目次
2010年12月から2011年2月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
2011年3月から4月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
page 36
page 37
page 38
page 39
page 40
page 41
page 42
page 43
page 44
page 45
page 46
page 47
page 48
page 49
2011年5月から8月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
page 36
page 37
page 38
page 39
page 40
page 41
2011年9月から11月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
page 36
page 37
page 38
page 39
page 40
page 41
page 42
page 43
page 44
page 45
page 46
page 47
page 48
page 49
page 50
page 51
page 52
page 53
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

106 / 179ページ

試し読みできます

お昼にブドウをいただく。
先日おすそ分けでもらった物が、
冷蔵庫で程よく冷えていて、
ちょうど食べごろになっていた。

品種は昔からおなじみの種無しブドウ「デラウェア」、
手のひら二つ分ほどの房に、
小さな実がギッシリと詰まっていて、
一房食べ終えたら少しお腹が膨れる位のボリューム。
甘さも果物ならではの爽やかな甘さに、
少々の酸味があり気持ちのいい美味しさだった。

昔から家で食べるブドウといえば、
大体この品種だった。
お盆になると仏壇のお供えにのっている事が多く、
仏様のお下がりをいただくという感じがなつかしい。
夏も本番になってきて、
食べる物も夏らしくなってうれしいかぎりのこのごろ。
沢山食べて無事に乗り切れる事を祈ります。


106
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

夕食にしらすおろしを食べる。
なんとも思わずに口に入れると、
辛い。
久しぶりに辛い大根を食べたので少し驚いたが、
二口目からは何とも懐かしく思いながらいただいた。

昔祖父が生きていた時はいつも、
夏場の大根おろしははらわたがひっくり返る位辛かった。
去年位からまた辛い大根を食べる機会が増えてきて、
食べるたびに懐かしく思う。
今日は今年初めての辛味大根、
昔のように辛くはなかったのは、
私が年を取ったからかもしれない。
この大根の辛味は、
夏場の冷やした麺類の薬味として使うのが、
私の好きな食べ方なんだけれども、
いつでも入れすぎて食べるのに難儀してしまう。
もう少し賢く年をとらなければいけないなと、
毎年思っている所が駄目なところだなぁと思います。
きっと今年も入れすぎてしまうと思います。


107
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

夕食にきゅうりの酢の物を食べる。
薄く輪切りにしたきゅうりを、
酸味を少し抑えた酢で味付けした、
暑いこのごろにぴったりの涼しい一品だった。

先日のナスに続いて、
きゅうりも今が本番の野菜。
農家の方の工夫のおかげで、
年がら年中食べる事が出来るけれども、
沢山食べようと思うとやはり旬に食べるのがよいのでは。
今回は酢の物で食べたけれども、
適当な大きさに切って叩いてたれを絡ませただけでも、
美味しくいただける。
お酒好きな人はもろみをつけてかじったり、
マヨネーズつけただけでもおいしい。

ゴハンのお供には漬物にして。
少し強く塩を利かせて、
深く漬かって酸味の出てきた糠漬けを、
自分の好みの塩加減に塩抜きし、
しょうがを利かせた物がすごく好き。
暑くてつらい夏だけれども、
食べる物が美味しいおかげでなんとか過ごせます。


108
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

夕食に焼き肉を食べる。
焼き肉を食べるのは随分久しぶりな気がする、
多分一年ぶりくらいじゃないだろうか。
なぜご無沙汰になったのかはわからない。

今日のお肉は、
鳥・豚・牛の三種類、
牛はカルビ豚はトントロ鳥は塩焼き用をまんべんなく購入。
野菜はたまねぎに始まり、
キャベツ
なす
ピーマン。
お肉より少し多い目に用意した。

今回の焼き肉の締めはチャーハン。
少し残しておいたトントロと野菜を細かく切りなおし、
チャーハンの具材にした。
ホットプレートに残ったお肉の旨みと、
お肉を焼いた後の残りの油、
何一つ残すことなく美味しくいただけました。
いかにも体に悪そうな感じですが、
いつもいつも健康の事ばかり考えていると息が詰まります。
美味しく沢山食べたならば、
その分沢山体を動かしてつじつまを合わせられれば、
それでいいかと思います。


109
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

昼食に豆とナスの煮物を食べる。
豆はサヤインゲンナスは長ナス、
肉の類は一切入れない穏やかな味の煮物に仕上がっていた。

サヤインゲンはその他おひたしや、
胡麻和えで食べる事が多いけれど、
煮物にすると一番沢山食べる事が出来る。
ゴハンのおかずとして大変いい一品。
豆は栄養価が高いと聞くので、
暑い夏を乗り切る為の食材としてはもってこいなのでは?
旬の今なら手ごろな値段で手に入るだろうから、
経済的にもありがたい。

この先大雨や台風があまりこなくて、
沢山夏野菜が採れることを祈ります。
しかしあまり沢山採れても、
市場で価格が下がりすぎてしまうので、
生産者の方達にはつらい所かもしれません。
ほどほどに量が採れればいいのでしょうか?
難しい所です。


110
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25


読者登録

出雲一寸さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について