目次
2010年12月から2011年2月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
2011年3月から4月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
page 36
page 37
page 38
page 39
page 40
page 41
page 42
page 43
page 44
page 45
page 46
page 47
page 48
page 49
2011年5月から8月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
page 36
page 37
page 38
page 39
page 40
page 41
2011年9月から11月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
page 36
page 37
page 38
page 39
page 40
page 41
page 42
page 43
page 44
page 45
page 46
page 47
page 48
page 49
page 50
page 51
page 52
page 53
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

87 / 179ページ

試し読みできます

夕食に煮込みハンバーグを食べる。
表面をこんがりと焼き上げたハンバーグを、
トマトソースで煮込んで仕上げたもの。
付け合わせはゆでたアスパラガスと、
粉ふきいも。
しっかりとした味付けのハンバーグに対して、
あっさりとした付け合わせの組み合わせがちょうどよく、
ハンバーグのソースを絡めて食べると、
それもいいおかず。

今はハンバーグも手作りで食べるのが普通になったけど、
子供の頃のハンバーグといえば、
マルシンハンバーグだった。
今でも時々冷蔵庫の中で見つけ、
お昼のおかずが無い時に焼いて食べる。
油で外側を固めてあり、
熱したフライパンにそのままのせて焼くだけ。
味は自分の好みでつけて食べる、
このハンバーグだけはウスターソースで食べる。
懐かしくて現役のおいしさ。


87
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

昼食におろしとんかつ弁当をたべる。
今日は用事で外に出ていた為、
昼食はいくつかの種類の弁当の中から選ぶ事になったから。
実際には選んだ訳じゃなく、
弁当の入った袋の一番上にあった物を取ったら、
これだっただけ。

外で購入するとんかつ弁当といえば、
とんかつに袋入りのソースがついている物が、
昔はほとんどだったのではないだろうか。
あまり外で弁当を買って食べた事がないから、
この辺は本当はよくわからないけれど。
まぁとにかく、
私はおろしとんかつ弁当を食べたのは初めてで、
お弁当屋さんも種類を増やすのに大変そうだなと思った。

とんかつにおろしポン酢の組み合わせは、
考えた人の天才性を認めざるをえない。
こってりとパワフルなとんかつの油に対し、
大根おろしとポン酢という極めてあっさりさっぱりした、
和風のKIWAMIとでもいうべきたれでいただく。
日本人で良かったと思える味の組み合わせだと思います。


88
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

夕食に赤飯を食べる。
子供の日に合わせて作った物を頂いた。

昔赤飯を作る所をみていると、
大変な手間がかかっていたように思う。
色付けのキビから色を出して色付けしたもち米を、
炊くのではなく蒸して作っていたように記憶している。
しかし、
最近は電気炊飯器の性能が向上しているので、
普通にご飯を炊くのと同じように作れるらしい。
色づけも小豆を入れて炊くと、
結構いい色に仕上がるそうで。
まぁ自分で一切作っていないので、
どんな風に作られていても何一つ言う事はありませんが。

赤飯に入っている豆は、
小豆かササゲだそうで。
こだわっていない限り、
豆の種類は大したことじゃないと思う。
今回頂いた物はどっちだか聞いていないけれど、
ふっくらと炊き上がったもち米と、
しっかりと柔らかくなった豆が口の中でほぐれあって、
とてもおいしくいただけました。


89
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

夕食にサラダ巻きを食べる。
中身はサニーレタス
かにかま
卵焼き
ツナ
マヨネーズ醤油とわさび醤油で味に変化をつけていただいた。

いつの頃から巻き寿司の定番になったのだろう、
一般的になった事の原因は、
かにかまと回転寿司の普及あたりだとみますが、
どうなんでしょう?
もしくはカリフォルニアロールからの派生か?

一見洋風に感じられるサラダ巻きだけれど、
中身は魚肉製品と卵と菜っ葉。
実は純和風と言っても過言ではないのではないかと、
ツナとわさび醤油の相性を口の中で楽しみながら、
ふと考えてみました。
洋風であろうと和風であろうと、
この具材を巻き寿司にした人は天才だと思います。
ごちそうさまでした。


90
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

夕食に大根サラダを食べる。
大根とちくわをマヨネーズで和えてあり、
大変さっぱりとした一品。

今の時期の大根は、
まだ冬に作る品種を時期をずらして作ったものなのか、
辛味が少なく穏やかですっきりとしたみずみずしさだった。
昔暖かい時期に採れる大根は、
はらわたがひっくり返る位辛味の強い物が当たり前だった、
ような気がする。
祖父が作っていてくれた物は、
特に辛くて子供だった私には少々つらいものがあった。

今でも真夏にいただく大根は辛味が大変強く、
冷やした麺類の薬味として抜群の相性。
暑さでぼーっとした頭が、
いやおうなしにしゃきっとしてしまうくらいの辛味が、
昨年の夏を乗り切るのに重宝したのを、
急に暖かくなって来たこの二三日のせいで思い出しました。
今年もそれなりに無事過ごせますように。


91
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25


読者登録

出雲一寸さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について