目次
2010年12月から2011年2月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
2011年3月から4月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
page 36
page 37
page 38
page 39
page 40
page 41
page 42
page 43
page 44
page 45
page 46
page 47
page 48
page 49
2011年5月から8月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
page 36
page 37
page 38
page 39
page 40
page 41
2011年9月から11月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
page 36
page 37
page 38
page 39
page 40
page 41
page 42
page 43
page 44
page 45
page 46
page 47
page 48
page 49
page 50
page 51
page 52
page 53
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

84 / 179ページ

試し読みできます

夕食にメンマを食べる。
今年採れたタケノコを使った、
新鮮そのもののメンマに仕上がっていた。

ゆでてあく抜きしたタケノコを、
ネットで調べたレシピにしたがって味付け。
今日はメンマそのものと、
野菜炒めの中に入れられていたが、
そのものだけでもゴハンが進むので食べすぎてしまいそうだった。

だけど残念な事に、
珍しくお腹の状態がいまいちだった為、
今日はゴハンのおかわりが出来なかった。
火を通したおかずだからまた明日以降でも食べられるが、
やっぱり出来立ての方が炒め物はおいしい。
メンマの方は一日置いたほうが、
味がなじんでおいしいかも知れないので、
こっちは明日が楽しみです。


84
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

夕食にワラビの煮物を食べる。
今くらいの時期になると、
ワラビが手に入る量が多くなり沢山食べる事が出来る。
春というのはありがたい季節だと、
毎年思う。

普段煮物類はかなり薄味でもおいしく食べるのだが、
ワラビは少し濃い目の味付けの方が好み。
濃い味付けだとワラビの香りが飛んでしまいそうだが、
そんなことはなく、
口の中から鼻に抜けていくワラビの香りが、
春を思わせる。

しかし、
ワラビの食べ方も私は他にどうしていいかわからない。
自分で調理しているわけではないので、
その辺は作ってくれる方にお任せするしかないが、
アイデアとしては、
おこわか山菜そばとか山菜ラーメンあたりだろうか。
とりあえずこの位の食べ方しか思い浮かばない所に、
自分であまり作らない者の発想の貧困さが出ているなぁと、
落ち込む。


85
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

夕食にペンネとかにかまぼこのサラダを食べる。
茹で上げたペンネとかにカマボコときゅうりが、
マヨネーズで和えてあった。

ショートパスタの中では、
ペンネが一番好きかもしれない。
子供の頃から食べていた、
昔ながらの少し曲がったマカロニは、
どうもいまいち噛み応えが少なくて昔からいまいち。
初めてペンネを食べたのは成人してからだったと思うが、
その大きさとしっかりした歯ごたえ噛み応えに、
大変なうれしさを感じた事を覚えている。

初めて食べた時は、
確かミートソースに絡めてあったと記憶している。
ぶっといペンネの穴にしっかりと詰まったミートソースが、
噛み締めるたびに口の中に出てきて、
思い出しただけでもよだれが出る。
昔は近所のスーパーなんかでは多様なパスタが手に入らなかった、
今は極めて近くで購入できるようになっている、
つくづく食べる物に恵まれた時代だと思う。


86
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

夕食に煮込みハンバーグを食べる。
表面をこんがりと焼き上げたハンバーグを、
トマトソースで煮込んで仕上げたもの。
付け合わせはゆでたアスパラガスと、
粉ふきいも。
しっかりとした味付けのハンバーグに対して、
あっさりとした付け合わせの組み合わせがちょうどよく、
ハンバーグのソースを絡めて食べると、
それもいいおかず。

今はハンバーグも手作りで食べるのが普通になったけど、
子供の頃のハンバーグといえば、
マルシンハンバーグだった。
今でも時々冷蔵庫の中で見つけ、
お昼のおかずが無い時に焼いて食べる。
油で外側を固めてあり、
熱したフライパンにそのままのせて焼くだけ。
味は自分の好みでつけて食べる、
このハンバーグだけはウスターソースで食べる。
懐かしくて現役のおいしさ。


87
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

昼食におろしとんかつ弁当をたべる。
今日は用事で外に出ていた為、
昼食はいくつかの種類の弁当の中から選ぶ事になったから。
実際には選んだ訳じゃなく、
弁当の入った袋の一番上にあった物を取ったら、
これだっただけ。

外で購入するとんかつ弁当といえば、
とんかつに袋入りのソースがついている物が、
昔はほとんどだったのではないだろうか。
あまり外で弁当を買って食べた事がないから、
この辺は本当はよくわからないけれど。
まぁとにかく、
私はおろしとんかつ弁当を食べたのは初めてで、
お弁当屋さんも種類を増やすのに大変そうだなと思った。

とんかつにおろしポン酢の組み合わせは、
考えた人の天才性を認めざるをえない。
こってりとパワフルなとんかつの油に対し、
大根おろしとポン酢という極めてあっさりさっぱりした、
和風のKIWAMIとでもいうべきたれでいただく。
日本人で良かったと思える味の組み合わせだと思います。


88
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25


読者登録

出雲一寸さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について