴーヤとちりめんジャコが甘辛く煮付けられていて、
ゴハンのお供にぴったりの一品。

白ご飯にぴったりのこの佃煮を、
今日はハヤシライスの付け合わせにしてみた。
甘めのハヤシライスソースに甘辛の佃煮、
合わなさそうだけれどそんなことはなかった。
ハヤシライスソースに佃煮のコクが加わって、
よりゴハンが進んで困る位だった。

ゴーヤが一般的になってきたのは、
20年位前からだろうか?
最近はエコブームのおかげで、
グリーンカーテンへの利用などでよりいっそうなじんだような。
けれど初めて食べた時は、
正直なんでこんな苦い野菜を食べるんだろうとか思っていた。
いまではチャンプルーで大皿一杯食べるんだから、
我ながらいい加減なものだなと思います。


112
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

夕食にニラレバ炒めを食べる。
夏の太陽をたっぷりと浴びて深く濃い緑のニラと、
鳥のレバーを醤油味で炒めてあった。

ニラと言えば生命力の強い野菜だそうで、
一度収穫しても株を残しておけば、
また同じ株から葉が伸びてきて、
二回三回と植え替えることなく収穫できるらしい。
今回食べたのは何回目の収穫のものかしらないけれど、
結構な歯ごたえだった。
シャキシャキとはしているのだけれど、
決して噛み切ることは出来なかった。
よく言えば野性味あふれる自然のあじわい、
しかし少し硬すぎるきらいがあった。

ニラと言えば歯に挟まる食物の代表格、
東海林さだお氏のエッセイでもたびたび出てくる、
美味しいけれど困った食べ物。
夕食に食べたのだけれども、
歯医者に行かなければならなかったので、
食後の歯磨きに大変苦労しました。
歯科衛生士の方、
臭かったらすいませんでした。


113
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

今日は実家のお墓参り。
親類が集まってお昼は会食だった。
お寿司やその他、
普段の食事なら一品でメインディッシュになるようなおかずが、
大皿に沢山盛られていた。

少し前までは、
親類が集まったときは大概すき焼きをしていたのだが、
お盆はあまりにも暑くて、
どんなに美味しく出来ても箸が進まなかった。
結局親類が帰ってから、
家族の夕食になってばかりだったので、
中止になってしまった。
すき焼きは中止になってしまったけれど、
人が集まるときはやはり食事が豪華。
うれしいかぎりです。

皆長生きして、
また来年も同じ顔が集まりますように。
そして来年も御馳走が食べられますように。


114
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25


読者登録

出雲一寸さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について