目次
2010年12月から2011年2月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
2011年3月から4月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
page 36
page 37
page 38
page 39
page 40
page 41
page 42
page 43
page 44
page 45
page 46
page 47
page 48
page 49
2011年5月から8月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
page 36
page 37
page 38
page 39
page 40
page 41
2011年9月から11月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
page 36
page 37
page 38
page 39
page 40
page 41
page 42
page 43
page 44
page 45
page 46
page 47
page 48
page 49
page 50
page 51
page 52
page 53
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

92 / 179ページ

試し読みできます

夕食にカレーを食べる。
今回のお肉は安売りの時に買い込んで冷凍しておいた、
ささ身。
そのため実にあっさりとした口当たりに仕上がっていた。

今日は大変暑かったため、
あっさり目の今回のカレーではいまいち塩気が足りない、
ような気がした。
そこで今回は、
付けあわせを福神漬けではなくミブナの古漬けにしてみた。
せっかくだから冷蔵庫にあったたくあんも一緒に食べてみた。

どちらの漬物もカレーに負けることなく、
口の中でしっかりと自分の味を出していた。
たくあんはカレーの具の中にはまったくみあたらない、
しっかりとした歯ごたえがおもしろい。
らっきょうよりもさらにしっかりと強い歯ごたえに塩味。
古漬けはさらに自己主張が強く、
カレーの中にありながら鼻に抜けるその匂いが、
食べ物としての年季を感じさせる。
ただ今回使ったカレールーは、
市販の物の中でも比較的スパイス度が低い物なので、
漬物の匂いが勝ったのかなと思う。


92
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

夕食にカレーを食べる。
今回のカレーも今日で最後、
一番美味しくなって来た時に食べ終わる事になり、
うれしいやらさびしいやら。

最後なのでトッピングも少し多め、
メンマや漬物など昨日までに入れていたものに、
さらにピリ辛ソーセージとなぜか筑前煮もあった。
カレーの中身のお肉はささ身のため、
実にあっさりしているところに、
ソーセージの力強さがうれしい。
筑前煮は、
白いゴハンのおかずにするほうがやはり美味しいとおもう。

カレーは美味しい、
給食で食べていたころからずっと美味しい。
今の鈍くなった味覚で給食のカレーを食べたら、
スパイスの度合いなんかが物足りなく感じるだろうけれど、
鶉の卵が入っていた給食のカレーを、
また食べてみたいなと思う。


93
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

夕食にたらこスパゲティを食べる。
先日TVの料理番組で見たレシピで作ったソースを使い、
作った物だった。

私はその番組を見ていないので、
レシピの詳しい内容はまったくわからない。
聞いたところによると牛乳が入っているらしい、
卵と牛乳の組み合わせとは栄養価の高さに感激。
魚卵ではあるが、
卵であることには違いない。
たらこの持つ塩味と魚介の風味に、
牛乳とその他何かのまろやかさが加わり、
クリーミーな口当たりのおかげでのどをすべるようにお腹に入る。

パスタは美味しくて好きなのだけれど、
一つ難点がある。
ご飯と違っておかわりが難しい。
ゆでてオリーブオイルを絡めておけば伸びないらしいが、
一皿食べてあとどの位おかわりするか出来るか、
その辺の微調整が難しい。
一皿食べ終えてからおかわり分をゆでるとなると、
今日使ったパスタだと8分かかってしまう。
まぁ腹八分目で少し物足りない位にしておいた方が、
次の機会が楽しみになるので、
その方がいいかもせれません。


94
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

もうすぐ仕事が繁忙期に入る為、
極端に更新速度が落ちるかまったく更新できないか、
どちらかになるかと思います。
ごめんなさい。

夕食に味噌汁を食べる。
気のせいかもしれないけれど、
何だか随分久しぶりに味噌汁を食べたように思う。
今回の具材は、
わかめ
にんじん
大根
非常に具沢山でこの味噌汁だけでもいいおかず。

味噌汁を飲むと、
いつもほっとする。
別に特別な思い出があるわけでもないのだけれど、
いつもほっとする。
最近はインスタントの物も具のあるものが多くなり、
いつでも一人分食べる事も出来る。
いつでもほっとできる。
真夏は冷やさないと無理だけど。


95
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

夕食にキャベツとベーコンの煮物をいただく。
その他の具材はジャガイモとにんじんとたまねぎ、
スープたっぷりキャベツ入り肉じゃがといった感じか。
肉じゃがよりもやさしい味付けで、
野菜がたっぷり取れる。

そろそろ露地物のたまねぎが旬を迎える頃だろうか、
最近たまねぎが食卓によく並ぶ。
少し前にはさらしたまねぎを食べたが、
たいへんみずみずしく美味しかった。
水にさらしたからみずみずしくなっているのかもしれないが、
新たまねぎだと思って食べたら、
そのみずみずしさもひとしお。

昔たまねぎといえば軒下につるしてあったもの、
比較的簡単に保存できる野菜として重宝する。
でもなぜか冷蔵庫に入れておくと、
すぐに傷んでくるような気がしてならない。
温度だけでなく接触面積が原因で、
腐ってしまうのかなぁ?と思いながら、
煮物の溶けかかったたまねぎを口に運ぶ。
たまねぎおいしいです。


96
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25


読者登録

出雲一寸さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について